あざ 早く治す。 内出血の仕組みは?早く治す方法はあるの?

青あざ(青タン)早く治す方法を症状別に!市販薬と完治までの期間も

あざ 早く治す

先日、目の近くをぶつけて大きな青あざができてしまいました。 まるで殴られたボクサーの様です。 早く消えるといいのですが、、、。 麻酔の注射やヒアルロン酸などの注入時の比較的小さなアザ(紫斑)はフォトフェイシャルの赤みモードで血液を破壊すると比較的早く消すことができます。 でも、ぶつけたり怪我による大きな深い紫斑はなかなか消えません。 少しでも早く良くなる方法を検討してみました。 まず、紫斑ができた当日、翌日はアイスパックなどでよく冷やしましょう。 もちろん、骨が折れていそうな時、出血がある場合、痛みが強い時は診察を受けてください。 2、3日してあとは消えるのを待つだけ、となったら今度は血行を良くして早く吸収させることです。 顔以外では温湿布をする、と教科書などには書いていますが顔では難しいのでオススメの方法として 1)携帯用ホットカイロをハンカチなどに包んで優しく温める。 特に、シャワーはマッサージ効果もあってオススメです。 ヘパリン類似物質含有クリームをたっぷり塗ってマッサージする、という方法もよく見かけますが、強くこすってしまうと皮膚にも良くありませんのでシャワーのマッサージの後にヘパリン類似物質含有クリームを塗りましょう。 (痛みのあるときはマサージをせず、診察を受けてくださいね。 ) 飲み薬については漢方薬の桂枝茯苓丸や通導散などが使われます。 それでも残念ながらすぐにはよくなりません。 そんな時はコンシーラーで隠してしまいましょう。 青いアザには専用の赤みのあるコンシーラーがお勧めです。 (クリニックでも販売してます。 ) そのうえから肌色のカバー力の高いコンシーラーを使いましょう。 私は硬くてカバー力のあるスポッツカバー(資生堂)がお気に入りです。 早く良くなります様に。

次の

内出血とあざの違い!早く治す治し方は?

あざ 早く治す

どこかにぶつけて出来てしまった内出血、知らないうちに出来てしまった内出血・・・。 いろいろな内出血があると思いますが、内出血って子供の時よりも大人になってからの方が多いように感じますよね。 擦り傷より圧倒的に打ち身で内出血になる方が多い気がするのは私だけでしょうか。 けれど、内出血ってなってしまうと、なかなか治らないので困りますよね。 それに、放っておいてアザになってしまうのも嫌ですね。 そんな内出血、出来るだけ早く治したいですよね。 そんなことから今回は・・・ 「内出血を早く治す方法!基本の対処方法と心がけるべきこと!」 「内出血を早く治す!おすすめの薬や食べ物は?」 について、取り上げたいと思います。 Contents• 内出血を早く治す方法!基本の対処方法と心がけるべきこと! 内出血初期の処置方法 ~まずは患部を冷やそう~ 内出血の初期段階での処置としては、突き指や捻挫、打撲などと共通しています。 患部を動かさない様に固定してから、湿布などで患部を冷やして、安静にすることが大事になってきます。 なお、内出血の色についてですが、青く見える時は皮膚に近い部分、黒く見える時は深い部分で内出血があることが推測できます。 また、痛みが伴う内出血の場合には、冷湿布などで患部を冷やして熱をとることで、痛みの軽減するようにしてください。 対処法を間違えて最初に温湿布を貼ってしまわない様に、血流が促されて出血を後押しする結果になるので、内出血が止まらなくなってしまいます。 回復してきた時の対処法 ~マッサージは厳禁~ 回復してきた目安になるのが内出血の色です。 内出血の色が緑から黄色の状態になったときがちょうどその時です。 残って劣化した血液が吸収されて色が消えて行く状態、その残った劣化した血液の吸収を早めるために血液の循環を良くするのです。 そうすることで、酸素と栄養のある血液が傷のところに流れ、修復を早めるのに効果的なのです。 しかし、回復してきた状態でもマッサージなど患部を触る行為だけはやめて下さい。 血液の循環が良くなったところに患部を揉んでしまうと再出血する恐れがありますし、更に内出血を悪化することになってしまいます。 さて、温める方法についてですが、 温めるには、温湿布を貼ったり、入浴で温めてあげるのがいいでしょう。 内出血だけじゃない!外傷の時に役立つ!RICEをおえておこう! 外傷の際の緊急手当ての心として、押さえておいて欲しいのがこちらのRICE! Rest・・・安静【安静に保つ】 患部を安静に保つなら、血管や神経などを守ることができます。 特に筋肉や関節などの動きも抑制できるので、内出血を抑えることもできます!まずは安静に! Ice・・・冷却【患部を冷やす】 患部を氷や水で冷却します。 患部は熱をもって痛みが出てくるので、様子を見ながら5~15分冷やし、熱がでたらまた冷やす。 という工程を繰り返すと外傷の治りが早くなります! Compression・・・圧迫【患部を軽く抑える】 腫れなどの無い患部の付近を軽く抑えることで、内出血を抑えることができます。 あくまで軽く抑えることがポイントで強く圧迫すると、血液などの循環が滞るので、重々注意してください。 スポンサーリンク Elevation・・・挙上【患部を心臓より高い位置に保つ】 患部を心臓より高い位置に保つなら、血液の循環が滞ることもなく、幹部の腫れも軽減できます。 指先、足先などが患部の場合は特に効果的です。 怪我の場所によりけりですが可能であれば、基本的に患部は心臓より高い場所でキープするのが早期回復への近道です! 内出血を早く治す!おすすめの薬や食べ物は? 内出血を治すおすすめの薬:ヒ ルドイド軟膏 ヒルドイド軟膏には、有効成分のヘパリン類似物質が含まれており、保湿、血行促進、抗炎症などの作用があります。 このヘパリン類似物質によって血行が促進されて、内出血のあざを引かせる効果があるようです。 なお、このヒルドイド軟膏は、医療用医薬品のため医療機関からの処方を受けなくてはなりません。 しかし、ヘパリン類似物質は血流を促す効果があるため、血液が固まる事を抑えてしまいます。 紫斑病、血友病、血小板減少症などを患っている方が使うと出血の可能性があることから使用を禁忌されています。 他に、脳梗塞や高脂血症などの予防で、血液サラサラにする薬を使っている人がヘパリン類似物質を使ってしまうと、更に血液の粘度が下がってしまいます。 何かの拍子で血管に傷を受けると、血が止まらないことになるので、処方されないことがあります。 内出血を治すおすすめの薬: 一般用医薬品のクリーム ヒルドイド軟膏以外にも、ヘパリン類似物質を配合した市販薬のクリームがあります。 この市販薬のクリームは医療機関に関わらず自分で購入する事が出来るので早く治したい人にはおすすめではありますが、禁忌事項はヒルドイド軟膏と同じです。 血液の粘度を下げてしまうと良くない病気を持っていないか、他の薬との相互作用がないかなど事前に調べておきましょう。 内出血に効果的な食べ物は? 血液の流れを良くし、内出血の吸収が良くなり治りが早くなるのに、効果的な食べ物とはどのようなものでしょうか? ビタミンCで血管壁の健康を保つ レモン・イチゴ・パセリ・ブロッコリー・ピーマン ビタミンEで血液循環を良くする 鮭・うなぎ・小松菜・かぼちゃ・アーモンド ヘモグロビンの原料になる鉄分 牛豚鶏のレバー・豚もも肉・卵・牛乳・大豆・ひじき 上記のような食べ物を摂ることで血管の状態を良好に保つことができ効果的です。 内出血を治すための環境を整える事に一役買います。 みなさん、内出血になったら「すぐに冷やす!」と「回復してきたら温める!」を忘れずに行う事で、早い治りが見込めるでしょう。 内出血を早く治す方法!うっかりできてしまった内出血・アザをきれいに治したいまとめ また、ヒルドイド軟膏などのヘパリン類似物質が入った軟膏を使ったり、上記で紹介した食べ物を積極的に摂取することで内出血の治りを早めて行くといいでしょう。 しかし・・・「内出血でも赤あざで腫れが引かない」「患部に熱をもっている」ような場合、捻挫や骨折など大けがの可能性があるので、病院を受診して検査してもらうことをおすすめします。

次の

あざを消したい!あざを早く治す方法や早く消すにはどうすれば?

あざ 早く治す

スカートからスラ~っと伸びた綺麗な脚。 このアザがけっこう厄介で、 「 えっこんなトコ打ったっけ!?」みたいな、知らないうちにできてるヤツがいたりして…。 今回は、あざに悩まされる女子たちへ! なる早で 【あざを消す撃退方法】を紹介。 あざのメカニズム!色の変化と3つの段階を知ってから消しましょう。 打撲によってできる『あざ』は、 内出血によるものです。 体を強くぶつけたり、外部から衝撃を受けたりなどして打撲傷を負うと、皮膚や皮下組織が損傷します。 この時に、皮膚の表面が切れて体の外に出血するのが、わかりやすい【血が出てるケガ】ですね。 その逆で、皮膚が切れずに 出血だけが起こるのが内出血です。 この内出血を起こした部分が、変色して見えるのが 『 あざ』 というワケです。 打撲による皮下組織の損傷が大きく内出血の量が多いほど、 大きくて色が濃いあざになりますよ。 あざの色別!早く消す方法3ステップ 1<赤あざはアイシング> 打撲をして 3日以内が勝負! しっかり打ったところを冷やすことで、青あざになる確率を下げることができます。 【保冷剤や氷袋を患部に当ててアイシング】をしておきましょう。 つまようじを30本ほど束ねて、とがったほうで痛くない程度に、【患部周辺の皮膚をツンツントントンと叩く】のも効果的。 コレ、炎症による熱をつつくことで分散させて、逃がすことができるんです。 2〜3分続けてみて、皮膚がほんのり赤みがかってきたらOKですよ。 2<青あざになったら温める> 青あざになってある程度時間が経って腫れが引いているようなら、 温めるのが吉! 温めることで血行を促進して治癒を早めます。 タオルでの温熱療法が面倒くさければ、【ぬるま湯につかって温める】でもOKです。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の