内税 計算式 エクセル。 【エクセル】表から特定の項目だけを合計! 通常のSUM関数じゃできない“条件付き計算”ワザ

内税・外税・税込み・税抜きの消費税額を計算する方法

内税 計算式 エクセル

この記事の目次• INT関数について はじめにINT関数について簡単にご説明します。 INT関数は、数値の小数点以下を 切り捨てた整数値を求めてくれます。 消費税の計算は、 小数点以下の端数が出ることが多いです。 ですので、 INT関数を使用することで 小数点以下を切り捨てた数値を 求めていくのです。 INT関数を使った消費税の計算方法 消費税額を表示させるセルをクリックして選択する まずは 消費税額を表示させたいセルを クリックして選びましょう。 「数式」タブへ移動したら。 その中にある 「INT」を 見つけてクリックしましょう。 INT関数の数値内に消費税の計算式を入力する 「INT」をクリックしたら 「関数の引数」ウィンドウが開きます。 その中にある「数値」の入力バーに 消費税の計算式を入力します。 08 です。 08」 となります。 最後に「OK」ボタンをクリックすれば消費税額が表示される 消費税の計算式を入力したら 「関数の引数」ウィンドウの下部にある 「OK」ボタンをクリックしてください。 そうすると 最初に選択したセルに 消費税額の計算結果が表示されます。 まとめ• INT関数は、小数点以下を切り捨てた数値を計算できる• 消費税額を表示させるセルをクリックして選択する• INT関数の数値内に消費税の計算式を入力する• 最後に「OK」ボタンをクリックすれば消費税額が表示される お疲れ様でした。 消費税を求めることは 出来ましたでしょうか? ほかの関数を使っても 求めることは出来ますが、 INT関数の使用したほうが 時間短縮できます。 あなたのお仕事が 詰まることなく 快適に進められることを 心より応援しております。

次の

内税・外税・税込み・税抜きの消費税額を計算する方法

内税 計算式 エクセル

たとえば、Excel関数を使って消費税を四捨五入したい時、どんなExcel関数を使えばいいのでしょう? またそのExcel関数の具体的な使い方は? 四捨五入のExcel関数はROUND関数です。 たとえば 上のような請求書を作る時[金額合計]は[金額]をSUM関数で集計すれば簡単ですね。 1円以下の端数の対策が必要ですよね。 この場合小数点以下を表示しないようにするとExcelが自動的に四捨五入した数値を表示してくれます。 ただあくまで セルの中の数値は小数点以下がついたままです。 だから計算結果を集計すると、表示内容と計算が合わない場合が生じますのでご注意くださいね。 見た目だけの四捨五入ではなく、ちゃんと計算結果を四捨五入する方法は? Excel業務で四捨五入したい時はExcel関数のROUND関数を使う 消費税計算など1円以下を四捨五入したい時は[ROUND関数]を使います。 あっ 0. Enterは押さず 下段の「桁数」のところに「0」ゼロを入力しOKをクリックします。 その「桁数」ってなんですか? よく「桁数にはゼロを入れる」と覚えてる人がいますが、 それは間違いです。 どこで丸め処理をするかで桁数に指定する数値が変わってきます。 わかりやすいように、たとえば123. 456という数字を ROUND関数を使って四捨五入するとします。 456,0 」となり、結果は123です。 456,1 」となり、結果は123. 4です。 456,2 」となり、結果は123. 45です。 となります。 456,-1 」とすると、結果は120に。 456,-2 」とすると、結果は100になります。 これも覚えておくと大きな数字の時に便利ですよ! もちろん、消費税が上がったら、 新しい消費税率で計算してくださいね。 四捨五入・・・ROUND関数 切り捨て・・・ROUNDDOWN関数 切り上げ・・・ROUNDUP関数 丸めの結果が異なるだけで、関数の使い方は同じです。 ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。 Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。 20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。 「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。 ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。 ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。

次の

内税表示から消費税額を計算する

内税 計算式 エクセル

エクセルの消費税の計算結果になぜ誤差が出るのか 冒頭でも書いたように、エクセルで何も考えずに消費税の計算をさせると『四捨五入』された計算結果となります。 正確には、 『四捨五入された表示』になります。 実際のエクセルの計算結果と、正確な計算結果を比較した方がわかりやすいと思うので、画像で解説します。 エクセルの消費税の計算結果で誤差が発生するパターン(端数処理なし) セルが赤い『消費税』、『税込価格』は、それぞれ合計すると 148円、1,988円となるはずですが、黄色の合計では 147円、1,987円となっていますよね。 それぞれ 1円の誤差が出ています。 でも、実際の計算結果は右側の緑のセルに表示されているものです。 これからわかるように、計算した結果は正確に求まっていますが、その計算結果が四捨五入されて表示されるから誤差が出ているように見えるわけなんです。 端数まで求める必要がある計算だったら別ですが、お金の計算では端数の処理をするのが当たり前です。 エクセルの消費税の計算結果を端数処理して正しく求める(ROUNDDOWN関数) 消費税の端数は『切り捨て』処理するのが一般的なので、切り捨て処理をしてくれるROUNDDOWN関数を使った計算が次の画像です。 消費税、税込価格とも合計とぴったりあってますよね。 右の実際の値を見てもわかるように、切り捨てたことで、端数(小数点以下)の部分が0となっています。 これで誤差が出ないようになりました。 切り捨てではなく切り上げを使っても、小数点以下は残らないので誤差は発生しません。 ともかく、誤差が出ないようにするためには、端数が残ったままの状態でで計算させないことです。 ROUND関数で桁数の指定によっては整数部の処理もできる 端数処理にはROUND(四捨五入)、ROUNDUP(切り上げ)、ROUNDDONW(切り捨て)の3つの関数がありますが、それぞれ処理する対象の桁数を二番目の引数に指定することができます。 通常は端数処理したい小数点以下の桁数を1や2で指定しますが、 端数を切り捨てるROUNDDOWN関数の使い方 端数を切り捨てるROUNDDOWN関数は、『=ROUNDDOWN(値、0)』という形式で入力します。 第二引数には『切り捨てる桁数』を指定します。 下の画像にも書いているように、『切り捨てる桁数』が0だと小数点以下はすべて切り捨て。 消費税の計算ではこの桁数に0を指定します。 他には、桁数が1だと小数点二位以下が切り捨て、桁数が2だと小数点三位以下が切り捨てというように、数字が大きくなると切り捨てる小数点以下の桁数が大きくなります。 逆に、『切り捨てる桁数』にマイナスをつけて-1と指定すると、整数部の1桁目を処理してくれます。 123. 12だったら、120となります。 千単位や万単位で四捨五入/切り捨て/切り上げしたい場合は、桁数はそれぞれ、-4、-5と指定すればいいです。 まとめ まとめ• 消費税は端数処理してから合計を求めると誤差が出ない エクセルで端数処理をさせないと、合計で誤差が出る場合があることはわかってもらえたと思います。 請求書などのお金が絡む計算は誤差が出ると信用問題に繋がります。 エクセルで誤差が出ないようにするためには、 『端数処理』が必要であることを理解してください。 ぜひ参考にしてください!.

次の