ノート パソコン キーボード が 反応 しない。 ノートパソコンのキーボードを無効化して外付けキーボードを使う方法

【キーが押せない!】キーボードが反応しないときに試すべきこととは|パソコン修理8千円 追加料金なし&年間実績2万件|パソコン110番

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

このように近隣のキーがひとブロック機能していないような場合、キーボード内部の配線の一部断線による症状と考えられます。 その配線自体とても薄く、構造上、接点不良や断線が起きやすいのです。 そのような症状の出たキーボードは、キーボードユニットごとアセンブリ交換となります。 その場合はそのキーの直下にあるラバーカップやパンタグラフなどにほこりやゴミが噛んでいたり、変形や折損が発生している可能性があります。 汚れが激しい場合は刷毛などを使って掃除をします。 キーを外して行うのが効果が高いですがキートップは樹脂でできていて、外す際にマウント部分などが折損してしまっては大変です。 キーの取り外しは慎重に行う必要があります。 その場合、キー一つだけのトラブルでもやはりキーボード丸ごと交換になってしまうでしょう。 お近くの修理ショップなどに相談してみてはいかがでしょうか。 ノートパソコンのキーボードはメーカー修理になる場合が多く、特に最近の機種では2~3万円を超えることもあり、PC本体の買い換えが視野に入る程度となることもあります。 以下URLは各PCメーカーの概算修理見積です。 キーボードのところを参照してください。 とりあえずお急ぎの場合はこの方法で急場をしのげます。 簡単に使えて重宝。 デスクトップ用でもノートPCに接続すれば設定なしに使用できますので簡単。 ほとんどの機種、OSで標準デバイスとして認識され、問題なくすぐに使用できます。 しかも安いものでは1,000円以下で入手ができるものもありますので、費用がかからない裏技的な方法です。 どうしても持運びや、使い勝手を優先させたいのであれば、やはり修理となるでしょう。 USBポートに挿すだけで認識して使える。 あるいは日本語入力システムのトラブルやウイルスなどの被害かもしれません。 キーボードのトラブルの際は、まずその切り分けを的確に行うことが必要です。 九州インターワークス 「サポート・サービス内容」.

次の

キーボードが反応しない場合の対処方法

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

キーボードの電源が入るか確認• デスクトップの場合 デスクトップの場合は、「有線キーボード、ワイヤレスキーボード、Bluetoothキーボード」によって、確認に方法が異なります。 一つずつみていきましょう。 有線キーボードの場合 キーボードがパソコンとケーブルでつながっている場合は、一度キーボードを外して、パソコンの別のUSBポートに繋ぎなおしてみましょう。 ワイヤレスキーボードの場合 キーボード本体についている電源スイッチがオンになっていることを確認しましょう。 オンになっていてもキーボードが打てない場合は、一度スイッチをオフにして、再度オンにしてみてください。 キーボードの入力信号を受け取るために、パソコン本体につけている小さな受信器側に問題がないかも確認してみましょう。 一度取り外して、再度差し込んでみてください。 反応しない場合、キーボードの電池(充電)が切れている可能性もあります。 電池を新品に取り換えたり、充電ケーブルをつなぎながら操作してみましょう。 Bluetoothキーボードの場合 Bluetooth接続が切れていないか確認しましょう。 一覧から「デバイス」をクリック。 Bluetoothが「オン」になっていることを確認。 マウス、キーボード、ペンの項目にキーボードが表示されていなければ、一度キーボードの電源をオフにし、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリック。 その後、再度キーボードの電源をオンにしてください。 キーボードが表示されたら、項目をクリックして接続します。 ノートパソコンの場合 ノートパソコンの場合は、キーボードの取り外し再接続が出来ません。 一度パソコンを再起動してみましょう。 パソコンがフリーズしてしまい、キーボードだけではなくマウスカーソルなども動かなくなってしまった場合は、電源ボタンを長押ししてパソコンを強制終了します。 その後、再度電源を入れなおしましょう。 ドライバの削除と再インストールを行う 接続を確認してみてもキーボードが反応しない場合は、ドライバの削除と再インストールを試してみましょう。 再インストールにより、キーボードが反応するようになることがあります。 コントロールパネルが開けたら、「ハードウェアとサウンド」をクリック。 次に「デバイスマネージャー」をクリック。 確認メッセージが表示されたら「OK」をクリックします。 ドライバの削除が完了しました。 その後、パソコンを再起動すると、自動でドライバの再インストールが完了します。 再起動後、キーボードが反応するか確認してみましょう。 もし、アンインストールできるキーボードが複数ある場合は、上記の手順を繰り返しすべてのキーボードを削除してから、パソコンを再起動します。 パソコンの電源を切り、放電してみる パソコンを電源に接続したまま使用し続けると、動作環境に不具合が発生する可能性があります。 そのような場合は、一度電源やバッテリーを取り外し放電してみましょう。 放電することて、キーボードが反応するようになることがあります。 デスクトップの場合 パソコンの電源を切り、電源コードを抜いた状態で数分待ってから再度パソコンを起動してみましょう。 ノートパソコンの場合 パソコンの電源を切り、バッテリーを取り外します。 その後、電源コードを抜いた状態で数分待ってから、再度パソコンを起動してみましょう。 スクリーンキーボードを起動する 以下のような場合は、スクリーンボードを起動させます。 スクリーンキーボードは、入力したい場所にカーソルを合わせてから打ちたい文字をクリックしていくことで文字が入力できます。 大文字を打ちたいときは、キーボードと同じように「Shift」をクリックしてから文字を打ちましょう。 すると、スクリーンキーボードが起動します。 パソコンのログイン後にスクリーンキーボードを出す パソコンにログインが済んでいる状態でスクリーンキーボードを起動する場合は、以下の手順で起動します。 すると、スクリーンキーボードが起動します。 直らないときは、故障の可能性あり 上記の方法を試してみてもキーボードが反応しない場合は、物理的な故障の可能性があります。 【デスクトップの場合】 販売元や専門の業者に修理を依頼する or キーボードが独立してあるため、新しいキーボード購入して、キーボードだけ交換することができます。 【ノートパソコンの場合】 キーボードを取り換えることができないため、販売元や専門の業者に修理を依頼する必要があります。 修理が難しい場合は、外付けのキーボードを接続して使用するか、ノートパソコンそのものを買い替える必要がある可能性があります。 【Windows10】パソコンのキーボードが反応しない・文字が打てないときの対処法まとめ 今回は、Windows10のパソコンのキーボードが反応しない(文字が打てない)ときの対処法をご説明しました。 突然、キーボードが反応しないなんてことがあっても、上記の方法を確認していくと、解決できる可能性があります。 緊急の場合は、スクリーンキーボードを起動すれば、キーボードが反応しなくても文字を入力することができます。 焦らず、ひとつひとつの対処法を確認してみてください。 Windows10の画面でご紹介しましたが、基本的なところはWindows7でも同じですので、参考にしてみてください。

次の

矢印キーのロック解除方法

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

ノートパソコンのキーボードが反応しない? ノートパソコンのキーボードは、 本体に組み込まれています。 ですから、デスクトップパソコンのように、手軽にキーボードが交換できません。 それだけに、 ある日突然キーボードが反応しなくなったら、焦ります。 修理に出す前にキーボードが反応しない原因を探り、どうにか改善したいものです。 ということで、今回はノートパソコンのキーボードが反応しない場合の原因や対処法について、解説します。 そこにキーボードのデバイスドライバがなければ、 OS上でキーボードが認識されていない、ということになります。 タッチパッドを一時的に停止できるなら、停止させてみましょう。 停止できない場合は、別途USB接続のマウスを使ってみるのも良いかもしれません。 日本語入力が1つしかない場合は、 Google日本語入力が無料でダウンロードできますので、こちらを試してみるのも良いでしょう。 その他、 フィルターキーが有効になっていると、 長押ししないと入力されない状態になります。 ごく稀に、気づかないうちにショートカットキーなどで、有効にしてしまうことがあります。 ノートパソコンに限らず、 意外と気づきにくいので、念のため確認してみましょう。 OSのアップデートなどで、ノートパソコンのシステムが変更された時に、起こりやすいトラブルです。 セキュリティソフトを一時停止にして、キーボードが反応するか確認してみましょう。 起動できれば、 キーボードはハードウェアとして認識されています。 もしくは、BIOSの設定で ノートパソコンのキーボードが無効化されているために、反応しない場合があります。 BIOSによっては、外付けのUSB接続のキーボードを使う時などのために、そういった項目を備えていることがあります。 BIOSの設定を確認してみましょう。 ただ、BIOSの操作はキーボードでしかできないものもありますので、 別途外付けのキーボードを用意しておいた方が良いかもしれません。 このような原因で、 キーボード内部の配線に不具合が生じ、一部のキーが反応しないことがあります。 ホコリやゴミは取り除けば、改善することもあります。 しかし、ノートパソコンのキーボードは、 キートップを外すのが難しいです。 失敗してキートップを破損してしまうと、 キーボードを丸ごと交換することになってしまいます。 すると、モデルによっては 万単位の費用がかかってしまうこともあり、あまりおすすめしません。 エアダスターで吹き飛ばす程度に留めた方が良いと思います。 飲み物などの水分をこぼした場合は、より深刻です。 内部の基盤がサビたりして、キーボードだけではなく、 パソコンそのものが故障する危険があります。 最悪、キーボードを交換するだけでは済まないかもしれません。 ちなみに、交換用キーボードは5,000円程度。 特定のキーを押すと、テンキーに切り替わります。 すると、 数字と四則計算の記号しか入力できなくなります。 これを気づかないうちに切り替えてしまい、キーボードが反応しないと思ってしまうことが結構あります。 無意識にやっているので、そうなった時は 意外に慌てます。 右上のNumLkキーで切り替える。 オンにすると、青い印字の数字と記号が入力できる。 別のアプリでもキーボードが反応しないのか、確認してみましょう。 セキュリティソフトなど、タスクバーに常駐しているアプリが原因の場合もあるので、 終了できるものは終了させてみるのもおすすめです。 ノートパソコンの場合、更新プログラムなどを自動でインストールするのに、メーカー独自のアプリが常駐していることがあります。 こういったアプリの中には、 完全に終了できなかったり、アンインストールするのに手間がかかったりするものがあります。 このような場合、 OSをセーフモードで起動させ、最小限の構成で動作確認してみるのも良いでしょう。 こちらは右クリックのショートカットメニューから、常駐を解除できる。 例えば、英語配列のキーボードドライバがインストールされていると、「ろ」キーを押しても何も入力されません。 こんな時は 一度キーボードドライバを削除し、キーボードドライバをインストールしなおすと、改善するかもしれません。 ちなみに、ノートパソコンに限らず、キーボードドライバはメーカーから提供されていることは稀です。 ほとんどの場合、 OSの標準ドライバを使います。 BIOSによっては、USB接続で外付けのキーボードを使う時などのために、 ノートパソコンのキーボードを無効化できるようになっています。 キーボードを有効に切り替える箇所がわかるなら、そこを変更します。 わからなければ、 BIOSを初期化しましょう。 BIOSを更新してみるのも良いと思います。 特に飲み物などの水分は、こぼした時にすぐに拭き取っても、 キーの隙間から徐々にノートパソコン内部の基盤に浸透していきます。 そして、基盤がサビたりして、キーボードが反応しないといった症状が出てきます。 コネクタや配線がある。 新しいアプリやOSのアップデート、セキュリティソフトなど、原因は様々です。 まずは デバイスマネージャを開き、キーボードが認識されているか確認しましょう。 認識されていなければ、キーボードドライバをインストールします。 ノートパソコンに限らず、キーボードに関してはメーカーがドライバを提供することは稀です。 ですので、ほとんどの場合、Windows標準のキーボードドライバをインストールします。 イベントビューアで、Windowsのログを確認するのも良いでしょう。 キーボードに関係がありそうな内容が見つかるかもしれません。 本項に限らず、原因となった現象を解消するには OSの再起動が必要になることがあります。 Windows10や8では、アカウントに ログインパスワードを設定するのがデフォルトです。 しかし、キーボードが反応しない状態では、ログインパスワードが入力できません。 そうした事態を避けるために、 再起動前にログインパスワードを削除また省略すると良いでしょう。 赤線内の項目のチェックを外すと、ログインパスワードが不要になる。 キーボード内部に溜まったホコリやゴミが原因で、キーボードが一部反応しない場合に有効です。 ただ、最近のノートパソコンのキーボードは、アイソレーションキーボードが多く、キーとキーの間にスキマがありません。 このようなキーボードだと、キートップを外さない限りはほとんど掃除できません。 しかし、キートップの構造は繊細です。 下手に外そうとすると、破損する恐れがあります。 私も外すのに失敗して、キートップを破損したことがあるので、あまりおすすめしません。 専門業者に依頼した方が良いと思います。 料金は1万円程度はかかります。 自分で掃除してキーボードを破損し、メーカーに修理を依頼すると、もっと費用がかかります。 何とも悩ましいですが、自分の手先の器用さや財布と相談して、判断してください。 試しにセロテープをクリップに貼り付けてキーのスキマに差し込んでみたが、あまりゴミは取れなかった。 無意識にオンにしてしまうと、結構慌てます。 特にノートパソコンで多いのは、 テンキー機能でしょう。 突然、 数字と四則計算の記号しか入力できなくなったら、テンキー機能がオンになっている可能性が高いです。 ノートパソコンのマニュアルなどを見て、テンキー機能をオフにしましょう。 コンパクトなノートパソコンでは、そのサイズに合わせてキーボードも横幅が狭くなっており、 テンキーが省略されています。 その代替策として、 アルファベットキーにテンキー機能が割り当てられています。 写真左側の赤線内がテンキーとして使えるキー。 右上のNumLkキーで切り替える。 例えば、タッチパッドに指が触れた時に、 特定のキーを押している状態と認識されるような設定をしていると、キー入力が思うようにできないことがあります。 そうすると、キーボードが反応しないように感じるかもしれません。 タッチ機能を搭載しているペンタブレットを使っている場合も、同様のトラブルが起こることがあります。 いずれの場合も、 設定を見直したり、初期化するなどで改善が可能です。 起動できれば、キーボードは ハードウェアとして認識されています。 これで、 ソフトウェア的な不具合で反応しない疑いが濃厚になります。 また、ごく稀にですが、 BIOSの不具合や設定が原因で、キーボードが反応しないことがありますので、 BIOSを初期化するのもおすすめです。 OSのアップデートや新しい周辺機器を追加したタイミングで起きたのなら、 BIOSを最新バージョンにアップデートするのも良いでしょう。 それから、BIOSによっては、 ノートパソコンのキーボードを無効化する設定項目を備えていることがあります。 そのような設定項目があれば、オフにしてみましょう。 下図はThinkpad X230のBIOSアップデートユーティリティのダウンロード画面。 OSがキーボードを一時的に認識できなくて反応しないのであれば、これで改善できるかもしれません。 なお、再起動は 高速スタートアップを無効にした状態で行います。 さらに、ノートパソコンの場合は一度シャットダウンした後に、念のためバッテリーをはずし、ACアダプタだけで再起動させます。 起動できれば、キーボードは ハードウェアとしてパソコンに認識されています。 BIOSの起動方法は、ノートパソコンのメーカーごとに異なります。 大抵は電源ボタンを押した直後に、 DELキー、F1キー、F2キーのいずれかを押すことで起動します。 この場合も、 高速スタートアップは無効にします。 高速スタートアップが有効になっていると、BIOSが起動できません。 なお、この場合もバッテリーは念のため外しておきましょう。 BIOSを起動させると、赤線部分のように「Entering Setup」と表示される。 ソフトウェア的な不具合が生じている疑いが、強くなります。 まずは、 キーボードドライバを再インストールしてみましょう。 再インストールするには、 デバイスマネージャ上でキーボードドライバを削除し、再起動します。 これで再起動時に、OSが自動でキーボードドライバをインストールします。 これで改善しなかったら、手動でキーボードドライバを再インストールしてみるのも良いでしょう。 ちなみに、ノートパソコンに限らず、キーボードドライバはOS標準のものを使うのが一般的です。 手動でインストールする時に使う。 必要最低限の構成で、OSを動かします。 これによりキーボードが反応しない原因が、 OSとアプリのどちらなのか絞り込めます。 ノートパソコンの場合、メーカーが様々なプリインストールアプリをインストールしています。 アップデートがないか監視するアプリなどは、タスクバーに常駐して、OSの深いところまでつながっていたりします。 それ故に、こうしたアプリはOSに与える影響が大きく、トラブルの原因になりやすい傾向があります。 もし、セーフモードにした方が動作がスムーズなら、 アプリに原因がある可能性が高いでしょう。 直近でインストールしたアプリやアップデートがあれば、 アンインストールしてみましょう。 それ以外だと、 「システムの復元」でキーボードが反応しなくなる以前に戻ってみるのも良いかもしれません。 Windows8以降はF8キーで起動できないので、注意。 対処してもノートパソコンのキーボードが入力できない場合の原因 色々と手を尽くしても、キーボードが全く反応しない原因として最も濃厚なのは、 ハードウェア的な故障でしょう。 キーボード内部の配線が断線していたり、基盤が傷んでいたりといった、 物理的に故障している状態なら、反応しません。 この場合は、もう キーボードを交換しない限りは使えません。 ノートパソコンはキーボードが本体に組み込まれているため、交換するには分解する必要があります。 分解の難易度はモデルごとに、全く異なります。 ドライバー1本でできる簡単なものもあれば、部品が接着剤で貼ってあるなど、難しいものもあります。 一方、ソフトウェア的に不具合が生じている場合の原因には、キーボードドライバやアップデートなどがあげられます。 これらは原因としては既出です。 しかし、 極めて稀なトラブルで、メーカーサポートなどにも情報がなかったりすると、お手上げになってしまうこともあり得ます。 アップデートによる不具合については、 公開直後は情報が少ないので、お手上げになってしまうことがあります。 とはいえ、最終手段として OSのクリーンインストールをすれば、よほどのことがない限りは元に戻ります。 アップデートによる不具合も、時間が経過すれば メーカーから修正プログラムが公開されますし、対策方法も出揃います。 ですので、それほど問題はありません。 ソフトウェアの不具合なら、これで大抵は直る。 対処してもノートパソコンのキーボードが入力できない場合の対処法 ノートパソコンの 保証期間があるなら、メーカーに修理依頼するのがベストでしょう。 費用もかかりませんし、確実に直ります。 保証期間外なら、 専門の修理業者に依頼するのが良いでしょう。 多少費用はかかりますが、確実に直ります。 強くおすすめはしませんが、 自分で修理もできます。 費用を安くできますが、 直せなかったり、最悪破損するリスクもあります。 動画サイトにノートパソコンを分解する動画が色々ありますので、そういったものを参考に分解すると、やりやすいです。 ただ、ノートパソコンによっては構造が複雑で、分解が難しいこともあります。 また、交換用キーボードが手に入らないこともあり得ます。 ない場合は、中古品から取り外したりする必要があります。 ノートパソコン本体のキーボードが反応しない状態でも、 USB接続で外付けのキーボードが動く場合は、それを代わりに使う方法もあります。 ノートパソコンを修理に出す時間や費用がない場合に、おすすめです。 モバイル向けのコンパクトなキーボードにすれば、持ち運ぶ場合も邪魔になりにくいです。

次の