肺炎 症状チェック。 子どもや若者に多い「マイコプラズマ肺炎」に注意!その症状と治療法

肺炎の症状

肺炎 症状チェック

2020. 15 新型コロナウイルス感染症、分かりにくい症状とは?初期症状チェック方法について医師が解説します。 新型コロナウイルス感染症の症状については、メディアなどでも多々取り上げられており、その症状について理解をしているという方も増えてきたかもしれませんが、中には 新型コロナウイルスの症状かどうか非常に分かりにくいものもいくつかあります。 今回は、新型コロナウイルスの症状の中でも 特に初期の症状に着目し、初期症状のチェック方法などを詳しく解説していきます。 味覚・嗅覚異常 最近、特に若い世代で症状として訴える方が多く、芸能人やスポーツ選手の中にも味覚や嗅覚異常から新型コロナウイルスの感染が発覚したという方もいらっしゃいます。 味覚異常、嗅覚異常は具体的にどのような症状がというと、 物を食べているのに味が感じない、食べ物の臭いが分かりにくいというものなります。 これは、 鼻の奥の方にあり嗅覚を司る嗅細胞にコロナウイルスが感染することによって嗅細胞が障害を受けて、出てくる症状となります。 嗅覚に障害を受けた方は味覚の障害も合併することが多く、嗅覚が障害された故に味覚の障害を設けていることが考えられます。 しかし、嗅覚の異常や味覚の異常はコロナウイルスに感染したときだけでなく、 風邪の場合にも起こることがあり、一概にコロナウイルスのみが原因とは言えない場合もあります。 また新型コロナウイルス感染による嗅覚障害や味覚障害は自然に治ってしまうという特徴もあります。 そのため、嗅覚や味覚の異常が出たからといってすぐに医療機関を受診するのではなく、 自分がコロナウイルスに感染していると考え、2週間自宅で安静にして経過を見ることが必要です。 同居している家族がいるならばマスクを着用して過ごされるとよいでしょう。 頭痛 咳やのどの痛みなど上気道症状が目立つコロナウイルスですが、頭痛も症状のひとつになります。 とあるサッカー選手が練習後に頭痛を感じ、検査をしたところコロナウイルスに感染していたという旨の発表をしており、頭痛がコロナウイルスに関係しているということを知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの典型的ではない症状のひとつに神経症状があり、これに頭痛が当てはまります。 つまり、初期症状として発熱や上気道の症状よりもまず頭痛が見られるという方もいらっしゃるということです。 頭痛も風邪などによって起こる可能性があるほか、頭痛に至っては脳血管障害などほかの病気によっても起こる可能性があります。 ですが、頭痛が起こっている時も新型コロナウイルスに感染していると考え、落ち着いた行動が必要になります。 発熱 発熱はコロナウイルス感染症の症状のひとつであり、発熱からコロナウイルス感染症にかかっているということに気づかれるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 5月初旬まで、新型コロナウイルス感染症に感染している疑いがある方の受診のタイミングとして厚生労働省は「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く方」としていました。 ですが、人によって適切な受診のタイミングが異なることを踏まえてこの表記が5月8日付けで削除され、 現在は「息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合」「 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合」「上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合」としています。 発熱があっても医療機関を受診せずに自宅で経過を見ていた若い世代も悪化してしまうという情報もニュースの報道などで飛び交っています。 自分の症状は自分が一番の理解者ですので、発熱については特に注意していってほしいものです。 また、発熱があった場合には他の症状がなくてもコロナウイルスに感染していると考え、仕事を休んだり、外出を自粛したりして、マスクを着用して過ごすようにしましょう。 筋肉痛・疲労感 筋肉痛や疲労感も新型コロナウイルスに感染した方に見られる症状です。 筋肉痛や疲労感はそれ単体で見られるというよりも、発熱とセットで見られることがほとんどです。 新型コロナウイルスに感染すると、身体がウイルスと戦いやすくするために体温を高くします。 人は、筋肉の運動によって体温を作り出すため自分の意志と反して筋肉が収縮や拡張を繰り返し、体温を上げていきます。 これが風邪をひいて熱が出るときに起こる悪寒です。 身体が意志に反して筋肉運動を行うため、筋肉痛や関節の痛み、疲労感が起こると考えられます。 まだ熱は出ていないけれど筋肉痛や関節痛、疲労感が起こっているという方はこれから発熱が起こる可能性があると考えておくとよいでしょう。 咳・息切れ・呼吸困難感 咳や息切れ、呼吸困難感は新型コロナウイルスの代表的な症状であると言えます。 コロナウイルスは今回世界的な流行を見せているCOVID-19(コビッド・ナインティーン)以外に6つほどの種類がありますが、 全て呼吸器系に症状をきたすウイルスです。 咳が長く続く、少し動いただけで息が切れる呼吸がしにくい、息苦しいといった症状が出現するのが新型コロナウイルスの特徴であり、発熱等がなくてもこれらの症状で新型コロナウイルスに感染していることが分かった方もいます。 また、新型コロナウイルス感染症は重度の肺炎に移行する可能性もあるため、 特に喫煙者など元々呼吸器の機能が弱い方ではこの症状は特に注意しておきたいものです。 クリニックフォア田町では、 新型コロナウイルスPCR検査、抗体検査を行なっています クリニックフォアグループのクリニックフォア田町では、 新型コロナウイルスPCR検査、抗体検査が開始となりました。 多くの方に関心を持っていただきお問い合わせをいただいたり、また実際に症状のある方が受診され検査を行ったりしています。

次の

マイコプラズマ肺炎の症状チェック!早く治すには?自然治癒する?

肺炎 症状チェック

高齢者の増加にともない、肺炎にかかる方が多くなっています。 肺炎といえば、一般に「風邪をこじらせたりしたときに、起こりやすい病気」と思われがちです。 たしかに、発熱、悪寒、咳、痰など、典型的な初期症状は風邪とよく似ています。 しかし、 肺炎は風邪とは違って、からだの抵抗力 体力や免疫力 が低下したときに、細菌やウイルスに感染することによって起こる病気です。 こうした細菌やウイルスには、普通の風邪薬は効かないので、風邪くらいと思って油断して放置していると、急速に悪化して呼吸困難を引き起こし、死にいたることもあるので十分な注意が必要です。 肺炎が増えている背景には、高齢者の増加のほか、などの生活習慣病や呼吸器、心臓、腎臓などの病気をもつ方が多いこと、また膠原病や慢性関節リウマチなどの治療で、ステロイド薬や免疫抑制薬などを服用している方も多いことなどが、指摘されています。 これらの持病や薬は、抵抗力を低下させることがあり、肺炎のリスクが高くなるからです。 それだけに、高齢者はもちろんですが、生活習慣病が増える中年期から、肺炎の予防に関する知識や生活習慣を、しっかり身に付けておくことが大切だといえるでしょう。 注意したい高齢者の肺炎 肺炎による死亡者の96. その理由として、高齢になるほど体力も免疫力も少しずつ低下するため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすいこと。 また、さまざまな持病のある方が多いため、感染症にかかると重症化しやすいことが指摘されています。 それに加えて肺炎の場合には、高齢者独特の特徴がいくつかみられます。 その1つは、高齢者には、肺炎の典型的な症状が出にくいという点です。 高熱、悪寒、咳と痰、胸痛などがあまりみられず、ただなんとなくだるい 倦怠感 といった程度の症状にすぎないことも少なくありません。 そのため発見されたときには、すでに重症化しているケースが多いのです。 こうした高齢者の特徴を、本人はもちろんですが家族も知っておき、軽い風邪のような症状であっても、長引くときは早めに受診し、肺炎を起こしていないかどうかの検査を受けることが大切です。 高齢者にみられるもう1つの特徴は、誤嚥 ごえん によるものです。 高齢になると、飲み込む機能が低下するため、食べ物や飲み物が食道ではなく気管に入ってしまい、むせることが多くなります。 そのとき、飲食物や唾液などに含まれている細菌が気管から肺に入り込むと、肺炎を発症しやすくなります 誤嚥性肺炎。 誤嚥を防ぐためには、次のことを心がけましょう。 1 ゆっくり食事をすること。 2 少量ずつ口に入れること。 3 良い姿勢で食事をすること。 4 食べながら喋らないこと。 また、高齢の方は、インフルエンザから肺炎を引き起こすことも多いので、インフルエンザ・ワクチンなどの予防接種を、きちんと受けておくことも大切です。 保険適用外ですが、自治体によっては公費補助もあります。 肺炎球菌ワクチンでも、肺炎の発症を完全に防ぐことはできませんが、仮に肺炎になっても、重症化を防ぐ効果があるとされています。 中年期から気をつけたいこと 肺炎で亡くなる方は、65歳以上の高齢者に多いものの、肺炎そのものは子どもや若い世代にもみられます。 とくに注意したいのは、中年期 30歳代~50歳代 の方々です。 中年期には、さまざまな生活習慣病やその予備軍の人が増えてきますが、きちんと治療を受けていない方が少なくありません。 肺炎と糖尿病は、あまり関係がなさそうに思えるかもしれませんが、 血糖値の高い状態が続くと、細菌やウイルスの侵入を防ぐ好中球 白血球の成分 の機能が低下し、免疫機能全体もうまく機能しなくなります。 そのため、肺炎をはじめとした感染症にかかりやすく、また、重症化しやすいことが分かっています。 さらに、感染症にかかると、血糖値がより上昇するという、悪循環に陥りやすいことも指摘されています。 同様に、肺炎のリスクを高める病気に、心不全、腎不全、肝硬変、 などがあります。 こうした持病のある方や、検査などで予備軍とされたことのある方は、放置せずに、医師による適切な治療や生活指導を受けることが、肺炎の予防につながります。 また、中年期は仕事や家事に忙しい時期でもあるため、慢性的な睡眠不足や不規則な食生活になりがちです。 疲労の蓄積や栄養の偏りが続くと、気づかないうちにからだの抵抗力が低下し、風邪やインフルエンザから肺炎を引き起こす可能性も高くなります。 自分の生活習慣を時々見直して、自分に不足しているものを自覚し、昼寝で睡眠不足を補ったり、生野菜やジュースでビタミン類を多めにとるなどの工夫をしてみましょう。 肺炎の予防のために 肺炎は、手遅れになると怖い病気ですが、その一方で、日常生活のちょっとした注意で予防することもできます。 次のことを、ふだんから心がけるようにしましょう。 1 からだの抵抗力を高めるからだの抵抗力を高める• ただし、激しい運動は、逆に免疫力を低下させるので、無理はしないように気をつけましょう。 食生活を見直す たとえば、免疫活性を高める食品として知られる、ビタミンCを多く含む果物や野菜のほか、キノコ、ヨーグルトなどを食事にとり入れましょう。 便秘をすると、免疫細胞の働きが低下するので、便秘しないように心がけましょう。 よく笑う 笑うと、NK細胞などが活性化され、免疫力が高まることが知られています。 軽い笑いでも、効果があるとされています。 2 細菌やウイルスの侵入を防ぐ• 外出時にはマスクを着用する とくに、風邪やインフルエンザの流行時には、マスクは必携です。 鼻の上からアゴまでを覆う、隙間のないマスクを選ぶことが大切です。 手洗いを励行する 外出から帰宅したときだけでなく、仕事や家事のあとなどにも手を洗う習慣をもちましょう。 肺炎の予防には、石鹸で洗うよりも、アルコール消毒薬が効果的です。 ポンプ式のアルコール消毒薬が、使いやすく便利です。 うがいをする 帰宅時だけでなく、食事のあとや歯磨き時にも、うがいをしてノドの雑菌などを排除しましょう。 口の中を清潔にする 歯磨きやマウスウォッシュで、口の中をいつも清潔に保ちましょう。 とくに高齢者は、睡眠中の咳などで唾液を飲みこむとき、細菌が入りやすいので、就寝前の口腔ケアはしっかりと。 禁煙する タバコを喫っていると、ノドが荒れるだけでなく、線毛による排出機能がにぶくなり、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。 とくに一度禁煙した人が、また喫いだすと、急性の肺炎を起こしやすいとされているので注意しましょう。 このほか、前章で紹介したように、持病の治療や管理をしっかり行うこと。 また、睡眠不足や食事の偏りに気をつけることも忘れずに。 関連商品•

次の

マイコプラズマ肺炎の症状チェック!早く治すには?自然治癒する?

肺炎 症状チェック

誤嚥性肺炎を起こすような全身状態の場合は半年くらいの余命となってしまうこともあります。 高齢者の肺炎は絶対に治らないというわけではありませんが、高齢者が肺炎に罹った場合は最悪の状況も考慮に入れなければなりません。 肺炎の中でも、高齢者の占める割合がとても多くなっており、なんと9割以上になるとされています。 それだけ、高齢者では、肺炎になった場合の余命が短いということになるでしょう。 スポンサーリンク 高齢者は、体力が低下しているため、免疫力が弱くなってしまい、ちょっとしたことでも肺炎になりやすいのです。 高齢者の誤嚥性肺炎では、その余命ということが心配になってくることもあります。 どのくらいの余命と考えてよいかは、その年齢や症状の程度等によって変わってくるので一概には言えません。 食事や流動食摂取困難な場合,長期間にわたり点滴(末梢静脈注射,中心静脈注射,皮下注射)をすることがあります.合併症として,栄養失調,代謝異常,感染症,出血,カテーテル挿入時の事故があります.いずれの治療法でも,平均余命は1-3ヶ月になります。 アルツハイマー病を患っており、かつ誤嚥性肺炎と診断された場合は、平均的に『余命半年』と言われています。 しかし、この余命半年というのは『高齢者』であることと、『要介護』とされている状態で『誤嚥性肺炎を起こす全身症状』がある場合です。 スポンサーリンク.

次の