芍薬 甘草 湯 飲み 方。 芍薬甘草湯

桂枝加芍薬湯の便秘への効果と副作用、飲み方について!

芍薬 甘草 湯 飲み 方

こんにちは。 ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。 この記事では、 甘草が含まれる漢方薬の副作用について、詳しくお話します。 「漢方薬は体にやさしくて副作用が少ない」 植物とか自然のものをつかっているイメージからでしょうか、 そういう方が多いです。 でも、漢方薬もお薬です。 確かに、西洋薬と比べると少ないですが、 漢方薬でも、自分にあったものを正しく使わなかったら、副作用がおきることもあります。 勤務先の薬局では、むくみや気持ち悪くなったといったご相談をうけることがあります。 特に、今回は「漢方薬を飲んだら、むくみが出た」という方は、ぜひ読んで欲しい内容です。 それでは詳しくお話していきますね! 目次• 漢方薬の副作用を考えるときは、まず生薬の甘草に注意! 漢方薬に含まれる甘草の副作用とは? 漢方薬の副作用で有名なのが、 甘草という生薬が使われている漢方薬です。 ハーブの世界では、甘草はリコリスとも呼ばれます。 (砂糖の50倍の甘さをもつといわれています。 ) 甘草をとり過ぎると・・・ 血圧が高くなったり、 むくみや体重増加、 脱力感(手足にちからが入らない)、 手足のけいれん といった副作用がでることもあります。 こういった甘草の副作用は、 主な有効成分(グリチルリチン酸)が、体のホルモンバランスをくるわせることでおきます。 その結果、体に水分がたまり、血液の中のカリウムが少なくなります。 そして、高血圧や、むくみなどの副作用が出ます。 漢方薬の副作用には個人差がある 甘草の副作用が出る出ないには、かなり 個人差があります。 特に、 女性の方や50歳以上の方に、甘草の副作用は出やすいといわれています。 甘草の副作用の個人差には、腸内細菌が関係していると考えられています。 甘草の成分は、胃を通り過ぎて、腸内細菌で代謝されます。 有効成分のグリチルリチン酸も、腸内細菌で分解されてからできます。 腸内細菌の種類や量は、人によって違います。 なので、甘草の効果や副作用が出る出ない=腸内細菌次第となってしまいます。 それが個人差につながるんですね。 漢方薬の副作用は、含まれる甘草の量にも注目! 甘草はたくさんの漢方薬に使われています。 そして、漢方薬に含まれている甘草の量は、それぞれ違います。 他の漢方薬と比べて、甘草の量が多い漢方薬は、副作用に気をつける必要があります。 のどの痛みがひどいとき、咳のときに使われます。 <漢方の痛みどめ>といわれています。 足がつったとき、腹痛、生理痛などに使われます。 どちらも、すぐに効くので、急性の痛みに使われます。 副作用がでないようにするために、 甘草の量が多くなりすぎないように、痛いときだけ、症状がひどいときだけ飲むのがポイントです。 一般的には、甘草は1日5gを超えないことが目安になっています。 甘草の副作用は、甘草のとり過ぎ、長期間の服用で出やすいといわれています。 でも、むくみや急な体重増加、血圧上昇、手足に力がはいらない こんな甘草の副作用が疑われることが起きたら、すぐに漢方薬を飲むのをやめたら問題ありません。 また、 2種類以上の漢方薬を飲む場合も、甘草の量が多すぎていないか注意してください。 さいごに というわけで、甘草が含まれる漢方薬の副作用について、詳しくお話ししてきました。 特に、甘草を多く含む漢方薬を飲む時や2種類以上の漢方薬を飲む時は、注意が必要です。 甘草量が多い漢方薬は、1日3回飲まずに、症状がある時だけ飲むこともあります。 漢方薬でも副作用が出ることがあること、 甘草の副作用の症状について、あらかじめ理解して正しく使えば問題ありません。 安心して漢方薬を飲んでくださいね。 ママのためのやさしい漢方薬剤師。 製薬企業で5年間、新薬開発に関わる研究員として勤務後、薬剤師に転職。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。 一見、難しそうな漢方やハーブ。 家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。 勤務先の薬局や公民館、幼稚園で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。 2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブの通信講座をスタート。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

次の

芍薬甘草湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ68

芍薬 甘草 湯 飲み 方

芍薬甘草湯の成分(構成する生薬)• 芍薬(シャクヤク)• 甘草(カンゾウ) 芍薬甘草湯の効能・適応症状• 急激に起こる筋肉のけいれんを伴う疼痛(有痛性限局性筋痙攣)• こむらがえり、熱中症での筋痙攣、しゃっくり(横隔膜のけいれん)• 筋肉痛、関節痛、坐骨神経痛、腰痛、ぎっくり腰(キヤリ腰)、捻挫、五十肩、ねちがい、肩こり• 胃痙攣、腹痛、疝痛、胆石症・尿路結石の疼痛発作、過敏性腸症候群の急なお腹の痛み• 生理痛、月経困難症、月経に関連して起こる尋常性ざ瘡(ニキビ)• 女性の不妊症(無排卵性不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、高プロラクチン血症など)• 抗がん剤(パクリタキセル)の副作用による筋肉痛・関節痛• がん化学療法(シスプラチン等)による吃逆(しゃっくり) ふくらはぎ(腓腹筋)に使うのが一番有名ですが、基本的に、どこの筋肉(骨格筋や内臓平滑筋)にでも用いることができます。 夜間に足がつるという方は、枕元に置いておくか、または就寝前に服用しておいて下さい。 月経に関連して起こる疼痛やニキビに対しては、月経前からの服用を勧められることがあります。 予防的にかつ長期的に(根本的な体質改善で)使うのであれば、他の漢方薬も考慮した方がいいと思います。 芍薬甘草湯の副作用・注意点 甘草の量が多いため、連用による 偽アルドステロン症に注意が必要な漢方薬です。 (カリウム低下・浮腫・血圧上昇・脱力感など) 症状が治まったら中止して、できるだけ短期間、最小限の使用に留めた方が良いです。 他の漢方薬との併用の際は、さらに注意して下さい。 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。 芍薬甘草湯の古典の使い方 『傷寒論』(3世紀)より 「傷寒脈浮、自汗出、小便数、心煩し、微悪寒し、脚攣急するに、反って桂枝を与え、其の表を攻めんと欲す。 此れ誤りなり。 之を得て便ち厥し、咽中乾き、煩躁吐逆する者は、甘草乾姜湯を作り之を与え、以って其の陽を復す。 若し厥癒えて足温なる者は、更に芍薬甘草湯を作り之を与えば、其の脚即ち伸ぶ。 この治療によって手足が冷えて、のどが乾き、煩躁して嘔吐するものには、甘草乾姜湯を与えて、陽気を回復させます。 手足の冷えが温まったならば、さらに 芍薬甘草湯を与えると、その引きつっていた脚はすぐに伸びます。 「発汗して病解せず、反って惡寒する者は、虚するが故なり。 芍薬甘草附子湯を用います。 市販の芍薬甘草湯 市販の芍薬甘草等は、様々な名前で販売されています。 販売名は違っても基本的な使い方、注意点は共通しています。 副作用を防ぐために正しい使い方をお守りください。 芍薬甘草湯(ツムラ漢方):顆粒• 芍薬甘草湯(クラシエ):顆粒• ビタトレール 芍薬甘草湯エキス顆粒A(東洋漢方製薬):顆粒• 本草芍薬甘草湯(本草製薬):顆粒• コムレケアa(小林製薬):錠剤• コムレケアゼリー(小林製薬):ゼリー(グレープフルーツ風味)• ツラレス(ロート製薬):錠剤• ゼリータイプや液剤タイプは、水なしでも服用できます。 屋外で急に使用したいときには便利。 ですが、1回分を分割して用量調節するのは難しいです。 使用状況に合わせた剤形のものをお選びください。

次の

【芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の解説】

芍薬 甘草 湯 飲み 方

「芍薬甘草湯」を処方する機会が比較的多い内科医です。 説明添付書には、食前に服用とありますが、この漢方薬に関しましては、 つってすぐに服用されると、意外にも短時間で著効する優れものです。 1日1回頓用しましても、その日は、つらないことが多いようです。 毎日、頻回に足がつるのでしたら、毎食前に服用する必要がありますが、 つる頻度が少ない場合、頓用にとどめておくよう、外来で指導しています。 この漢方薬には、1包あたり、「甘草」が2gも含まれているからです。 この漢方薬を定期的に毎食前に服用すると、甘草により、血液のナトリウム が増えるため、循環血液量が増え、高血圧をきたしかねません。 血中のカリウムは減少しやすくなりますので、脱力感などを伴いやすくなります。 芍薬甘草湯は筋肉の攣縮 けいれん、こわばり を緩和する働きがあるのでつった時に飲んでも効果的ですよ。 逆にこむら返りなど攣った時は頓服的に飲む方が効果的です。 ただ夜寝ている時につったりすることもありますが、寝てるからすぐ飲むのも大変だし、何よりも起きてしまうのは嫌ですよね。 そんな時は寝る前に1〜2包飲んでおくと予防になります。 ちなみにこのお薬を食前に飲むとすれば、生理痛や持続的な腰痛の時が大半だと思います。 効果が早い時は5分ぐらいで出ますがその分切れるのも早いです。 持続する痛みには1日分 3包 を何度かに分けて飲むのも手です。 いずれにせよ甘草という生薬の量が多く副作用を起こすこともあるので、あまり長い期間飲んだりすることは避けたほうがいいかもしれません。 漢方薬は基本的に食前か食間(空腹時)に飲むのもので、もっというとそのほとんどが食間(空腹時)です。 ただ、この芍薬甘草湯は頓服的な要素が強い漢方薬で、頭痛薬のように痛くなりそうなときや痛くなった時だけ飲む特殊なものです。 芍薬甘草湯には、その名の通り甘草が生薬として使われていて、これに含まれるグリチルリチンが薬効を持つことが知られていますが、大量に服用したり長期服用したりすると偽アルドステロン症という「むくみ」や「血圧の上昇」などの副作用が生じる場合があり、心臓などに負担をかけるものなのでしょっちゅう飲むのはあまりおすすめできません。 あくまで対症療法的なものなので、他の治療法も並行しながら、ひどい時だけ飲む薬といったイメージです。 ただ、お医者さんが一日3回飲むように言われたのでしたら、食前か食間に飲むといいでしょう。

次の