義勇 ムフフ。 俺は嫌われてない (おれはきらわれてない)とは【ピクシブ百科事典】

冨岡義勇が天然でかわいい!おはぎで不死川実弥と仲良くなれると真剣に考えている

義勇 ムフフ

^^ 炭治郎を守ろうとしたねずこを見て、義勇さんは鱗滝さんを紹介。 そのせいで、柱たちからはちょいちょい対立するような感じになってしまうんですよね。 実際は、全て他人のことを思いやっていたり、自身の負い目から責任を感じていたりした上での発言なのですが。 どうしても大事な部分を省いてしまうことで、相手にストレートに気持ちは伝えきれていません。 そのため義勇さんは若干孤立気味な存在になっちゃっています。 ^^; なので不死川さんを怒らせたり、しのぶさんにツッコミを入れられたりすることも。 そんな中、不死川さんの好物がおはぎと知った炭治郎と義勇さん。 いつも怒らせているから、不死川さんと仲良くなるためにおはぎをあげようと計画していましたね。 ^^; 炭治郎に限っては、また殴り飛ばされるような? 不死川さんの性格的に、大げんかになること間違いなしなのですが・・・。 鬼殺隊のことを知らない人が、義勇さんに対して、 「警察ですか?役人ですか?」 と聞いてきますが、義勇さんの返答は・・・。 「鬼殺隊の冨岡義勇です」 だから鬼殺隊を知らないんだって〜!(笑) その後は怪しいやつとして警察のお縄にかかるハメに。 しのぶさんが助けに入ろうとしていても、義勇さんは、 「問題ない」 と、ひと蹴り。 いやいや、義勇さん捕まってるんだから問題しか無いでしょ!(笑) 誰もがツッコミたくなるシーンでしたね〜。 」 「家族を殺され妹は鬼になり、つらいだろう。 叫び出したいだろう。 炭治郎も限界がきて、気絶したままの状態。

次の

大正の空に轟け

義勇 ムフフ

しかしその状態で、日光から逃げようとする無惨を止めようと炭治郎と共に戦い続けます。 そして炭治郎が鬼化してしまった時はそれにいち早く気づき、 炭治郎が人を殺さぬうちに、炭治郎として死なせてやるために再び戦います。 失血も酷く、本来ならとっくに意識を失っていてもおかしくない状態でしたね。 そんな義勇は、 そして ホッとした表情で治療を受けている様子も描かれていました。 義勇も深傷を負っているものの、無事回復しそうですね。 スポンサードリンク その後の義勇はどうするのか!?実弥へおはぎをプレゼントする展開は!? 義勇も他の隊士たちと同じく、まずは治療に専念することになるでしょう。 回復すると、 体が鈍らないためにとある程度の鍛錬を始めようとすると思います。 しかし失った右腕はもう戻ってこないので、しばらくは片腕での生活に慣れることからですね。 しばらく治療を続けている間、 同じく治療を受けているはずの実弥と顔を合わすこともあるでしょう。 あの激しい戦いを生き抜いた者同士、ほんの少しでも関係が良くなれば…と思うのですがそこはわかりませんね。 そしてここで、義勇があの作戦を実行する可能性もあります。 それは 『懐におはぎを仕込んでおく』というもの。 正直実行したらより怒らせる結果となりそうですが、 大真面目におはぎを差し出す義勇を見てみたいですね。 スポンサードリンク 義勇も25歳までに死んでしまうのか!? 痣を発現した者は、たった一人縁壱という例外を除き、全員が死亡すると言われています。 そのことは『鬼滅の刃』203話でもわざわざ無惨が言っていたのです。 ここで触れられるということは、その法則は今後も関係してくると考えられますね。 義勇も痣を発現しています。 そして今の年齢は21歳。 実弥と同じ歳ですね。 義勇もこのまま25歳までに死亡する可能性があります。 縁壱が何故25歳を超えても生き続けていたのか、その理由が解明されれば話は別ですが。 しかし縁壱は縁壱だから、という理由のような気もするので、 他の者は避けることのできない運命なのかもしれません。 義勇は寿命が尽きるまでに、弟弟子である炭治郎へその意志を託すのではないでしょうか。 最後に手合わせをして、そこで義勇のオリジナル技である「凪」を伝授するのかもしれません。 ただ、片腕なので満足に剣を振るうことができるのかはわかりません。 それでも炭治郎は、その意志をしっかり受け継ぎ、義勇の最期を見届けるのではないでしょうか。 義勇も実弥も炭治郎もせっかくあの戦いを生き抜いたのです。 痣を出した者たちでも長生きしてほしいですよね。 しかし『鬼滅の刃』という作品なので、そんなに都合の良い話にはならない予感がしますね。 覚悟を決めておきましょう。 スポンサードリンク 義勇の痣寿命やその後がどうなるのか気になる声! いよいよ最終回で、義勇の痣による寿命やその後がどんな結末になるのか、気になる人も多いです! 義勇さんは誰かと一緒になるのが想像し難くて、私的には長男長女の竈門兄妹に痣の期限迎えるまではお世話されていて、そのままやっと護れた子達に見守られて終わり迎えて欲しい 言うのはタダ。 誰かとくっついていてもそれはそれで……推しペアの幸せは妄想で補っていく楽しみもある。 — セキ kurohaseki 本誌だけど、義勇さんと実弥は今後も連絡取り合うと思う 痣の件がお互いあるし、しかも同い年、だから相手の状況聞いておいて相手が体調崩してきたら「ああ自分もそろそろなんだな」って思うんだ…お互い死に場所探してる節あるから、25歳が近づいて体調が悪くなるとどこかホッとしてたら泣いてしまう — なとり 081NATORI081 いや待てよ、もし痣の寿命で死ぬとしたら後3年くらいしか残ってないってことだよね。 そしたら鱗滝さんより早く……。 でも204話見たらすごく幸せそうだったし良いんじゃないか。 いつ死ぬとも分からないのは誰でも同じだしね…。 カナヲ ? が好きな人大切な人は漠然と明日も生きてる気がする、ただの願望なのにって言ってたがまさにソレ。 で、 ついに長かった無惨との戦いが終わりました。 単行本も23巻で終わりということで、最終回間近であると想像できますね。 義勇は無惨との戦いの中で、右腕を失ってしまいました。 まずは治療、そして片腕で生活するリハビリ的なものでしょう。 そして 義勇も痣を発現しており、あと4年程しか生きることはできないのかもしれません。 それを踏まえて、 炭治郎へ全てを託そうと手合わせをする可能性があります。 実際に命を落としてしまうのかはわかりません。 しかし現代になり、とのこと! あの優しい笑顔を見ればきっと安心すると思いますよ!.

次の

【鬼滅の刃】水柱・冨岡義勇さん、天然おはぎ回の「ムフフ顔」で人気が高まるwwww

義勇 ムフフ

しかしその状態で、日光から逃げようとする無惨を止めようと炭治郎と共に戦い続けます。 そして炭治郎が鬼化してしまった時はそれにいち早く気づき、 炭治郎が人を殺さぬうちに、炭治郎として死なせてやるために再び戦います。 失血も酷く、本来ならとっくに意識を失っていてもおかしくない状態でしたね。 そんな義勇は、 そして ホッとした表情で治療を受けている様子も描かれていました。 義勇も深傷を負っているものの、無事回復しそうですね。 スポンサードリンク その後の義勇はどうするのか!?実弥へおはぎをプレゼントする展開は!? 義勇も他の隊士たちと同じく、まずは治療に専念することになるでしょう。 回復すると、 体が鈍らないためにとある程度の鍛錬を始めようとすると思います。 しかし失った右腕はもう戻ってこないので、しばらくは片腕での生活に慣れることからですね。 しばらく治療を続けている間、 同じく治療を受けているはずの実弥と顔を合わすこともあるでしょう。 あの激しい戦いを生き抜いた者同士、ほんの少しでも関係が良くなれば…と思うのですがそこはわかりませんね。 そしてここで、義勇があの作戦を実行する可能性もあります。 それは 『懐におはぎを仕込んでおく』というもの。 正直実行したらより怒らせる結果となりそうですが、 大真面目におはぎを差し出す義勇を見てみたいですね。 スポンサードリンク 義勇も25歳までに死んでしまうのか!? 痣を発現した者は、たった一人縁壱という例外を除き、全員が死亡すると言われています。 そのことは『鬼滅の刃』203話でもわざわざ無惨が言っていたのです。 ここで触れられるということは、その法則は今後も関係してくると考えられますね。 義勇も痣を発現しています。 そして今の年齢は21歳。 実弥と同じ歳ですね。 義勇もこのまま25歳までに死亡する可能性があります。 縁壱が何故25歳を超えても生き続けていたのか、その理由が解明されれば話は別ですが。 しかし縁壱は縁壱だから、という理由のような気もするので、 他の者は避けることのできない運命なのかもしれません。 義勇は寿命が尽きるまでに、弟弟子である炭治郎へその意志を託すのではないでしょうか。 最後に手合わせをして、そこで義勇のオリジナル技である「凪」を伝授するのかもしれません。 ただ、片腕なので満足に剣を振るうことができるのかはわかりません。 それでも炭治郎は、その意志をしっかり受け継ぎ、義勇の最期を見届けるのではないでしょうか。 義勇も実弥も炭治郎もせっかくあの戦いを生き抜いたのです。 痣を出した者たちでも長生きしてほしいですよね。 しかし『鬼滅の刃』という作品なので、そんなに都合の良い話にはならない予感がしますね。 覚悟を決めておきましょう。 スポンサードリンク 義勇の痣寿命やその後がどうなるのか気になる声! いよいよ最終回で、義勇の痣による寿命やその後がどんな結末になるのか、気になる人も多いです! 義勇さんは誰かと一緒になるのが想像し難くて、私的には長男長女の竈門兄妹に痣の期限迎えるまではお世話されていて、そのままやっと護れた子達に見守られて終わり迎えて欲しい 言うのはタダ。 誰かとくっついていてもそれはそれで……推しペアの幸せは妄想で補っていく楽しみもある。 — セキ kurohaseki 本誌だけど、義勇さんと実弥は今後も連絡取り合うと思う 痣の件がお互いあるし、しかも同い年、だから相手の状況聞いておいて相手が体調崩してきたら「ああ自分もそろそろなんだな」って思うんだ…お互い死に場所探してる節あるから、25歳が近づいて体調が悪くなるとどこかホッとしてたら泣いてしまう — なとり 081NATORI081 いや待てよ、もし痣の寿命で死ぬとしたら後3年くらいしか残ってないってことだよね。 そしたら鱗滝さんより早く……。 でも204話見たらすごく幸せそうだったし良いんじゃないか。 いつ死ぬとも分からないのは誰でも同じだしね…。 カナヲ ? が好きな人大切な人は漠然と明日も生きてる気がする、ただの願望なのにって言ってたがまさにソレ。 で、 ついに長かった無惨との戦いが終わりました。 単行本も23巻で終わりということで、最終回間近であると想像できますね。 義勇は無惨との戦いの中で、右腕を失ってしまいました。 まずは治療、そして片腕で生活するリハビリ的なものでしょう。 そして 義勇も痣を発現しており、あと4年程しか生きることはできないのかもしれません。 それを踏まえて、 炭治郎へ全てを託そうと手合わせをする可能性があります。 実際に命を落としてしまうのかはわかりません。 しかし現代になり、とのこと! あの優しい笑顔を見ればきっと安心すると思いますよ!.

次の