ライン トーク 履歴 バックアップ。 LINEのパソコン版でトークのバックアップは取れますか?

【LINE】トーク履歴のバックアップ保存&復元方法まとめ

ライン トーク 履歴 バックアップ

かずき 勿論できるよ! バックアップを取っていれば、スマホの 機種変更をする時やスマホが壊れた時でも新しいスマホに 簡単に復元できるよ! トーク履歴のバックアップの手順• を起動• 設定を開く。 トークを開く。 トーク履歴のバックアップ・復元を開く。 Googleドライブにバックアップするまたは 今すぐバックアップをタップ。 LINEのトーク履歴のバックアップ完了です。 当記事では、LINEの トーク履歴の バックアップの手順と注意点を解説します。 スポンサーリンク トーク履歴のバックアップの注意点 LINEのトーク履歴をバックアップする際、事前に覚えておきたい 注意点を紹介します。 クラウドストレージを使います!• android版LINEは、 Googleドライブ。 iOS(iPhone)版LINEは、 iCloud。 これらのクラウドストレージを使うので、 ID・パスワードが必要です。 WiFi接続をしよう! LINEのトーク履歴には、 テキスト・写真・動画などが入っています。 トーク履歴の量次第で、データ容量が大きくなるのでデータ通信量を消費するので、バックアップ・移行時はWiFi接続をしましょう! アカウント引継ぎ! LINEのトーク履歴のバックアップでは、友だちリストは引き継がれません。 スマホの機種変更をしたらLINEアカウントで友だちリストを引き継いでからトーク履歴を移行する流れになります。 LINEのトーク履歴はLINEアカウントを引き継いだだけじゃ移りません。 引き継ぎ方法は下記記事で解説しています。

次の

バックアップ なしでLINEのトークを復元する方法

ライン トーク 履歴 バックアップ

こんなアナタに おすすめ!• LINEトークメッセージに消えてほしくない• LINEを使いこなしたい! LINEで友だちや恋人との大切なトークメッセージは、消えてしまうととっても困っちゃいますよね…(汗) そんな、いざという時のためにご紹介したいのが、LINEに搭載されている便利なトークの バックアップ機能です。 この「バックアップ機能」を使うことにより、LINEトーク履歴のバックアップが出来ます。 設定画面の項目の中から下へスクロールしていくと「トーク」という欄があるので、続いてタップします。 トーク設定画面に移動すると、画面上から3番目の項目に「トークのバックアップ」があるので、コチラを選択しましょう。 トークのバックアップを行う画面に移動できます。 過去にバックアップをしたことがある場合は、前回のバックアップ履歴が日時と容量で表示されます。 ここの「今すぐバックアップ」をタップすれば、バックアップ作業が自動的に進むので完了するまで待ちましょう。 「バックアップ完了」と表示されたら、LINEのバックアップは無事完了です! iCloud Driveの設定をチェックする方法 iPhone(iOS)版「LINE」アプリでのLINEトークのバックアップを行う際には、1つ注意が必要です。 実はiPhone(iOS)版「LINE」アプリでは、iCloud Driveの設定をオンにしていないと、LINEトークがバックアップできません。 まずは、iPhoneのiCloud Driveが正しく設定されているかどうかを確認していきましょう。 iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。 設定画面の上の方に位置しているApple IDアイコンを選択しましょう。 Apple ID内に表示されている「iCloud」をタップします。 オフになっている場合には、タップしてオンに切り替えましょう。 これで、LINEトークのバックアップをとるためのiCloud Drive設定は完了です。 モバイルデータ通信を使わずにLINEトークのバックアップをとる方法 例えば筆者の場合、LINEトークのバックアップには、約60MB分の容量が使われています。 格安SIMを活用してモバイルデータやスマホの月額使用料の節約に励んでいる人にとっては、60MBもの通信容量をモバイルデータ通信で使うのはもったいないですよね? そこでバックアップをとる際に、万が一にもモバイルデータ通信でバックアップされないように、念のためiCloudのモバイルデータ通信設定をオフにしておきましょう。 はじめに、iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。 続いて設定画面から「モバイル通信」を選択しましょう。 iCloud Driveの項目が、オフ(白色の状態)になっているか確認してください。 オン(緑色の状態)になっていたら、タップしてオフに切り替えましょう。 以上で、準備完了です。 これで、LINEのトーク履歴をバックアップしてもモバイルデータ通信を使われることはありません。 Android「LINE」アプリでLINEトークのバックアップをとる方法 先ほどご紹介したiPhone(iOS)版「LINE」アプリと同様に、Android版「LINE」アプリでもLINEトークのバックアップをとることができます。 LINEトーク履歴のバックアップをとる方法は、基本的にはiPhone(iOS)版と同じです。 はじめに、LINEのメニュー「友だち」画面の右上にある「設定」アイコンをタップします。 続けて、設定画面内にある「トーク」を選択しましょう。 画面上に表示されている「トーク履歴のバックアップ・復元」を押してください。 「Googleドライブにバックアップする」を選択すれば、基本的にはトーク履歴のバックアップは完了です。 ちなみに、iPhone(iOS)版LINEのトーク履歴のバックアップがiCloudを利用していたように、Android版LINEのトーク履歴のバックアップには、Googleドライブを利用するようです。 Android版LINEでトーク履歴のバックアップがイマイチ上手くいかないという人は、Googleドライブの設定を一度確認してみてください。

次の

LINEのトーク履歴のバックアップと機種変更等で消えてしまった場合の復元方法|スマホラボブログ

ライン トーク 履歴 バックアップ

iPhoneのLINEアプリのトーク履歴をテキスト形式でバックアップする方法についてご紹介しています。 LINEアプリのトーク履歴を保存しておくバックアップ方法には、テキスト形式のバックアップ方法のほかに、無料でバックアップする方法としては、iCloudへのLINEトーク履歴をバックアップする方法、iTunesでLINEトーク履歴を含めたiPhone全体のデータをバックアップする方法の2つの方法があります。 また、複数のiPhoneのデータバックアップソフトの中には、LINEトーク履歴もバックアップできるものもありますね。 ただ、多くのソフトが有料なるので費用が掛かるので、購入してまでもと思う人が多いと思います。 尚、テキスト形式を含めたについては、こちらのページをご覧ください。 目次・メニュー 1. LINEトーク履歴をテキスト形式でバックアップする操作手順 保存先・送信先を決める LINEトーク履歴のテキスト形式のバックアップは、LINEアプリのトーク履歴をテキスト形式でエキスポートする機能を使って、LINEアプリ以外にテキスト形式のトーク履歴を送信・保存するという機能となります。 そのため、まずは、テキスト形式のトーク履歴をどこに保存するかを決める必要があります。 保存先としては、主なところとしては、次のような保存先(送信先)となります。 自分宛のメールアドレス宛に送信して保存する DropboxやEvernoteなどのクラウドストレージに送信して保存する ここでは、メール送信にて、自分宛にLINEトーク履歴をテキスト形式にて保存する場合を例に、操作手順をご紹介します。 トーク画面を開く• トーク設定画面を開く• 「トーク履歴を送信」を選択する• メールを選択する• 送信先を指定して送信する 1. トーク画面を開く 以上で、自分のメールアドレス宛に、テキスト形式のトーク履歴が送信されます。 尚、テキスト形式のため、トーク内の写真や動画、ボイスメッセージなどは、当然ですが、テキスト形式のトーク履歴には含まれません。 Keepやノートに転送保存する場合との違い LINEトーク履歴のテキスト形式のバックアップに似た機能に、Keepやノートへの保存があります。 テキスト形式のバックアップとは、次のような違いがあります。 トーク履歴のテキスト形式のバックアップ トーク単位でiPhoneのLINEアプリに保存されているトークのテキスト部分を一括でバックアップできる 写真や動画、ボイスメッセージは対象外 Keep・ノートへの保存 保存するトークを選択する必要がある 写真・動画・ボイスメッセージも保存できるが、送信されて2週間以内でないと保存できない。 Keepやノートは、トーク履歴のバックアップという感じでなく、トークの一部を保存するといった使い方になりますね。 カテゴリーメニューリスト•

次の