和菓子 屋 殺人。 《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離” (2019年7月16日)

【木津屋・和菓子店店主の娘殺害事件】から見る日本の性的虐待の現状に迫る!

和菓子 屋 殺人

こんにちは! 7月7日午前0時50分ごろ、東京都東尾久の和菓子店の冷蔵庫の中で、女子大生の遺体が発見されました。 遺体は冷蔵庫の中に丸めて詰められており、事件の闇は深そうです。 また、 遺体発見当時、この店を経営する父親と連絡が取れず、同日午前、父親は内の河川敷で死亡しているのが見つかりました。 父親が娘を殺して冷蔵庫の中に詰めて自殺するというこの奇妙な事件。 一体何があったのでしょうか? 今回は、『木津屋の冷蔵庫に女子大生(木津いぶき)の遺体!犯人は父親で自殺した?殺人の理由や家族関係などを調査!』と題して、この事件の真相を徹底調査したいと思います。 冷蔵庫に女子大生の遺体!犯人は父親で自殺! 【死亡女子大生の父 遺体で発見】 東京・で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親が7日朝に、遺体で発見された。 6日夜に父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があったという。 — ニュース YahooNewsTopics 東京・で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、6日夜から連絡が取れなくなっていた父親が内で7日朝早く、遺体で発見されました。 7日午前1時前、にある和菓子店の業務用の冷蔵庫から大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が見つかりました。 警視庁によりますと、6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があり、捜査員が冷蔵庫で遺体を発見しました。 近所の人:「すごくいいんじゃないの家族は。 (父親は)まじめな人。 朝早く来て、夜遅くまで働いている」 その後の捜査関係者への取材で遺体の首には強く押さえ付けられた痕があったことが分かりました。 そして、7日午前5時前に岩槻区で父親が首をつった状態で遺体で見つかりました。 警視庁はいぶきさんの死因の特定を急いでいます。 引用: 父親は娘である 木津いぶきさん(18)を殺し、それを丸めて冷蔵庫に詰めました。 父親は娘を殺した直後、家族に 「娘を店で切った、死にたい」と電話をしたそうです。 これは最近あった事件の中でも最も奇妙な事件ですよね。 娘を殺すだけでなく、それを冷蔵庫に詰めるとは何がしたかったのでしょうか? また家族を殺したということで何かしら家族内でトラブルがあったのでしょうか?そして犯行は計画的なものであったのか、突発的なものであったのかなど事件の真相は一体どうなっているのでしょうか? なぜ父親は娘を殺した? 一体父親はなぜ娘を殺してしまったのでしょうか? 娘を殺した犯人は父親の 木津英喜さん(43)です。 木津英喜さんは6日の午後娘である木津いぶきさんを殺し、冷蔵庫に放置しました。 事件があったのは東京都東尾久4丁目の和菓子店で、父親はその店を経営していました。 以上が事件のあった東京都東尾久4丁目です。 事件があった和菓子店は「 菓匠木津屋」という店です。 犯人である木津英喜さんは6日夜に娘を殺した後、家族に「娘を店で切った。 死にたい。 」などと連絡をしました。 しかし、いぶきさんの遺体には首に圧迫痕があったのみで、切った後はなかったそうです。 これは電話の内容と異なりますよね。 また警察は、事件直前、木津英喜さんと木津いぶきさんが何かしらのトラブルで争い合い、殺人に至ったと推測していますが、店内には特に争ったそうな形跡はありませんでした。 そして最も不可解なのが、父親がその後、岩規区の河川敷で首を吊った状態で発見されたということです。 同区内には父親のオートバイも発見され、娘を殺した直後、オートバイで移動してきたと考えられます。 なぜ岩規区の河川敷まで移動してきたのかも気になりますね。 事件の闇は深そうで、父親が娘を殺した理由は未だ判明しておりません。 また何かわかり次第、追記していきますね。 家族関係はどうなっていた? 父親が娘を殺したということで家族間に何かしらの問題があったのでしょうか?一体家族関係はどうなっていたのでしょうか? まず、家族構成ですが、 ・父親(木津英喜さん) ・母親 ・長女(木津いぶきさん) ・弟 となっています。 次に家族関係ですが、この事件とは裏腹に 家族関係はとても良好だったそうです。 和菓子店の近くに住む70代女性は、「娘をに通わせるほど教育熱心であり、とても仲の良い親子であった。 娘さん(木津いぶきさん)は大人しいタイプで、家族関係の悩みは聞いたことがない。 」と話していました。 家族関係は悪かったのではないかと思っていましたが、それとは反対によかったのですね。 それだけに、なぜ父親は娘を殺してしまったのか気になりますね。 また木津屋を訪れたことのある客からはこのような声が。 まとめ 事件をまとめると、 ・被害者は18歳女子大生の木津いぶきさん ・東尾久4丁目の「菓匠木津屋」の業務用冷蔵庫内で遺体が発見 ・遺体には首を絞められたような跡があった ・父親は岩規区の河川敷で首吊り自殺 ・現在、店は休業中 ということです。 本当に怖いですよね。 今回の事件は加害者も被害者も既に亡くなってしまっているので、事件の真相が判明するのは難しいかもしれません。 もしかすると、家族である母親と弟から何かしらの情報が判明するかもしれませんね。

次の

【画像】荒川区和菓子店の冷蔵庫に女子大学生遺体 父親自殺‥親子間の殺人について

和菓子 屋 殺人

6月7日に起きた荒川区にある和菓子屋「木津屋」の冷蔵庫から女子大生が発見された事件について。 犯人は河川敷で首をつって亡くなってた父親。 4人家族だったのでまだ母親と弟がいるのに、各メディア局は被害者の木津いぶきさん顔写真を公開した。 逆に加害者の父親の写真は公開されず、しかもこの娘は母親の連れ子だったとか報道しているが、残された母親、弟もそのことを周囲にそのことをかくしていたならプライバシーの侵害も心配される。 家庭内の問題は、外からは分からないので、警察も動機について調べている最中ではあるが、この事件は謎が多い。 謎が多い荒川区の和菓子屋「木津屋」事件について、 2chで木津いぶきさんをよく知る人物が降臨し、事件の真相について触れているので、事件の概要についてまとめてみた。 この店を経営する40代の父親と連絡が取れなくなっていたが、7日朝、さいたま市内で父親とみられる遺体が見つかった。 遺体が見つかった和菓子店はシャッターが閉まり、「都合によりしばらくお休み致します」と張り紙がしてある。 警視庁によると、7日午前1時前、荒川区東尾久にある和菓子店で、業務用の冷蔵庫の中から大学1年生の木津いぶきさんが遺体で見つかった。 いぶきさんは下を向いて丸まった姿勢で倒れていて、首には絞められたような痕があったという。 警視庁によると、この店を経営する40代の父親が6日夜、家族に電話で「店で娘を切った。 死にたい」と告げたあと、連絡が取れなくなり、何らかの事情を知っているとみて行方を捜していたが、捜査関係者によると、7日午前、さいたま市内で父親とみられる男性が首をつった状態で死亡しているのが見つかったという。 近所の住民「(いぶきさんは)きれいなほっそりとしたバレエやってる子だなって感じ。 おうちの中で荒れてるような感じは全然見えなかった。 お父さんも和菓子屋さんで、とても腕のいい職人さん。 すごい子煩悩、お店やりながら子供と一緒にチョウチョ育てたり」 警視庁は、7日朝に見つかった遺体が、いぶきさんの父親とみて身元の確認を急いでいる。 和菓子は、老舗を重んじる人が多い。 茶道でも、伝統を重んじているのと一緒で、ターゲット(客層)を誰にするかにもよる。 伝統和菓子ではなく創作和菓子なら、イチゴ大福など和洋折衷のものが一般的な和菓子屋に売られているし、昔ながらの町の和菓子屋もかなり減っていってはいるものの、原価が馬鹿ほど安いので長く経営をすればするほど、お客がつく。 家の新築時、建前の時の投げ餅、お赤飯などの需要がありますし、法事(仏式)のお饅頭、お茶・お花等のお稽古事にも和菓子が必要だし、シッカリと需要がある。 基本的にあんこは長持ちする(あんこは砂糖も沢山入ってるし、再度火入れすればかなり持つ)ので、大量にも仕入できるし、ケーキ屋の焼がしと違って、牛乳やらバターやら卵やら腐敗しやすいもの使ってないので、よっぽどでない限りつぶれない。 では、もうかるのか?というわけではない。 暑くなるとアイス系の冷菓子を食べたくなるので和菓子や洋菓子屋さんに行かなくなり、行かないと買えないので売り上げが当然落ちる。 なので、売り上げの落ちる時期はほかの商品を売って最近はアイス系のデコレーション、ショートケーキも置いているところはほとんど売り上げは落ちずに乗り越えられる。 このようにつぶれない=儲かるというわけではなく、「つぶれにくい商売」が和菓子屋といった解釈が正しいだろう。 警察によると、店を経営する43歳の父親が「娘を切った。 死にたい」などと家族に告げたあと、さいたま市内で首をつった状態で発見されている。 フジテレビ「特ダネ」の小倉キャスターによると、 「木津いぶきさんは実の子じゃない」と言っていたが、それが本当なら、むしろそれが原因の可能性高い。 幼少期から関わってきたなら別だが、思春期を過ぎてから突然全てのステップを省略して親子の関係になってしまった二人。 もちろん連れ子でもうまくいってる所は沢山あるが、うまくいってない所もたくさんあり、女の子なら尚更難しい。 父親が何とも思ってなくても、娘の方は嫌だったんじゃないか?と推測できるし、実の子でなくても子供を本当の我が子の様に育てられる人は世間でも多くない。 長年子育てに関わってきて親子の信頼関係が揺るぎないものになっているならいいが、言い方は悪いが、突然新しい父親が登場したわけだから、そんなところにいきなり威厳だのなんだの父親ヅラ下げたところで娘にとっては抵抗しかない。 再婚というのは、えてしてこういう不幸を招く。 特に女の子の場合は、接し方の注意が必要。 フジテレビ「特ダネ」の小倉キャスターによると父親は「とてもまじめな人」だったらしいので、血のつながりがないということで不必要に力を入れ過ぎてたのかもしれない。 いくら努力しても生意気な可愛くない態度を取られたりもするだろうし、そういうのが積もり積もったら、一時の感情が爆発してもおかしくない。 そのくらい子連れ再婚は慎重にしないといけない。 ミヤネ屋の近隣住民への取材では、 彼女は非常にまっすぐで真面目な性格だったそうで、父親は彼女のことがすごく好きだったそうだ。 警察の発表では、「目立った外傷はない」と報道されていたのに、父親が最後に家族に伝えた言葉は「首を切って絞〇した」としている。 ここで疑問となるのが、なぜ父親は携帯だけを奪ったのか? 家族になぜ首を切ったと嘘を伝えたのか? 家族は父親は金銭面で悩んでいたというが、金銭問題なら一家心中も考えられるし、なぜ娘だけてにかけたのかも不自然。 この事件は、全体的におかしい。 警察が虚偽の情報を伝えるメリットがないので、家族がなんらかの真実を知っていることは間違いない。 その友人によると、木津いぶきさんは母親側の連れ子で、再婚相手である父親との関係について悩んでいたそうだ。 その友人によると、木津いぶきさんは無理矢理な男女関係を持ってしまったことで、それを母親に打ち明けるかどうか悩んでいたという。 性的虐待は身近な人間による犯罪が一番多い。 いつだって親の都合で、子どもは被害者になる。 「親子だろ?」と上から目線で触る性的だけで、性的虐待になることしら知らない人も多い。 、他人であれ自分の子どもであれ同意なしに、身体に触れるのは許されることではない。 2chによる木津いぶきさんが経験してることは第三者から見たらどう見ても性的虐待。 なので、証拠となる携帯を奪って捨てたのではないだろうか?というがこの友人の見解のようだ。 ちなみにその友人によると、木津いぶきさんは父親の性的虐待と気付いてから、逃げるまでに5年かかったという。 真相はいずれ解明するのだろうが、木津いぶきの事件は、報道されているような金銭問題だけではないことは間違いないだろう。 スポンサーサイト.

次の

木津英喜(いぶき・父親)容疑者の顔画像流出!犯行動機はヤバい!木津屋の評判は良かった!?

和菓子 屋 殺人

こんにちは! 7月7日午前0時50分ごろ、東京都東尾久の和菓子店の冷蔵庫の中で、女子大生の遺体が発見されました。 遺体は冷蔵庫の中に丸めて詰められており、事件の闇は深そうです。 また、 遺体発見当時、この店を経営する父親と連絡が取れず、同日午前、父親は内の河川敷で死亡しているのが見つかりました。 父親が娘を殺して冷蔵庫の中に詰めて自殺するというこの奇妙な事件。 一体何があったのでしょうか? 今回は、『木津屋の冷蔵庫に女子大生(木津いぶき)の遺体!犯人は父親で自殺した?殺人の理由や家族関係などを調査!』と題して、この事件の真相を徹底調査したいと思います。 冷蔵庫に女子大生の遺体!犯人は父親で自殺! 【死亡女子大生の父 遺体で発見】 東京・で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親が7日朝に、遺体で発見された。 6日夜に父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があったという。 — ニュース YahooNewsTopics 東京・で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、6日夜から連絡が取れなくなっていた父親が内で7日朝早く、遺体で発見されました。 7日午前1時前、にある和菓子店の業務用の冷蔵庫から大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が見つかりました。 警視庁によりますと、6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があり、捜査員が冷蔵庫で遺体を発見しました。 近所の人:「すごくいいんじゃないの家族は。 (父親は)まじめな人。 朝早く来て、夜遅くまで働いている」 その後の捜査関係者への取材で遺体の首には強く押さえ付けられた痕があったことが分かりました。 そして、7日午前5時前に岩槻区で父親が首をつった状態で遺体で見つかりました。 警視庁はいぶきさんの死因の特定を急いでいます。 引用: 父親は娘である 木津いぶきさん(18)を殺し、それを丸めて冷蔵庫に詰めました。 父親は娘を殺した直後、家族に 「娘を店で切った、死にたい」と電話をしたそうです。 これは最近あった事件の中でも最も奇妙な事件ですよね。 娘を殺すだけでなく、それを冷蔵庫に詰めるとは何がしたかったのでしょうか? また家族を殺したということで何かしら家族内でトラブルがあったのでしょうか?そして犯行は計画的なものであったのか、突発的なものであったのかなど事件の真相は一体どうなっているのでしょうか? なぜ父親は娘を殺した? 一体父親はなぜ娘を殺してしまったのでしょうか? 娘を殺した犯人は父親の 木津英喜さん(43)です。 木津英喜さんは6日の午後娘である木津いぶきさんを殺し、冷蔵庫に放置しました。 事件があったのは東京都東尾久4丁目の和菓子店で、父親はその店を経営していました。 以上が事件のあった東京都東尾久4丁目です。 事件があった和菓子店は「 菓匠木津屋」という店です。 犯人である木津英喜さんは6日夜に娘を殺した後、家族に「娘を店で切った。 死にたい。 」などと連絡をしました。 しかし、いぶきさんの遺体には首に圧迫痕があったのみで、切った後はなかったそうです。 これは電話の内容と異なりますよね。 また警察は、事件直前、木津英喜さんと木津いぶきさんが何かしらのトラブルで争い合い、殺人に至ったと推測していますが、店内には特に争ったそうな形跡はありませんでした。 そして最も不可解なのが、父親がその後、岩規区の河川敷で首を吊った状態で発見されたということです。 同区内には父親のオートバイも発見され、娘を殺した直後、オートバイで移動してきたと考えられます。 なぜ岩規区の河川敷まで移動してきたのかも気になりますね。 事件の闇は深そうで、父親が娘を殺した理由は未だ判明しておりません。 また何かわかり次第、追記していきますね。 家族関係はどうなっていた? 父親が娘を殺したということで家族間に何かしらの問題があったのでしょうか?一体家族関係はどうなっていたのでしょうか? まず、家族構成ですが、 ・父親(木津英喜さん) ・母親 ・長女(木津いぶきさん) ・弟 となっています。 次に家族関係ですが、この事件とは裏腹に 家族関係はとても良好だったそうです。 和菓子店の近くに住む70代女性は、「娘をに通わせるほど教育熱心であり、とても仲の良い親子であった。 娘さん(木津いぶきさん)は大人しいタイプで、家族関係の悩みは聞いたことがない。 」と話していました。 家族関係は悪かったのではないかと思っていましたが、それとは反対によかったのですね。 それだけに、なぜ父親は娘を殺してしまったのか気になりますね。 また木津屋を訪れたことのある客からはこのような声が。 まとめ 事件をまとめると、 ・被害者は18歳女子大生の木津いぶきさん ・東尾久4丁目の「菓匠木津屋」の業務用冷蔵庫内で遺体が発見 ・遺体には首を絞められたような跡があった ・父親は岩規区の河川敷で首吊り自殺 ・現在、店は休業中 ということです。 本当に怖いですよね。 今回の事件は加害者も被害者も既に亡くなってしまっているので、事件の真相が判明するのは難しいかもしれません。 もしかすると、家族である母親と弟から何かしらの情報が判明するかもしれませんね。

次の