アマテラス の 暗号。 www.pathtravel.co.jp:カスタマーレビュー: アマテラスの暗号 〈歴史ミステリー小説〉

資産最速50倍プロジェクト(アマテラスコイン)は仮想通貨詐欺?坂本よしたかは危険人物?

アマテラス の 暗号

kindle 専用の書籍ということで、要所要所に写真や図表がたくさんでてきます。 カラー写真も多いので、kindleよりもFireタブレットなどのタブレットか画面の大きめのスマートフォンで読まれることをお勧めします。 さて、このように写真や図表が出てくるところからも、この作品は純粋な小説というよりは、著者が伝えたい日本の古代史と神道についての秘密と謎を、フィクションの形を借りることで読みやすく理解もしやすい作品に仕立て上げたものという風に受け止められます。 もちろん、小説としてもかなり面白いです。 とくに、場面転換のテンポが秀逸で、どんどん先を読みたくなってしまいます。 内容としては、ユダヤと日本の関りについての真相を知っていたことで殺された日本人の父を持つ日系アメリカ人の主人公が、父の残した謎を解明するべく日本を訪れるところからはじまるミステリーものと言えるでしょう。 ネタバレはしない方針なので謎の詳細については書きませんが、出てくる謎そのものや、謎を解く過程ででてくる話は基本的にすべて実在する場所であったり、誰でも資料を確認できる事実です。 写真が沢山出てくるのは、普通なら小説というものは風景を文章で描写するものですから奇妙なことといえますが、上にも書きました通り、この作品の主眼はこうした謎や秘密を世に多く知らしめることではないかと思いますので、そのように捉えれば違和感がないどころか、ある意味読み物として新しいなという印象さえ感じます。 わたしは古史古伝や日月神示を個人的に研究していて、それゆえこの作品に目が留まったのですが、わたし自身が思っている日本の真相と、この作品が描き出しているものは、概ね同じです。 ユダヤとの関わりにおいては、まさかそこまで繋がっていたのか!? と驚かされる内容も少なくありませんでした。 もっとも、日本という国の起源はユダヤとのつながりだけですべてが分かるほど簡単なものではないとわたしは思っていますので、本書の示す結論は、フィクションとはいえ真実の一面を明かしているとは思うものの、これがすべてではないと言わざるを得ません。 それでも、この作品に書かれていることは少なからず日本とイスラエルのタブーに触れています。 フィクションという体裁でなかったなら、ここまで書けなかったでしょう。 その点、著者の真意は図りかねますが、わたしとしては上手いやり方だなあと賞賛したいところです。 小説としてみれば、語彙がやや独特で、もう少し普通の言葉を遣えばよいのにと感じるところがありますし、誤字脱字も少なくありません。 この点、kindle版だけなので、著者にやる気があれば改訂すべきと思います。 とはいえ全体としては読みやすく、神道の神々や天皇家の歴史といった人を選ぶジャンルの割には、一般受けしそうな作品とも思えます。 こうした話がもっとたくさんの人に知られていくことは、この国がこれからもよい国であり続けるためにも必要なことだと思います。 ぜひ読んでみてください。 日ユ同祖論をミステリーに仕立てた着想は面白いと思います。 ただ、ネタの上等さに頼り過ぎで周りのツメが甘い。 文章や構成をもっと練り上げてほしかった。 考古学的考察とスパイアクションがどうにもミスマッチです。 剣山の洞窟の暗闇で、どうして格闘ができるのか? ヴォルターは縄で縛るはずではなかったか? 縛っておけば追いかけてこなかったのに。 そもそも爆発の時彼はどこにいたのか? 終盤、伊勢神宮内宮の地下で、緊迫した場面なのに二人の会話には妙に余裕がある。 グローバル感を出したかったからか、冒頭にゴールドマンサックスが出てきます。 設定の意外性を狙ったのかもとは思いますが、「一流嗜好」「高級好み」が臭い感じです。 登場人物もエリートばかりで親近感が持てません。 この本から元ネタの言説を除いた部分が作者の独創といえますが、 ストーリー展開には無理があり、劇画調で興醒めです。 終盤の謎解きラリーは面白いのですが、ナゾナゾを残した必然性が疑問。 校正に問題ありです。 こうした内容の本は特に慎重にお願いしたい。 図版や写真が多いのは大いに理解の助けになります。 久保氏の著作が読みたくなりました。 もし作者が言うように神社名、神名、文献、伝来、伝承、祭祀、宝物、遺物等に関する記述がすべて事実にもとづくものなら、私達が信じてきた日本の神道や歴史の常識というやつは根本からひっくり返されることになるのではないか。 常識との乖離が余りにも大きすぎるので、「これはすべてフィクションです。 ご心配なく!」と言って貰いたいほどである。 イスラエルから消えたユダヤの失われた10支族のいくつかが、神のお告げで約束の地とされた遠い東の日の出ずる国を求めて渡って来たのが日本であった、それも紀元前680年ごろの神武天皇の時代に。 そして、今までまるで疑うこともなかった全く似ても似つかぬ二つの宗教である神道とユダヤ教との間に、驚くべきような相似性がこれでもかこれでもかと示されていくのである。 そうなってくると、これら全ての相似性がたまたまの偶然であると否定する方が余程論理的でないということになってきてしまうのである。 ひょっとしたら我々は「それでも地球が回っている!」と言ったコペルニクスを否定し続けたカトリック教会のようなものなのかもしれない。 しかもずっと前からイスラエル政府はこれらの相似性に気づいており、専門の調査隊を送り込んだり、大使館を通じて日本中をくまなく調べているということではないか。 日本いや世界の宗教と歴史にとってタブーとしか言えないような驚くべき内容を、アマテラスの時代にまでさかのぼり、ユダヤ教やキリスト教まで包括する壮大なスケールの中で分かりやすく解き明かしてくれることで、今まで単に昔の作り話でしょと思っていた日本の神話、そしてもう一つ現実感をもって感じれなかった昔からの神道の世界が、世界の宗教との関係の中で一気に理解が深まったような気がする。 もはや日本人だけではなく世界の読者にも是非読んでもらいたい。 私はこの決して少なくないページ数の本を、気が付いた時には読み終って呆然としたのである。 殺人現場に残された暗号をきっかけに 名だたる神社の秘めた成り立ちに主人公とチームがつぎつぎと迫る。 題材は日本古代史、現代国際政治、日本文化の本質、、、 と、縦横無尽。 長編かつ壮大なスケールなので前後を見失いがちになるが 写真や系図が惜しみなく配置され読者に優しい。 最終段に至る驚愕の展開は歴史ミステリーとは言え、 あまりに挑発的で否定したい衝動に駆られる。 しかしそこに至る論理は緻密で、状況証拠には凄みがあり、 反論は容易でない、、、脱力感。 世の中の裏の仕組みに天皇家と神道の歴史を絡めた謎解きは、とても楽しく頭に入りました。 けれども残念なことに、でたらめな日本語表現が多すぎました。 (誤字脱字も有りますが可愛いものです。 ) 読み始めは違和感を覚え(こんな表現あったかな?)と立ち止まってばかりいましたが、段々と正しい使い方を知らないだけで、捻った表現をこれでもかと繰り出しているだけと分かり、謎解きに関係ない部分は味わう事を拒否してサクサクと読み進めました。 「気抜けした居ずまい、、、たまりかねたようにハタと、、跳ね起きた」などの矛盾した表現や、間違えた表現が多数あります。 読者がこれらの表現を覚えて使い始めたら大変な事になります。 著者の過ちを直せない=編集が機能していないという事は、日本語のレベル低下が広がっているという事です。 他の書評には、この点を指摘している方はいないようで、これも驚きました。 神道を普及させたい意図があるとしても、言霊や日本文化の点で問題が大きいです。 我が国にとって由々しき事態と思いました。

次の

久保有政 バイブル・ミステリー・コード サンプル「天皇の祖神『天照大神』に隠された古代ユダヤの暗号」円盤屋

アマテラス の 暗号

神の中の神、最高神タカミムスヒ。 初代神武天皇はタカミムスヒを祀っていた。 7世紀以前、タカミムスヒを祀っていた伊勢神宮。 紀元後日本に渡来した東方キリスト教徒・秦氏。 秦氏のキリスト教信仰の中心、三位一体神信仰。 古代神道+三位一体神信仰=造化三神。 タカミムスヒはイエス・キリスト。 7世紀後半、天照大神を皇祖神にした天武天皇。 なぜ皇祖神は天照大神に変えられたのか。 イエス・キリストの姿が投影された男神・天照大神。 天岩戸神話に隠されたイエスの死と復活。 天岩戸の前で唱えられた言葉「ひい、ふう、みい、・・」に封印された真実。 伊勢神宮でイエス・キリストの存在を感じた西行法師。 オリーブ山(エルサレム)と配置が同じ伊勢神宮の神路山。 秦氏の古代キリスト教が受け継がれている大嘗祭。 新天皇がイエス・キリストのご加護を受ける儀式「真床御衾(まとこおふすま)」。 真の皇祖神が日本建国の真相を解く。

次の

【書評】アマテラスの暗号:日本の神道とユダヤ教にまつわる歴史ミステリー│一生わくわくしていたい

アマテラス の 暗号

の暗号 このブログのカテゴリー「の暗号」の記事「解かれたの封印1~28」で、はであり、天照であるという仮説を提示しているのですが、この仮説を裏付けるような文書が2019年に入って出版されました。 それが、「アマテラスの暗号」です。 版ので出されているのですが、なんと100円なのです。 Unlimited では無料となっています。 管理人は、 Unlimited の契約をしていますので、無料で読むことができました。 「アマテラスの暗号」は、ミステリー小説の形で出版されているのですが、次の2つの仮説を裏付ける情報を提示しているのです。 『の内宮に祀られているアマテラスはである』 『はである』 「アマテラスの暗号」は、アマゾンでは次のように紹介されています。 「アマテラスの暗号」 内容紹介 これはあなたの歴史の常識への挑戦です とはなにか? の正統性とは? 日本人はどこからきたのか? われわれにとってタブーでありつづけた、古代史究極の謎。 ) アマテラスの暗号 2019年2月発行 伊勢谷 武 著 版 100円 Unlimited では無料 の謎 紀ではの即位がBC660年になっているのですが、実際は1世紀頃のおはなしです。 これは、単純に大陸側の騎馬王朝に対する見栄で歴代の年齢をごまかしたのではないようです。 の創祀は生誕の年であるとされています。 これは、に祀られているアマテラスは、であるとの暗号だったのです。 このあたりの事情について「アマテラスの暗号」は、に深く関わる方に語らせています。 「ところで度会 わたらい さんのご家系は、 が創祀されたときから大でいらっしゃるご家系とうかがいましたが」 ぶしつけの問いに不意をつかれたような表情をみせながら、度会は少し時間をおいた。 もう一度、それとなく二人の目の底を見つめている。 すると、腹を決めたように呟い た。 「え ぇ。 「そして日本人がいつか思い出すように、誕生の年にが創祀 された、という歴史にしたんですよ 」 ー小説 アマテラスの暗号よりー 新の主要な儀式が、この秋に相次いで行われます。 10月22日には195カ国の代表らも招き、陛下が内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が執り行われます。 11月14日夕から翌日未明には、が1代で1度だけ臨む大がかりな神事、 だいじょうさい が古式ゆかしく行われる予定です。 「アマテラスの暗号」では、について次のように伝えています。 そうだ。 賢司は、それとまったく同じプロセスを思い出した。 「その 儀式は、キリストの復活の疑似体験の儀式だよ。 が横になるのは、キリストが一度死んだことを模倣するため。 食事は との最後の晩餐。 白地の織物、麁服と繒服は、キリストが のあと身を包まれた ーー」 「うん。 とは、の死と復活を疑似体験する儀式 ーー神から受ける王権を継承するための儀式。

次の