テセウスの船黒幕は誰だ。 『テセウスの船』黒幕は誰?最終回予告映像に鈴がなぜ?ネットの反応

テセウスの船:“黒幕”は誰だ! “校長”笹野高史? “大人みきお”も…

テセウスの船黒幕は誰だ

私の推理はみきおと大人になった明音の共謀説、2人は1977年の夏祭りに女性が何人か殺されている事件の犯人とされた人の子、2人に事実を教えたのが小藪かユースケどっちでも構わないがその事件で文吾は誤認逮捕していて恨まれていた。 明音は心の最初のタイムトリップで歴史が変わり生き残ったため戻った時には成長していてみきおと結婚していた。 心が訪ねてくる事はあらかじめわかっていたため整形した鈴という事にして文吾の拘置所を訪問し心がいつか自分を訪ねてくるよう仕向け動きを聞き出し大人みきおに報告する役になっていた。 で、彼らがハッと汁で殺そうとしていたのは1977年に捕まらなかった真犯人達でたぶんあそこにいた数人の大人達 笹野と六平の共犯 を狙っていた。 大人を殺すつもりが間違えて子供を殺してしまったため歴史を書き換えようと大人になった明音がタイムトリップしオレンジジュースからハッと汁に変えた。 つまり文吾が捨てたハッと汁には本当に毒が入っていた。 肝心の黒幕は心の母親がいちばん怪しいが日曜劇場なので文吾一家は一家団欒を取り戻しすべてが心の夢だったかのような平和な結末になるはずなので犯人にはできない。 もしかしたら心が捨てたノートをさつきあたりが拾ってしまい事件を防ごうみきおを守ろうと当時から微妙に動いていたのかもしれない。 古典的ミステリーにたびたび登場する仮面でのすり替わりを整形に置き換えた謎解き。 千夏がパラコートの実験台にされたのは大人明音が絡む前もしくは間に合わなかったとすれば不思議ではない。 長谷川を操っていたのが誰かは不明、まさか小学生に操られていたとは思えないがそいつか初期の黒幕なんだと思う。 母親を殺されたせいやと今野あたりがたぶんその頃までは黒幕で途中から大人明音が現れてみきおと子供明音が勝手に動き出した。

次の

テセウスの船ワープロ【パソコン】を打っている人は誰?書いているのは黒幕?|あっちこっちまるみっち

テセウスの船黒幕は誰だ

平均視聴率が3週連続で番組最高を更新し続けている俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)。 主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追うストーリーが展開され、6話で事件の犯人が加藤みきお(安藤政信さん、柴崎楓雅さん)だったことが判明。 「絵が趣味」という石坂が、たびたび鉛筆を削るシーンがあるほか、劇中に登場する奇妙な絵は鉛筆描きのように見え、実に怪しい。 また、視聴者からは、校長室に置かれていた人形と、6話のラストでみきお少年のワープロの奥に置かれた人形が似ていると指摘する声も上がっている。 ただ一方で、金丸茂雄(ユースケ・サンタマリアさん)が崖から転落する前、「こっちか」という口調で会話をしていたシーンがあり、「年上の人と会話するときにこういう口調になるのか」と疑問視する声もある。 みきおは心を襲った際に「先生のせいで死ななくていい人間が2人も死んじゃった。 母さん(さつき、麻生さん)に田中正志(せいやさん)」と明かしている。 正志の父で音臼村の名士だった義男は、火事が原因で亡くなるはずだったが、タイムスリップした心によって命拾い。 一度、助かった義男が再び命を狙われたことに、視聴者からは「なんらかの理由で義男が邪魔だったのでは……」という声も上がっている。 SNSでは「村人全員共犯なんじゃないか」「明音ちゃんも怪しい」といった声も。 第8話の予告映像では、村から出て行った和子(榮倉奈々さん)が運転する車の前に、野菜が入ったケースが置かれているシーンが収められている。 数箱のケースが置かれていることから、視聴者からは「子供一人では置けない量」と指摘し、村人が協力しているのではないかと推理している声もある。 お楽しみ会の中止をうながす文吾に必死に抵抗する姿を見せた井沢健次(六平直政さん)、軽トラックの荷台に大量の除草剤を積んでいた徳本卓也(今野浩喜さん)も怪しい。 共犯者が一体誰なのか、考察が激化している。 原作は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガだが、先日行われたイベントで、原作の東元さんが手紙で「原作と犯人が違うと聞いている」と衝撃の事実を明かしている。 そして、ドラマの渡辺良介プロデューサーは「真犯人はすでに、出ています……」とコメントしている。 ついに事件が起きる昼食の時間を迎えてしまい、毒が入れられているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため、ある行動に出る……というストーリー。 9話(同15日放送)からは、文吾と過去に因縁があり、心と文吾の敵となる宮城県警監察官室の馬淵(小籔千豊さん)が登場。 心と文吾は事件を阻止できるのか、犯人の狙いは……。 どんなストーリーが展開されていくのか、まだまだ目が離せない。

次の

テセウスの船:“黒幕”登場に視聴者「まさかすぎた!」「お前だったのかー!!」(ネタバレあり)

テセウスの船黒幕は誰だ

きっかけは田村心の妻、 田村由紀の熱意ですね。 主人公は過去に戻ったことで犯行前の父親に出会い無実を信じるようになります。 そして田村心は田村由紀が事件の記事をスクラップしたノートを元に、自分が生まれてくる前の世界で起きた音臼小学校事件を食い止めるべく奔走するお話になります。 みきおの犯行理由についてはをぜひ読んでみてくださいね! テセウスの船のドラマでは第6話で加藤みきおも犯人だとわかりましたね。 注目は「 も」です。 ところがドラマでは原作と犯人が違うそうで、他に真犯人いわゆる黒幕がいるようですね。 佐野文吾のワープロを偽装や庭に青酸カリを埋めた犯人はを、是非お読みください! いったい誰なんでしょう考えてみました。 しかも音臼村祭って原作にはないし・・・。 スポンサーリンク 【テセウスの船】黒幕真犯人は誰で音臼村祭が関係?石坂秀夫校長? 音臼村祭 と 音臼稲荷祭り に関係はあるのか? 1977年の音臼祭りで何かあったのは間違いなさそうだけど。 チラシから、読み取れることは以下の通り。 子供が 稲荷の面をつけている 音臼村祭実行委員会{滝本弘明村長・大石栄一・ 石坂秀夫(音臼小学校)} スタンガンの持ち主も気になりますねを是非お読みください! 連絡先 022-43-714 まず電話番号は何かの暗号なのでしょうか? 金丸刑事が乗ってた車のナンバーのごろが「良いおっさん」 — 2007DAB13 2Dab13 以前、金丸刑事が乗っていた車の番号が、4103は「良いおっさん」でした。 022-43-714・・・思いつきません。 次に音臼村祭実行委員会の中には、なんと音臼小学校の校長先生の名前が入っています。 石坂秀夫校長 ですね。 石坂校長とは仕事で繋がりがあったり、上司だった可能性があります。 ちなみにデッサン人形は、子供の加藤みきおの家にも大人の加藤みきおの家にもありましたね。 みきおの部屋の秘密は以前ふせて書きましたが、1月8日の校外で一緒だったことからも校長とみきお、そして絵について、まだ明かされていない繋がりがあるのはほぼ確定。 — くるたじん テセウスの船考察資料館 kurutajin デッサン人形繋がりってわけではないですが、何か接点があるかもしれません。 デッサン人形についての記事は、を是非お読みください! しかし、もしも黒幕だったとしても石坂校長が、佐野和子らを待ち伏せして気絶させ運ぶことは無理がありますよね。 力入りそうだし。 見た目と違って、細マッチョだったりして。 次に子供がつけている 稲荷の面。 稲荷の面からは、加藤みきおしか思い浮かばない私。 他に稲荷の面が出てきた場面が思い浮かびません、チラシの稲荷の面は関係ないかもしれませんね。 残る疑問点は、 名物キノコ汁! 音臼小事件では、はっと汁に毒が盛られていましたね。 と言うことは、野菜農家の人が関係してくる可能性も考えられます。 そうなると徳本卓也になりますね。 しかし犯行動機が分かりません。 いずれにせよ、原作に無い1977年の音臼村祭。 しかも音臼村祭りでは事件が起きていましたね。 1977年に起きた事件を佐野文吾が解決?したとして、逆恨みし佐野文吾に冤罪を被せようとした可能性もあります。 スポンサーリンク 【テセウスの船】黒幕真犯人は佐野文吾を逆恨みで冤罪犯に! 12年前のお祭りで何かあって、そこで文吾さんは表彰されるような手柄をあげたけど、犯人に逆恨みされた。 ってこと?? まさかの最終回手前で過去の因縁出てくる笑 — 沙夜@謎解き BelleEpoque1980 佐野文吾が1977年当時も音臼村にいて、音臼村祭に関係していたら、どうなるか考えてみました。 ちなみに徳本卓也や田中正志の母親が亡くなってしまったことは8話で語られていましたね。 人が亡くなってしまった事件なのに、納得のいく捜査がされなかったと思い込み、佐野文吾を逆恨みするようになった可能性も考えられます。 そのため音臼村の村人の中に佐野文吾を逆恨みし、事件を起こし罪を被せようとした可能性があります。 ただ、こうなると加藤みきおは利用されただけになりますね。

次の