ながら スマホ 信号 待ち。 信号待ちのスマホ操作で違反?ながら運転の厳罰化について|中古車なら【グーネット】

運転中のながらスマホは信号待ち(赤信号)の場合も違法(違反)?免停の可能性は?

ながら スマホ 信号 待ち

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 信号待ちの停車中にスマホや携帯電話を操作することは違反に当たるのでしょうか。 スマホは今や小学生からお年寄りまで幅広い方が持ち、一人1台持っていて当たり前という時代になりました。 それと同時に、運転中の携帯電話使用による事故も起こっており、決して他人事ではないということも事実です。 運転中に携帯電話やスマホを持って通話するのは、集中力が散漫となり危険であるということはよく知られていますが、車に乗っている時の使用に関して厳密にどういう状況であればOKなのか、説明できる方は少ないと思います。 今回は、あまり知られていない「信号待ちのスマホ・携帯電話で違反になるのか?」ということについて解説していきたいと思います。 」 とあります。 道交法の文章を読む限り、「停止しているときを除き」という条件がついているので、信号待ちのスマホ操作はOKということが言えますね。 わかりやすいように、具体的な状況をイメージしながら解説していきます。 ちなみに、 携帯電話やスマホのボタンに何も触れなければいいのか? というと、それも注意が必要で、警察から「携帯電話やスマホを持っている=何か操作しようとしている」とみなされ、実際に捕まったという人もいます。 赤信号中のスマホ操作で注意する一つ目のポイント:少しでも車が動いていたら違反となる 停止していても違反となる「安全運転義務違反」 では、 停止している時ならどんな状況でもOKか? というと、そうではありません。 ここで重要になるのが、「安全運転義務違反」になっていないかどうかです。 安全運転義務違反とは道交法第七十条で説明されており、 「運転者はハンドルやブレーキ等の装置を確実に操作し、道路・交通・車両などの状況に応じて、他人に危害を及ぼさないように運転しなければならない」 のです。 簡単に説明すると「周囲の状況を把握し、安全運転できる状況であるかどうか」ということです。 先ほどのケース1の事例で「周囲の安全を確認した上で」という説明がありましたが、例えば「通話に夢中になって、後ろから救急車が近づいてきたことに気づかず通話を続けていた」という場合は、「安全運転義務違反」に抵触すると十分に考えられます。 赤信号中のスマホ操作で注意する二つ目のポイント:周囲の状況を常に把握すること スマホを「注視」していることで起こる危険 では次の場合はどうでしょう? ケース3:信号待ちの時にスマホ操作をしていて、発進はしていないが、前方車両が発進したことに気づかなかった これは、スマホ操作に夢中になって、周囲の状況を把握できていなかったということになるので、安全運転ができる状況ではないことが言えます。 したがって、違反となる可能性が十分に考えられます。 一般的に、注視=2秒以上と言われており、警察庁が発表しているデータで、2秒間で進む距離について速さ別で示しているものがあります。 npa. html 仮に時速60㎞で走行していたら、2秒間で約33m進みます。 2秒間スマホを注視している間に、歩行者が横断していたり、前方が渋滞していた場合は事故が起こる可能性があり、かなり危険です。 信号待ちで携帯電話やスマホを注視していて発進が遅れるということは、 「いつか運転者は走行中にスマホ注視をするのではないか?」 とみなされ、警察官によっては重大な事故を未然に防ぐために厳しく取り締まる人がいる、ということも私たちは理解しなければなりません。 赤信号中のスマホ操作で注意する三つ目のポイント:画面を注視しないよう気を付ける 信号待ちのスマホ・携帯電話で違反となった際の点数・反則金 違反となった際の点数、反則金を紹介します。 ちなみに反則金を支払わなかった時は罰則が適用となります。 携帯電話使用等(交通の危険) 携帯電話やスマホを使用していたことで事故を起こした場合は、以下のような処罰がなされます。 罰則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金 反則金 大型12,000円、普通9,000円 基礎点数 2点 携帯電話使用等(保持) こちらは、運転中に携帯電話やスマホを持っていた場合です。 罰則 5万円以下の罰金 反則金 大型7,000円、普通6,000円 点数 1点 安全運転義務違反 停止中だとしても、携帯電話やスマホを操作していて、周囲の状況に気づかず他の人の運転を妨げたりした場合は以下の処罰がなされます。 罰則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金 反則金 大型12,000円、普通9,000円 点数 2点 信号待ちのスマホ・携帯電話で違反しない!信号待ちのスマホ操作でやるべきこと サイドブレーキを引く 例え信号待ちだとしても、携帯電話やスマホ操作をしながら少しでも車輪が動いていたら違反となります。 自分が動いていない、という認識であっても、警察から見て動いていると見えれば追及されると考えられます。 それを防ぐためにも、信号待ちで携帯電話、スマホ操作をする際は、サイドブレーキを引いてから携帯電話を持ち、操作をすることをおすすめします。 そうすれば、仮にフットブレーキから足が外れてしまったとしても、確実に止まっているので安全も確保されます。 画面はチラ見で済ませる 信号待ちで停止中、携帯電話やスマホ操作をする時は、集中力が散漫になることを自覚しましょう。 通話している時は、周囲の音が聞こえるくらいの音量で通話し、メール確認の際は、注視(2秒以上画面を見ること)はできるだけ避け、チラ見程度で最低限の確認で終わらせるようにすると安全です。 ハンズフリー機能を使う 保持する(携帯電話、スマホを持つ)、また注視する(2秒以上見続ける)ことでも違反となりますが、スピーカー型ハンズフリー機能を使えば、現状それを取り締まる法律がないので違反とはなりません。 車のナビにブルートゥース機能がついていて、車のスピーカーを通して会話ができるものもあります。 もしなければ、家電量販店などで販売されているハンズフリーイヤホンマイクを準備することをおすすめします。 ハンズフリーイヤホンマイクは、片耳にイヤホンを装着し、イヤホンについているボタンだけで通話に応答しボリュームの調節ができるため、営業で運転する機会が多い人には必需品ともいえるアイテムです。 ただし、注意しなくてはならないのは、常に安全運転ができるように周囲の音(クラクションや緊急車両のサイレン等)が聞こえる状態で通話する、ということが大前提です。 車に乗っているときにスマホ・携帯を使うなら完全に停止している時だけ! それ以外はハンズフリーを使いましょう!! この記事を書いた人 ふじやま 単にドライブだけでなく車中泊をしながら安く旅行をすること。 常に車種を選び時にはレンタルをして車生活を楽しんでいます。 新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 「この車、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

次の

ながらスマホ運転の罰則強化どこからどこまで?信号待ちも違反?

ながら スマホ 信号 待ち

「ながら運転」で一発免停に ついついやってしまう人も多いスマホの「ながら運転」…取材中に見つけたドライバーは運転中もスマホの画面から目を離さない。 なんとプロであるはずのタクシー運転手までがオセロゲームに熱中している様子。 この10年間で倍近くに増えてしまった「ながら運転」。 12月1日から始まるのが「ながら運転」の厳罰化だが、どう厳しくなるのか。 運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けた場合の違反点数は1点から3点に。 反則金も普通車の場合で6000円から1万8000円と3倍に引き上げられる。 それだけではなく、「ながら運転」で事故を起こしてしまうと違反点数6で免許停止処分。 さらに、懲役や罰金の刑罰が科されることも… 「ながら運転」の危険性を検証 JAFが「ながら運転」の危険性について検証した映像。 通常前を見ていれば道路にボールが飛んできても瞬時に反応できるはずだが… 実験ではスマホをいじりながら運転をしてみると、まったく気付かずにボールをはねてしまった。 もしこれが子供だったら… さらに違反の対象ではないが、ハンズフリーで通話した場合はどうなるのだろうか? こちらの実験でも会話に気を取られ、ブレーキを踏むタイミングが遅れてしまった。 赤信号で停車中はスマホを触ってもいいのか? 街で厳罰化について聞いてみると「赤信号で止まっているときは触ってもいいのか」、「グーグルマップを目の前に置いて運転したりするが、それはダメなのか」といった疑問の声も聞かれた。 気になる線引きだが、カーナビは基本的に見ても大丈夫だが、一般的な法解釈では運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウトとされている。 つまり最近はスマホをナビ代わりにしている人も多いと思うが、例えば置いてあるスマホでも2秒以上続けて見ると違反になる可能性がある。 続いて携帯電話だが、運転中スマホを使うのは当然アウトだが、赤信号で停車中の場合はセーフとなる。 ただし、青信号に気付くのが遅れて後ろの車にクラクションを鳴らされてしまったり、それがもとでトラブルになったりするケースもあるため、緊急の時以外は避けたほうがよいだろう。 (Live News it! 11月29日放送より).

次の

ながら運転 カーナビやハンズフリーは免停の対象?信号待ちの場合はどうなる?

ながら スマホ 信号 待ち

スマートフォンなどを使用しながらクルマを走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化された改正道交法が2019年12月1日より施行された。 運転手がスマホを操作しながら運転したクルマによる死亡事故が相次いでいることに対応したものだ。 改正法施行後の違反点数、反則金に関しては下記のとおり。 直ちに刑事手続きの対象となり、罰則を「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から引き上げ、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となった運転中のスマホ操作はとても危険だ。 画面が小さいため、注視の時間が長くなりがち。 事故を起こしてしまってから後悔しても遅い。 というわけで、運転中のスマホ操作は絶対にやめておいたほうがいい。 では、「信号待ちでスマホの操作はOKなの? 」という疑問。 道路交通法71条5の5では、「自動車等が停止しているときを除き」とあるため、信号などで完全に停止している場合、スマホを操作しても罰則はないのだ。 ただ、少しでも動いていたら当然ダメ。 取り締まりを受ける。 ちなみに通話に関しては、手で持たずにホルダーにセットしていれば捕まらない。 だが、「注視」の場合はホルダーにセットしていてもアウト。 切符を切られる。 じつはカーナビの注視も同じように取り締まりの対象となることをお忘れなく。 〈文=編集部〉.

次の