もんじゃ レシピ。 自宅でお店の味を再現☆もんじゃ レシピ・作り方15選

自宅でお店の味を再現☆もんじゃ レシピ・作り方15選

もんじゃ レシピ

もんじゃ焼きの歴史について もんじゃ焼きの始まりは茶人で有名な千利休が「麩の焼き」というものを作らせたらのが始まりだと言われています。 それから時代が進み、明治時代になると駄菓子屋の奥に鉄板の焼き台を置き、小麦粉を溶いて鉄板で薄く焼き、それに醤油や蜜などを付けて食べるようになりました。 その後、洋食が流行すると共にウスターソースが登場。 味付けがソースへと変わっていき、さらに年月を経てキャベツや切りイカなどの具が入った現代のもんじゃとなったのです。 「もんじゃ」と言われるようになったのは、江戸時代の終わりから明治時代にかけて、子供たちが鉄板に生地を使って文字を書いて覚え、食べていたのが始まりだと言われ、「文字」が「もんじ」となって「文字焼き」が「もんじゃ焼き」と変化していったという説があります。 もんじゃ焼きの焼き方・食べ方について まず鉄板を温めたら油を適量引き、具だけを先に取り出して具材を鉄板で焼いていきます。 大き目のキャベツなどはヘラで小さくし、具材がしんなりするまで焼きましょう。 具材にある程度火が通ったら丸く土手を作り、少しずつ出汁を入れてください。 土手をスプーンで少しずつ広げながら入れていくと、土手から出汁がこぼれずに入れる事ができます。 土手の中の出汁がドロドロしてきたら具材と少しずつ混ぜていき、最後は具材を細かく切りながら混ぜていきます。 あとはもんじゃを薄く伸ばして出来上がり。 トッピングなど最後に乗せる場合は別皿になっているのでチーズなどトッピングがある場合は最後にかけてくださいね。 出来上がったもんじゃは、ヘラですくいながら食べましょう。 ヘラですくったもんじゃを鉄板に焼き付けたり、おこげを作って食べても美味しく頂けます。 イカやエビなどの具を入れた海鮮和風もんじゃレシピです。 ボウルにもんじゃ生地の材料を全て入れ、ダマが出来ないように良く混ぜたらみじん切りにしたキャベツ、ネギと一味唐辛子、鰹節、チーズを加えてざっくり混ぜます。 後はイカやエビなどの海鮮具材と揚げ玉を加えて焼くだけ。 焼く時のポイントはごま油で焼くこと。 こうすることで香ばしさが加わります。 お店の味を再現したもんじゃ焼きの作り方をご紹介。 ボールに小麦粉・水・かつおだしの素を入れて混ぜたら、揚げ玉、千切りキャベツ、お好みの具を加え更に混ぜ、プレートに油を引かずに焼いていきます。 具で土手を作った後、残りの汁を入れてウスターソースで味付けし、ぐつぐつしてきたら全体を混ぜ合わせて最後にベビースターを加えたら完成。 油を引かずに焼くことでおこげができやすく、香ばしさを楽しめますよ。

次の

おすすめのトッピング!人気のもんじゃ焼きレシピ・作り方20選

もんじゃ レシピ

月島の隣町です。 幼稚園〜小学校の頃まで住んでいました。 その頃のオヤツはもんじゃ焼きでした。 でも小学校の高学年から北千住に引っ越しをしたので、「もんじゃ焼き」とは一旦縁が切れましたが・・ 北千住には もんじゃ焼き ではなく「ぼった」というものがありました。 名前は違うのですが基本的な材料や焼き方食べ方は同じでした。 「もんじゃ焼き」よりも「ぼった」の方が具材が多いのが特徴です。 だし汁・・我が家は、いりこを3時間水に浸けて出汁をとったものを使います。 だし汁の溶き粉(だし汁:薄力粉=約17:1)が標準ですが、うちのカミさんは至って適当にやってくれます。 キャベツ(幅2~3mmの千切り)520~600g• ひき肉 我が家は鶏のひき肉を入れます。 いい出汁がでます。 牛は匂いが強いのでオススメしません。 焼きそばの麺 これも我が家では必需品。 一回に半玉〜1玉入れます。 桜えび 干しエビ ・・入ったほうが美味しいです!• きりいか(ソフトさきいか) 20~40g 東京以外ではあまり売ってないのですが、オタフクからも出ているらしいです。。。 ブルドックウスターソース。 我が家は絶対にコレ。 関西圏ではオタフクウスターソースゴールドを使うようです。 使用料 約120gが標準ですが味見をしながら調整していくのがいいと思います。 入れ過ぎると単なるソース味になってしまいます。 トッピングをするとさらに美味しい <その他お好みの具> 生イカ、キムチ、明太子、カレー粉、豚肉、いか天、チーズ、えび、コーン、ツナ、もち、うどん、ベビースター等 味がイマイチな場合・・オイスターソースとか・・ごま油とか・・少し入れて調整するのもありです。 我が家の子供たちは チーズをトッピングするの大好きです。 マーケティングアートディレクターの眞田時成です。 もう2013年もあと僅か。。 と年末に 今年も安全に健康に、そしてみんなと仲良く一年を過ごさせて頂き感謝でいっぱいです。 有難うございます。 夏になるとお昼ごはんは「そうめん」か「広島風つけめん」しか食べてないんじゃないかと思うくらいよく食べ こんばんは。 眞田時成です。

次の

凄く美味しい もんじゃ焼き のプロレシピ 我が家のソウルフード♫

もんじゃ レシピ

月島の隣町です。 幼稚園〜小学校の頃まで住んでいました。 その頃のオヤツはもんじゃ焼きでした。 でも小学校の高学年から北千住に引っ越しをしたので、「もんじゃ焼き」とは一旦縁が切れましたが・・ 北千住には もんじゃ焼き ではなく「ぼった」というものがありました。 名前は違うのですが基本的な材料や焼き方食べ方は同じでした。 「もんじゃ焼き」よりも「ぼった」の方が具材が多いのが特徴です。 だし汁・・我が家は、いりこを3時間水に浸けて出汁をとったものを使います。 だし汁の溶き粉(だし汁:薄力粉=約17:1)が標準ですが、うちのカミさんは至って適当にやってくれます。 キャベツ(幅2~3mmの千切り)520~600g• ひき肉 我が家は鶏のひき肉を入れます。 いい出汁がでます。 牛は匂いが強いのでオススメしません。 焼きそばの麺 これも我が家では必需品。 一回に半玉〜1玉入れます。 桜えび 干しエビ ・・入ったほうが美味しいです!• きりいか(ソフトさきいか) 20~40g 東京以外ではあまり売ってないのですが、オタフクからも出ているらしいです。。。 ブルドックウスターソース。 我が家は絶対にコレ。 関西圏ではオタフクウスターソースゴールドを使うようです。 使用料 約120gが標準ですが味見をしながら調整していくのがいいと思います。 入れ過ぎると単なるソース味になってしまいます。 トッピングをするとさらに美味しい <その他お好みの具> 生イカ、キムチ、明太子、カレー粉、豚肉、いか天、チーズ、えび、コーン、ツナ、もち、うどん、ベビースター等 味がイマイチな場合・・オイスターソースとか・・ごま油とか・・少し入れて調整するのもありです。 我が家の子供たちは チーズをトッピングするの大好きです。 マーケティングアートディレクターの眞田時成です。 もう2013年もあと僅か。。 と年末に 今年も安全に健康に、そしてみんなと仲良く一年を過ごさせて頂き感謝でいっぱいです。 有難うございます。 夏になるとお昼ごはんは「そうめん」か「広島風つけめん」しか食べてないんじゃないかと思うくらいよく食べ こんばんは。 眞田時成です。

次の