ベルリン の 壁 崩壊。 西暦1989年

ベルリンの壁崩壊

ベルリン の 壁 崩壊

「ベルリンの壁」崩壊 (1989年11月)(写真:アフロ) 1989年に起こったベルリンの壁崩壊は、欧州の地図を塗り替え、東西冷戦の終結につながる大事件だった。 それから30年の節目に当たる11月9日、ベルリンなどドイツ各地で記念式典が行われた。 欧州の新聞やテレビ・ニュースには、「自由が勝利した年」というトーンの報道や論評があふれた。 だが肝心のドイツでは、祝賀ムードは希薄だった。 むしろこの国は、初冬の灰色の雨雲が低く垂れ込めているような、重苦しい雰囲気に覆われている。 その理由の1つは、壁の崩壊から30年たっても東西市民の間の「心の亀裂」が完全に埋められていないことだ。 多くの旧東ドイツ市民、特に社会主義時代に生まれ育った中高年の市民の間には、今なお「自分は統一によって貧乏くじを引かされた負け組だ」とか「自分たちは旧西ドイツ人から、2級市民のように見られている」というコンプレックスが残っている。 なぜ彼らは今も劣等感を抱いているのか。 その背景を知るには、時計の針を30年前まで戻さなくてはならない。 無血革命、東欧連鎖革命の始まり ベルリンの壁崩壊は、多数の東ドイツ市民が治安当局に逮捕される危険を冒して社会主義政権に対する抗議デモを繰り返し行った結果、発生した。 いわば草の根から始まった無血革命である。 東欧連鎖革命、そして社会主義陣営の崩壊につながる、鉄のカーテンに生じた最初の大きな綻びだった。 筆者は当時NHKワシントン支局の特派員だった。 この頃NHKにはドイツ語で取材できる記者が少なかったため、急きょベルリンへ飛ぶように上司から命じられた。 壁崩壊から1週間後の11月16日に、ニューヨーク、フランクフルト経由でベルリンに到着した筆者は、目を疑った。 西ベルリンの目抜き通りクアフュルステンダムを、東ドイツの国産車トラバントが埋め尽くし渋滞を引き起こしていたのだ。 この時のベルリンは、祝祭のような雰囲気に包まれていた。 肌を刺すような寒さの中、多くの人々が吸い寄せられるように、壁に沿った地域に集まってきた。 彼らは、1週間前に起きたことが現実であるとは信じられないという表情だった。 東西間の検問所を通って、東ドイツ市民が次々に西側に流れ込んでいる。 東ドイツの国境警備兵によるチェックは全くない。 彼らはぼうぜんとして、人の流れを見ているだけだ。 ポツダム広場付近では、すでに大きく壁が取り除かれている。 無人地帯を通って、車と人が次々にやってくる。 多くの西ベルリン市民がハンマーやのみで壁をたたき、破片を削り取っていた。 筆者は、涙を流しながら壁をたたいているベルリンっ子も見た。 彼らにとって壁は、第2次世界大戦と東西冷戦がこの町にもたらした、深い傷の象徴だった。 多くの家族が壁によって生き別れとなった。 壁を越えて西側に逃げようとして、警備兵に射殺された市民の数は数百人にのぼる。

次の

ベルリンの壁の開放

ベルリン の 壁 崩壊

「壁」の記憶を忘れてはならない ポツダム広場では壁が構築されていた場所にオリジナルの「ベルリンの壁」がモニュメントとして設置されている 世界中を驚かせたベルリンの壁崩壊のニュース。 あの衝撃からもう30年経過したのか、と感慨深い。 まだ生まれていなかった人や、子供だったので覚えていない人も多いであろう。 そんな人たちのためにも、この重大な歴史的出来事をしっかり伝えていきたい。 それは1989年11月9日のことだった。 その前から東ドイツ各都市で盛んだった大規模な民主化運動がベルリンの壁をこじ開けた。 もうひとつの驚きは、それから一年も経たずに東西ドイツが統一したことだ。 壁崩壊も、ドイツ統一も、様々な事態と偶然とが重なってあっという間に起こった。 急速な展開だったため、その後の10年間は混乱が続く。 ベルリンは東ドイツの中に浮かぶ陸の孤島だった上に町が西と東に分かれていたので混乱は複雑極まりなく、復興には時間を要した。 工事のクレーンが林の様に見えた中心部も2000年以降は徐々に形が整い、今やベルリンは新しい街へ生まれ変わっている。 壁の存在がドイツ最大の観光目玉だった時代 ベルリンの壁記念センターGedenkstaette Berliner Mauerでは、壁の東側に50mほどの緩衝地帯があり、その先に東側の壁があったことをオリジナルで伝えている 1961年8月13日に突然、西ベルリンと東ベルリンとの間に鉄条網が張り巡らされ、それはコンクリートの壁に変えられていった。 壁は西ドイツと東ドイツの国境にも設けられ、東西ドイツの行き来が不可能になった。 壁そのものは50cmから1mほどの厚さでも、東ベルリン側には壁の前に50mほどの緩衝地帯が設けられ、そこに入って壁を越えようとした者は探知機で見つけられ射殺されてしまった。 西ベルリンでは壁まで行くことができたので、ブランデンブルク門前やベルナウアー通りなど、主だった所には壁の前に見物用の大きな台が置かれていた。 ベルリンの観光バスも、壁をめぐる数時間のツアーが最も人気があった。 ライン下りも多くの人を惹きつけていたが、当時の観光メッカはベルリンで、その目的は壁見学だった。 ドイツの若者たちと共に分裂時代を学ぼう 分裂時代はチャーリー検問所がビザを持った観光客の出入り口に使われていた。 左手のHaus am checkpoint Charlie の文字がある建物が壁博物館 悲惨な時代は30年以上も前のこと。 ドイツの若者たちは東西ドイツ時代を知らない。 彼らは自国の歴史を学ぼうとベルリンへやって来る。 ベルリンの壁は殆ど撤去されたが、負の遺産として数カ所で保存されている。 最も長い壁はミューレン通りの1316mだ。 壁崩壊後直後にアーティストたちがこの壁に絵を描き始めた。 一時的な野外展覧会だったのが大好評のためイースト・サイド・ギャラリーとして永久保存され、今も存在している。 そして、壁が存在した時代を最も良く理解できるのがベルナウアー通りのベルリンの壁記念センターだ。 ベルナウアー通りが東ベルリンの国境線となったため、道沿いのアパート住民が窓から脱出するという衝撃的な出来事が起った場所だ。 アパートは撤去されたがオリジナルの壁や監視塔が保存され、資料館では分断時代の写真も見ることができる。 分断時代に西ベルリンが検問所前に造った「チャーリー検問所前の壁博物館」は、東から西へ逃れてきた人々の成功物語を具体的に説明した博物館だ。 そこには古びた鉄格子の扉があるだけで普段は鍵が掛かっている ちょっと変わった所はシュレーズィエ灌木の見張り台だ。 保存されている監視塔に上ってみると、監視する側の苦労を知ることができる。 ところで最近のホットな話題はベルリン地下世界協会が行っている、ベルリンの街の地下を見学するツアーだ。 見学コースは10種類ほどに分かれており、所要時間も料金も様々。 第二次世界大戦中に造られた防空壕跡を見学するコースが最も短い90分で一番人気がある。 東西に分断されてからは地下で行き来できないように途中で塞がれてしまった。 ベルリンの壁は地下にまであったのか、と驚く。 壁があった時代の悲劇を物語る遺構はまだまだあり、どれも興味深い。 空港や中央駅や市内のツーリスト・インフォメーション、主要ホテル、駅によってはSバーンの券売機などで購入できる。 ベルリンの壁巡りの資料 ベルリン・ウェルカム・カード Berlin Welcome Cardは48時間公共交通乗り放題で、博物館・美術館の入館料割引がある。 ベルリン市内のみのBerlin AB は 19. 90ユーロ、ポツダムもカバーしているBerlin ABCは22. 90ユーロ ベルリンの壁記念センター Gedenkstaette Berliner Mauer 住所:Bernauer Strasse 111 アクセス:Sバーン1,2,25,26 ベルリン・ノルドバーンホーフBerlin Nordbahnhof イースト・サイド・ギャラリー East Side Gallery 住所:Muehlenstrasse 4 アクセス:Sバーン5,7 Ostbahnhof下車徒歩5分 チャーリー検問所前の壁博物館(ハウス・アム・チェックポイント・チャーリー) Mauermuseum Haus am Checkpoint Charlie 住所:Friedrichstrasse 43-45 開館時間:毎日9:00〜22:00 入館料:14. チケット販売住所:Brunnenstr. berlin.

次の

ベルリンの壁崩壊から30年、今も続く心の東西分断:日経ビジネス電子版

ベルリン の 壁 崩壊

ベルリンの壁崩壊とは? (ベルリンの壁に登る東西ベルリン市民 出典:) ベルリンの壁崩壊とは、 1989年11月に、東ドイツの民主化運動の盛り上がりにより、冷戦の象徴である「ベルリンの壁」が崩壊した出来事のことです。 第二次世界大戦後、ドイツは米・仏・英とソ連の四カ国によって分割され、占領。 また首都のベルリンもその 四カ国で分割占領されました。 社会主義国のソ連と自由主義国の米仏英は対立を深め、ドイツでは社会主義陣営のドイツ民主共和国 東ドイツ と自由主義陣営のドイツ連邦共和国 西ドイツ が設立され、二つに分断されました。 するとソ連が占領する東ベルリンから米仏英が占領する西ベルリンへ市民が流出し、東ドイツは大きな危機感を持つことになります。 そこで、 1961年に西ベルリンの周囲を壁で囲みました。 (東ドイツにより建設中の壁 出典:) このベルリンの壁によって西ベルリンへの移動は不可能となりました。 しかしその後、ソ連では閉塞状態となり、共産党書記長になったゴルバチョフを中心に改革が起こり、東ドイツでも民主化運動が高まりました。 そのさなかの 1989年、出国の規制緩和について政府が不用意な発言をしたことで東ドイツの民衆が壁の国境地帯に集結、なし崩し的に壁の国境ゲートが解放されました。 そして壁は人々によって破壊され、後に東ドイツによって撤去されました。 翌年の 1990年に東ドイツは西ドイツに吸収される形で統一を果たし、 冷戦の終結へと向かいました。 ベルリンの壁崩壊の語呂合わせでした!.

次の