キオクシア 四日市 工場。 【産業動向】キオクシア工場火災、台湾市場は「NANDフラッシュ需給逼迫の加速必至」市場注目の台湾4社

AI研究者が見た半導体産業

キオクシア 四日市 工場

キオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)は、四日市工場(三重県四日市市)に最先端3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーの製造棟を新設する。 2020年12月に着工し、22年夏の完成予定。 総投資額は最大3000億円規模を見込む。 20年9月に計画する新規株式公開(IPO)で調達する資金の一部も充当する。 NAND型フラッシュメモリーで世界首位の韓国・サムスン電子を抜いて先端分野でトップを目指す。 キオクシアは既存の四日市工場の近くに用地を取得し、次世代3DNAND型フラッシュメモリーを生産する「第7製造棟」を新設する方向だ。 すでに社内にプロジェクトチームを立ち上げ、詳細の検討に入った。 20年から世界各国で第5世代通信(5G)サービスが本格化すれば、スマートフォン向けを中心に半導体メモリー需要が拡大する。 加えて、近年の市場をけん引してきたものの一服感の出ているデータセンター(DC)向けも今後の需要回復が予想される。 米中貿易摩擦などのリスクを除けば、市況見通しを楽観視する向きが多い。 キオクシアは建設中の北上工場(岩手県北上市)が19年10月に完工する見通し。 20年春から3Dフラッシュメモリー製品のサンプル出荷を始める。 北上工場は四日市工場から製造設備を搬入する移設投資が中心で、最先端投資の四日市工場と役割を分ける戦略だ。 IPOの時期を20年9月へ約1年先送りし、5GやDC関連を追い風に市況回復を待つ。 IPOと同時に行う予定だった社名変更を19年10月1日に実施。 新社名「キオクシアホールディングス」として心機一転し、サムスンなどライバルとの激しい競争に挑む。

次の

キオクシア「3次元NAND型」で攻める、増産へ3000億円で新棟|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

キオクシア 四日市 工場

キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)はNAND型フラッシュメモリーを生産する四日市工場(三重県四日市市)の新製造棟建設を27日に始める。 土地の造成から着手し、12月以降に建屋の工事を予定。 新型コロナウイルス感染拡大の影響はあるものの、外出自粛による動画配信サービス利用急増などでデータセンター向け需要が伸びる。 コロナ禍でも当初計画通り増産投資に踏み切る。 キオクシアは27日、既存工場の近隣に取得した用地で造成起工式を行う。 最先端3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーを生産する「第7製造棟」を新設し、2022年夏の完成を目指す。 総投資額は最大3000億円規模を見込む。 提携する米ウエスタンデジタルと投資を分担するとみられる。 新型コロナの影響でスマートフォン販売は一時的に減速するが、動画配信サービスを支えるデータセンター向けや、在宅勤務浸透によるパソコン向けが需要を創出している。 世界各国で第5世代通信(5G)サービスも本格化するため、スマートフォンの販売回復を後押しする可能性がある。 ただ、米中貿易摩擦の激化は今後の懸念材料となる。 大口顧客の中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が米国の制裁強化により主要製品の生産に深刻な支障を来しそう。 ファーウェイ向け半導体メモリー需要は少なくとも短期的に落ち込み、キオクシアの業績に多少の打撃を与える。 日刊工業新聞2020年5月27日.

次の

キオクシア「3次元NAND型」で攻める、増産へ3000億円で新棟|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

キオクシア 四日市 工場

キオクシア 旧東芝メモリ は5月14日、2019年度 2020年3月期 通期ならびに同第4四半期 2020年1~3月期 の決算概要を発表した。 2018年度はメモリバブルのおかげで605億円の黒字を達成していたが、2019年に入りメモリ価格が下落したことで業績も悪化した。 5四半期ぶりに黒字回復を果たした2020年1~3月期 キオクシアの2019年度第4四半期の決算概要は、売上高が前四半期比9. 新型コロナウイルスの感染防止のためにリモートワークが普及する一方、通信負荷が増加。 その問題を解消する目的でデータセンターのサーバSSD向けメモリ需要が増加したことが背景にあるという。 また、第4四半期はスマートフォン向けNANDの出荷数量が低調に推移した一方、SSDの出荷数量が堅調に伸びたことでビット出荷数量は増加したという。 また、需給バランスも2019年後半より安定的に推移しており、ビット当たりの価格も全体的に上昇したと同社では説明している。 キオクシアの2020年3月期通年および第4四半期の業績概要 出所:キオクシア業績概要発表資料 2019年6月の停電や2020年1月の火災の影響 今回の決算発表で、キオクシア四日市工場にて2019年6月15日に発生した大規模な停電による損失が最終的に334億円規模だったことも明らかになった。 また、2020年1月には同工場にて火災騒ぎがあったが、その影響を受けたのは製造装置1台のみで、生産計画そのものに変更はなかったという。 新型コロナウイルスの生産への影響は? 同社の四日市工場、岩手北上工場はともに新型コロナウイルスの感染拡大の中にあっても正常に稼働を続けている。 4月22日にNANDの設計を担当するキオクシア横浜テクノロジーキャンパスに勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したものの、当該社員は在宅勤務中であったため、設計や前工程製造業務に支障をきたしてはいないという。 また、キオクシアは、SSDの組み立てを主にフィリピンの東芝情報機器フィリピンに委託しているが、この工場が新型コロナウイルスの影響で、3月に生産停止に追い込まれている。 こちらについてはフィリピンの新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない場合、長期的に見て、キオクシアの業績に影響する可能性がありそうである。 2020年5月15日20:26訂正:記事初出時、キオクシアの岩手県の工場名を「水上工場」と記載しておりましたが、正しくは「北上工場」となりますので、当該部分を訂正させていただきました。 ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。 株式の上場計画はどうなった? キオクシアは、「さらなる成長の実現に向けて、2018年6月の東芝グループからの独立時に掲げた3年以内の上場を目指す方針に基づき、東京証券取引所への株式上場準備についても継続的に進めている」と今回の業績発表に合わせてあらためて発表したが、当初は2019年の上場を目指していたものを、メモリバブルの崩壊で業績が悪化したことから、2020年以降に延期した格好となる。 今後の市場見通しは? キオクシアは今後の市場見通しについて、「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、スマートフォン向け需要は一時的に落ち込むことが想定される一方、在宅勤務や動画ストリーミングなどの消費行動の変化を受け、PCおよびデータセンタ向けSSDの需要は堅調に推移する見込みである」と説明している。 しかし、一般人にはほとんど馴染みのないキオクシアという社名・ブランド名であることから、今後は浸透させていくためにテレビコマーシャルなども行い、知名度の向上を図っていくとしている。 情報セキュリティ総括執行役員が退任へ なお、キオクシアは、執行役員で情報セキュリティ統括責任者の岡明男氏が2020年5月末で退任する人事を5月14日付で発表した。 同氏は、四日市工場のビッグデータやAIを活用した効率的な生産管理・歩留まり向上システム構築の中心人物だった。 ITサービスプロバイダーのクエストが5月14日付で、2020年6月より自社の代表取締役 社長執行役員として同氏が就任する人事を発表している。 予めご了承ください。 関連記事•

次の