戒名 いらない。 葬式不要という人たちが増えている

お坊さんも呼ばない・戒名もない・そしてお墓もない。。

戒名 いらない

読売新聞が調査を行ったところ、 葬式は簡素にしたほうが良いと思っている人の割合は、 92%にも達したことが分かっています。 葬式は不要かは別として、 今後は最低限の葬式のみで良いと思っている人が増えているのは事実なようです。 私も葬式は不要と思っている一人なのですが、 実際には母が無くなった時に葬式が不要だと思っていても、そのように進めることはできませんでした。 最後まで面倒を見ていたのは私一人で、私と近くの身内だけで見送れば十分だと思っていたのです。 しかし、やはり亡くなれば身内は出てくるもので、 古い形式にとらわれている人も多い年配者では、 どうしても葬式を出さないというのは受け入れる事はできないようです。 また、戒名が不要だと考えている人の割合も高く、 56%と必要だと思っている人が減ってきているのが分かります。 葬式は不要、または戒名はいらないと思っている人で割合が高いのは、 若い人が多く高齢者になるほど必要だと思っている人が多いことが分かっています。 葬式不要は仏教徒でなければ当たり前 お経は本来生きている人が、仏教の弟子になるためのものです。 つまり、仏教の教えを学ぶという意味ですね。 今ではお経は死んだ人のものと思っている人が多いようですが、本来はお経は生きている人が活用しなければならないものです。 同じように仏壇も死んだ人をまつったり、成仏するためのものではありません。 仏様はそこには居ないようで、お経を上げるのも生きている人のためだったのです。 その事実を教えているお寺さんって、意外と少ないですけどね。 お葬式が不要とか、戒名が不要とかいうのは そもそも仏教徒でなければ必要が無いものです。 それが現代は戒名という意味もわからないものの費用として高く徴収されているというわけです。 葬式不要と考えるなら費用は要チェック 例えば33万円〜のお葬式の場合では これは人数が少ないときの費用というわけです。 会場の費用はそれほど変わりが無く、 来る人によって料理や布団などの数が変わってくるため、 最低限の親族でやれば33万円で済みますよ、という事なのです。 親族が20人〜30人くらいになれば、家族葬儀としても100万円近くはかかってしまいます。 家族葬儀だとすると、親族の数が少ないわけで、その分お香典が少なくなり、赤字となるケースが多いようです。 逆に 盛大にやれば、それだけ人も多くくるわけで、その場合はお葬式を上げるだけで黒字になる事もあるのです。 家族葬儀で費用を節約しようと思ったら、赤字って・・・ ちょっと変ですが、実際には日本はお付き合いが深い国ですから、こういう事実になってしまいます。 葬式不要なのはお金がないから 最近葬式が不要とか、戒名が不要とか言い出したのは、 世の中が不景気という理由もあります。 景気がよくお金をどんどん使えるバブル時代では、そんなの考え付かなかった事です。 しかし、今は少ない年収で過ごしている人がどんどん増えています。 世帯年収では200万円代とか、300万円代は多くいます。 また、独身女性も増えていて、貧困化が進んできているのだとか。 高齢者も増加していますから、 当然年金暮らしの人は収入が少なく、200万円とかで生きている事もあります。 将来は年金がもらえるかも分かりませんし、 景気がよくなってきたといっても、それは所得が高い人たちだけが儲けているのであって、 収入が少ない人は更に貧乏になってきています。 それなら葬式は不要、戒名は不要、 火葬のみで良いと考える人が出て来ても不思議ではありませんね。 火葬のみなら、10万円くらいでもできます。 地域によっては数万円という所も。 きちんとしたお別れができれば、本来はこれでも良いのではないかと思います。

次の

直葬なら戒名はいらない!?必ず必要となる3つのパターンに注意!|喪主24時

戒名 いらない

戒名料が高すぎるから、戒名はいらない? 日本では、およそ9割の人が仏式での葬儀を行っているといわれます。 仏式で葬儀をするとお寺にお布施をしなければならず、それがあまりに高いのではないかと不満を訴える人が多くなってきました。 お布施の中身は、大部分が戒名を授けられることによって生じる戒名料です。 このことから、最近では戒名はいらないと希望する人が出てきたようで、俳優の三國連太郎さんが「戒名不要」と遺言していたことは有名です。 また、少数派ではありますが自分で戒名を作るという人もいるようです。 お寺から戒名をもらわないことでお布施の負担が減るなら、ありがたい話です。 ただ、戒名は本当にいらないもので、それで不都合はないのでしょうか。 戒名がいらないなら、仏式葬儀でなくていいはず そもそも戒名とは出家した証に授けられる名前で、俗名を捨て仏弟子になったことの証とされます。 ですからお坊さんたちはみんな戒名を持っています。 亡くなってからもらう名前という意味ではないのです。 一部の宗派以外がとっている今の葬儀スタイルは、江戸時代に曹洞宗が作り出したといわれていますが、その内容は戒を与え戒名を授ける儀式です。 生前に仏弟子になる儀式を行わなかったため、急いで仏弟子とし、僧侶がお経を読んで積んだ徳を故人に振り向け、浄土へと導きます。 よって戒名がいらないとなると、この儀式自体が成り立ちません。 「戒名がいらない」とすることは、「仏式では葬儀をしない」という意思表示なのです。 戒名はいらないとしても、お布施は必要かも ただ、日本人の半数が檀家になっているとされる浄土真宗では、授戒を行わず戒名もつけません。 多くは法名といわれるシンプルな名前をつけられるだけで、生前に大きな社会的貢献をなした人などに院号がつけられる程度です。 それでも、支払うお布施の平均金額は他の宗派とそれほど変わりません。 なぜでしょうか。 それは、お布施は戒名をつけてもらったことに対して支払われる金額ではないからです。 一人の人を浄土へと旅立たせる導きをしてもらった、そのことに対する感謝の気持ちがお布施なのです。 この考え方にそもそも違和感を覚えるという人は、やはり仏式では葬儀をしないほうがいいかもしれません。 戒名がいらないなら、離檀する? 「戒名はいらないし、お布施も用意したくないから仏式では葬儀をしない」と決めたとしても、多くの人には乗り越えるべき壁が生じます。 それは、墓という問題です。 先祖の墓が寺にあり、その寺の檀家になっていて、自分もいずれそこに納まりたいと思っている場合は仏式で葬儀をするのが当然だからです。 もしも菩提寺に葬儀を依頼せず、納骨だけしたいと申し出たら、トラブルになってしまうでしょう。 仏式葬儀をしないと決めたら、生前から菩提寺にそのことを相談しなければなりません。 離檀するなら離檀料を支払わなければならないケースがあり、新しい墓を探さなければならないので、かえって高くついてしまう可能性もあります。 「戒名はいらない」ではなく、自分で戒名を作るのは可能? 戒名はいらないという選択ではなく、自分で戒名をつけたいと希望する人もいます。 戒名を自分でつけることが可能か不可能かでいえば、可能です。 戒名には幾つかのルールがあります。 そのルールに則り、自分の人柄や功績を表すような戒名をつければ、型は通ります。 しかし、その戒名を菩提寺が使ってくれるかどうかは別問題です。 通常なら戒名は授けられるもの。 どうしても自分で戒名をつけたければ、菩提寺に相談しましょう。 理解を示してもらえる場合もあれば、そうではないこともあります。 戒名料を払いたくないから自分で戒名を作る、という考えの人は、やはりそもそも仏式葬儀で良いのかという問題から始めた方がいいでしょう。 戒名がいらないなら、まずはお寺に相談してみる 戒名はいらない、戒名は自分で作る。 どちらをとるにしても、菩提寺とよく話し合った方が良いことに変わりはありません。 無宗教での葬儀、無宗教の霊園を選ぶなら、この悩みはきれいになくなりますが、そうもいかないという人は多いでしょう。 一案として、生前から戒名を授けてもらうという手もあります。 妥当と思える額のお布施を住職に提示し、「これしか出せない」と頑張れば、住職もそれなりに考えて戒名を授けてくれるはず。 通常ではなかなか知りえない自分の戒名を、生きているうちに確認することができますよ。 戒名が本当にいらないのか、安易に考えるのではなくもう一度よく考えてから決めるようにしてください。 【関連記事】 ・ 第1位 樹木葬・東京 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち) 第2位 樹木葬・東京 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう) 第3位 樹木葬・千葉 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう) 第4位 樹木葬・東京 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう) 第5位 樹木葬・東京 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)• 最新の樹木葬の豆知識• 関連サイト• COPYRIGHTS C 樹木葬の辞典 ALL RIGHTS RESERVED.

次の

戒名はいらないという選択肢。戒名がなくても問題ない?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

戒名 いらない

戒名とは仏門に帰依した僧侶や信者に与えられる名前のこと。 その為、修行の徳や寺への貢献度によって位が上がる仕組みがある。 つまり一般の人には関係のない話。 ではどうして一般の人まで、死者に戒名を付ける風習があるのか? それは「仏の力にあやかって極楽に往生して欲しい」という願いが込められているご都合主義。 現代人のほとんどは無宗教。 年末になるとキリスト教でもないのにXmasを祝い、正月になると寺社仏閣へ初詣へ出かける人達。 このようなご都合主義の人にとって、戒名もまたイベントの一つといっていい。 それに付けこんで葬儀業界やお坊さんが高額な戒名料をいただこうという構図。 もともと名前を付けるだけなので、適正価格などあるわけがない。 かなり高額といえるでしょう。 でも、一般人がとりあえず体裁を保つ為だけに戒名を付けてもらうのであれば、そこまで出す必要はないです。 戒名授与をもいます。 最後に仏教思想家ひろさちや氏のコメントを引用 「終活なんておやめなさい」の著者で、仏教思想家であるひろさちや氏が雑誌の対談(日刊ゲンダイ)で語っていたコメントが良くまとまっていたので紹介しておきます。 「仏教発祥の地・インドでは、火葬が基本で、焼かれた遺骨はすべて川に流されます。 遺骨を墓に保管することはありません。 なぜかというと、死者は、死後49日でどこかの世界に生まれ変わるという輪廻の考え方が深くかかわっているのです。 だから、墓も不要で、戒名もいりません。 戒名は仏門に入った証し。 サラリーマンの方なら、仏門とは無関係ですから、俗名のままでいいのです。 同じ理由で位牌も必要ありません」 多くの人が気づいていないのですが、何も調べずに普通に葬式をすると知らぬ間に次のような状態になっています。 葬儀屋の為の葬式• お坊さんの為の戒名 最低限の知識を身につけてないとカモられます。 【参考】 葬儀相場 キャンセル 注意•

次の