矢田 亜希子 愛し て いる と 言っ て くれ。 矢田亜希子 『愛していると言ってくれ』 高校1年生、撮影当時の思い出|ニフティニュース

矢田亜希子

矢田 亜希子 愛し て いる と 言っ て くれ

俳優の豊川悦司と女優の常盤貴子がダブル主演を務めたドラマ『愛していると言ってくれ 2020年特別版』(TBS系)がて7日に放送された。 この日放送された第4話の豊川扮する晃次と常盤演じる紘子が夜の海辺で交わしたキスシーンに、ネット上には「美しいお2人は何をしていても画になるな」「もう絵画かなんかだよこの二人」と絶賛の声が巻き起こった。 北川悦吏子が脚本を手掛けた本作は、、幼い頃に聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)の恋をつづるラブストーリー。 TBS系にて1995年7月期の金曜ドラマ枠で放送された。 先月31日から特別編第1回目が放送されたが、SNSでは「名作すぎる」「今見てもキュンキュンする」と25年前の作品にもかかわらず多くの反響が集まった。 第4話では、紘子の純粋な気持ちに次第に心を開き始めた晃次は、仕事終わりの紘子を誘い出す。 初めてのデートを楽しむ2人は、動物園に行った後、海辺に立ち寄るが、次第に日が暮れていく。 紘子が「暗くなったら私たち、おしゃべりできなくなる。 唇読めないし、手話も見えない」と不安をこぼすと、晃次は「心の声は聴こえる」と紘子を抱き寄せた。 その後、2人は暗い海辺で花火を楽しんでいた。 晃次が手話で「僕は君と出会えてよかった。 君と、ずーっと」と伝えている途中で花火が消え、あたりは暗くなってしまう。 紘子が「あ、時間切れだ... 」とつぶやくと、晃次は紘子の顎を持ち上げ唇を重ねた。 このシーンにネット上の視聴者からは「ぐはぁああ」「顎クイ!!!!!」「たまらんすぎる」などと悶絶する声が続出ほか、「美しいお2人は何をしていても画になるな」「もう絵画かなんかだよこの二人」と豊川と常盤を絶賛する声も上がった。 また放送当時、33歳だった豊川には、「いちいち美しいこんな33歳どこにいますか」「この時、33歳かー。 色気、、」「放送当時トヨエツさん33歳って…ねぇどうして俺はこんな大人になっちゃったのよルルルルル…涙が出ちゃうんだろう…」と大きな反響が。 さらに豊川の妹、栞役で本作でデビューを果たした矢田亜希子にも「初々しくてかわいいな」「新人なのに熱演」「ちょっと意地悪な妹役だったけど、可愛かった」「リアルタイムで見てた時は、この妹イラつくって思ってたけど、その後の矢田亜希子をわかっている今見るとかわいく見えるってなんか不思議だな…」といったコメントが集まっている。

次の

愛していると言ってくれ 感想

矢田 亜希子 愛し て いる と 言っ て くれ

俳優の豊川悦司さんと女優の常盤貴子さんの主演で1995年7月期にTBS系で放送された連続ドラマ「愛していると言ってくれ」(全12話)の特別版第2弾が6月7日午後2時から放送される。 今回は、ドラマの主題歌と音楽を担当した「DREAMS COME TRUE」の中村正人さんがリモートで登場し、約250万枚を売り上げる大ヒットとなった主題歌「LOVE LOVE LOVE」などについて語る。 放送当時の平均視聴率は21. 3%、最終話で最高視聴率28. 1%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 第2弾は4話「キッス」、5話「会えない」、6話「過去」を放送。 運命の出会いを果たした晃次と紘子。 紘子の純粋な思いに触れた晃次は、少しずつ心を開き、やがて2人は恋に落ちる。 しかし、2人の交際を知った晃次の妹・栞(矢田亜希子さん)は、紘子への嫉妬心を募らせていく……というストーリー。 紘子の幼なじみ矢部健一を岡田浩暉さん、紘子の友人の吉田マキを鈴木蘭々さん、榊の所属する画廊のマネジャーの神崎薫を余貴美子さん、榊の父の伸吉を橋爪功さん、伸吉の元妻の道子を吉行和子さんが演じた。 特別版は毎週日曜午後2時から関東ローカルで放送。 全4回。

次の

矢田亜希子

矢田 亜希子 愛し て いる と 言っ て くれ

俳優の豊川悦司と女優の常盤貴子がダブル主演を務めたドラマ『愛していると言ってくれ 2020年特別版』(TBS系)がて7日に放送された。 この日放送された第4話の豊川扮する晃次と常盤演じる紘子が夜の海辺で交わしたキスシーンに、ネット上には「美しいお2人は何をしていても画になるな」「もう絵画かなんかだよこの二人」と絶賛の声が巻き起こった。 北川悦吏子が脚本を手掛けた本作は、、幼い頃に聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)の恋をつづるラブストーリー。 TBS系にて1995年7月期の金曜ドラマ枠で放送された。 先月31日から特別編第1回目が放送されたが、SNSでは「名作すぎる」「今見てもキュンキュンする」と25年前の作品にもかかわらず多くの反響が集まった。 第4話では、紘子の純粋な気持ちに次第に心を開き始めた晃次は、仕事終わりの紘子を誘い出す。 初めてのデートを楽しむ2人は、動物園に行った後、海辺に立ち寄るが、次第に日が暮れていく。 紘子が「暗くなったら私たち、おしゃべりできなくなる。 唇読めないし、手話も見えない」と不安をこぼすと、晃次は「心の声は聴こえる」と紘子を抱き寄せた。 その後、2人は暗い海辺で花火を楽しんでいた。 晃次が手話で「僕は君と出会えてよかった。 君と、ずーっと」と伝えている途中で花火が消え、あたりは暗くなってしまう。 紘子が「あ、時間切れだ... 」とつぶやくと、晃次は紘子の顎を持ち上げ唇を重ねた。 このシーンにネット上の視聴者からは「ぐはぁああ」「顎クイ!!!!!」「たまらんすぎる」などと悶絶する声が続出ほか、「美しいお2人は何をしていても画になるな」「もう絵画かなんかだよこの二人」と豊川と常盤を絶賛する声も上がった。 また放送当時、33歳だった豊川には、「いちいち美しいこんな33歳どこにいますか」「この時、33歳かー。 色気、、」「放送当時トヨエツさん33歳って…ねぇどうして俺はこんな大人になっちゃったのよルルルルル…涙が出ちゃうんだろう…」と大きな反響が。 さらに豊川の妹、栞役で本作でデビューを果たした矢田亜希子にも「初々しくてかわいいな」「新人なのに熱演」「ちょっと意地悪な妹役だったけど、可愛かった」「リアルタイムで見てた時は、この妹イラつくって思ってたけど、その後の矢田亜希子をわかっている今見るとかわいく見えるってなんか不思議だな…」といったコメントが集まっている。

次の