チカーノ kei。 壮絶にもほどがある!『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』はハードコアな男のハードコアな生きざまを映し出した前代未聞のドキュメンタリー

【アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人】www.pathtravel.co.jpまとめ【チカーノカルチャー】

チカーノ kei

この男は実在する!! TBS「クレイジージャーニー」の番組スタート時にゲスト出演するも、DVDに収録すらされないヤバい人生! NPO法人『グッド・ファミリー()』(神奈川県平塚市)の創設者として、引きこもり・虐待・非行などに悩む子どもと大人双方を支援する活動を続け、青少年育成に関するカウンセラーとしての講演も多数行うKEIさんこと井上ケイ氏。 1990年から2001年までの間、アメリカでカウンセラー活動を行い、その後は日本にて現在まで一貫して活動している。 現在の活動からは想像がつかないが、ヤクザの道に進み、その後アメリカの刑務所で計10年に渡り服役した人物だった。 親の愛情が乏しい家庭に育ち、ヤクザの道へ。 その後バブル時代に大成功を収めてハワイに進出するも、FBI囮捜査におとり捜査でアメリカの極悪刑務所へ。 刑務所内では日々抗争・殺人が絶えず、唯一の日本人だったKEIさん。 いつ命を落としてもおかしくない状況だったが、メキシコ人ギャンググループ「チカーノ」の家族として受け入れられ、彼らと強い絆で結ばれたまま出所、日本へ帰国することに。 KEIの仲間のチカーノギャングたち そこから少年少女を救済する団体を立ち上げ、奉仕活動を始めるKEI氏の半生を描いた映画がこの度完成、東京を皮切りに日本全国で上映される予定こととなった。 仲間と再会、母親との確執、KEI自身の家族、チカーノたちが教えてくれたものとは——。 7年にわたる取材をもとに、様々な角度からKEI氏を描いた再生のドキュメンタリーだ。 KEI氏がかつて収監され、生き抜いた地での上映となった。 同氏はNYビズのインタビュー()コーナーに幾度か登場している。 中学時代にグレはじめ、暴走族を経てヤクザの道へと進む。 ヤクザ時代に大成功を収めるも、ハワイでFBIの囮捜査にはめられ、ロサンゼルスを始め、サンフランシスコ、オレゴンなどの刑務所を転々とし、10年以上服役。 出所後は、アパレルブランドを立ち上げ、日本のチカーノ・ブームを牽引。 米刑務所内での経験や勉強を生かし、ボランティア団体『グッド・ファミリー』を設立し、現在はNPO法人化された。 青少年育成に関するカウンセラーとしての講演も多数。 これまで『KEI チカーノになった日本人』『アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人』(いずれも東京キララ社)が出版され、別冊ヤングチャンピオンにて『チカーノKEI』(秋田書店)の原作者として連載を続け、単行本も発売。 1~4巻合わせて発行部数40万部突破。 「水曜日のダウンタウン」(TBS)「クレイジージャーニー」(TBS)「BAZOOKA!!! 」(BS スカパー!)「DOMMUNE」 「TIME LINE」(TOKYO FM)「AbemaPrime」(AbemaTV)などメディア出演多数。 自分の居場所の作り方は僕ももともと不良少年だったので痛いほどわかります!ケイさんは愛に生きて己と戦った人です。 」新羅慎二(若旦那 ミュージシャン) 「私が最も敬愛するKEIさん。 その実母が後半現れた瞬間ビックリ!KEIさんに続き敬愛する奥崎謙三先生とそっくり!!…見所だらけ全編気の抜けない映画です。 」 根本敬(漫画家・エッセイスト) 「家族とは、仲間とは、生きるとは、 壮絶な人生の果てにチカーノと出会い、 KEIが見つけた幸せを感じて欲しい。 でもKEIさんの少しはにかんだ笑顔には、メキシコ移民を描いた映画『ミ・ ファミリア』の「実を蒔けばまた育つさ」というチカーノの言葉そのものが宿っていた。 」 空族 相澤虎之助(映画監督・脚本家).

次の

映画「HOMIE KEI 〜チカーノになった日本人〜」オフィシャルサイト

チカーノ kei

ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ドキュメンタリー映画『HOMI E KEI〜チカーノになった日本人 〜』トークショーダイジェスト1 KEI/監督マサ/東京キララ社 ・中村保夫によるトークショー・ ダイジェスト。 ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない... ヤクザになり、FBI囮捜査に はめられてアメリカの極悪刑務所 へ。 日々抗争、殺人が絶えず、た った一人の日本人はすぐに殺され てもおかしくない最悪の状況。 し かし、己の力と精神力で闘い生き 残った男は、いつしかチカーノと いう刑務所内最強のギャンググル ープと通じ合うようになる。 メキ シコ人でないと受け入れられない チカーノギャングの世界で、仲間 として、家族として受け入れられ たのだ。 彼らと強い絆で結ばれた...

次の

「チカーノファッションの店をやって最初は1年で2500万円の赤字を出して大変だった」KEI|日本人でありながらチカーノたちに認められたKEI。7月7日(月)アップリンク・ファクトリーでトークショーが行わ...

チカーノ kei

4・5巻のテーマは「抗争」 3巻の最後で、KEIの所属するサウスチカーノとノースチカーノがトラブってしまいました。 力が支配する刑務所の中では、同じルーツを持つものが結束して助け合うことで生き残りを図ります。 そしてグループも個人と同じで、ナメられたら最後。 他のグループに蹂躙されてしまいます。 それ故に、「コイツらは敵に回すと厄介だ」と思っていただくために身体を張って戦わなければならない。 力こそ、彼らの安全保障なのです。 もっとも、ボスにも色々いるみたいで KEIのボスなんかは割合、仲間を守るために仕方なく抗争をやっているタイプ。 いざ抗争となっても「俺たちはいくつ死体を積み重ねればいいのかね…」と嘆息して呟きます。 周りに護衛をつけて、自分は動きません。 元々、腕っぷしで成り上がるという人物ではなく、バランスのとれた調整能力でみなの心服を集めるタイプなのでしょう。 しかし、今回戦うノースチカーノのリーダー「レイ」はバリバリのバトルマニアで、自分から最前線で暴れまわります。 抗争の話は、KEI周辺と、このレイの戦いが中心となって描かれます。 抗争は夕方4時スタート 午後4時に、刑務所では「カウントダウン」という点呼が行われます。 これは全米の刑務所で1日1回行われるもので、1人でも欠けたら数が合うまで行われる徹底したものです。 そしてカウントダウンが終わると、抗争スタート。 隠していた武器(所内で手作りされるナイフ、鉄パイプや、ビリヤードの玉をソックスに入れたブラックジャックなどがある)を速やかに手に入れて、 相手に出会ったら迷わず殺し合い。 やらなきゃやられる、ウルトラハードな状態です。 トラブルメーカービーバー ところで、そんな抗争のキッカケなんですが… サウスチカーノの「ビーバー」がノースチカーノのメンバーを3人叩きのめしてしまいました。 コイツがホント困った奴で、ケンカは強いが「頭がガキ」。 主人公のKEIがビッグホーミー(リーダー)に厚遇されてるのを見て、自分が構ってもらえなくなってると、ヤキモチを焼いてノースチカーノの連中に八つ当たりした…というしょーもない理由です。 弟や妹が生まれると、お兄ちゃんお姉ちゃんが赤ちゃん帰りするようなもんですね。 まさに Like a kid(子どもなのさ) しかし、始まっちゃったのだから仕方ない。 自分のしでかしたことをちゃんとリカバリーしろよ! 頑張れ、ビーバー!! …って思ってたらいきなりやられちゃいました。 結局、最後までろくすっぽ活躍できず。 …ダメじゃん、ビーバー(泣) 仲間も死んじゃうし ビーバーを刺した、ノースのキックは腕利きの殺し屋2人を雇い「顔の傷」を付けた以前の恨みで、ビーバーを、そしてたまたま一緒にいたKEIたちをを執拗に狙います。 一方のKEIたちは丸腰のまま敵に対峙することになり、絶体絶命のところに、仲間たちが助けに入りました。 その仲間たちも、いともあっさり中立化されてしまい、仲間の1人は命を落とします。 名前は出しませんが僕が読んだ感想は「無茶しやがって」でした。 所内を挙げてお祭り状態 今回は「サウスチカーノ対ノースチカーノ」ですが、それ以外にもグループはいます。 彼らは基本「高みの見物」なのですが、血が騒ぐのでしょうか、 所内のスーパーマーケットを襲ったり、ロッカーをぶっ壊したりとやりたい放題。 そうすると管理側はブロックを閉鎖し、銃を持った兵士たちがなだれ込んできて強制終了。 抗争に参加した連中は全員拘束され取り調べを受けますが 当然ながら、何も言いません。 言ったら裏切り者として処断されるからです。 その辺は刑務所のルールと、組織の掟が二本立てになっていて、それが抵抗なく受け入れられる。 で、結局真相は藪の中で決着します。 そして、しばらくすると独房に入っていた人間が戻って来たり、他の刑務所に移送される人間が出たりして、所内に平穏な日々(?)が戻ります。 だから、僕は平穏を選ぶ とまぁ、駆け足で内容を書いたのですが、中身はもっと色々あって、ご興味のある方が読んでもガッカリしない程度にはしてあります。 全部書いてあったらそれこそマンガを読まなくてもいいわけですし。 ちなみに僕は好きで読んでますが、登場人物に憧れたりとかはあまりない。 この世界はホント「マンガの中」だけでいいなと思います。 以前のエントリーでも書きましたけど、僕は今の生活、人と建設的な関係を築いて社会の一員として毎日を過ごすのが性に合うんで。 マンガの中なら「カマ野郎」ですが、今僕が生きている世界はそんな「カマ野郎」にもそこそこ優しいですしね。

次の