お盆 休み 2019。 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

夏休み・お盆休みの旅行特集2020

お盆 休み 2019

1年のうち、どれくらいの日数が休日なのかご存知ですか? カレンダー通りなら、土日祝日のほかに年末年始休暇やお盆休み、学校や会社によっては、創立記念日なども休日になるかもしれませんね。 2019年は、今上天皇のご退位や新天皇の即位などがあり、この年限りの祝日が増えるようです! 今回は、 2019年の年間休日日数について調べてみました! 年間休日の意味・定義とは? 年間休日とは、会社・企業ごとに決まっている一年間の休日のことです。 カレンダー通りの休日が当てはまる会社・企業もあれば、職種によっては当てはまらないこともあります。 休日が規則的、不規則的、どのような場合も、 一年間の休日の合計を「年間休日」といいます。 しかし、労働基準法で「年間休日は〇〇日以上」などと決められているわけではありませんので、その日数は会社・企業によって異なります。 また、有給休暇や忌引き休暇など、個人的なお休みは含まれないのが一般的です。 年間休日の起算日は法律などで特に決まっていませんので、ここでは、 1月1日を起算日とした場合と、4月1日を起算日とした場合について調べてみました。 そして、土日に重ならない祝日・振替休日17日を104日にプラスすると 土日祝日は121日になります。 2019年1月1日(火)~1月3日(木)までの3日、2019年12月28日(土)~12月31日(火)までの4日、 合計7日(内1日は元日と、2日は土日と重なります)です。 国家公務員の場合はお盆休みというものはなく、夏の間に取得する 夏季休暇が3日間あります。 地方公務員の場合もお盆休みというものはなく、その日数は自治体によって異なり、 平均して3日~5日ほど休みを取っているようです。 ちなみに、2019年のお盆みは、8月10日(土)、8月11日(日・山の日)、8月12日(月・振替休日)、8月13日(火)~8月16日(金)、8月17日(土)、8月18日(日)となり、9連休になります。 土日に重なる2日も加算しない。 )+夏季休暇3日= 128日 ・地方公務員の年間休日 自治体によって異なる 土日祝日121日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 土日に重なる2日も加算しない。 )+夏季休暇3~5日程度= 128日~130日程度 ・完全週休二日制の一般的な会社・企業の年間休日 土日祝日121日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 土日に重なる2日間も加算しない。 )+お盆休み4日= 129日 上記の計算は完全週休二日制をの場合を元に計算しています。 完全週休二日制とは一週間に必ず2日の休みがあることをいいます。 職種によっては週休二日制(1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上のこと)や日曜日のみお休みの場合もあると思います。 そこでお休みが日曜日と祝日、年末年始休暇、お盆休みだけの会社を想定して計算してみると 2019年の日曜日は52日、祝日・振替休日は21日です。 そのうち、日曜日に重ならない祝日・振替休日19日ですので52日に加算すると 日祝日は71 日になります。 よって、 ・休みが日曜日だけの一般的な会社・企業の年間休日 日祝日71日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 日曜日に重なる1日も加算しない。 土日に重ならない祝日・振替休日18日を104日にプラスすると土日祝日は122日になります。 2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)までの 9日(内1日は元日と、4日は土日と重なります)です。 国家公務員の場合はお盆休みというものはなく、夏の間に取得する 夏季休暇が3日間あります。 地方公務員の場合もお盆休みというものはなく、その日数は自治体によって異なり、 平均して3日~5日ほど休みを取っているようです。 ちなみに、2019年のお盆みは、8月10日(土)、8月11日(日・山の日)、8月12日(月・振替休日)、8月13日(火)~8月16日(金)、8月17日(土)、8月18日(日)となり、9連休になります。 土日に重なる4日間も加算しない。 )+夏季休暇3日= 129日 ・地方公務員の年間休日 土日祝日122日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 土日に重なる4日間も加算しない。 ・完全週休二日制の一般的な会社・企業の年間休日 土日祝日122日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 土日に重なる2日間も加算しない。 )+お盆休み4日= 129日 上記の計算は完全週休二日制をの場合を元に計算しています。 完全週休二日制とは一週間に必ず2日の休みがあることをいいます。 職種によっては週休二日制(1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上のこと)や日曜日のみお休みの場合もあると思います。 そこでお休みが日曜日と祝日、年末年始休暇、お盆休みだけの会社を想定して計算してみると 2019年度の日曜日は52日、祝日・振替休日は24日です。 そのうち、日曜日に重ならない祝日・振替休日20日ですので52日に加算すると 日祝日は72 日になります。 よって、 ・休みが日曜日だけの一般的な会社・企業の年間休日 日祝日72日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。 土日に重なる2日間も加算しない。 )+お盆休み4日= 80日 新天皇が即位なさる5月1日が祝日になるのは、2019年に限られます。 ゴールデンウィークが10連休になり、年間休日の日数も増えましたね。 さらに、2019年のお盆休みは、山の日や土日の並びの関係で9連休になるようですよ! 会社や企業など、勤務先によって休みの規定が異なりますので、必ずしもこの日数のお休みがあるわけではありませんので、就業規則などを確認してくださいね! 関連: 関連: -.

次の

2019年のお盆休みの期間はいつからいつまで?地域による違いは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お盆 休み 2019

そもそもお盆とは? お盆は、日本にしかないこの国独自の風習です。 先祖を供養する行事と仏教がいつしか混ざったもので、かつては旧暦の7月15日に行われていました。 明治6年の新暦採用以降は、新暦のもしくは8月15日を中心として、お盆行事が行われるようになりましたよ。 時期は地域により異なる お盆の時期には先祖の霊が帰ってくるといわれ、ご先祖さまや亡くなった人の霊をなぐさめるため、お墓参りをするのが一般的です。 お盆は一般的に、 13日〜16日までの4日間。 初日は「盆の入り」、最終日は「盆明け」、そして真ん中の14日を「中日 ちゅうにち 」といいます。 お盆の時期は地域によって異なる 関東では一般的に7月がお盆というイメージがありますが、じつは地域によってお盆の時期は異なります。 7月にお盆があるのは関東の一部・北海道函館・石川県金沢など。 8月にお盆があるのは、沖縄をのぞくそれ以外の地域です。 ただ、一般的な「お盆休み」は8月のお盆に合わせてあることが多いですよ。 今年 2020年 のお盆休みの期間はどれぐらい? 祝日もあります それでは、2020年のお盆の時期について見ていきましょう。 ここでは全国的に多い8月のお盆を前提にしています。 一般的なお盆の時期は、8月13日〜8月16日となっています。 カレンダーを見ると、2020年のお盆は以下の通り。 8月13日 木• 8月14日 金• 8月15日 土• 8月16日 日 カレンダー通りだと4連休ですね。 月 が「山の日」で祝日になっているため、11日・12日を有給休暇にしてしまえば、9連休という超大型連休を作れますよ。 9連休の場合は以下の日が休みになります。 8月10日 月• 日 これだけの日数があれば、いろいろできることが増えますね。

次の

2020年のお盆はいつですか?お盆期間は?

お盆 休み 2019

2019年の「年間」休日日数は? 2019年の年間休日日数を調べてみると、 通常計算で 土日祝日「104」日間となります。 そのうち、 振替休日となる日数が「22」日間。 そして、 土日に重ならない祝日が「16」日間となっていました。 純粋な土日と祝日を足すと、以下のようになります。 【土日】104 + 【祝日】16=【土日祝】「121」日間 というわけで、 「2019年」通しての年間休日日数は「121」日間あります。 さらに2019年は新天皇即位や新しい元号の発表など、いろいろな国家イベントが控えていますので、新たに「祝日」が誕生するかもしれませんね。 お盆が10連休になるとも言われていますし、学校や会社によっても「特別な連休」を設ける可能性はあるので、さらに休日が増える可能性もありそうです^^ 10連休は外来診療も10日間休診、気をつけないと! 2019を読むキーワード:GW10連休 特需期待の旅行・サービス・小売 懸念は人手不足と金融市場空洞化=横山渉 週刊エコノミスト Online — 週刊エコノミスト編集部 EconomistWeekly まあ、仕事休めるなら何でもいいので、ありがたく頂くだけですけど^^ 2019年の年間の祝日まとめ• 2019年1月01日 火 元日• 2019年1月14日 月 成人の日• 2019年2月11日 月 建国記念の日• 2019年3月21日 木 春分の日• 2019年4月29日 月 昭和の日• 2019年5月03日 金 憲法記念日• 2019年5月04日 土 みどりの日• 2019年5月05日 日 こどもの日• 2019年5月06日 月 振替休日• 2019年7月15日 月 海の日• 2019年8月11日 日 山の日• 2019年8月12日 月 振替休日• 2019年9月16日 月 敬老の日• 2019年9月23日 月 秋分の日• 2019年10月14日 月 体育の日• 2019年11月03日 日 文化の日• 2019年11月04日 月 振替休日• 2019年11月23日 土 勤労感謝の日• 2019年12月23日 月 天皇誕生日 2019年のGW ゴールデンウィーク は10連休? 休日にはさまれている曜日に関しては、その日も休日になる!という法律があり、今回の条件がそれに当るようです。 日本の「国民の祝日に関する法律」の第3条 「その前日および翌日が【国民の休日】である日は、休日とする。 2019年4月27日 土 休日• 2019年4月28日 日 休日• 2019年4月29日 月 昭和の日• 2019年4月30日 火 国民の休日• 2019年5月02日 木 国民の休日• 2019年5月03日 金 憲法記念日• 2019年5月04日 土 みどりの日• 2019年5月05日 日 こどもの日• まぁ出来れば早い事、決定してほしいですね。 旅行やキャンプなど、イベントとして「外泊」を考えている場合は、やはり事前に休日の日程を把握しておかないと「予約」とか、色々とやっておきたい事もありますから^^;せめて、4月ごろには決定してほしいですよね。 連休はありがたい限りですし働く意欲にもなるので、2019年は色々と国民にとっても利益のある年になるかもしれません。 8月10日 土 休日• 8月11日 日 祝 山の日• 8月12日 月 振替休日• 8月13日 火 お盆• 8月14日 水 お盆• 8月15日 木 お盆• 8月16日 金 お盆• 8月17日 土 休日• 12月28日 土• 12月29日 日• 12月30日 月• 12月31日 火• 1月1日 水 祝 元日• 1月4日 土• 1月5日 日 2019年末から2020年始「12月28日 土 ~1月5日 日 」 ただ、こちらに関しては社会人の方は、おしい!ですね。 いや、日本においては「絶対にありえない!!」と断言してもいいくらいかもしれませんよね^^; まとめ、 というわけで2019の休日・祝日から、2020年の年始にかけての「年間の休日日数」をまとめてみました。 まあ、個人による有給の取得など、人それぞれですが基本的には、以下の日数になると思われます。 2019年のゴールデンウィーク 日本の「国民の祝日に関する法律」の第3条 「その前日および翌日が【国民の休日】である日は、休日とする。 2019年4月27日 土 休日• 2019年4月28日 日 休日• 2019年4月29日 月 昭和の日• 2019年4月30日 火 国民の休日• 2019年5月02日 木 国民の休日• 2019年5月03日 金 憲法記念日• 2019年5月04日 土 みどりの日• 2019年5月05日 日 こどもの日• 2019年5月06日 月 振替休日 2019年のお盆休み• 8月10日 土 休日• 8月11日 日 祝 山の日• 8月12日 月 振替休日• 8月13日 火 お盆• 8月14日 水 お盆• 8月15日 木 お盆• 8月16日 金 お盆• 8月17日 土 休日• 12月28日 土• 12月29日 日• 12月30日 月• 12月31日 火• 1月1日 水 祝 元日• 1月2日 木• 1月3日 金• 1月4日 土• 1月5日 日 2019年末から2020年始「12月28日 土 ~1月5日 日 」 社会人の方は、• 1月2日•

次の