適当に生きる。 人生は「適当」がベスト?!幸福度をあげるシンプルな方法。適当に生きることのススメ

人生は適当に生きると、楽しい話【好きなように生きても何とかなる】

適当に生きる

人生で重要なことは「幸福かどうか?」であり判断基準は「幸福度」となるよ 真面目かどうか?は重要ではない。 重要なことは【幸福度】。 僕の経験上、「もう人生、疲れた」となっているなら、生きる上での判断基準が【幸福度】ではなく、他の何かになっている可能性が高いです。 判断基準は基本的に【幸福度】であるべきであり、幸福度が高まる方を選ぶ生き方をしていると、疲れにくくなっていきます。 以下の記事のとおりですね。 ・ 生きるのに疲れる原因は真面目すぎるから 学校や会社では、「 真面目な人が偉い」という評価基準や風潮があります。 よき労働者や兵士は、真面目に指示に従って各種の作業をする人間であるため、真面目人間を量産するために作られた制度が現代の学校です。 産業革命が起きて、世界中で戦争が多発していた時代に、 {よき労働者・よき兵士}を量産することが国益になっていた時代に作られた制度が 現在の学校なわけですね。 1つの場所(教室や職場)に人間達をぶち込み、指示通りに動く人間を評価する制度が、学校にも職場にもあります。 大丈夫!判断基準は「幸福度」だよ 真面目すぎると人生、疲れてしまいますが、僕の経験上、不真面目すぎると、長期的には人生が悪い方向に進んでいき、疲れることになるので、 真面目と不真面目のバランスをとる必要を感じています。 不真面目すぎると、以下の記事のとおり 自滅しやすくなります。 ・ その バランス度合いの判断基準が「幸福度」なわけですね。 真面目すぎても不真面目すぎても人生に疲れることなる!バランスが大事。 「 もっと真面目に生きるべきかな?」とか「 もっと不真面目で良いのかも?」と悩む場合は「 どっちが幸福度が高まるか?」で考え判断すると失敗が減ります。 「幸福度が高まること」が、すなわち「生きる意味」に繋がっていくからです。 ・ 生真面目すぎる性格の直し方 僕が損しがちな生真面目すぎる性格を直せた理由の一つが経済的な余裕作りです。 真面目に生きていかないと、職場を首になるため経済面で厳しいわけですが、 お金の余裕が出来たら「なんとかなるさ〜」と楽観的な性格に変わっていきました。 性格を変える努力を「俺は楽観的だ!俺は楽観的だ!」と連呼したりとアファメーションなど精神論で行う方法が有名ですが、僕の経験上、効果は薄いです。 それより、 経済的な余裕を作る方が、自然と性格を楽観的な性格に変えていけます。 資産運用からの副収入があれば「なんとか、なるか」と思いやすくなるわね おすすめの投資先含め 資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。 ・ まだ、 ソーシャルレンディングと、 システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために 1度、確認してみるのがおすすめです。 ・ ・ 運用資金作りで重要な 収入の増やし方には、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。 ブログでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。 ユーチューブでも、やっています! ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。 人生とは、 夏休み。 人生で 悩んでばかりいた僕が【 人生の宿題、終了】し「 あとは夏休みを楽しむだけ」になるまでに、歩んだ過程を、以下の記事にいまとめました。 スポンサードリンク よく読まれている記事 【人気】 【人気】 【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「 学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。

次の

適当に生きると人生が楽になる!心に適度な境界線を引く方法

適当に生きる

適当に生きると、人生が楽になる 真面目に生きることが美徳だと思っている日本人は、「適当に生きる」ということが悪いことのように感じてしまうかもしれません。 でも、心のどこかで適当に生きている人が羨ましいと思っているのではありませんか? そして、自分も「適当に生きたい」と望んでいるのではありませんか? では、適当に生きるとは、どういう生き方のことなのでしょう。 簡単に説明すると、 「頑張りすぎずに、程よく楽する生き方」のことです。 頑張りすぎて「うつ病」などを発症する人が多い中で、適当に生きる人は、そのような心の病とは無縁の生き方をしているのです。 今のこの社会は、真面目に頑張っている人よりも、適当に生きている人のほうが評価が高かったり、人に好かれたりすることも少なくありません。 そんな状況を目の当たりにしたら、真面目に生きることがバカらしく思えてきますよね。 真面目に生きても人生うまくいかないなら、適当に生きたほうがいい。 そのほうが、人生を楽に生きられるのです。 適当に生きるメリット では、 適当に生きると人生が楽になる理由とは何なのでしょうか? 適当に生きるメリットについてご紹介します。 ストレスがたまらない 適当に生きている人は、自分を必要以上に良く見せようとしないので、無駄なストレスがたまりません。 逆に、自分を良く見せようとする人は、見栄を張って頑張りすぎてしまうので、疲れるしストレスもたまります。 また、何かトラブルが起きたときでも、適当に生きている人は慌てることなく、冷静に対処することができます。 なぜなら、「トラブルが起こるはずない」という固定観念や、「トラブルが起きて欲しくない」という理想論で物事を考えないからです。 だから、トラブルが起きても柔軟に対処することができます。 適当に生きるメリットは、つねにリラックスして過ごせるので、ストレスがたまらないことです。 時間と心にゆとりが生まれる 現代人はいつも時間に追われていて、心に余裕がない状態で毎日を過ごしています。 そんな緊迫した状態で毎日を過ごしていれば、息が詰まるのも当然ですよね。 実に、生きにくい世の中です。 でも、適当に生きている人は、時間に縛られることなく、自由に生きています。 最低限のルールさえ守れば、多少の誤差はたいしたことではありません。 だから、適当に生きている人は、時間と心にゆとりが生まれるのです。 仕事がうまくいく 適当に生きるメリットは、仕事がうまくいくようになることです。 適当に仕事をすると評価を下げてしまいそうですが、程よく手を抜いて、要領よく仕事を進めると、肩に力が入っている状態よりもいい仕事ができます。 仕事は、必ずしも真面目に頑張っている人のほうが成果を上げるとは限らないのです。 完璧主義で頑張りすぎる人よりも、適当に手を抜いて短時間で終わらせる人のほうが、成果を出すことも少なくありません。 人間関係がうまくいく 真面目に頑張っている人からすると、適当に生きている人には腹立たしさを感じるかもしれません。 でも本当は、心のどこかで憧れていて、いつも楽しそうだから羨ましいと感じていることも多いですよね。 しかも適当に生きている人は、人に好かれることが多いので、嫉妬する気持ちが湧き上がってくることもあるでしょう。 しかし、適当に生きている人ほど、人間関係がうまくいっているのも事実。 その理由は、相手に対しても適当だからです。 「こうすべき」と決めつけずに、柔軟に物事を考えるので、幅広い価値観や考え方を受け入れることができます。 人は、自分の価値観や考え方を受け入れてくれる人に好意を示すので、必然的に人間関係がうまくいくようになるのです。 適当に生きるコツ 適当に生きるためには、どのような生き方をすれば良いのでしょうか? 適当に生きるコツがわかれば、人生がグッと楽になりますよ。 完璧主義をやめる 適当に生きるためには、完璧主義をやめることです。 何でも完璧にこなそうとすると、ほんの少しの失敗が怖くなります。 すると過剰なストレスを抱えることになり、息が詰まる生き方になってしまうのです。 人生を楽に生きるためには、満点を目指さずに、70点くらいの合格点をクリアできればOKと考えるようにしましょう。 人と自分を比べない 多くの人は、自分が他人からどう見られているかを気にして生きています。 でも、適当に生きている人は、人からどう思われようと気にしません。 なぜなら、自分の中にきちんとした基準があるからです。 人から良く見られることが基準ではなく、自分が心地よいことが基準になっているのです。 だから、人と自分を比べる必要がありません。 適当に生きたいと思うなら、人と自分を比べるのをやめて、自分が心地よいと感じることをして生きていきましょう。 思い通りにならなくてもイライラしない 適当に生きられない人は、自分の思い通りにならいとイライラすることが多いのではないでしょうか? たとえば、いつもはできることがスムーズにできなかった自分に腹が立ったり、予定通りに動いてくれない人にイライラしたり。 適当に生きるためには、自分も他人も思い通りにならなくて当然と思うことが大切です。 たいしたことではない事柄にこだわりすぎず、おおらかな心を持っていれば適当に生きられるでしょう。 無駄なことにこだわらず、大事なことを見極める 適当に生きるためには、本当に大事なことを見極める目が必要です。 無駄なことにこだわっていると、時間も労力も浪費してしまいます。 たとえば、マニュアル通りに仕事を進める人は、マニュアルがないと不安になります。 マニュアルがないと、何をどうして良いのかわからないからです。 マニュアル通りのことだけをして、果たしてそれが良い仕事だと言えるのでしょうか? たしかに、ルール通りにきっちりやれば、上司には褒められるかもしれません。 しかし、お客さまの気持ちを無視することになりかねません。 一番大切なお客さまの気持ちをないがしろにして、マニュアルにこだわりすぎると、いつか大きな失敗をしてしまうでしょう。 だから、適当に生きるためには、本当に大事なことを見極める目が必要なのです。 適度に遊ぶ 適当に生きるためには、人生を楽しむことが必須条件です。 人生楽しむためには、適度に遊ぶことが大事。 童心にかえって子どもの頃の遊びをしても良いですし、思い切り体を動かすのも良いでしょう。 また、大人の遊び方としては、美味しいものを食べに行ったり、旅行に出かけたり、リフレッシュするのもオススメ。 適当に生きたいなら、仕事だけに明け暮れるのではなく、必ず人生に遊びを取り入れましょう。 仕事を遊び感覚でやるのも、1つの方法です。 自然の中で現状を見つめ直す 自然の中にいると心が癒されるのはもちろん、自分なんてちっぽけな存在だと気づかされます。 だから、自分が抱えている悩みなんて、地球規模で考えるとたいしたことではないのです。 もし今何かに行き詰っているなら、そのことの価値をもう一度自分の中で確認してみましょう。 その結果、あなたの人生での優先順位が1番ではないなら、手放しても良いのかもしれません。 リラックスできる環境で現状を見つめ直せば、自分が求めている答えが見つかりやすくなるでしょう。 そして、心が軽くなって楽に生きるヒントが見つかりますよ。 適当に生きられない理由 そうはいっても、人間ってなかなか適当に生きられないですよね。 では、適当に生きられない理由とは何なのでしょうか? 子どもの頃から完璧を求められた 適当に生きられない理由は、子どもの頃からつねに完璧を求められてきたからかもしれません。 学校の成績やスポーツで、期待通りの結果を出せなかったときに、「なんで、できないの?」「もっと、できるはずでしょ!」などと言われて、完璧以外は受け入れてもらえなかったのでしょう。 だから、「完璧にやらないとダメなんだ」と思い込んでしまい、適当に生きられなくなってしまったのです。 失敗することが恐怖になっている 過去に失敗したとき、ひどく叱られたり、恥ずかしい思いをしたりした経験がある人は、失敗することが恐怖になっているのかもしれません。 だから、「絶対に失敗できない」と思い、過剰なストレスをため込んでいるのです。 「絶対に失敗できない」と思う気持ちが強すぎると、それが恐怖となって適当に生きることができなくなります。 理想や目標が高すぎる 仕事や人生において、理想や目標を設定している人は多いと思います。 小さなところで言うと、「何日までに何キロ痩せる」というのが目標に当たりますね。 あなたが掲げる理想や目標が妥当なレベルのものであれば、それを叶えるためにモチベーションを保つことができます。 しかし、理想や目標のことを考えると苦しくなるようであれば、それは理想や目標が高すぎることを示しています。 自分の実力に見合っていない「高い理想」を掲げてしまうと、つねにキャパオーバーの状態になるため、適当に生きられなくなってしまいます。 適当に生きるコツを知って人生を楽に生きよう! 適当に生きるコツや、適当に生きるメリットなどをご紹介しました。 「適当」という言葉のイメージは悪いですが、適当な生き方は決して悪いことではありません。 あなたが毎日に息苦しさを感じているなら、適当な生き方を目指してみてはいかがでしょうか? 適当に生きるコツがわかれば、もっと人生を楽に生きることができますよ!.

次の

もう人生疲れた【真面目に生きる損ばかり】適当でいい/なんとかなる!僕の話

適当に生きる

僕達は「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と完璧主義に走ってしまいがちです。 今の自分の能力を明らかに超えていることをやろうとしたり、疲れているのに無理を押してやろうとしてしまう。 向上心を持って努力することは大切なことかもしれませんが、なんだか生きづらい、しんどいと感じる人は、何をするにも完璧にこなそうと無理をし過ぎているのかもしれません。 僕達は、ひとりひとりが得意なことや苦手なことが違うのに、「あの人は出来るのに私はダメな奴だ」と人と比べて落ち込んでしまいがちです。 「あの人がやっているのだから、自分も頑張らなきゃ」と必死に努力をしようとする。 だけど、そんなことしなくてもいいんじゃないでしょうか? もう、自分のことをそこまで追い込まなくてもいいんじゃないでしょうか? 断ったら冷たい人間と思われるかもしれない。 こんなこと言ったら、嫌われてしまうかもしれない。 こんなふうに考えて、人に気を使いすぎたり、無理をし過ぎて精神的にクタクタになってしまう。 他の誰かの価値観で自分の行動を決めるから、苦しくなるんだよね。 けれど、他人からどんなふうに思われているか気にするよりも、自分の気持ちを大切に生きた方が楽に生きられると思うのです。 キチンとしている人から見たら、いい加減だったり、適当な人だと思われるかもしれない。 ある人から見たら、冷たい奴かもしれないし、嫌われてしまうかもしれない。 それでもいいんだよ。 冷たい奴だと「思われるかもしれない」 適当な人だと「思われるかもしれない」 「思われるかもしれない」という考えに囚われてしまったのは、他の誰でもない自分自身なんだから、不安に思ってブレーキをかけないで、やりたいことをやってみよう。 他人からどんなふうに思われているか気にするよりも、自分の気持ちを大切に生きていこう。 あなたは自分の気持ちに素直になってもいいし、嬉しいこと、楽しいこと、好きなことをやったっていい。 人目を伺う他人軸ではなく、自分の人生は自分で決めるという自分軸で生きてみよう。 あなたと他人は別の人間であって、同じ人間じゃないんだ。 あなたの得意なことや苦手なことが、そのまま他人も同じように得意で苦手なわけじゃない。 だから、あなたが感じていることが、そのまま他人も同じように感じているわけじゃないんだ。 「人は人」「自分は自分」と考えて、自分の気持ちに素直になろう。 自分を追い込む苦しい人生から、自分に適当な人生を歩んでみよう。 あなたには、あなたに合った生き方があるんだ。 自分らしく生きるためには、こちらの記事も参考になるかもしれません。 メールカウンセリングをご希望の方はこちら 悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか? お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。 こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

次の