こくだや 酒店。 [B! 吉岡宿] riddim_mのブックマーク

殿、利息でござる

こくだや 酒店

(上) 「吉岡宿本陣案内所」から浅野屋跡などの前を通って直進すると、 広い道(奥州街道)は直角に 曲がります。 狭い道を真っ直ぐに進めば「龍泉院」や「九品寺(くほんじ)」に至ります。 (上と下) 「奥州街道」は「矯正歯科」の所を直角に右に曲がり、直ぐに直角に左側に曲がっています。 (上と下)広い道(「奥州街道」)を左に曲がらず、真っ直ぐ進むと「不動堂」や「五間堀」があります。 (下)「奥州街道」を進んで行くと、間もなく 国道4号線にぶち当たります。 (上) 蓮台山九品寺(くほんじ):元和2(1616)年、伊達宗清公が居城を吉岡に移すのに伴い、 現在地に移され建立されました。 境内には、江戸時代の吉岡宿窮民救済事業を伝える「国恩記顕彰碑」が あります。 (下) 山門を潜ってすぐ左側に 「國恩記顕彰碑」が建てられていました。 (上) 菅原屋篤平治の墓碑(左)と 国恩記顕彰碑(右)。 (下) 国恩記顕彰碑(アップ) (上) 「國恩記とは」:江戸時代後期、吉岡で行われた窮民救済事業のおこり、 組織、運営、実態などに関わる諸資料をまとめたもので、 宝珠山龍泉院八世栄洲 端芝(えいしゅう・ずいし) 禅師=大和尚によって記されたもの。 (上) 法名碑には 9名の篤志家の名前が記載されています。 [国恩記(こくおんき)の人々:宮城県大和町公式ホームページ] (上)この道を真っ直ぐ進めば 龍泉院の境内を通って、(下)の歯科医院の所に出ます。 今年の3月で79歳の「後期高齢者」。 花や木の実、特に山野草が好きで何時もデジカメを持ち歩いています。

次の

酒の穀田屋とは

こくだや 酒店

Contents• 吉岡宿の衰退に心を痛めていたの穀田屋十三郎(~1777年)は製造家の菅原屋篤平治(笠原篤平治 )と組んで、住民の貧困をなんとか救いたいという思いから、黒川郡の の千坂仲内 に相談を持ち掛けるなどして賛同を得、を募り、9名でを蓄え、何度も藩への願い上げを重ね、事情の悪化していた仙台藩に1000という大金を貸付けて、頃から毎年そのを受け取り、のすべての人々に配分した。 (平成24年) 歴史家・によって「無私の日本人」という江戸時代を生きた3人の人物の評伝で、そのうちの1人としての穀田屋十三郎が紹介された。 オリジナル銘柄• 「の」720ml - 系のを使用。 へ醸造委託し販売を酒の穀田屋が行う。 アクセス• から吉岡方面へ約10分 関連項目• (今村 の大肝煎)• 無私の日本人 脚注.

次の

穀田屋十三郎家訓(「無私の日本人」より)

こくだや 酒店

映画『殿、利息でござる!』 特報30秒 点映时间 1、【東京会場】『殿、利息でござる!』完成披露試写会15組30名様ご招待!! 申请页面: 試写会ご鑑賞後、4月13日 水 までに ぴあ映画生活にレビューを投稿される方限定のご招待です。 あらかじめご了承下さい。 お客様が取材等で写り込む場合がありますので、予めご了承ください。 2、殿、利息でござる!まほろばホール特別上映会 上映日 平成28年4月30日(土曜日) 時間 1回目:14時00分上映 2回目:18時00分上映 (各30分前開場) 会場 まほろばホール(まほろばホールホームページ) 鑑賞券 特別価格900円(特別価格の1,000円からさらに、お利息(おつり)100円をキャッシュバック!)なお、この鑑賞券は全国松竹系映画館でもご利用いただけます。 販売日 平成28年2月3日(水曜日)から各販売所で発売。 (お1人10枚まで。 枚数限定につき、無くなり次第販売終了。 6、殿、利息でござる!試写会 開催日 2016年4月7日(木)8時15分開場/18時30分開演(予定) 会場名 ミッドランドスクエア シネマ 主催 メ~テレ/朝日新聞社 宛先 〒460-8311 メ~テレ 『殿、利息でござる!』試写会係 締切 3月30日(水)必着。 抽選でペア150組300名様ご招待。 2016. 出演シーンは少ないながらも物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿という役どころ。 今まで映画などに出演することはなかったが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。 氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生さんが、マゲ姿でスクリーンに初登場します! 羽生結弦さんの映画への出演、また役者としての演技経験は本作品が初めてとなります。 お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。 撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。 このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。 殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。 ぜひ楽しみにしてください。 また、阿部サダヲさんをはじめ豪華俳優陣との共演にあたり、期待と喜びのコメントが届きました。 撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。 本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました 笑 キレイでした 笑 普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。 そんな時に出たのが羽生さんの御名前。 これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。 現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。 それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。 2016-02-04 20:32:37 「殿、利息でござる!」 「殿」役は仙台市出身のフィギュアスケーター羽生結弦さん!! KHB東日本放送(本社:宮城県仙台市)は、今年度、開局40周年を記念した様々な事業を行っています。 中でも大型企画となるのが、松竹(株)とのタッグを組んだ映画「殿、利息でござる!」の製作です。 内容は宮城県の実話がもとになっており、250年前、貧困にあえぐ仙台藩の宿場町吉岡宿を救った町人たちを描くものです。 これまで豪華なキャスト陣が発表されてきましたが、本日「殿」役を発表いたします。 殿役は、宮城県仙台市出身でソチオリンピック2014フィギュアスケート男子シングルの金メダリスト、羽生結弦さんです。 ご本人からコメントが届いております。 合わせて主演の阿部サダヲさん、中村義洋監督、池田史嗣 (松竹)プロデューサーから、羽生さんのキャスティングについてのコメントが届いております。 そんな本作に羽生結弦さんが出演されていることを発表致します。 今から250年前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。 実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する姿が、現代によみがえります。 造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくだや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。 町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。 そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡。 才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころです。 出演シーンは少ないながらも物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿という役どころ。 今まで映画などに出演することはなかったが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。 氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生さんが、マゲ姿でスクリーンに初登場します。 羽生結弦さんの映画への出演、また役者としての演技経験は本作品が初めてとなります。 阿部サダヲさんをはじめ豪華俳優陣との共演にあたり、期待と喜びのコメントが届きました。 【役名】伊達重村(羽生結弦) 江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。 お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。 撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。 このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。 殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。 ぜひ楽しみにしてください。 阿部サダヲ 殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。 撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。 本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました 笑 キレイでした 笑 普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。 中村義洋監督 ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが「殿様=雲の上の人」と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。 そんな時に出たのが羽生さんの御名前。 これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。 現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。 それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャスティングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。 池田史嗣 (松竹)プロデューサー 江戸時代、庶民が殿様に直接会うことなど、ほとんど有り得ないことであったと聞きます。 しかし史実として、伊達の殿様は吉岡宿の町人たちに会ったということが、記録に残されています。 目の前にいきなり殿様が現れた時の、一般庶民の驚愕の表情はどんな感じだったのか…。 阿部サダヲさんを始めとした、クセ者揃いの中村組オールスターキャストをも圧倒する存在はもはや、役者ではないのではないかと監督が言い出し、内心では無理に決まっていると思いながらもダメ元で出したオファーの結果、奇跡だとしか思えませんが、スクリーンにあの国民的英雄が登場することとなりました。 それも、並み居るトップクラスの俳優さんたちを圧倒する存在として。 このことは撮影当日まで現場内でも極秘扱い。 リハーサルを終え、煌びやかな衣裳で登場した彼を見たときの皆の表情といったら・・・まさに、江戸時代、殿様が突然現れた時の主人公たちの表情と全く同じだったのではないかと思います。 この映画は笑って泣ける痛快時代劇ですが、250年の長きにわたり封印されてきた、信じられないような感動の実話でもあり、震災の時に世界中が驚いた日本人の根源的なマインドが、作品の中に込められています。 そしてお話の舞台は羽生さんの地元である宮城県仙台。 故郷のために役立てるなら、ということが出演の大きな理由だったと聞いています。 どこまでも大きな故郷への思いと、それを実際に行動に移してしまう実行力に、心から敬意を表します。 一方で撮影現場では何事にも興味深々、同じ表現者として共演の役者さんたちに次々と質問を投げかけ、この機会にあらゆることを吸収しようとする良い意味で貪欲な姿勢には、さすが世界王者だと頭が下がる思いでした。 「殿、利息でござる!」少し変わった作品名ですが、タイトルにある「殿」は…。 もう、お判りですね。 是非、劇場でその華麗な姿を目撃してください。 どうぞお楽しみに。 2016-02-04 21:07:21 羽生結弦、「殿」役で映画初出演!! そんな本作に羽生結弦が出演されていることが発表された。 今から250年前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。 実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する姿が、現代によみがえりる。 造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくだや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。 町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。 そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡。 才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころだ。 出演シーンは少ないながらも物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる殿という役どころ。 今まで映画などに出演することはなかったが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。 氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生が、マゲ姿でスクリーンに初登場する。 羽生結弦の映画への出演、また役者としての演技経験は本作品が初めて。 阿部サダヲをはじめ豪華俳優陣との共演にあたり、期待と喜びのコメントが届いた。 お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。 撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。 このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。 殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。 ぜひ楽しみにしてください。 殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてたのですが、まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…。 撮影当日まで(ご本人と)全く会わず扮装が全て終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです…。 本来、殿様を庶民が見てたら「頭が高い」と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました 笑 キレイでした 笑 普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました。 そんな時に出たのが羽生さんの御名前。 これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。 現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。 それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です。 しかし史実として、伊達の殿様は吉岡宿の町人たちに会ったということが、記録に残されています。 目の前にいきなり殿様が現れた時の、一般庶民の驚愕の表情はどんな感じだったのか・・・ 阿部サダヲさんを始めとした、クセ者揃いの中村組オールスターキャストをも圧倒する存在はもはや、役者ではないのではないかと監督が言い出し、内心では無理に決まっていると思いながらもダメ元で出したオファーの結果、奇跡だとしか思えませんが、スクリーンにあの国民的英雄が登場することとなりました。 それも、並み居るトップクラスの俳優さんたちを圧倒する存在として。 このことは撮影当日まで現場内でも極秘扱い。 リハーサルを終え、煌びやかな衣裳で登場した彼を見たときの皆の表情といったら・・・まさに、江戸時代、殿様が突然現れた時の主人公たちの表情と全く同じだったのではないかと思います。 この映画は笑って泣ける痛快時代劇ですが、250年の長きにわたり封印されてきた、信じられないような感動の実話でもあり、震災の時に世界中が驚いた日本人の根源的なマインドが、作品の中に込められています。 そしてお話の舞台は羽生さんの地元である宮城県仙台。 故郷のために役立てるなら、ということが出演の大きな理由だったと聞いています。 どこまでも大きな故郷への思いと、それを実際に行動に移してしまう実行力に、心から敬意を表します。 一方で撮影現場では何事にも興味深々、同じ表現者として共演の役者さんたちに次々と質問を投げかけ、この機会にあらゆることを吸収しようとする良い意味で貪欲な姿勢には、さすが世界王者だと頭が下がる思いでした。 「殿、利息でござる!」少し変わった作品名ですが、タイトルにある「殿」は・・・ もう、お判りですね。 是非、劇場でその華麗な姿を目撃してください。 どうぞお楽しみに。 金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。 それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。 計画が明るみに出れば打ち首確実。 三億円相当の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。 tono-gozaru. jp 5月14日 全国公開、でござる! 2016-02-04 21:09:15 ナリナリドットコム SPICE grape オリコン Cinemacafenet シネマトゥデイ E映画. com MANTANWEB Qetic Astage ぴあ AoI News livedoorNEWS 楽天WOMAN CYCLE T-SITE マイナビ ナタリー クランクイン ねとらぼ IROIRO ニュースウォーカー CINRA. NET ガジェット通信 ザ・テレビジョン エキサイトニュース シネマトリビューン Billboard JAPAN 朝日 毎日 産経 河北 時事 サンスポ 日刊 デイリー 報知 ハフィントンポスト ウォールストリートジャーナル YAHOO! 記事まとめ フモフモコラム 2016-03-05 10:25:01 俳優デビューの羽生結弦を巡って芸能&広告界が争奪戦 スポーツ 週刊実話 2016年03月04日 14時03分 初デビューにもかかわらず、阿部サダヲや瑛太、妻夫木聡らを完全に喰ってしまったと評判になっているのが、フィギュアスケートのプリンス・羽生結弦選手 21 だ。 先ごろ映画『殿、利息でござる!』 5月14日公開 に出演。 演技力かつ群を抜く存在感、未来のスター俳優に早くも芸能界が色めき立っている。 「カメラのモニターから映し出された羽生を見たスタッフは、チョンマゲのハマり具合に息を飲んだそうです。 しかも、神々しいまでの気品と端正な顔立ちが、まさに殿様を彷彿とさせるんです」 映画配給会社プロデューサー 今回、羽生選手が豪華俳優陣との共演を果たしたのは、人気作家・磯田道史氏の『無私の日本人』 文春文庫刊 の一編「穀田屋十三郎」を映画化したもの。 今から250年前の江戸中期。 仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、立ち上がった人たちを描いた作品だ。 「心配されていたセリフ回しも全く問題なかった。 ものすごい記憶力でアドリブもいくつかあったようです」 映画事情通 そんな彼を巡って勃発しているのが争奪戦。 大手芸能プロらがマネージメント契約を交わそうと羽生サイドに接触を図っているのだ。 「そりゃそうですよ。 彼なら相当のギャラを手にすることができる。 テレビのバラエティーにゲスト出演すれば最低でも1本150万円~。 今回、俳優デビューを飾ったことでドラマに出演しても、1日拘束で最低でも120万円~の交渉になるでしょう」 芸能関係者 芸能界同様、羽生選手に対し、熱い視線を送っているのが広告業界だ。 「ダルビッシュや本田圭佑の全盛期の1本1億円に匹敵します。 CMに出演すればギャラは1本5000万円~1億円の試算になる」 大手広告代理店幹部 今後はフィギュア選手とタレントの二足の草鞋を履いて稼ぎまくるのかと思いきや…意外な素顔が浮き彫りになってきた。 「現在、タレント活動に対する興味はゼロといってもいい。 映画出演も地元、宮城の復興に繋がればという思いから出演したもので、ギャラも言い値でOKしたそうです。 当然、相次ぐ芸能プロのオファーはすべて断り続けている。 さらにCMも同じフィギュアの浅田真央がJALや住友生命、アサヒなど複数のCMに出演しているのに対し、羽生はロッテの1社のみ。 いずれも本人の強い希望です。 当面はフィギュアに軸足を置き、結果を出したいらしい」 前出・芸能関係者 さすがは殿様、お金に対する欲はないらしい。 阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら豪華俳優陣の出演に加え、フィギュアスケートの羽生結弦選手が映画初出演で殿役を演じることでも話題の映画「殿、利息でござる!」。 そんな本作の本ポスター画像が解禁となった。 ビンボーな町を救うべく、3億円集めて殿様から利息をいただこうと、奇想天外なアイデアでお上(かみ)相手に一世一代の大勝負を仕掛けた穀田屋十三郎(阿部サダヲ)ら、庶民9人。 計画がバレたら打ち首確実という、手に汗握るスリリングな状況下。 驚き、戸惑い、悩み、企み、決意し、歓喜し、微笑み……ゼニをめぐって様々な感情を露わにする、登場人物それぞれの表情も見どころだ。 大好きな風呂も、お酒もガマン、子どものおもちゃも、宝物も、家財道具も売り払い、家族を奉公に出し、家を売り払ってでも、とにかくひたすらゼニを貯める。 決死の節約術で3億円もの貯蓄に励み、ついにはお上に挑もうとした、庶民による、庶民のための、知恵と勇気と我慢の銭戦(ゼニバトル)。 「これも世の貯め、人の貯め。 」キャッチコピーとなった一文には、私欲ではなく、ただ人のため、町のため、すべてを注いだ、実在の人々の決意を物語っている。 映画「殿、利息でござる!」は5月14日全国公開。 仙台藩の藩主・伊達重村を演じる羽生選手が羽織袴に身を包み、美しいまげを結った殿様姿で「重村である!」と名乗るシーンが含まれており、羽生選手の殿様姿の映像が初披露された。 予告編映像では、主人公・穀田屋十三郎を演じる阿部サダヲさんらが困窮する宿場町を守るため奔走する様子が描かれており、竹内結子さん、松田龍平さん、妻夫木聡さん、瑛太さんら豪華キャストも登場する。 「殿、利息でござる!」は、映画化もされたベストセラー「武士の家計簿」の作者・磯田道史さんの著書「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」が原作。 江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台で、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、十三郎ら住民9人が藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て……というストーリー。 映画は5月14日公開。 コミカルな演技からシリアスなものまで、それぞれが特徴のある演技を息もつかせぬ勢いで披露している。 そんな中で、最も目を引くのがフィギュアスケート選手の羽生。 シネマトゥデイ 羽生結弦演じる殿様が登場!阿部サダヲ主演「殿、利息でござる!」予告編 ナタリー 羽生結弦の凛々しいマゲ姿が映像初解禁『殿、利息でござる!』本予告公開 music. 江戸時代、仙台藩に大金を貸し付け利息を取ろうと画策する庶民を演じた2人。 実話に基づく物語で、実在し現在も子孫が酒店を営む造り酒屋店主を演じた阿部は、「こんなに格好いい人が本当にいたんだという驚きがあり、今まで自分が出したことのないキャラクターなので挑戦して良かった」と満足げに振り返った。 この日は上映前に、仙台藩主役で特別出演したフィギュアスケートの羽生結弦(21)のメイキングシーンを公開。 阿部、瑛太ともに撮影当日まで知らされていなかったそうで、リハーサルで初めて羽生が登場した瞬間に、2人とも笑いながらのけぞる場面に会場からは笑いが漏れた。 阿部は顔を伏せていなければいけない間も、チラチラと羽生の方向を見ており、「皆で誰がやるんだろうと毎日想像しながら現場にいた。 この人じゃないかと思っていたのはサンドウィッチマンの伊達(みきお)さんだったので、あの方が出てきて本当にビックリした。 やっぱり見ちゃいますよね。 きれいでした」と感嘆の表情。 羽生の演技については、「すごくナチュラルで、アスリートというより役者。 いいなあ、羽生くんってニヤニヤしちゃいました」と明かした。 瑛太も「驚きとうれしさがありました。 キラキラ光っていましたよ」と賛辞。 上映前に、藩主・伊達重村役で映画初出演を果たした羽生結弦のメイキング映像が初公開され、それを見ながらクロストークをした。 なんと阿部たちは撮影当日まで羽生のキャスティングを知らされていなかったようで、かなり驚いたと言う。 映像の羽生を見て阿部は「きれいですね」とほれぼれする。 瑛太も「全然、 自分たちが 演じられてないですね 苦笑。 驚きとうれしさで。 本当にキラキラ光っていました。 美しくてびっくりしました」と興奮しながら話す。 阿部は「ナチュラルですね。 アスリートって感じのお芝居ではなく、自然ですね。 表情も美しかった」と感心する。 磯田も「びっくりしました」とうなずく。 「当日は楽しそうにしていらした。 好きなものをお食べになって。 そこから世界最高得点ですから。 僕らもほっとしました」とうれしそうに語った。 瑛太と阿部は、羽生とケータイで写真を撮り合ったそうだ。 瑛太は「『いっしょにスケートをやりましょう』と言われました。 だから僕は『じゃあ、オリンピックを目指します』と言いました」と笑った。 『殿、利息でござる!』は、千両もの大金を藩に貸し付け、その利子を配分し、寂れた宿場町を復活させたという、江戸時代の実話を基にした時代劇。 『予告犯』 15 の中村義洋が監督を務めた。 28 20:11 羽生結弦が殿様役で映画出演、阿部サダヲ絶賛「アスリートというより役者」 俳優、阿部サダヲ(46)が28日、東京・スペースFS汐留で行われた主演映画「殿、利息でござる!」(中村義洋監督、5月14日公開)のトークイベントに出席した。 同作には、フィギュアスケートの羽生結弦選手(21)が殿様役で参加。 阿部は「アスリートというより、役者の感じだった」と演技を絶賛。 瑛太(33)は「『一緒にスケートやりましょう』といわれ、『僕も五輪目指します』とわけのわからないことを言ってしまった」と、金メダリストと対面した興奮を振り返っていた。 2016-04-28 20:29:39 阿部サダヲ、羽生結弦選手の殿役に驚き 初演技にほれぼれ「表情美しく自然」 映画『殿、利息でござる!』公開直前トークイベントが28日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、瑛太と原作者の磯田道史氏が出席した。 撮影の合間には「阿部さんは率先してご飯に行きましょうと声をかける方ではないので」と座長に代わって瑛太が率先してキャスト陣での食事会をセッティングしたといい、阿部は「僕の栄養や健康管理もずっとしてくれた。 最高の相方」と感謝を述べた。 また、演技初挑戦となるフィギュアスケートの羽生結弦選手が仙台藩の第七代藩主・伊達重村役で出演していることでも話題になっており、イベントでは羽生選手がクランクインした際のリハーサルの模様が映像で初お披露目された。 キャスト陣には殿を演じる人物は事前に知らされておらず、阿部は「知ったのは撮影の当日のリハーサルです。 誰がやるか毎日想像しながらやっていて、現場ではサンドウィッチマンの伊達みきおさんじゃないかと予想してリハーサルに臨んだら、あの方が出てきて本当にびっくりした」と明かして笑わせた。 映像では殿の出で立ちの羽生選手の登場に思わず笑ってしまう面々がしっかりと捉えられ、目を丸くしてしばし羽生選手を見つめていた瑛太は「素の驚きとうれしさで全然演じていないですね。 きらきら光っていましたから、本当に美しくて」と当時の自身の様子に苦笑を漏らした。 磯田氏は「羽生選手のお父さんのところに原作と脚本を持っていったら、仙台のためになるから、演技の勉強にもなるかもしれないと親子で読んでオファーを受諾してくれた」と明かし、阿部は堂々とした羽生選手の芝居を「表情も美しかったし役者さんという感じですごく自然でした。 美しいなと思って本当ににやにやしちゃった」と尊敬の思いで振り返った。 映画は5月14日から全国ロードショー。 2016-05-04 18:42:41 2016. 4 18:04 織田信成、羽生の映画デビューに嫉妬「続編にはぜひ出演したい」 プロフィギュアスケーターでタレント、織田信成(29)が4日、東京都内で行われた映画「殿、利息でござる!」(14日公開)のトークイベントに出席した。 同作にはソチ五輪フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦選手(21)が仙台藩主役で映画デビュー。 織田信長の末裔(まつえい)でもある織田は「どうしてぼくにオファーが来なかったんでしょうか。 『氷上のお殿様』というブログもやっているので、先を越されてめちゃくちゃ悔しい」とご機嫌ナナメで、「続編にはぜひ出演して銀幕デビューを飾りたい」と猛烈アピールした。 羽生選手に会った際、映画出演についてたずねると羽生選手は平謝りだったというが、羽生選手の演技については「りんとした姿勢や歩き方が彼のフィギュアに通じる美しさだった。 監督が羽生選手になぜオファーを出したのか分かりました」と絶賛。 同作についても「人間ドラマが詰まっている。 羽生選手も出演しているのでぜひ映画館に足を運んでください」と最後は笑顔でPRしていた。 同作は、磯田道史の近著「無私の日本人」 文春文庫 の一編「穀田屋十三郎」を中村義洋監督が映画化。 今から250年ほど前の江戸中期、仙台藩吉岡宿で、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、地域を立て直した実在した住人たちの活躍を描く。 出演は阿部の他、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、そして現役フィギュアスケート選手・羽生結弦ら。 僕自身もあまり着物を着なれていないんですけど、着ると凛としていいですね」と感想を語った。 本作を視聴した感想を「やはり千両=3億円を集めるというところにドラマがあって、みんなで同じ方向を向いて一つの目標に向かって頑張る。 そうすれば夢はかなうという、感動を味わいました」と語った。 貧乏な人たちが頑張って千両を集めるという、友情や絆が一つのキーとなるストーリーだが、その部分に関しては「 心に 響きましたね。 特に僕は竹内結子さん演じるときがすごく好きで、強い女性じゃないんですけど、ツケを回収するところなんか『格好いいな』って感じましたね。 あ、羽生君ももちろん響きましたけど 笑 」と、共感を覚えたよう。 また、いろんな立場の人間が一つの目標のために力を合わせるという心意気について「僕はフィギュアスケートということで、どちらかというと個人競技、一人で闘っている感じなんですけど、その裏にはいろんな人に支えられてやって来られたと思っているので、こんなに皆さんで支え合いながら一つのことを成し遂げるということを見ていると、僕も現役時代にたくさんの人に支えられながら頑張って来られたんだというのを思い出しました」と、自分の身に置き換えて感心していた。 織田は「フィギュアスケート界において、お殿様と言えばやっぱり僕じゃないか! なぜ僕にオファーが来なかったんだ!と。 それを言いたかったです。 僕のブログのタイトルも『氷上のお殿様』なんですよ。 フィギュアスケートファンの方にも、僕がシニアデビューして10年近く、殿と呼ばれながら愛されてきた実績、自負があるわけなんですよね。 なので、羽生選手も仲良くさせていただいているんですけど、この映画に出演するというニュースを見たときは衝撃が走りましたね」と、この日1番の興奮で一気にまくし立てる。 さらに、続けて「『なぜ僕に一言言ってくれなかったの?』『なんでだまって殿やったの?』って思いました。 だからそっちのキャラクターとしての売り出し方でいくなら僕は文句は言わないですけど、殿はダメでしょ! 笑 キャラクターのすみ分けしましょうよ!」と、羽生に物申した。 いい人やなと思いましたよ。 でも、一言欲しかった!『先輩、殿やりますんで』っていう。 『先輩が長年やってきたキャラクターを奪うんですけど、すいません』って一言が…」と未練は尽きないようだ。 そんな織田だが、作品を見て「でも、めちゃくちゃ格好良かったので、すぐ羽生君に連絡しました。 『めっちゃ格好いいやん。 演技上手やん』って言ったら、羽生君は『いやいやいや、先輩の殿も笑顔がすてきで最高です!』って。 まさかの後輩に気を使わせる…という連絡が返ってきまして、僕自身も、羽生君の殿を見た後に僕の殿を見たら、そりゃ100人中100人が羽生殿に付いていきたいと思いましたよ。 それで自信をなくしてしまいましたね。 ただ、最後まで希望は捨てていないようで「でも、続編があれば。 次のチャンスがあれば…。 いろんな殿がいるので、機会があれば…! 僕もいつか銀幕デビューできれば!」と願望を口にしながら、かみ締めるように「大ヒットを祈願しています」と声援を送った。 2016-06-09 11:09:28 【千葉雄大】意外に欲しかった!? あの人とのツーショット写真 [with] 2016年06月08日 水 17時30分配信 最近、ドラマや映画に引っ張りだこの千葉雄大さん。 甘いルックスに、優しい語り口の彼ですが、好きなタイプの女性にあげたのは意外な人でした。 「やっぱり奥ゆかしい人には魅力を感じます。 理想の女性は……『サザエさん』のフネさんですね(笑)。 控えめでいつも微笑んでいて、芯の強さも感じるというか。 「フィギュアスケート選手の羽生結弦さんが、藩主役として出演されていました。 羽生さんは正真正銘のスターなので、現場では出演者に囲まれて握手会のようでした(笑)。 僕もちゃっかり一緒に写真を撮ってもらっちゃいました。 我が家の家宝です」 2016-07-17 12:24:23 諸冨 NHKで昔「お江戸でござる」っていう江戸の庶民の暮らしをコメディーっぽく描いたバラエティ番組がありましたが、映画も入口は敷居を下げて「利息でござる」。 そのタイミングで、殿役にすごいキャスティングが実現したんです。 池ノ辺 そうそう!仙台のお話しだから、フィギアスケート選手の羽生結弦さんが殿様役を引き受けたのよね。 諸冨 これは宣伝的に、ものすごい武器をもらったと思ったんです。 感服したのは原作者の磯田道史さんと、中村義洋監督です。 本作はお二人の念願の企画で、原作はあくまで「無私の日本人」なんですから、「そんなタイトルはふざけている」と拒絶することもできたと思うんです。 さらに中村監督はそういう宣伝戦略も理解した上で、本編の撮影に挑んでくださった。 制作と宣伝がお互いに、入口の強さと出口戦略を意識して進められた作品だと思います。 池ノ辺 なるほど。 そこまで密接に宣伝部が制作とがっちり組んで戦略を立てているのね。

次の