スター ライト キッド 素顔。 スターダムの未来!スターライト・キッド選手の魅力について!SNS発信が豊富!?

【連載コラム】不器用だけどスイーツデコにハマり中! 女子プロレスラーの素顔(4)

スター ライト キッド 素顔

所属 [ ]• (2015年 - ) 来歴 [ ] 10月11日、大会にて、との3WAYでデビューしたが、勝敗に絡めず終わった。 以降、美邑とタッグを組むことが多くなる。 2016年4月29日、後楽園ホール大会ダークマッチに出場。 と組むがのダブルリスト・アームサルトに沈む。 5月15日はオープニング6人タッグマッチに出場。 5月29日には復帰戦の相手を務めるも6月16日・後楽園ホール大会を最後に欠場(米山香織&、戦。 パートナーは、)。 11月20日、同期のデビュー戦ではスウェット姿でセコンドとして来場。 12月22日・後楽園大会では七星アリスとルアカのセコンドとして来場し、試合後はあずみにその場跳びムーンサルトを決めた。 週刊プロレス誌上では受験勉強のための長期欠場だったことが明かされた。 2018年3月28日、後楽園ホール大会で、新設された、フューチャー・オブ・スターダム王座決定トーナメント決勝で渋沢四季を破り、初代チャンピオンとなる。 5月27日、大阪・コミュニティプラザ平野大会でとシングル初対戦。 イオの使うセカンドロープからのムーンサルトやヨシタニックを繰り出すも敗北。 しかし、観衆から高い評価を得た。 同日にAZMからのフューチャー王座への挑戦表明を受け、6月3日・札幌マルスジム大会での防衛戦が決定した。 6月3日、札幌マルスジム大会でAZMとのフューチャー選手権を行い、15分時間切れ引き分けで、三度目の防衛。 9月30日、名古屋国際会議場大会で羽南とのフューチャー選手権を行い、四度目の防衛に成功。 11月23日、後楽園ホール大会でとのフューチャー選手権を行い、五度目の防衛に成功。 2019年1月3日、新木場1stRING大会でとのフューチャー選手権を行い、六度目の防衛に失敗。 人物 [ ] 年齢非公開であるが、Twitter上では誕生日を8月18日としており、ブログ上では2020年3月に高校卒業を報告していることから2001年生まれと思われる。 素顔も非公開であるが、ブログなどでは顔の一部分を隠す形で公開 しており、美少女との噂がある。 2018年5月23日、後楽園ホールで行われたTVアニメ「」コラボマッチでは劇中キャラクター・ぽぽろんのコスプレで登場。 覆面レスラーであるため、マスクの上からウィッグを被り試合した。 試合は勿論であるが、セコンド業務の仕事ぶり、売店でのファン対応が高く評価されている。 得意技 [ ] 人工衛星(人工衛星式ヘッドシザーズ) スタンディング・ムーンサルトプレス セカンドロープ・ムーンサルトプレス 旋回式フロッグスプラッシュ スイングDDT(旋回式DDT) 雪崩式アームホイップ ヘッドシザーズ・ホイップ キッちゃんボム キッチャーマン タイトル歴 [ ]• (初代) 脚注 [ ] []• 株式会社スターダム. 2015年12月20日. 2017年5月27日閲覧。 2015年10月4日. 株式会社スターダム. 2016年4月29日. 2017年5月27日閲覧。 株式会社スターダム. 2016年5月15日. 2017年5月27日閲覧。 株式会社スターダム. 2016年12月22日. 2017年5月27日閲覧。 株式会社スターダム. 2017年6月11日. 2017年6月17日閲覧。 「」『東スポWeb - 東京スポーツ新聞社』。 2018年4月8日閲覧。 スポーツナビ 2016年4月1日. 2018年1月20日閲覧。 2017年12月31日. 2018年1月20日閲覧。 「」『アニメ!アニメ!』。 2018年5月29日閲覧。

次の

スターライト・キッド

スター ライト キッド 素顔

ジャングル叫女選手やルアカ選手が同期。 ユニットのSTARSでは、裏リーダーとも言われるほど慕われています。 魅力について 容姿・リング上ともに魅力のある選手です。 リング上のプロレスは? 異名が 「星の光の天才少女」です。 その名の通り、ズバ抜けたプロレスセンスと身体能力を持ってます。 小柄を感じさせない大きい受け身• スピーディーな動き• その場飛びのムーンサルトプレス その場飛びのムーンサルトプレスも美しい技で注目されますが、 毎試合ごとに、 技や 受け身の完成度が高くなっていく選手です。 最近の試合ですが、 2020年3月24日後楽園ホール大会での(vs 渡辺桃選手)試合がめちゃくちゃ良いのでオススメです。 素顔は美少女? 素顔は非公開です。 実は美少女という噂があります!.

次の

【雑談】素顔じゃない女の子が好き

スター ライト キッド 素顔

ジュリア選手、亡くなった木村花選手で気になり始めた スターダムという。 わたしの推しレスラーは、何人かいますが、 そのうちのひとりは「スターライト・キッド」ちゃんです。 マスクウーマンです。 と言っても、彼女は、ブログ、ティックトックもやってて 鼻から下をスタンプ等で隠していても、ほぼほぼ顔がわかっちゃう。 この辺の緩さがいまっぽいですね。 「スターライト・キッド 素顔」で検索するとそれなりに出ます。 もうね、「可愛い」がマスクから漏れています。 ティックトックで踊ってるのを見ると、アイドル感が凄い。 本人もアイドル好きみたいです。 原宿にいそうな可愛い若い子感。 身長150センチ。 こんな子がプロレスするんですから。 上記の試合は、対戦相手の外国人大女選手の優しさが垣間見られます。 しかし、なんで団体はマスクを被せたんだろう。 マスクの下は実は可愛いというのは、上手いやり方だなぁと思いますが。 マスクしてる女の人、そそられるんですよ。 これは性癖かもしれません。 こちらはのディーヴァ。 とはいえ、「代表」で一番偉い人。 キューエリー。 この人は、もう、セクシーさがマスクから漏れています。 エロい! わたしは以前、AVの企画出しの仕事もしていましたが、 その時、こういうプロレス系マスクを被った女子モノというのを 企画案出したんですけど、ダメだったんですよね。 あのメーカーですら。 マスクの下を想像して興奮すると思ったんですけどね。 こう言っちゃなんだけど「顔がイマイチでもボディは抜群」という 女優さんが活きるかな・・・と思ったんですが。 仮面の形状から仮面女子というアイドルにはそそられないんです。 この子も好きです。 マスクではなく、メイクです。 可愛すぎるんです。 声とか仕草が。 兎味ペロリナちゃん。 声優とかパチンコタレントとかやってらっしゃる子。 的なキャラ設定です。 素顔の女の子より、可愛いと思いません? 誰か、同じような趣味の方いませんかねえ?(笑) azumajoo.

次の