サイクル ベース あさひ 店舗。 自転車修理工賃

自転車修理工賃

サイクル ベース あさひ 店舗

あさひはネット通販でも購入できる サイクルベースあさひでは現在以下のサイトを出しています。 どのサイトで購入してもサイクルベースあさひの同じサービスをうけることができます。 サイクルベースあさひ自社サイト()• サイクルベースあさひ楽天市場店()• サイクルベースあさひYahooショッピング店() サイクルベースあさひの通販はどれだけ売れているの? サイクルベースあさひのを確認するとネット通販で売上げ35億円程度をあげているようです。 この3サイトで月間3億円程度は売上げいます。 平均単価が20000円だとするとこの3サイトで月間15,000台程度は自転車が売れているといえ、毎日500台程度の注文が入っているといえます。 毎日500台程度の自転車が400店に振り分けられるので一日一台程度はサイクルベースあさひの店舗受け取りで各店舗受け取りされているということでしょうか。 サイクルベースあさひの通販で購入するポイントは? サイクルベースあさひで自転車を購入するときのポイントはいくつかあります。 日本で一番大きい自転車店ならではの品質やカテゴリを確認してみてください。 あさひの通販は自転車に関するものは何でも売っている 自転車通販の会社は自転車の車種カテゴリを絞り込み「ロードバイクならロードバイク専門店」「ママチャリならママチャリ専門店」のような販売方法をしている店舗、地場の自転車屋さんが自社の在庫の延長線上で販売する、または自社メーカー品を専門にメーカー直送自転車店のような店舗などです。 しかしサイクルベースあさひは店舗販売の小売店をベースとしておきながらも規模が大きいため、総合的に自転車を取り扱っています。 カテゴリとしては、以下のとおりです。 (2019年7月30日サイクルベースあさひ自社サイト調べ)• シティサイクル (296件)• 電動アシスト自転車(145件)• キッズサイクル・乗り物(310件)• 折りたたみ・小径・BMX(179件)• スポーツスタイル(479件)• 自転車部品(6576件)• アクセサリ(4819件)• ウェア(2286件)• その他(5件) それぞれの括弧の件数は検索結果の件数です。 自転車やパーツが重複しているかはわかりませんが、 延べで15,000件以上あります。 パーツを含めてこれだけの商品数を取り扱えるのはすごいですね。 自転車専門の総合デパートというイメージでしょうか。 車体ではスポーツスタイル(クロスバイク・ロードバイク・マウンテンバイク)といった自転車がサイクルベースあさひの中では最も取り扱い種類が多い自転車車体になります。 また、続いてはキッズサイクル・乗り物です。 この中には三輪車や一輪車も含まれているため、すべて自転車というわけではありませんが、子供向けの自転車マーケットの大きさも伺えます。 そのほかではシティサイクルが296件と世の中を見ればほとんどママチャリが占めているようにシティサイクルをはじめとしたママチャリの取り扱いも多いです。 また、電動アシスト自転車は145件です。 ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの電動自転車車種だけであればほとんど取り扱いがありそうです。 サイクルベースあさひネット通販限定自転車もあり サイクルベースあさひではネット通販限定の自転車も取り扱いあります。 自転車の名前を「Cream(以下クリーム)」という自転車です。 このクリームですが、サイクルベースあさひではママチャリ、クロスバイク、ミニベロ、子供用自転車の4種類の自転車をネット通販限定で販売しています。 各自転車ですが、サイクルベースあさひらしく、通常の自転車ではなく、プラスアルファの機能を備え付けています。 また、何より価格もお手ごろ価格でデザインもシンプルでクセがなく非常におすすめのシリーズです。 サイクルベースあさひのクリーム(cream) ママチャリ ネット通販限定のおすすめ自転車• パンクしにくいタイヤを採用• ハイガードチェーンを採用しておりさびにくいチェーン• ローラーブレーキ採用で雨の日も止まりやすく、キーキー音がしにくい リンク ネット通販で注文、サイクルベースあさひの店舗で受け取りができる サイクルベースあさひをはじめとして最近店舗を保有している自転車店とネット通販の連動が進み、ネット通販で注文し、サイクルベースあさひの店舗で受け取りが出来るサービスがあります。 自転車を受け取るタイミングで自転車の利用方法や疑問点をしっかりとプロに相談したい方や自転車の車体と一緒にパーツを購入し設置したい方などにおすすめです。 サイクルベースあさひでは通販で自転車を購入した場合の送料が高く設定されているため、そもそもが店舗受け取り前提でビジネスモデルを組まれていると考えれます。 また、配送だと自転車の梱包を購入者が開梱しないといけないが、店舗受け取りなら開梱されておりそのまま乗って帰ることができるというメリットもあります。 そのほかメリットとしては、自転車総合保障サービス「サイクルメイト」がその場で加入できる点も大きなメリットといえます。 店舗受取ができるサイクルベースあさひの店舗一覧は以下のリンクから確認してみてください。 サイクルベースあさひの店舗受取で注意すべきポイント サイクルベースあさひの店舗受取は非常に便利で購入者の多くが利用しているサービスです。 しかし、店舗受取には注意が必要で以下のことには気を付けてから購入してください。 通販で注文からすぐ自転車をあさひの店舗で受け取れない 自転車をサイクルベースあさひの公式サイトや楽天市場から注文してすぐ商品をあさひの店舗で受け取れるわけではありません。 自転車の購入から受取まで2週間程度は時間がかかります。 そのため、急ぎでほしい場合はネット通販ではなく、実際にサイクルベースあさひの店舗に訪問して購入するようにしましょう。 自転車パーツのみのあさひの店舗受取はできない 自転車本体はサイクルベースあさひの店舗で受取が可能ですが、自転車パーツは店舗受取ができないものもあります。 そのため、自転車本体と自転車パーツを同時に購入したのに店舗で受取ができず、日を改めてサイクルベースあさひに自転車パーツを持参して設置してもらう必要があります。 ネット通販注文分の自転車はあさひのネット通販上でしか決済ができない サイクルベースあさひのネット通販で購入した場合、通販上で決済を行い、決済完了後に自転車を店舗で受け取るということになります。 そのため、株式優待や何かしらの割引券をもっていたとしても、ネット通販上で利用ができない場合、後から店舗受取時にも利用はできません。 自転車の価格がサイクルベースあさひの店舗で購入するより安いこともある サイクルベースあさひのネット通販で購入するほうがお得な点として価格がサイクルベースあさひの店舗価格よりも安い可能性があるという点です。 例えば以下などのメリットがあり サイクルベースあさひでは自転車の価格を安くすることができていると思います。 ネット通販のほうが例えば倉庫で自転車の保管スペースが店舗に並べるよりも圧縮でき土地代がかからない。 店舗にずっと店員さんを配置しなくてもよいので人件費が抑えられる 実際に店舗価格とネット通販の価格がどちらが安い方常に比較しないといけないため購入前最寄のサイクルベースあさひの店舗に確認してみるのもよいかもしれませんね。 通販でもサイクルベースあさひの自転車保障サービス「サイクルメイト」の加入がおすすめ サイクルベースあさひが実施している自転車の総合保障サービス「サイクルメイト」は自転車が盗まれたときに補償してくれる盗難補償や自転車で事故を起こしたときに賠償責任補償をしてくれる保険です。 3年間いつでも無料で点検してくれる自転車無料点検サービスなど自転車購入後に必要な総合的なサービスをまとめて加入できる仕組みです。 主なサービスは以下のとおりです。 自転車を盗まれた時の自転車盗難補償 自転車が盗まれたときに一部の負担金で新しい自転車を購入することができます。 10万円が定価であれ2万円で購入できるということですね。 サイクルベースあさひで再度購入するためには条件があり、自転車の盗難届けを最寄の警察署に提出し、盗難届受理番号を警察に確認します。 その番号を控えサイクルベースあさひに伝える必要があります。 また、そのほかに必要なものとしては、印鑑、防犯登録カード(防犯登録のときに渡される控え)、警察から教えてもらえる盗難届受理番号、サイクルメイトカード、お買い上げレシートが必要です。 レシートや防犯登録カードは購入したときに捨てがちなのでしっかり保管が必要ですね。 事故を起こしたときに補償されるTSマーク付帯保険 1年間有効な保険でTSマーク付帯保険がつきます。 傷害補償として入院15日以上の場合一律1万円、死亡重度障害(1~4級)の場合一律30万円が補償されます。 また、賠償責任補償として死亡重度障害(1~7級)の場合限度額1000万円が補償されます。 ポイントとしては二点あり、1点目は補償は1年間のみなので、2年目以降は継続手続きが必要になります。 継続料は500円です。 二点目は賠償責任補償額が1000万円となっており、死亡事故を起こした場合などはまかないきれない可能性があります。 そのため、TSマークのほかに 別途自転車保険に加入する必要がありそうです。 防犯登録料込み(加入すれば実質無料で防犯登録ができる) 新しい自転車を購入した場合、防犯登録は義務になっています。 その防犯登録料が無料になります。 通常であれば500円~の金額が無料になるのはありがたいですね。 自転車の点検が3年間いつでも無料 購入した自転車を3年間いつでも無料で点検してもらえるサービスです。 自転車の調子が悪ければいつでも無料で点検してくれるのはうれしい制度です。 ただし、自転車を修理したり、パーツ交換が必要な場合は別途費用が発生しますので注意してください。 長い目で見ると必ず自転車の修理は必要になるので加入するメリットがありそうです。 サイクルベースあさひの修理工賃について詳しい解説は「 」に記載しているので読んでみてください。 また、あさひを含めた修理の価格については「 」にまとめているので比較してみてください。 自転車の出張修理引取り・お届けサービス 対象エリアであれば、自転車が走行不可になってしまった場合、自転車の出張修理引取り及び修理後のお届けが無料になる制度です。 動かなくなった自転車をサイクルベースあさひまで持ち込むのは非常に大変だと思います。 しかしサイクルメイトに加入していれば無料で出張引取りに来ていただけ、また修理後に無料で届けてくれるサービスです。 出張修理には予約が必要ですが、以下で紹介するサイクルベースあさひのアプリで予約が可能です。 サイクルベースあさひのアプリでサイクルメイトの情報移行が可能 サイクルベースあさひではスマホアプリでさまざまなお得な情報やクーポンなどを発行しています。 その中にサイクルメイトの情報をアプリに登録することでサイクルメイトカードを常に持ち歩かなくてもサービスを受けることができるようになります。 概要に関しては、下記の動画を参照していただけるとイメージがわくと思います。 その場合購入者自身が組み立てなければならなく、手間がかかるだけではなく車両組み立て不備で事故になる可能性もあります。 サイクルベースあさひの通販のまとめ サイクルベースあさひのネット通販は自転車車体やパーツなどの商品数が充実しておりこのサイトで探せば間違いなく目的のスペックの自転車やパーツが見つかると思います。 また、ネット通販で購入してもサイクルメイトに加入ができるのでさまざまな補償が受けることができます。 ネット通販で自転車を購入するときに最大手のサイクルベースあさひをまずは検討することを非常におすすめします。

次の

実際にサイクルベースあさひで自転車を店舗受取注文してみた感想です

サイクル ベース あさひ 店舗

通販で自転車を購入するのはこれで2回目。 一回目の店舗さんも問題はなかったのですが、今回 自転車をネットで注文して近くの店舗で受け取れるということを知って 試しに使ってみました。 店舗名は、 「サイクルベースあさひ」さん。 全国に350店以上あるとのことで、あなたの家の近くにもあるかもしれません。 普通通販なら、実物を見て購入するのは、実際の近くの自転車屋さんに見に行って、別の情報が豊富なネット販売店から注文する方が多いです。 この方法は、ショールーミングと言って、リアル店舗がショールーム扱いとなってしまい、自転車以外のリアル店舗(特に家電量販店など)も苦戦を強いられています。 でもあさひの場合、リアル店舗もねっと店舗も存在していて、なおかつ日本各地にあるので、購入前に実際にリアルで実物を見てアドバイスを聞き、なおかつあさひのネット店舗で購入できます。 すべて、あさひの中で完結できるのです。 お母さんが電動自転車を購入するときも、店舗で事前に使い方説明を聞いたり、子供用シートを取り付けるのも、単なる通販店舗なら到着後自分で取り付けなければいけませんが、あさひなら、通販なのに引き渡し時にチャイルドシートをお店で選んで取り付けてもらえます。 そして実店舗でも通販でも自宅まで運送会社に郵送してもらうなら、送料がかかります。 あさひの場合、自分で自転車をお店に取りに行けば送料無料です。 ネットから申し込んでも、注文時に「販売店で引き取り」を選べば送料無料です。 そして通販の場合、会員登録してポイントが溜まったり、貯まったポイントを支払いの一部に当てることで、そのまま実店舗で購入するよりお得に購入出来ます。 私の場合、試乗に行ったお店と引取りに行ったお店は別の店舗です。 たまたま通りかかった(色々説明を聞いた)店と家に近い店舗(受け取り店)です。 これもあさひのような店舗数の多い販売店の成せるメリットですね。 まず、店舗に行ってみる どんな自転車があるのかわからない、検討がつかない・流行が知りたい等の時は、ひとまず実店舗に行ってみましょう。 代表的な最新機能のついた人気機種がおいてあるので、その中から選べば、不必要な情報を聞かずに済みますし、選ぶ時間が短縮されて楽です。 今回は、まず実店舗に試乗にいきました。 そして、ある程度購入する自転車を決めておきます。 もちろん試乗しないでいいよという方は、直接通販サイトから購入して下さい。 わからないことは、店員さんにどんどん聞いてみましょう。 年齢から何インチがいいのか? どれが売れているのか? など 色々聞きました。 その時点で購入できる方は、してあげて下さい。 せっかく説明して帰るのも悪いですから。 でも、実物を見てネットで購入している方も最近かなり増えてきているのも事実です。 以前も話した、ショールーミングによる購入がかなり普及してきているからです。 も参考にしてみて下さい。 私の場合も、ちょっと考えたかった(どの機種にするかと楽天ポイントを購入に使いたかったため)ので そして一旦家に帰って、サイトを見ました。 ネット店舗をチェックして購入 まず、あさひのネットショップは3店舗あります。 ととです。 実際に店舗で見た、おすすめの自転車を探してみましょう。 公式サイト のところを開きます。 ページ右にカテゴリがあって• と分かれています。 実店舗にあっても楽天店にはない物があります。 その場合は、公式サイトを確認してみて下さい。 楽天市場店 私の場合は、楽天市場のポイントが利用したかったのと、息子がほしい機種がたまたま楽天にありましたので、楽天にしました。 の子供車のページを確認してみて下さい。 ヤフーショッピング店 あとヤフーショッピングでも店舗があるのでヤフポイントを貯める場合・利用する場合は、へ どのお店でも、同じように購入して最寄りの店舗で受け取れます。 (但し商品の品ぞろえは、公式サイトが一番です) ヘルメットも【店舗受取自転車対応可】 となっているものなら、一緒に店舗に送ってもらえます。 購入時に、【店舗受取選択可】となっている商品が、店舗で受け取リ可能です。 ネットから注文し店舗での商品引きとりを利用する方は、、防犯登録は同梱しないで下さい。 自転車受け取り時に500円でその場で加入します。 注文後は、お店からのメールを待ちます。 当日には、「注文メール• 翌日には、店舗での商品の承りメール• 4日後にお渡し準備完了メール が来て、その翌日に取りに行きました。 最寄りの近くの店舗に自転車を取りに行く 注文してから5日で手に入れることができました。 (休みをはさむと、少し期間があくかもしれません。 北海道の場合土日除いて約2週間とかいてありました) 家族5人で取りに行きました。 受付で説明を受けて 防犯登録の記入 自分が子供の頃、町の小さな自転車屋さんでウインカー付きのミヤタの自転車買ってもらって嬉しかったのを思い出しました。 あのときは、ほんと嬉しかった。 あの頃はこんな大きな自転車屋さんは、まずなかったのではないでしょうか? お兄さんから説明を受けて 息子もかなり喜んでいました。 外で記念撮影 今までお兄ちゃん、お姉ちゃんのお古ばっかりで、ごめんね。 今度、子供用自転車を購入するのは、孫へのプレゼントになるのかな? サイクルベースあさひさん いい思い出を有難うございました。 あなたもお子さんに今すぐ思い出をプレゼントしてあげてくださいね。 自転車は、誕生日や入学・卒業・就職・結婚・還暦・一人暮らしなど 運動会で頑張ったお祝いとか 生活の中での移動で使われるだけに、貰ったらうれしいですよね。 (おすすめ!).

次の

実際にサイクルベースあさひで自転車を店舗受取注文してみた感想です

サイクル ベース あさひ 店舗

通販で自転車を購入するのはこれで2回目。 一回目の店舗さんも問題はなかったのですが、今回 自転車をネットで注文して近くの店舗で受け取れるということを知って 試しに使ってみました。 店舗名は、 「サイクルベースあさひ」さん。 全国に350店以上あるとのことで、あなたの家の近くにもあるかもしれません。 普通通販なら、実物を見て購入するのは、実際の近くの自転車屋さんに見に行って、別の情報が豊富なネット販売店から注文する方が多いです。 この方法は、ショールーミングと言って、リアル店舗がショールーム扱いとなってしまい、自転車以外のリアル店舗(特に家電量販店など)も苦戦を強いられています。 でもあさひの場合、リアル店舗もねっと店舗も存在していて、なおかつ日本各地にあるので、購入前に実際にリアルで実物を見てアドバイスを聞き、なおかつあさひのネット店舗で購入できます。 すべて、あさひの中で完結できるのです。 お母さんが電動自転車を購入するときも、店舗で事前に使い方説明を聞いたり、子供用シートを取り付けるのも、単なる通販店舗なら到着後自分で取り付けなければいけませんが、あさひなら、通販なのに引き渡し時にチャイルドシートをお店で選んで取り付けてもらえます。 そして実店舗でも通販でも自宅まで運送会社に郵送してもらうなら、送料がかかります。 あさひの場合、自分で自転車をお店に取りに行けば送料無料です。 ネットから申し込んでも、注文時に「販売店で引き取り」を選べば送料無料です。 そして通販の場合、会員登録してポイントが溜まったり、貯まったポイントを支払いの一部に当てることで、そのまま実店舗で購入するよりお得に購入出来ます。 私の場合、試乗に行ったお店と引取りに行ったお店は別の店舗です。 たまたま通りかかった(色々説明を聞いた)店と家に近い店舗(受け取り店)です。 これもあさひのような店舗数の多い販売店の成せるメリットですね。 まず、店舗に行ってみる どんな自転車があるのかわからない、検討がつかない・流行が知りたい等の時は、ひとまず実店舗に行ってみましょう。 代表的な最新機能のついた人気機種がおいてあるので、その中から選べば、不必要な情報を聞かずに済みますし、選ぶ時間が短縮されて楽です。 今回は、まず実店舗に試乗にいきました。 そして、ある程度購入する自転車を決めておきます。 もちろん試乗しないでいいよという方は、直接通販サイトから購入して下さい。 わからないことは、店員さんにどんどん聞いてみましょう。 年齢から何インチがいいのか? どれが売れているのか? など 色々聞きました。 その時点で購入できる方は、してあげて下さい。 せっかく説明して帰るのも悪いですから。 でも、実物を見てネットで購入している方も最近かなり増えてきているのも事実です。 以前も話した、ショールーミングによる購入がかなり普及してきているからです。 も参考にしてみて下さい。 私の場合も、ちょっと考えたかった(どの機種にするかと楽天ポイントを購入に使いたかったため)ので そして一旦家に帰って、サイトを見ました。 ネット店舗をチェックして購入 まず、あさひのネットショップは3店舗あります。 ととです。 実際に店舗で見た、おすすめの自転車を探してみましょう。 公式サイト のところを開きます。 ページ右にカテゴリがあって• と分かれています。 実店舗にあっても楽天店にはない物があります。 その場合は、公式サイトを確認してみて下さい。 楽天市場店 私の場合は、楽天市場のポイントが利用したかったのと、息子がほしい機種がたまたま楽天にありましたので、楽天にしました。 の子供車のページを確認してみて下さい。 ヤフーショッピング店 あとヤフーショッピングでも店舗があるのでヤフポイントを貯める場合・利用する場合は、へ どのお店でも、同じように購入して最寄りの店舗で受け取れます。 (但し商品の品ぞろえは、公式サイトが一番です) ヘルメットも【店舗受取自転車対応可】 となっているものなら、一緒に店舗に送ってもらえます。 購入時に、【店舗受取選択可】となっている商品が、店舗で受け取リ可能です。 ネットから注文し店舗での商品引きとりを利用する方は、、防犯登録は同梱しないで下さい。 自転車受け取り時に500円でその場で加入します。 注文後は、お店からのメールを待ちます。 当日には、「注文メール• 翌日には、店舗での商品の承りメール• 4日後にお渡し準備完了メール が来て、その翌日に取りに行きました。 最寄りの近くの店舗に自転車を取りに行く 注文してから5日で手に入れることができました。 (休みをはさむと、少し期間があくかもしれません。 北海道の場合土日除いて約2週間とかいてありました) 家族5人で取りに行きました。 受付で説明を受けて 防犯登録の記入 自分が子供の頃、町の小さな自転車屋さんでウインカー付きのミヤタの自転車買ってもらって嬉しかったのを思い出しました。 あのときは、ほんと嬉しかった。 あの頃はこんな大きな自転車屋さんは、まずなかったのではないでしょうか? お兄さんから説明を受けて 息子もかなり喜んでいました。 外で記念撮影 今までお兄ちゃん、お姉ちゃんのお古ばっかりで、ごめんね。 今度、子供用自転車を購入するのは、孫へのプレゼントになるのかな? サイクルベースあさひさん いい思い出を有難うございました。 あなたもお子さんに今すぐ思い出をプレゼントしてあげてくださいね。 自転車は、誕生日や入学・卒業・就職・結婚・還暦・一人暮らしなど 運動会で頑張ったお祝いとか 生活の中での移動で使われるだけに、貰ったらうれしいですよね。 (おすすめ!).

次の