アメリカ 選挙 2020。 大統領選挙アメリカ2020!日程や任期いつ?株価や為替の影響は?⑦

「アメリカ大統領選挙2020 波乱の幕開け」(時論公論)

アメリカ 選挙 2020

アメリカは2020年の秋に大統領選挙を控えています。 アメリカの大統領はかなりの力を持っています。 もちろん三権分立は守られているのですが、大統領という個人が行政の全権を握っているのが理由です。 日本はどうかというと、行政権は内閣にあるので、内閣総理大臣の権限は大統領ほど強くないと思います。 前回の2016年の選挙では、民主党のヒラリーと共和党のトランプが争い、トランプが大統領に選ばれました。 アメリカ生まれで35歳以上の歳なら、誰でも大統領になる資格があるのですが、一般市民が大統領になってきたわけではなく、実際には副大統領とか州知事、上院議員など政治経験者がその座に就いてきました。 政治経験が無い場合でも、米軍司令官や閣僚の経験がある人達が大統領になってきました。 それ故に政治経験も軍事経験もないトランプが大統領に選ばれたのは今までかつて例の無いことであり、誰もが驚いたのは記憶に新しいと思います。 ビジネスマンとしての経験しか持たない彼に対する抵抗はとても強いものでしたし、今もあるし、そういったのもあって、ヒラリーも「自分が勝てる!」という自信があったと思います。 でも何が起こるのかわからないのが大統領選挙なのですね。 今年の大統領選では、 共和党のトランプ大統領と、 民主党のバイデンが一騎打ちで争います。 選挙とはいえちょっとお祭り騒ぎな感じが毎回ありますが、私も楽しみにしているイベントです。 ということで、アメリカ大統領選について勝手にまとめましたので、興味ある方は読んでいただけると嬉しく思います。 大統領選の流れ 2020年の大統領選はジワジワ始まっています。 党の代表選びは2019年頃から既にスタートしていて、民主党は2020年の4月に代表がバイデンにほぼ決まりました。 共和党は現職のトランプがそのまま出馬しますが、これは現職大統領がそのまま出れば知名度抜群ですし、有利と言われるからですね。 今後の流れは夏頃に両党で正式に大統領候補を指名したり、副大統領候補をお披露目したりします。 とはいえ今年はコロナでどうなるんでしょうかね? 11月3日の選挙までにトランプとバイデンで3回の討論会があり、外交や内交などの政策をアピールします。

次の

大統領選挙の年は株価は上がる?|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

アメリカ 選挙 2020

主な日程 [ ] いずれも現地時間表示。 2019年 [ ]• :共和党の現職トランプ大統領が再選にむけた正式な選挙活動を開始。 :下院は、トランプ大統領の弾劾訴追決議案を賛成230票・反対197票で可決。 民主党主催候補者討論会(2019年開催分)• 第1回(~):世論調査・資金調達額のいずれかの要件を充足した20人の候補を2日に分けて開催。 第2回(~):第1回同様の要件を充足した20人の候補を2日に分けて開催。 第3回():世論調査(所定の世論調査中4つで2%以上支持)・資金調達(13万人以上かつ20州で400人以上からの寄付)の両要件を充足した10人の候補で開催• 第4回():第3回同様の要件を充足した12名の候補で開催。 第5回():世論調査(所定の世論調査中4つで3%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで5%以上支持)・資金調達(16. 5万人以上かつ20州で600人以上からの寄付)の両要件を充足した10名の候補で開催。 第6回():世論調査(所定の世論調査中4つで4%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで6%以上支持)・資金調達(20万人以上かつ20州で800人以上からの寄付)の両要件を充足した7名の候補で開催。 2020年 [ ] 1月 [ ]• :第7回民主党主催候補者討論会-世論調査(所定の世論調査中4つで5%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで7%以上支持)・資金調達(22. 5万人以上かつ20州で1,000人以上からの寄付)の両要件を充足した6名の候補で開催(参加候補:ウォーレン、サンダース、クロブシャー、ブティジェッジ、バイデン、ステイヤー)。 :トランプ大統領に対する弾劾裁判の審理が上院で開始。 現職上院議員である民主党候補も陪審員として参加。 2月 [ ]• : 党員集会(の皮切り):民主党では、結果の集計に用いるアプリに不具合があるとして、100パーセントの集計結果は6日になってようやく公表された。 ブティジェッジ候補・サンダース候補が接戦となる結果であったが、集計のミスの可能性から点検が行われた。 民主党の主要候補で党員集会等の開始時点で選挙活動を継続していたのは、マイケル・ベネット、ジョー・バイデン、マイケル・ブルームバーグ、ピート・ブティジェッジ、トゥルシー・ギャバード、エイミー・クロブシャー、デュバル・パトリック、バーニー・サンダース、トム・ステイヤー、エリザベス・ウォーレン、アンドリュー・ヤンの11候補。 代議員を獲得したのは、ブティジェッジ、サンダース、ウォーレン、バイデン、クロブシャーの5候補の見通し。 共和党ではトランプ大統領が圧勝(38代議員獲得。 対立候補のウェルド候補が1代議員確保)。 :上院でのトランプ大統領の弾劾裁判の評決の結果、問題とされた議会妨害・権力濫用のいずれについても、無罪の結果。 :第8回民主党主催候補者討論会-第7回同様の要件を充足した候補と、直前のアイオワ州党員集会で一人でも代議員を獲得した候補で開催(第7回参加者に加えてヤンが資格充足し参加)。 : 予備選挙:民主党のトップはサンダース候補、やや後れてブティジェッジ候補。 クロブシャー候補が善戦して3位に入った。 この3候補が代議員を獲得し、バイデン候補・ウォーレン候補は15パーセントの足切り要件を満たせず、代議員を獲得できなかった。 同日、アンドリュー・ヤン、マイケル・ベネットの両候補が撤退(残る主要候補は9名)。 共和党は、トランプ候補が全代議員を確保(22代議員)。 :民主党デュバル・パトリック候補が撤退(残る主要候補は8名)。 :第9回民主党主催候補者討論会ー世論調査(所定の世論調査中4つで10%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで12%以上支持)充足か、アイオワ・ニューハンプシャー州のいずれかで代議員を獲得した候補で開催(ブティジェッジ、サンダース、ウォーレン、クロブシャー、バイデン、ブルームバーグの6候補が要件充足し参加)。 ブルームバーグが討論会に初参加。 : 民主党党員集会 予定(共和党は同州の党員集会をキャンセル)• :第10回民主党主催候補者討論会 第9回同様の要件を満たす候補で開催予定• : 民主党予備選挙 予定(共和党は同州の予備選挙をキャンセル) 3月 [ ]• : 3月10日予備選挙等集中日(民主党は、海外党員・アイダホ・ミシガン・ミシシッピ・ミズーリ・ノースダコタ・ワシントンにて計365代議員の配分決定)• : 北マリアナ諸島民主党党員集会(共和党は15日)(代議員数:民主党6、共和党9)予定• :第11回民主党主催候補者討論会 予定• : 3月17日予備選挙等集中日(民主党は、アリゾナ、フロリダ、イリノイ、オハイオにて計577代議員の配分決定、共和党はキャンセルされたアリゾナ以外)• : 米領サモア共和党党員集会(代議員数9)• : ジョージア州予備選挙(代議員数:民主党105、共和党76) 4月以降 [ ]• :民主党の予備選・党員集会で最後となるでの予備選挙• 〜:()。 :一般有権者による投票および開票。 :選挙人による投票 2021年 [ ]• :大統領および副大統領当選者が正式決定• : 主要な立候補者・立候補を検討している人物 [ ] 共和党 [ ] 出馬表明 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 Ref 1946年6月14日 73歳 現 2019年から転籍 2019年6月18日• () 実業家 撤退表明 [ ]• () 元、前選出 2019年11月12日撤退• ()(元選出議員)ラジオ番組の司会者 2020年2月7日撤退• (元 2020年3月18日撤退 民主党 [ ] 出馬表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 Ref 1942年11月20日 77歳 前 2009—2017 2019年4月25日 予備選挙等の開始後に撤退表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明・撤退表明 Ref 1941年9月8日 78歳 上院議員 2007— 2019年2月19日 (2020年4月8日撤退表明) 1981年4月12日 39歳 下院議員 2013— 2019年1月11日 (2020年3月19日撤退表明) 1949年6月22日 70歳 上院議員 2013— 2019年2月9日出馬表明 (2020年3月5日撤退表明) 1942年2月14日78歳 前 2002—2013 2019年11月24日出馬表明 (2020年3月4日撤退表明) 1960年5月2日 60歳 上院議員 2007— 2019年2月10日出馬表明 (2020年3月2日撤退表明) 1982年1月19日 38歳 前インディアナ州 市長 2012—2020 2019年4月14日出馬表明 (2020年3月1日撤退表明) 1975年1月13日 45歳 2017年11月6日出馬表明 (2020年2月11日撤退表明)• ()(・マネージャ、資産家)(2020年2月29日撤退)• ()(前(2007-2015)) (2020年2月12日撤退)• ()((2009-))(2020年2月11日撤退) 予備選挙等の開始前に撤退表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明・撤退表明 Ref 1930年5月13日 90歳 上院議員 1969—1981 2019年4月8日出馬表明 (2019年8月6日撤退表明) 1951年2月9日 69歳 2013— 2019年3月1日出馬表明 (2019年8月21日撤退表明) 1966年12月9日 53歳 上院議員 2009— 2019年3月17日出馬表明 (2019年8月28日撤退表明) 1961年5月8日 59歳 2014— 2019年5月16日出馬表明 (2019年9月20日撤退表明) 1972年9月26日 47歳 下院議員 2013—2019 2019年3月14日出馬表明 (2019年11月1日撤退表明) 1966年4月11日 54歳 2013— 2019年5月14日出馬表明 (2019年12月2日撤退表明) 1964年10月20日 55歳 上院議員 2017— 2019年1月21日出馬表明 (2019年12月3日撤退表明) 1974年9月6日 45歳 2014—2017 2009—2014 2019年1月12日出馬表明 (2020年1月2日撤退表明) 1952年7月8日 67歳 、活動家 2019年1月28日出馬表明 (2020年1月10日撤退表明) 1969年4月27日 51歳 2013— 2019年2月1日出馬表明 (2020年1月13日撤退表明)• (前州上院議員)()(2019年1月25日撤退)• (選出議員)()(2019年7月8日撤退)• (前)()(2019年8月15日撤退)• (選出議員)()(2019年8月23日撤退)• (選出議員)()(2019年10月24日撤退)• ()()(2019年11月19日撤退)• (元選出議員)() 2019年12月1日撤退)• ()(前選出議員(2013-2019)) 2020年1月31日撤退) 民主党候補者の支持率推移 [ ]• 2020年1月2日閲覧• 2020年2月10日閲覧。 2020年2月10日閲覧。 毎日新聞 2019年3月12日. 2019年3月26日閲覧。 POLITICO. 2018年2月24日閲覧。 Onebox News. 2018年6月17日閲覧。 2020年4月9日. 2020年4月9日閲覧。 2020年3月20日. 2020年4月9日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 AFP 2019年11月25日. 2019年11月28日閲覧。 CNN. 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 時事ドットコム. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 時事ドットコム. 2020年2月12日. 2020年2月12日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月11日. 2020年1月14日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 2017年7月9日. 2017年7月9日閲覧。

次の

国民の信任を得るのはトランプかバイデンか ~アメリカ大統領選挙まで半年~|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

アメリカ 選挙 2020

元マサチューセッツ州知事の、ウィリアム・ウェルド氏。 民主党の候補者は、• ジョー・バイデン (前副大統領)• コリー・ブッカー (ニュージャージー州選出上院議員)• ピート・ブーテジェッジ (インディアナ州サウスベンド市長)• フリアン・カストロ (住宅都市開発長官 サンアントニオ市長)• ビル・デブラシオ (ニューヨーク市長)• トゥルシー・ギャバード (ハワイ州選出下院議員)• カーステン・ギリブランド (ニューヨーク州選出上院議員)• マイク・グラベル (元アラスカ州選出上院議員)• カーマラ・ハリス (カリフォルニア州選出上院議員)• ジェイ・インスレー (ワシントン州知事)• ベト・オルーク (前テキサス州選出下院議員)• バーニー・サンダース (バーモンド州選出上院議員)• エリザベス・ウォーレン (マサチューセッツ州選出上院議員)• マイケル・ベネット (コロラド州選出上院議員)• スティーブ・ブロック (モンタナ州知事)• ジョン・ディレイニー (前メリーランド州選出下院議員)• ジョン・ヒッケンルーパー (前コロラド州知事)• エイミー・クローブシャー (ミネソタ州選出上院議員)• ウェイン・メッサム (フロリダ州ミラマー市市長)• セス・モールトン (マサチューセッツ州選出下院議員)• ティム・ライアン (オハイオ州選出下院議員)• ジョー・セスタック (元ペンシルベニア州選出下院議員)• トム・ステイヤー (ヘッジファンド・マネージャ、資産家)• マリアン・ウィリアムソン (作家、活動家)• アンドリュー・ヤン (実業家、起業家) どちらかの基準をクリアした候補者が参加できます。 10人を超えた時には、2晩に分けて開催されます。 民主党の候補者は少しずつふるいにかけられていくんですね。 日本の選挙と違って大統領選の盛り上がりかたは凄いですよね。 2020年 民主党は、2020年1~4月にさらに最大6回の予備討論会の実施を予定。 そして、ここからが一連の選挙の始まりとして注目される日程です。 今回は、3月3日です。 3月~6月の間で各地で予備選挙や党員集会が行われます。 民主党候補は予備選挙が始まる2月からわずか1カ月間で数人に絞られる可能性があります。 7月13日〜16日 民主党全国大会(ウィスコンシン州ミルウォーキー) 党員集会および予備選挙の結果を踏まえて、大統領候補と副大統領候補を正式指名されます。 8月24日〜27日 共和党全国大会(ノースカロライナ州シャーロット) 11月3日 一般有権者による投票および開票。 12月14日 選挙人による投票 大統領選挙に一年以上かかるんですね。 4年に1度の国のトップを決める選挙誰が当選するのか、トランプ大統領が再選するのか、民主党の候補者が勝つのか2020年の終わりが楽しみですね。 2021年 1月6日 大統領および副大統領当選者が正式決定 1月20日 大統領就任式.

次の