飲食 モニター。 モニター募集

飲食店の新型コロナウイルス対策項目をモニターサイトに掲載開始

飲食 モニター

2017年11月29日 生活文化局 平成29年度第3回インターネット都政モニター 「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」アンケート結果 今回の調査は、5年目となる「東京都健康推進プラン21(第二次)」の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため実施したものです。 アンケート期間:平成29年9月6日~9月12日 回答率:93. ) 昼食の外食・中食の利用状況(P5) 昼食の外食・中食の利用状況は、『週1回以上利用する』(46. 9%)(「ほとんど毎日」(15. 6%)、「週に3~4回」(9. 8%)、「週に1~2回」(21. 5%))は5割近く、「月に1~3回」(26. 4%)は3割近くとなっている。 7%)が約5割で最も高く、「カロリーの表示」(35. 0%)、「減塩のメニュー」(30. 1%)、「栄養情報の表示」(26. 0%)、「栄養成分の表示」(25. 4%)などと続いている。 野菜の摂取状況(P14) 健康維持に必要な1日の野菜の摂取状況は、「足りないと思う」(58. 0%)が6割近く、「足りていると思う」(32. 2%)は約3割となっている。 野菜を食べるための工夫(P15) 野菜を食べるための工夫は、「食事にできるだけサラダやおひたしなどをつける」(67. 0%)が7割近くで最も高く、「野菜の多く入っているメニューを選ぶ」(50. 1%)、「野菜を多くとれるように料理の工夫をする」(46. 9%)、「野菜ジュースを飲む」(30. 9%)などと続いている。 都民の野菜摂取量が不足している原因(P17) 都民の野菜摂取量不足の原因は、「外食や中食の利用が多く、野菜が少ないから」(56. 9%)、「野菜の値段が高いから」(52. 9%)の2つが5割を超え上位であり、「調理に手間がかかるから」(29. 4%)、「他のものをたくさん食べてしまうから」(29. 2%)、「食べたい野菜メニューがないから」(23. 7%)などと続いている。 問い合わせ先 生活文化局広報広聴部都民の声課 電話 03-5388-3159 〔資料〕 調査実施の概要 1 アンケートテーマ 「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」 2 アンケート目的 「東京都健康推進プラン21(第二次)」(平成25年度から平成34年度までの10年間)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、都民の意見を聞く。 3 アンケート期間 平成29年9月6日(水曜日)12時00分から 平成29年9月12日(火曜日)17時00分まで 4 アンケート方法 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する。 5 インターネット都政モニター数 500人 6 回答者数 469人 7 回答率 93. 8% 都民の食習慣と外食・中食の利用状況 東京都は、平成25年度から平成34年度までの10年間を対象期間とした「東京都健康推進プラン21(第二次)」(以下、プラン21(第二次)という。 )を策定し、生活習慣病の発症予防や生活習慣の改善の取組を進めています。 このプラン21(第二次)では、栄養・食生活分野において、野菜を目標量摂取している人の割合や栄養成分表示を参考にしている人の割合を増やすなどの目標を掲げています。 また、昼食の外食・中食の利用率が高いことから、負担感なく生活習慣を改善できるよう都内の飲食店等での栄養成分表示の推進やヘルシーメニューの提供を増やすなど、食環境整備施策に取り組んでいます。 今回のアンケート調査では、5年目となるプラン21(第二次)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、モニターの皆さまにご意見をお伺いします。 1 調査項目 Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q9 Q10 Q11 Q12 Q13 Q14 Q15 Q16 Q17 Q18 2 アンケート回答者属性 モニター人数 回答 人数 構成比 率 全体 500 469 - 93. 8 性別 男性 250 232 49. 5 92. 8 女性 250 237 50. 5 94. 8 年代別 18・19歳 8 7 1. 5 87. 5 20代 67 58 12. 4 86. 6 30代 88 80 17. 1 90. 9 40代 100 92 19. 6 92. 0 50代 72 70 14. 9 97. 2 60代 84 81 17. 3 96. 4 70歳以上 81 81 17. 3 100. 0 職業別 自営業 44 42 9. 0 95. 5 常勤 182 164 35. 0 90. 1 パート・アルバイト 49 47 10. 0 95. 9 主婦 89 86 18. 3 96. 6 学生 34 30 6. 4 88. 2 無職 102 100 21. 3 98. 0 居住地域別 東京都区部 346 323 68. 9 93. 4 東京都市町村部 154 146 31. 1 94. そのため、合計が100. 0%にならないものがある。

次の

グルメモニターおすすめランキング

飲食 モニター

人気エリアから探す• 人気のエリア• 人気の駅• 人気のエリア• 人気の駅• 人気のエリア• 人気の駅• 九州・沖縄• 人気のエリア• 人気の駅• 北海道・東北• 人気のエリア• 人気の駅• 甲信越・北陸• 人気のエリア• 人気の駅• 中国・四国• 人気のエリア• 人気の駅• エネアーク関東 エネアーク関東 柏支店• 軽作業・物流その他,建築・土木その他,調査・モニターその他• 千葉県柏市• 完全出来高制• 株式会社スピードライン スピードライン東京本社• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,配達・配送・宅配便• 京都府京都市中京区• 完全出来高制• 株式会社スピードライン スピードライン東京本社• アンケートモニター,覆面調査・ミステリーショッパー,配達・配送・宅配便• 東京都足立区• 完全出来高制• 株式会社スピードライン スピードライン東京本社• アンケートモニター,オフィスその他,仕分け・シール貼り• 千葉県柏市• 完全出来高制• 株式会社スピードライン スピードライン東京本社• アンケートモニター,覆面調査・ミステリーショッパー,配達・配送・宅配便• 神奈川県川崎市川崎区• 完全出来高制• 株式会社スピードライン スピードライン東京本社• アンケートモニター,オフィスその他,仕分け・シール貼り• 埼玉県さいたま市浦和区• 完全出来高制• トーホクガス株式会社 トーホクガス株式会社 盛岡営業所• 調査・モニターその他,ポスティング,ドライバー・運転手• 岩手県盛岡市• 完全出来高制• 株式会社グロップ 船橋オフィス [0001]• 試験監督・試験官,アンケートモニター,イベントスタッフ• 東京都渋谷区• 日給8,000円~10,500円• 株式会社グロップ 船橋オフィス [0001]• 試験監督・試験官,アンケートモニター,イベントスタッフ• 東京都新宿区• 日給8,000円~10,500円• ランスタッド株式会社 熊本支店 熊本事業所 熊本支店• 調査・モニターその他• 熊本県熊本市東区• 時給1,000円• クレハスタッフサービス株式会社 クレハスタッフサービス株式会社• 専門職、その他,工場・製造その他,調査・モニターその他• 福島県いわき市• 時給1,100円• クレハスタッフサービス株式会社 クレハスタッフサービス株式会社• 専門職、その他,工場・製造その他,調査・モニターその他• 福島県いわき市• 時給1,200円~• 株式会社アトモ 拠点1• 市場調査・交通量調査,調査・モニターその他,イベントその他• 東京都港区• 日給8,500円~• 株式会社トライ・アットリソース 大阪支店• 試験監督・試験官,採点・添削,調査・モニターその他• 大阪府大阪市城東区• 時給1,185円~• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 大阪府大阪市中央区• 完全出来高制 調査・モニターの仕事は、在宅勤務や短期・単発、短時間で終わる仕事もあり、働く時間帯が比較的選びやすい仕事です。 そのため、空いた時間を使って働きたい人にピッタリです。 モニターの仕事では、未発売の商品を実際に試して、その意見や感想をレポートで提出するため、発売前のさまざまな業界の商品をいち早く知ることができます。 詳細なレポート作成を行うことで、文章をまとめる力や伝える力が身につき、自分自身のスキルアップにもつながります。 そのスキルはあらゆる仕事に活用できるため、ほかの職種に就いた際にも大いに役立つでしょう。 時給ではなく日給のケースが多いため、お小遣いが欲しいときに単発で仕事ができるのも、魅力の1つです。 調査・モニターの仕事は、特別なスキルは必要とせず、集中力と根気があればできる仕事です。 一般的に、「1日のみ」「土日だけ」といったサンプリング調査や交通量調査など単発の仕事が多く、アルバイト経験のない人でも簡単にできます。 空いた時間を利用して、アンケートや発売前の商品を試した感想などをレポートにまとめて提出する作業もありますので、普段から商品の紹介や説明が得意な人、細かい作業をまじめにコツコツ努力するタイプの人に向いている仕事です。 覆面調査は、飲食店やスーパーマーケットで、店舗を調査する仕事ですが、一般のお客様を演じながら調査を行うため、演技力も必要とされます。 また報告書の内容をしっかりとまとめなければならないため、レポート能力の高さも求められます。 好きだけど荒らしてはいません一言言いたい主義の私は、大のモニターバイト好き。 あらゆるモニターバイトにエントリーしては、いそいそと出かけています。 その日も、コメントをアンケート用紙からはみ出すくらいに書き、ヒアリング調査でもここぞとばかりにまくしたててダメ出しをしていました。 一通り終わって帰り際、会場のペンを持ってきたことに気付いて返却に戻ったとき、ふと目をやったのが机に置かれた自分のアンケート用紙。 プロフィールに担当者の補足メモが書き込まれていたのですが、そこには「セレブに憧れる主婦風」「モニター荒らし?」などのメモ書きが。 イベントの仕事というのは、そう毎日あるわけではありませんが、仕事ができる頻度に対して、この月収はかなり高いといえるのではないでしょうか。 このリサーチ結果は、1回あたりの収入が高く、単発で1回だけ仕事をしても1万円以上3万円未満は稼げるということを物語っています。 さらに月に数回、土日などイベントがあるたびに働けば、5万円以上、10万円以上とガッツリ稼げることを意味しているのです。 イベントのある日を中心に働き、それ以外の時間は自由に使っても、1回の収入が高ければ十分に生活していけます。 イベントという非日常に携われるうえ、生計も立てられる魅力的な仕事といえるでしょう。 コツコツタイプは真面目に取り組もう時間や場所にしばられないとはいえ、モニターバイトもきちんとした仕事です。 軽い気持ちでやったら意外と大変だった、なんてこともあります。 アンケートコメントはきちんとチェックされているので、回答がちぐはぐだったり一貫性がなかったりすると書き直しを依頼されることもあります。 レポート項目の細かさは調査会社によって違うので、試してみるのもアリでしょう。 基本的には、真面目で細かいことをコツコツ、キチンとできるタイプの人にオススメです。 商品やサービスの開発に興味があったり、レポートを書くのが好きな人なら楽しんで働くことができるでしょう。 宿題を最後まで溜めるようなタイプは少し気が重くなってしまうかもしれません。 自分の意見を伝えるべしモニターのバイトには、インターネットで応募した商品が送られてきて自宅で使用してレポートを送るタイプや、会場に出向いて行うタイプなどさまざまな方式があります。 応募して抽選で仕事を得るケースもありますが、面接が行われるケースもあります。 面接が必要な場合は、自分の意見をしっかり言えることをアピールしましょう。 もっとも、特定の商品やブランドに肩入れしているのはマイナスなので、客観的な意見を簡潔に話すのがポイント。 細かなチェックや気づきが求められるので、性格の細かさや細かい作業などもいとわない性格であることを伝えましょう。 モニターでは報告書の提出が求められるため、履歴書もしっかり書き、報告力や字がきれいなことなどもアピールしておきたいところです。 常識とマナーが大事モニターは、企業が自社の改善点や消費者目線での意見を求めたい時に募られる仕事です。 この仕事で求められることは、まずは一般的な社会人としての常識やマナーです。 消費者目線での意見が求められるので、独自性やユニークさより一般常識を備えた感性が必要になり、偏りのない客観的な意見が求められます。 その上で細やかなところにも気づく繊細さや、物事を見逃さない洞察力も必要になってきます。 こうしたモニターチェックは秘密裏に行われることも多いので、企業の内情を外部に漏らさない秘密を守れる人間かどうかも、面接ではチェックされています。 会社のサービスや商品を客観的な目でチェックできる一般常識や洞察力を持ちつつ、人として信頼できる方が採用の対象となるのです。 志望動機がカギ副業としても人気のモニターバイト。 新商品やサンプルを試してアンケートに答えるモニターや、飲食店にはじまりコンビニ、エステ、美容院などのサービスを利用して、スタッフに知られないように覆面調査を行うミステリーショッピングの仕事などが主です。 これらは時間にとらわれず自由に参加することができる仕事であるため、主婦・主夫や学生、そしてサラリーマンやOLの間でも副業として人気が高くなっています。 基本的に、リサーチ会社やマーケティング会社に委託をされて調査は行われています。 面接では、志望動機などをもとに採用が決まるケースがあります。 志望動機は最も肝心です。 応募者数が多数のため、やはり動機は重要な採用ポイントとなっており、例えばミステリーショッピングであれば調査対象のお店などを利用したり、調べてみて感じたことや、お店の役に立ちたいという点を上手く伝えると良いでしょう。

次の

都政モニターアンケート結果 食習慣と外食・中食|東京都

飲食 モニター

2017年11月29日 生活文化局 平成29年度第3回インターネット都政モニター 「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」アンケート結果 今回の調査は、5年目となる「東京都健康推進プラン21(第二次)」の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため実施したものです。 アンケート期間:平成29年9月6日~9月12日 回答率:93. ) 昼食の外食・中食の利用状況(P5) 昼食の外食・中食の利用状況は、『週1回以上利用する』(46. 9%)(「ほとんど毎日」(15. 6%)、「週に3~4回」(9. 8%)、「週に1~2回」(21. 5%))は5割近く、「月に1~3回」(26. 4%)は3割近くとなっている。 7%)が約5割で最も高く、「カロリーの表示」(35. 0%)、「減塩のメニュー」(30. 1%)、「栄養情報の表示」(26. 0%)、「栄養成分の表示」(25. 4%)などと続いている。 野菜の摂取状況(P14) 健康維持に必要な1日の野菜の摂取状況は、「足りないと思う」(58. 0%)が6割近く、「足りていると思う」(32. 2%)は約3割となっている。 野菜を食べるための工夫(P15) 野菜を食べるための工夫は、「食事にできるだけサラダやおひたしなどをつける」(67. 0%)が7割近くで最も高く、「野菜の多く入っているメニューを選ぶ」(50. 1%)、「野菜を多くとれるように料理の工夫をする」(46. 9%)、「野菜ジュースを飲む」(30. 9%)などと続いている。 都民の野菜摂取量が不足している原因(P17) 都民の野菜摂取量不足の原因は、「外食や中食の利用が多く、野菜が少ないから」(56. 9%)、「野菜の値段が高いから」(52. 9%)の2つが5割を超え上位であり、「調理に手間がかかるから」(29. 4%)、「他のものをたくさん食べてしまうから」(29. 2%)、「食べたい野菜メニューがないから」(23. 7%)などと続いている。 問い合わせ先 生活文化局広報広聴部都民の声課 電話 03-5388-3159 〔資料〕 調査実施の概要 1 アンケートテーマ 「都民の食習慣と外食・中食の利用状況」 2 アンケート目的 「東京都健康推進プラン21(第二次)」(平成25年度から平成34年度までの10年間)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、都民の意見を聞く。 3 アンケート期間 平成29年9月6日(水曜日)12時00分から 平成29年9月12日(火曜日)17時00分まで 4 アンケート方法 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する。 5 インターネット都政モニター数 500人 6 回答者数 469人 7 回答率 93. 8% 都民の食習慣と外食・中食の利用状況 東京都は、平成25年度から平成34年度までの10年間を対象期間とした「東京都健康推進プラン21(第二次)」(以下、プラン21(第二次)という。 )を策定し、生活習慣病の発症予防や生活習慣の改善の取組を進めています。 このプラン21(第二次)では、栄養・食生活分野において、野菜を目標量摂取している人の割合や栄養成分表示を参考にしている人の割合を増やすなどの目標を掲げています。 また、昼食の外食・中食の利用率が高いことから、負担感なく生活習慣を改善できるよう都内の飲食店等での栄養成分表示の推進やヘルシーメニューの提供を増やすなど、食環境整備施策に取り組んでいます。 今回のアンケート調査では、5年目となるプラン21(第二次)の中間評価と今後の食環境整備施策推進の参考とするため、モニターの皆さまにご意見をお伺いします。 1 調査項目 Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q9 Q10 Q11 Q12 Q13 Q14 Q15 Q16 Q17 Q18 2 アンケート回答者属性 モニター人数 回答 人数 構成比 率 全体 500 469 - 93. 8 性別 男性 250 232 49. 5 92. 8 女性 250 237 50. 5 94. 8 年代別 18・19歳 8 7 1. 5 87. 5 20代 67 58 12. 4 86. 6 30代 88 80 17. 1 90. 9 40代 100 92 19. 6 92. 0 50代 72 70 14. 9 97. 2 60代 84 81 17. 3 96. 4 70歳以上 81 81 17. 3 100. 0 職業別 自営業 44 42 9. 0 95. 5 常勤 182 164 35. 0 90. 1 パート・アルバイト 49 47 10. 0 95. 9 主婦 89 86 18. 3 96. 6 学生 34 30 6. 4 88. 2 無職 102 100 21. 3 98. 0 居住地域別 東京都区部 346 323 68. 9 93. 4 東京都市町村部 154 146 31. 1 94. そのため、合計が100. 0%にならないものがある。

次の