足 臭く なる 原因。 汗が臭くなる病気

子供の足が臭い!原因と対策は?病気の可能性もある?

足 臭く なる 原因

「デスクの下から自分の足のニオイがこみ上げてくる」「営業先で靴を脱ぐのが怖い」「靴を脱いで座敷に上がれない」など足が臭くて困っていませんか? 夏はもちろん夏以外でも足が臭くて困っている方も多いと思います。 また、スニーカーや革靴はもちろん、女性はブーツなどのニオイに悩んでいることかと思います。 ここでは足や靴が臭くなる原因と足が臭くならないための対策について紹介していきます。 足や靴が臭くなる原因・ニオイが出る原因 「汗で足が臭い」と思っている方も多いと思います。 確かに汗はニオイを発生させる原因となりますが、基本的に汗は無臭に近いためワキガなどでないかぎり汗が直接臭うことはまずありません。 足や靴が臭う原因は雑菌が繁殖し、酸を発生させることで臭くなります。 そしてその雑菌が繁殖してしまう原因には主に2つあります。 1つ目は先程も記載した「汗」が原因となります。 靴やブーツ、スニーカーなどを履いていなくても足の裏は汗をかきます。 そして靴を履くことでさらに汗をかきやすくなり靴内の湿度と温度が高くなることで、雑菌にとって快適で繁殖しやすい環境ができあがってしまいます。 そして2つ目の原因は「皮脂や角質」です。 人間が食べ物を食べ成長するように雑菌も皮脂や角質といったエサを食べることで繁殖し「イソ吉草酸」と呼ばれる酸を発生させることよって臭くなります。。 つまりチーズや納豆のようなニオイと表現されることの多い足や靴のニオイは、雑菌の繁殖をいかに抑えるように対策するかで大きく変わってきます。 足や靴を臭くしない・ニオイを出さないための対策 上記で説明したように足や靴のニオイの原因となる「雑菌」、つまりは「汗」「皮脂や角質」といった原因などを抑えることで足のニオイを抑えることができます。 ここからは足や靴を臭くさせないための対策方法について紹介していきます。 足の爪の手入れをする 爪と指の間は雑菌の住処となりやすいだけでなく角質や垢、ホコリなどが溜まりやすいためエサの貯蔵庫のような場所となります。 爪を定期的に短く切ると言った対策を行うことで雑菌の住処をなくしエサなども溜まりにくくすることができますので、ニオイの原因を取り除くことができます。 特に爪の隙間にゴミなどが黒く溜まっているようであれば、キレイに取り除くことで足が臭くなるのを防ぐことができます。 爪の間も洗う 爪を短く切ることでニオイの原因となる雑菌を減らすことができますが、完全に消し去ることはできません。 そのためお風呂に入った時にそういった爪の隙間をキレイ洗うことも雑菌の繁殖を抑え足の臭いを抑えることができます。 また、爪の間は手などではなかなかキレイにすることができませんので専用のブラシなどで洗うと効果的です。 専用のブラシがない時は歯ブラシなどで洗ってもキレイにすることができます。 角質をとる 足に角質が厚く固まってしまっている方もいるかと思います。 角質が溜まる原因は乾燥や新陳代謝の低下など様々な原因がありますが、そのままにしておくと雑菌のエサとなり足が臭くなる原因となってしまいます。 そのため爪同様、定期的に角質をとることも足のニオイ対策となります。 足の指の間をしっかりと洗う 足の指の間は洗い漏れやすく雑菌が残りやすいだけでなく、角質や垢なども残りやすい場所です。 上記で紹介した対策方法の「爪の間も洗う」と同様に足の指の間もしっかりと洗うことで足のニオイの原因を取り除くことが可能となります。 殺菌成分の入った石鹸で足を洗う 通常の石鹸やボディソープでも足をキレイにすることは可能ですが、殺菌成分の入った石鹸で足を洗うとより効果的に対策を行うことが可能です。 また、臭いを防いでくれたり、取り除いてくれるデオドラント効果の高い石鹸を使うとさらに効果的です。 朝もお風呂に入る 多くの方が夜、寝る前にお風呂に入ると思いますが、寝ている間も足ではニオイの原因となる雑菌が増殖しています。 そのため雑菌の増えた足で靴下や靴を履き出社してしまうと営業先やオフィスに着く頃には足が臭くなってしまいます。 朝出社する前や出かける前にもう一度洗い直すことで寝ている間に繁殖してしまった雑菌を殺すことができますので足のニオイを発生させにくくすることができます。 靴を毎日履き替える 同じ靴を毎日履いてしまうことも足が臭くなる原因となります。 足は動く量などによっても変わりますが1日にコップいっぱいほどの汗をかくと言われています。 つまりそれだけ量の水分を靴が吸収していることになり、夜寝ている時間だけでは完全に乾ききらないため、翌日には濡れた靴を履くことになってしまい足が臭くなります。 最低でも2足、できれば3足以上の靴をローテーションさせることで靴を完全に乾かし雑菌の繁殖しにくい環境を作ることができます。 帰ったら靴に除菌剤・乾燥剤を入れておく 休ませる靴には除菌剤や乾燥剤を入れておくのも効果的な対策です。 上記でも記載したように玄関や靴箱など室内に履いた靴を置いておいても1日程度では完全には乾きません。 また、足の雑菌は汗の染み込んだ靴の中にも残るためそのままにしておくと雑菌が繁殖してしまう、または残ってしまう原因ともなります。 靴を脱いだ後は除菌剤や乾燥剤を入れておくことで靴をしっかりと乾燥させることができるうえに、残ってしまった雑菌対策にもなります。 さらに休ませる靴は中敷きを取り出しておくとより乾きやすくなります。 定期的に靴を洗う 靴を定期的に洗っていないことが臭くなる原因となる場合もあります。 靴を洗うことで靴内に残っている皮脂や角質を洗い落とすことができますので、雑菌が繁殖しにくい環境ができあがります。 ご家庭で洗うことのできない靴はクリーニングに出したり天日干しや日陰干しをするだけでも効果があります。 10円玉を入れておく 除菌剤や乾燥剤がない場合には10円玉を数枚入れておくと雑菌対策となります。 10円玉の原料である銅には殺菌や消臭効果があり、現に様々な人の手に触れる硬貨の中でも10円玉には雑菌が少ないと言ったデータがあります。 そのため脱いだ靴に10円玉を数枚入れておくと繁殖してしまった菌を除菌することができます。 ただし、あまり入れすぎてしますと乾きにくくなる原因にもなるため、できれば除菌剤や乾燥剤などを入れることをおすすめします。 抗菌・防臭タイプのインソール(中敷き)を入れる 靴のサイズや形が合わない時に使われることの多いインソール(中敷き)ですが、足のニオイ対策として抗菌・防臭タイプのインソールを使うのも効果的です。 仮に足や靴にニオイの原因となる雑菌が繁殖してしまってもインソールが雑菌の繁殖を抑えてくれるため足の臭いを抑えてくれます。 消臭靴下や抗菌靴下でもニオイ対策ができる 最近は消臭や抗菌効果の高い靴下も市販されるようになっており、上記のインソール同様にそういった靴下も足の臭い対策となります。 また、上記のインソールと消臭靴下を組み合わせるとより効果的な対策となります。 靴下を定期的に変える 運動する方や外回りなどで歩くことの多い方などは汗をかきやすいため1日の間に定期的に靴下を変えるのも効果的です。 足の裏がかいた汗は靴下が吸ってくれるものの、濡れた靴下が原因で雑菌の繁殖しやすい環境ができてしまいます。 そのため営業先から帰ってきたり、お昼休みから帰ってきた時などはもちろん、通勤によってかいた汗を吸った靴下を出社時に変えてやることで雑菌の繁殖を抑えることが可能となります。 社内では通気性の良いサンダルやスリッパに履き替える 社内では通気性の良いサンダルやスリッパに履き替えると足の湿度や温度が上がりにくいため雑菌が繁殖しにくくなり足のニオイ対策となります。 事務や開発スタッフなど内勤の方はもちろん、営業職など外にいることが多い方でも社内にいる時は通気性の良い靴に履き替えるだけで足の臭いを防ぐことができます。 また、その間に履いてきた靴を乾かすこともできるため対策として非常に効果的です。 特に通気性が悪い革靴などを入っていることが原因で臭ってしまう人にはおすすめです。 蒸れにくい靴下、乾きやすい靴下を履く 消臭靴下や抗菌靴下以外にも速乾性のある靴下を履くのも効果的です。 特に上記のようなサンダルやスリッパと組み合わせることで高い効果が期待できます。 五本指靴下を履く 靴下の中には足の指がそれぞれ独立した五本指靴下がありますが、足のニオイが気になる方にもおすすめです。 足の中でも特に足の指と指との間は汗をかきやすいうえに汗が溜まりやすく雑菌が繁殖する原因となります。 そのため5本指靴下を履くことで靴下が汗をしっかりと吸ってくれるためにムレにくくなります。 もちろん、大量の汗をかいた時や汗をかきやすい人などは定期的に靴下を変える方が良いですが通常の靴下よりもムレにくいことは確かです。 通気性の良い靴を履く 社内でサンダルやスリッパに履き替えられない人や常に営業で外にいることが多い方は通気性の良い靴を履くと足が臭くなりにくくなります。 通気性の良い靴を履くことで湿度や温度が上昇にくいだけでなく、乾きやすいためニオイの原因となる雑菌が繁殖しにくくなります。 最近は通気性のよい革靴などでもでていますので気になる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 足元に扇風機 デスクワークなどがメインの方はニオイ対策として足元に小型の扇風機を置くのも足をムレさせにくくするための対策方法となります。 社内などで使用する場合はUSBタイプの物などを使うと足元にあるパソコンから電源をとることも可能です。 除菌ティッシュで足を拭く 除菌ティッシュで足を拭くのも効果的です。 特に足が臭くなってしまった時には除菌ティッシュで足を拭くことで冒頭でも紹介したニオイの原因となる「イソ吉草酸」を拭き取ることができます。 また、すでに繁殖してしまった雑菌を除菌することもできますので、その後に足が臭くなるのを防ぐことができます。 ただし、拭いた後は十分に乾かしてから靴下や靴を履くようにしましょう。 濡れたまま靴下や靴を履いてしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、すぐに足が臭くなってしまいかねません。 ストレスや緊張をしない 「ストレスを感じるな」「緊張するな」と言われてできるものではありませんが、ストレスや緊張も足が臭くなる原因へとつながります。 ストレスや緊張を感じると人間は汗をかきやすく、足も例外ではないため足が臭いと悩んでいるかはストレスをできるだけ感じないようにしたり、溜め込まないようにしたり、緊張しずぎないことも対策になります。 靴のサイズが合っていない 靴のサイズが合っていない場合も汗をかきやすくなりますのでニオイの原因となる可能性があります。 靴が小さすぎる場合には必要以上に締め付けられるため上記と同じ様に足がストレスを感じ汗をかきやすくなります。 また、大きすぎる靴を履いている場合も無意識のうちに足がストレスを感じるため汗をかきやすく足が臭くなりやすくなります。 つまり自分の足のサイズに合った靴を履くことも足のニオイ対策となります。 水虫は治す 水虫が原因で足が臭くなることはありません。 しかし水虫は菌が原因で起きる皮膚の炎症です。 つまり菌が繁殖しやすい環境にあることにはかわりありませんし、炎症を起こしている皮膚に雑菌が入り込むことで爪の隙間同様に雑菌の繁殖しやすい環境となってしまう可能性があります。 そのため水虫がある場合は早めに治すのも足のニオイ対策に直結してきます。 水虫は男性だけにできるものと思われがちですが、女性の方でもなりますので注意が必要です。 食生活を改善 ラーメンやお肉など脂っこいものが好きな方や辛いものが好きな方で足が臭いと悩んでいる場合には食生活の改善も足のニオイ対策となります。 動物性脂肪は腸内でニオイ成分を作り出すため足だけでなく体臭としてもニオイが出やすくなる原因となります。 また、お肉などのタンパク質を分解するためにはエネルギーを大量に消費するため辛いものを食べるのと同じ様に大量の汗をかきやすくなります。 つまりそういった食事をできるだけ控えるのも足のニオイ対策となります。 フットスプレー 足専用でデオドラント効果などがあるフットスプレーも効果的です。 特に足が臭くなってしまった場合などは足のニオイを元から絶ってくれるため即効性がありニオイ対策となります。 また、パウダーなどが入っているものなどであれば、その後も雑菌などの増殖を防いでくれるためニオイの抑制を図ることが可能です。 靴を冷凍する 荒技とも言えるのが靴を冷凍する対策。 職場などではまず難しいですが、家に帰った後に冷凍庫で靴を凍らせることで繁殖してしまった雑菌を死滅させることが可能です。 ただし、ニオイの原因は死滅させられても衛生面から考えるとおすすめはできません。 そのため、冷凍する場合などはビニール袋などに入れて他の物と触れないように注意しましょう。

次の

足が臭い原因

足 臭く なる 原因

汗は臭くて当たり前だと思っていませんか?でも、本来、汗は臭くありません。 汗がにおうということは、体の中で、なんらかの病気が進行している可能性があります。 どんな病気になると、どんなにおいの汗が出るのでしょうか。 汗のにおいと病気の関連性について、五味クリニック院長の五味常明先生に伺いました。 原因と症状 糖尿病は甘酸っぱいにおい 糖質は体内に入ると消化されてブドウ糖となります。 ブドウ糖は血液中を巡り、インスリンというホルモンによって、全身の細胞に取り込まれ、エネルギー源として利用されます。 しかし、インスリンの分泌量や機能が低下すると、ブドウ糖は細胞にうまく取り込まれず、エネルギー源が不足します。 これが、糖尿病です。 このエネルギー不足を補うため、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作ります。 その脂肪酸からケトン体というエネルギー源を合成するのです。 実は、このケトン体は甘酸っぱく、果物が腐ったようなにおいがします。 糖尿病によって、ケトン体が多くなると、汗にもケトン体のにおいが混じってきます。 また、糖質制限ダイエットなどで、糖質を極端に制限しても、ケトン体のにおいがする汗が出てきます。 肝機能低下でアンモニア臭が 肝臓にはオルニチン回路というものがあります。 たんぱく質を分解する過程で、有害物質のアンモニアが生じます。 アンモニアは肝臓中のオルニチンと反応し、無害な尿素に変換してくれるのです。 しかし、肝機能が低下していると、オルニチン回路がうまく機能せず、アンモニアの分解能力は低下します。 分解されなかったアンモニアの一部は血液中から汗となり、ツンとしたアンモニア臭が漂います。 胃腸機能低下は腐敗臭の原因に 胃腸の機能が低下すると、摂取した食べ物を消化吸収する能力が落ちてしまいます。 特に肉類は消化しきれず、腸内で腐敗し、イオウのようなにおいを発します。 それが腸から吸収され、血液中へと流れ込み、イオウのような腐敗臭のする汗として出てきます。 加齢臭は生活習慣病のサイン 中高年以降に発生する加齢臭には個人差がありますが、ロウソクや古い本のようなにおいがします。 年齢を重ねると、皮脂を分泌する皮脂腺の中で、パルミトレイン酸という脂肪酸や、過酸化脂質という物質が増加します。 この2つが結びつくと、結果的にできるのが「ノネナール」という加齢臭の原因物質です。 この加齢臭は高血圧などの生活習慣病と深く関係しています。 生活習慣病は動脈硬化を進行させます。 動脈硬化は余分な悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化され、血管内に蓄積していくことで始まります。 実は、血管内で悪玉コレステロールの量が増えるほど、皮脂腺でも脂肪分の量は多くなり、加齢臭はひどくなります。 また、皮脂腺だけでなく、汗腺からも加齢臭のような汗が出てくるのです。 そのため、加齢臭がきつくなったり、汗から加齢臭がにおうようになったりしたら、生活習慣病のサインと考えられます。 治療法とセルフケア 臭い汗の原因となる疾患を治療 本来、汗は無臭です。 その汗が明らかににおうということは、内臓機能に支障をきたしている可能性が高いといえます。 病院で検査し、臭い汗の原因となっている疾患を見つけ出し、医師の指導の下、治療を進めていきます。 原因別のセルフケアも有効 食事や運動などのセルフケアによって、においの原因となっている疾患を改善しながら、臭いにおいを抑えることも有効です。 糖尿病対策には有酸素運動.

次の

足が臭いのはなぜ!? 足が臭う原因と対処法6つを徹底紹介

足 臭く なる 原因

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 幼稚園や保育園、学校から帰ってきた子供の足が「臭い!」と感じたことはありませんか?子供の足が臭い原因は、一体何なのでしょうか?また、病気の可能性もあるのでしょうか?今回は子供の足が臭い原因や対処法、病院に行く目安などについてご紹介します。 子供の足が臭い原因とは? 足が臭い原因は、主に雑菌が繁殖してしまうことです。 子供の足に雑菌が繁殖する原因は様々で、子供の足が「うっ!」と鼻をつまんでしまうほどの臭いというのは、決して珍しいことではありません。 子供の足が臭くなる主な原因は以下の通りです。 新陳代謝が活発 子供は大人に比べて新陳代謝が活発で、大人よりもたくさんの汗をかく傾向にあります。 汗をかき、湿った状態のままでいると、細菌や真菌が繁殖しやすくなり、体臭が出てしまうのです。 夏場のサンダルであればあまり問題はありませんが、通常の靴の場合、基本的に靴下を履くため、子供の足の温度は上昇します。 そんな状態で動き回ると大量に汗をかいてしまいます。 靴の汚れ 同じ靴を履き続けたり、洗っていなかったりすると、足から出た汗や垢が靴の中に溜まっていきます。 すると、前述の菌が繁殖しやすい環境ができあがり、足が臭くなることがあります。 爪の伸び 足の爪が伸びすぎると、爪の間にホコリや垢などさまざまな汚れが溜まりやすくなり、雑菌が繁殖してしまいます。 関連記事 靴は複数を用意し、定期的に洗う 足をきれいにしていても、靴が汚れていると、臭いを絶つ効果はどうしても減ってしまいます。 靴は湿気が抜けにくいため、足の臭い防止を考えると、同じ靴を2日連続で履かないようにしましょう。 汗をかきやすい夏場は、3~4足を履き回すようにするのもいいですね。 また、足の臭いが気になるときは、できれば月に1回は靴を洗うようにしてください。 洗った後は、完全に乾かしましょう。 生乾きのままだと、雑菌が繁殖して逆効果になることがあります。 靴下をこまめに変える 子供が幼稚園や保育園、学校から帰ってきたら、足を洗い、すぐにきれいな靴下に履き変えます。 家の中で過ごす場合は、靴下を履かせなくても大丈夫です。 通気性の良い靴下を履くようにするのも効果的です。 中敷きを交換する 中敷きは汚れて穴が空きやすいので、中敷きを交換するのも一つの方法です。 また、裸足で靴を履かないようにすることも大切。 裸足で靴を履くと、汗や垢が靴の中に残りやすくなります。 足の爪の手入れをしっかり行う 特に冬場は、靴下を履いていることが多いので見落としがちですが、子供の足の爪は思っている以上に速く伸びていきます。 足の爪は、雑菌が繁殖しやすい場所なので、こまめに切るようにしましょう。 アロマオイルで足湯をする 実は大人だけでなく、足湯が大好きな子供も多くいます。 じっとしていられない子には本を読ませるか、テレビを見させるなどして、他のものに集中する環境を作ってあげましょう。 子供に好きな香りのアロマオイルを選ばせてあげるのもいいですね。 足に制汗スプレーをする 足に制汗スプレーをすることによって、足の臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。 また、ミョウバン水にも同様の効果があります。 初めてミョウバン水を使うときは、腕の内側などに少量吹きかけ、肌にかぶれが出ないかチェックしましょう。 かぶれが出た場合は、濃度を薄めるなどして対応してください。 ミョウバン水の作り方 空のペットボトルにミョウバン(15g)を入れ、水道水(500ml)を注ぐ。 よく振って一晩置き、ミョウバンが溶けたら、空のスプレーボトルに入れて完成。 子供の足が臭いのは病気の可能性も? 何をやっても足の臭いがとれない場合は、多汗症の可能性があります。 人間が汗をかくのは、基本的に体温調節が必要なときです。 しかし、多汗症の人は、体温調節が必要でないときも汗をかいてしまいます。 多汗症は、ある特定の場所だけ発生する場合もあり、足の裏だけ過剰な汗をかいてしまうことを「足蹠(そくせき)多汗症」といいます。 この病気の可能性がある場合、足の裏だけが異常に汗をかいていることが多いので、皮膚科を受診しましょう。

次の