オラセフ 市販。 抗生物質の強さ比較 抗菌力はどの種類の抗生物質が一番強いのか?

オラセフ錠250mgの効果・用法・副作用

オラセフ 市販

薬は、逆から読むと「リスク(危険)」となります。 薬は病気を治すために必要なものですが、飲み方を間違うと実際に危険なこともあるのです。 その典型といえるのが、複数の薬の飲み合わせです。 例えば、病院で処方してもらった風邪薬を飲んでいるときに、頭が痛いからと市販の鎮痛薬を飲み足したことはないでしょうか。 あるいは別々の病気(風邪と皮膚炎など)で複数の病院で治療を受けたとき、医師どうしが知らずに、よく似た薬を処方してしまうような場合もあります。 こうしたケースでは、複数の薬の成分どうしが反応して、予想外の強い作用が出たり、反対に薬が効きにくくなることがあります。 これを薬の「飲み合わせ(相互作用)」といいます。 体調をくずしたり、場合によっては生命にかかわることがあります。 市販の薬に限らず、漢方薬やハーブ、サプリメントでも、相互作用が起こることは少なくありません。 中高年になると、高血圧などの慢性疾患や皮膚疾患などで薬を常用している方も多いので、からだに有害な薬の飲み合わせと予防法についてきちんと知っておきましょう。 風邪の治療で、解熱薬と咳止め薬、胃腸薬を一緒に処方されるような場合です。 こうした場合は、医師が安全な組み合わせを考えて薬を処方します。 また病気によっては、医師の判断で複数の薬を意図的に使用し、相互作用を利用して治療することもあります。 この場合にも、医師が治療効果と安全性を考慮しています。 心配な場合は、自己判断で薬をやめるのでなく、医師に相談してください。 注意したい相互作用 薬の飲み合わせには、いろいろなタイプがありますが、大別すると「薬の効き目が必要以上に強まる場合」と、「薬の効き目が弱まり、治療効果が上がらない場合」とがあります。 1 効き目が必要以上に強まる(過剰作用) <似た成分の薬の飲み合わせ> よく似た作用の薬を一緒に飲むと、効き目が強くなりすぎ、体調をくずしたり、内臓障害を起こしたりしかねません。 例えば最初に例に挙げた、病院で処方してもらった風邪薬と一緒に、市販の鎮痛薬(アスピリンなど)や睡眠改善薬などを飲むようなケースです。 また、風邪などで内科を受診している方が、同時に耳鼻科や歯科を受診し、消炎薬や鎮痛薬などを処方してもらうこともあります。 一般的に、解熱薬、鎮痛薬、消炎薬、咳止め薬、睡眠改善薬などには、よく似た成分が含まれているものが多くあります。 重ねて飲むと、強い眠気やめまいを起こしたり、意識がもうろうとしたり、胃腸や肝臓の障害を起こしたりすることがあるので注意が必要です。 <分解を妨げる薬の飲み合わせ> 薬は肝臓で分解され、適度の濃度となって体内へ送られます。 ところが、片方の薬の成分がもう一方の薬の成分の分解を妨げると、分解されない薬の成分の効き目が強くなり、過剰作用を起こすことがあります。 有名な例では、1990年代初めに起こった皮膚疾患の薬ソリブジンと、抗がん薬(フルオロウラシル系)の併用があります。 このケースでは、患者さんの治療が皮膚科と内科に分かれ、医師が薬の情報を把握しにくかったことも、有害な相互作用の一因となりました。 現在、同じ病院内では医師間の情報交換が改善されていますが、 異なる病院にかかる場合や市販の薬を一緒に使用する場合には、十分な注意が必要です。 2 効き目が弱まり、治療の妨げになる <相反する作用の薬の飲み合わせ> 反対の作用をもつ薬を一緒に飲むと、お互いに効き目を消し合ってしまい、治療効果がみられなくなることがあります。 また、薬の成分どうしが結びつき、からだに吸収されにくいものに変化し、期待される治療効果が出ないケースもあります。 例えば、抗菌薬(ニューキノロン系)を使用しているときに、胃酸を中和するタイプの胃腸薬を一緒に飲むと、抗菌薬の効果が弱まることが知られています。 また、非ステロイド系抗炎症薬(イブプロフェンなど)と利尿薬を一緒に使うと、利尿薬の効果が弱まることがあります。 あるいは降圧薬(ベータ遮断薬)と喘息の治療薬(ベータ刺激薬)も、お互いの薬の効果を打ち消す作用を起こしやすいものです。 こうした飲み合わせは、過剰作用のような重大な副作用ではないものの、 病気が治りにくくなるだけにかえって危険なこともあります。 漢方薬やハーブにも注意を 漢方薬やハーブなどは、一般的に安全性が高いと思われていますが、強い成分を含むものも少なくありません。 例えば、風邪や咳止めに使用される麻黄湯(まおうとう)や葛根湯(かっこんとう)といった漢方薬には、麻黄(まおう)という成分が含まれています。 この麻黄は、一般の咳止め薬や気管支拡張薬などに含まれているエフェドリンと同じものです。 それを知らずに併用してしまうと、エフェドリンの血液濃度が必要以上に高まります。 エフェドリンには血管収縮作用があるため、取りすぎると心臓に悪影響を及ぼします。 このことからも、エフェドリン(=麻黄)の過剰摂取は非常に危険であることが分かるでしょう。 ハーブの例を紹介しますと、ハーブティによく使われるカモミールは、鎮静作用があるので気持ちを落ち着かせ、リラックスさせてくれます。 その一方で、血栓を防ぐ薬ワルファリンと一緒にとると、血液が固まりにくくなり、出血しやすくなります。 中高年の方には、血栓予防のためにワルファリンを飲んでいる方が少なくありませんが、カモミールだけでなくガーリック(ニンニク)、ジンジャー(ショウガ)なども血流をよくする働きがあり、出血しやすくなるので注意が必要です(通常の食事から取る程度の量なら心配ないとされていますが、サプリメントで取る場合や、血栓の疑いがある方などは医師に相談してください)。 エフェドリンは胃腸障害や食欲不振を起こしやすく、そのため食事の摂取量が減り、結果としてダイエットになるといわれますが、こうした薬の使用法は非常に危険です。 有害な相互作用を予防するには ここに挙げた例のほかにも、注意すべき薬の飲み合わせは数多くあります。 患者さん自身ができる予防策として、次のような方法を知っておきましょう。 1 いつも飲んでいる薬について知っておく や、肝臓病などで毎日薬を飲んでいる場合、一緒に飲んではいけない薬の種類を、医師から聞いておきましょう。 市販の風邪薬、鎮痛薬、胃腸薬など、普段何げなく使う薬やサプリメントへの注意を確認しておくことも大切です。 2 「お薬手帳」を上手に利用する 薬局で「お薬手帳」をもらって、自分が飲んでいる薬の記録をつくるのもいい方法です。 薬名などが分からなくても、薬剤師が記録してくれます。 いつも行く薬局(調剤薬局)を決めておき、薬剤師から併用してはいけない薬などについてアドバイスを受けるようにします。 自分でよく使用するサプリメントなども記録しておくと便利です。 どの病院を受診する場合も、「お薬手帳」を持参して医師に見せれば、使用中の薬がすぐにわかります。 3 異なる病院を受診したら使用中の薬を告げる 「お薬手帳」がない場合には、異なる病院を受診したとき、使用中の薬について必ず医師に告げるようにします。 内科、外科、耳鼻科、歯科など診療科が違っても、よく似た成分の消炎薬や抗菌薬などが処方されることがあるので、自分が使用中の薬を告げるようにしてください。 もし薬名が不明の場合は、薬そのものを持っていき見せるようにしましょう。

次の

【薬剤師目線】飲み薬の抗生物質の代わりになる市販薬はあるのか?代用薬となる商品を考えてみた

オラセフ 市販

妊娠のごく初期(受精から約17日間)では何か有害な薬物やレントゲンなどでトラブルが生じた場合、受精卵は死滅し、組織に吸収されてしまうので本人にもわからず、妊娠していたことさえ気づきません。 妊娠三ヶ月(12週まで)までは胎児の器官形成期(顔などいろいろな器官がつくられる時期)にあたり、非常に奇形が発生しやすい時期です。 この奇形発生頻度の高い時期を特に臨界期といいます。 風疹ウイルス・サリドマイド・LSDなどはこの時期に、奇形を発生させることが証明されており、歯科治療で注意が必要なのはこの時期です。 特にレントゲン撮影や投薬に十分注意が必要です。 妊娠中期に入ると、胎児は胎盤によって安定した状態になります。 一般的に妊娠中のどの時期であっても通常の歯科治療を受けることは可能であると されています。 しかし出来れば胎児や妊婦への影響を考えて、比較的安定している 妊娠中期(4~7ヵ月)が望ましいでしょう。 妊娠後期になると、早産の危険や母体の異常(妊娠中毒や妊娠貧血など)がみられることもあるため、出来れば歯科治療は出産後に延期する方がいいでしょう。 歯の痛みや歯肉の腫れなどの急性症状 があれば、妊娠初期や後期は応急処置にとどめ、安定期に入ってからきちんとした 治療を受けるようにしましょう。 妊娠中はつわりのせいで、歯を磨こうとすると気持ち悪くなって歯ブラシを口に入れられなくなり、虫歯や歯周病になる人が多いのです。 また、歯周病菌にはいろいろな種類があって、女性ホルモン(エストロゲン)が好きな細菌 プレボテラ・インテルメディア菌)が妊娠中は5倍に増加します。 妊娠中は女性ホルモン値が高くなりますから、歯茎の炎症を起こしやすいのです。 歯周病は20代で重症な人はほとんどいませんが、30代後半を過ぎると、急に罹患率が高くなります。 最近は、高齢出産も増えているので注意したいところです。 妊娠中に歯茎が赤く腫れるなどの症状が出たら、ためらわずに歯科医を受診してください。 また、予防の観点からも、つわりが落ち着いた中期ごろに、一度、歯科検診を受けておくといいと思います。 産後は育児で手が離せず、いっそう歯科への道が遠のきがちです。 妊娠中に歯のケアを済ませておくといいですね。 歯茎の炎症も初期であれば、歯のクリーニング、歯垢を取り除くだけでもかなり効果があります。 (1)レントゲン検査の影響 診断にはレントゲン検査は大変有効な手段です。 しかし同時に、その安全性について漠然とした不安を隠しきれません。 特に妊娠中の被爆は注意が必要です。 レントゲン撮影も鉛エプロンで防護して必要最小限にとどめます。 まず、放射線について説明します。 地球上に生きているものは全て、ある一定量の自然放射線をいつも浴びています。 宇宙線や地中の岩石に微量に存在する放射線同位元素から放射線が出ているからです。 これらの累積被爆放射線量は年間平均0. 7ミリシーベルトほどです。 また人体の安全上、許容される年間被爆量は50ミリシーベルト以下と言われています。 わが国のレントゲン検査のための被爆線量は平均で年間2. 6ミリシーベルト浴びている統計数字があります。 自然被爆と医療被曝を合わせて3. 3ミリシーベルトなのでまず安全と言っても間違いはありません。 レントゲンが胎児に及ぼす影響としていくつかの放射線障害が報告されています。 しかし通常の歯科レントゲン撮影では、これらの障害を引き起こすことはありません。 事実、産婦人科では妊娠の初期だとわかっていても胃の透視のためレントゲンを数枚撮影することがありますが、胎児には影響のない線量であると報告されています。 むしろ、レントゲン撮影を行なったことで「何か問題があるのでは・・・」という不安を招く精神的な影響や、またレントゲンを撮らないことにより正確な診断をくだせず的確な処置が行なえない影響の方が大きいのではないでしょうか。 具体的な数値を出してもう少しお話させていただきます。 歯科治療中のレントゲン撮影の被曝線量は、200~400ミリrad(ラド:体に吸収される放射線の単位)となっています。 しかもレントゲン撮影を行なう際には散乱する放射線を防ぐため、鉛入りの防護エプロンをかけますので卵巣まで放射線が散乱する量は、 ほとんどゼロに等しい量になります。 またレントゲンで胎児に放射線障害を引き起こす線量は、妊婦の腹部に直接照射し胎児が1回に5~20radの被曝を受けた時であるとされています。 これは歯科レントゲン撮影の約1000回分に相当し、通常の歯科治療でこのような枚数を撮影する事はありえません。 (2)薬の影響 妊娠中にどんな薬なら飲んでも良いか、授乳中にどの薬を飲んでも赤ちゃんに大丈夫か、お母さんにとって一番知りたいところでしょう。 ところが多くの医薬品添付文書には「妊娠中の投与に関する安全は確立されていないので、妊婦または妊娠の可能性のある婦人には投与しないこと・治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にだけ投与する」と記載されています。 薬剤に関しては、どんなものでもおそらく「100%安全」と言い切れるものは無いでしょう。 薬剤は治療のためとはいえ、人体に何らかの影響を与えることが目的であり、全く安全ということは全く効かないという意味かもしれません。 しかしすべての薬剤が危険であるというわけではなく、妊婦の方にも比較的安全性が高く、安心して飲んで頂けるものがあります。 妊娠中に抗生物質や鎮痛剤などの「飲み薬」が胎児に影響を及ぼすのは妊娠4~10週といわれています。 この期間であっても、抗生物質の場合はフロモックスやメイアクトなどのセフェム系およびペニシリン系であれば胎児に対する安全性は高いと言われています。 また鎮痛剤であればカロナールなどは安心です。 消炎鎮痛剤で妊娠初期から使用可能なものは、非ピリン系のアセトアミノフェン(商品名 カロナール)・非ステロイド系の塩酸チアラミド(商品名 ソランタール)です。 アセトアミノフェンは催奇形および知的発達遅延と関連しないとの疫学調査が確認されています塩酸チアラミドは動物実験では催奇形は認められず、ヒトでの先天異常の報告もありません。 抗生物質または抗菌剤では、妊娠中を通じて比較的安全なペニシリン系(商品名タカシリン・ペングッド)やセフェム系(商品名 トミロン・オラセフ)を第一選択とします。 もう一つ妊婦さんが心配なこと、それは薬物の母乳への移行ではないでしょうか。 母親に投与された薬は、母乳を介して乳児へ移行しますので特に新生児期の母親への薬物投与は慎重に行ないます。 薬は授乳直後に服用し、新生児に副作用のある薬を使用しなければならない時は授乳を中止しましょう。 消炎鎮痛剤はほとんどの場合、授乳中の投与に関する安全性は確立されていません。 服用説明書によると、インドメタシン・メフェナム酸は授乳中止となっていますが、アスピリン・アセトアミノフェンについては記載が無いので、必要な時は頓用で使用します。 抗生物質または抗菌剤は、母乳中に移行しますがその量はごくわずかで、乳児の血中にはほとんど認められない量です。 やはり第一選択はペニシリン系・セフェム系で乳児に対しては比較的安全な薬です。 母体や胎児への影響を第一に考えれば妊娠される前に歯の治療をすませておくことが望ましいでしょう。 (3)麻酔の影響 妊娠中の歯科治療における麻酔使用については通常の麻酔量(カートリッジ1~2本程度)であれば、お腹の中の赤ちゃん(胎児)に対して心配はありません。 ただ妊娠8ヶ月以降は早産の可能性があるので、歯科医に相談して下さい。 局所麻酔薬として最も多く使用されているのはリドカイン(キシロカイン)ですが、これは医科においても頻繁に用いられ産婦人科でも無痛分娩や妊婦の会陰部の病変を切除する際にも使用されています。 これらの使用量に比較して通常の歯科治療で使用される量ははるかに少なく、母体や胎児への影響は少ないと考えられています。 痛みを我慢しながら治療を受けていただくより、痛みを早く取り去って快適な日常生活を送っていただくことのほうが母体や胎児にとって大切ではないでしょうか。

次の

歯科で使用する抗菌剤|小倉歯科|墨田区、錦糸町の歯科

オラセフ 市販

セフェム系抗菌薬の作用機序・世代別抗菌スペクトラム セフェム系抗菌薬は 細菌の細胞壁の合成を阻害することで殺菌的に作用します。 第一世代セフェム グラム陽性菌に強く、グラム陰性菌に弱い 第二世代セフェム グラム陽性菌にやや強く、グラム陰性菌にやや強い 第三世代セフェム グラム陽性菌に弱く、グラム陰性菌に強い 第四世代セフェム グラム陽性菌に強く、グラム陰性菌に強い 歯科や皮膚科でケフラールやケフレックスなどの第一世代セフェム系抗菌薬が処方されるケースが多いのは、 口腔内や皮膚の感染症ではグラム陽性菌が原因となることが多いからです。 経口セフェム系抗菌薬一覧・略号 経口セフェム系抗菌薬は第一世代、第二世代、第三世代に分かれます。 セフジトレンピボキシル(商品名:メイアクト)• セフカペンピボキシル(商品名:フロモックス)• セフテラムピボキシル(商品名:トミロン) カルバペネム系のテビペネムピボキシル(商品名:オラペネム)もピボキシル基がついています。 小児、特に乳幼児は血中のカルニチンが少ないため注意する必要があります。 低カルニチン血症による低血糖の機序・理由 ピボキシル基を有する抗菌薬は消化管吸収を高めるために ピバリン酸がエステル結合されています。 代謝を受けて、活性本体とピバリン酸となり、ピバリン酸は カルニチン抱合を受けて尿中から排泄されるため、低カルニチン血症が起こります。 注射用セフェム系抗菌薬一覧・略号 注射用のセフェム系抗菌薬は第一世代〜第四世代までに分類されます。 25g 0. 5g 1g 2g 点滴用キット 1g 2g 筋注用 0. 25g 0. 5g CEZ 注射用第二世代セフェム系抗菌薬一覧 一般名 商品名 規格 略号 セフォチアム塩酸塩 パンスポリン 静注用 0. 25g 0. 5g 1g 2g 筋注用 0. 25g CTM ハロスポア 静注用 0. 25g 0. 5g 1g CTM セフメタゾールナトリウム セフメタゾン 静注用 0. 25g 0. 5g 1g 2g 点滴静注用 1g 筋注用 0. 5g CMZ セフミノクスナトリウム水和物 メイセリン 静注用 1g CMNX フロモキセフナトリウム フルマリン 静注用 0. 5g 1g キット静注用 1g FMOX 注射用第三世代セフェム系抗菌薬一覧 一般名 商品名 規格 略号 セフォタキシムナトリウム クラフォラン 注射用 0. 5g 1g CTX セフォタックス 注射用 0. 5g 1g CTX セフォペラゾンナトリウム セフォペラジン 注射用 1g CPZ セフォビッド 注射用 1g CPZ セフメノキシム塩酸塩 ベストコール 静注用 0. 5g 1g 筋注用 0. 5g CMX セフトリアキソンナトリウム水和物 ロセフィン 静注 0. 5g 1g 点滴静注 1g CTRX セフタジジム水和物 モダシン 静注用 0. 5g 1g CAZ ラタモキセフナトリウム シオマリン 静注用 1g LMOX 注射用第四世代セフェム系抗菌薬一覧 一般名 商品名 規格 略号 セフピロム硫酸塩 硫酸セフピロム「マイラン」 静注用 0. 5g 1g CPR セフォゾプラン塩酸塩 ファーストシン 静注用 0. 5g 1g CZOP セフェピム塩酸塩水和物 マキシピーム 注射用 0. 5g 1g CFPM• 会社HP:• ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。 2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。 「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。 1983年11月 岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。 大学より京都・大阪で14年間、沖縄Iターン特集立ち上げのため沖縄県で4年間暮らし、現在は福岡県民。 1歳の息子と妻の3人家族。 当面の目標は、 「息子の成長スピードに負けないこと」 座右の銘は、 「まくとぅそうけい なんくるないさ」 =「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」 記事作成のサイトポリシーについては この投稿者の最近の記事.

次の