横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない。 <一律10万円支給!>特別定額給付金申請書の書き方を記入例付で解説

横浜市文化芸術活動応援プログラム

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

掲載日:2020年6月12日 このページでは、令和2年4月11日から5月6日までの休業要請等にかかる協力金(第1弾)に関する情報をご案内しています。 新着情報 交付状況に関する情報提供について 現在の交付状況をご案内します。 (令和2年6月12日現在) 申請件数 支払確定件数 約42,000件 約15,000件 引き続き交付を急ぐとともに、書類の不備等のご連絡を進めております。 なお、審査の結果、交付とならない場合は、後日事務局からご連絡いたします。 ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください。 なりすましに対する注意喚起について 令和2年6月2日 本協力金について書類の追加提出が必要な場合、事務局からは以下の方法で提出するようにご連絡しております。 下記以外の提出先を指示することはありませんのでご注意ください。 協力金交付のための審査について 令和2年5月22日 現在、大変多くの県民の皆様から申請をいただいているところですが、交付まで時間を要しており、ご迷惑をおかけしております。 なお、書類の不備等も多くあるため、順次事務局から追加書類の提出依頼や申請内容の確認のご連絡をしています(下記、をご参照ください。 書類が整い次第交付手続きを進めてまいりますので、少々お時間をいただければと存じます。 現時点で事務局から電話等の連絡を受けていない方につきましても、順番にご対応しておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 お願い 個々の申請の審査状況や交付時期に関するお問い合わせにつきましては、全体の交付事務の進捗に影響を与える恐れがありますので、大変恐縮ですが極力お控えいただきますようよろしくお願いいたします。 協力要請等の延長に伴う支援策について 令和2年5月25日 県は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく令和2年5月7日から5月26日までの休業要請等に協力していただいた事業者等に支援を行います。 (対象期間は令和2年5月7日から令和2年5月26日の全期間です。 交付を受けるためには、少なくとも期間中15日間、遅くとも令和2年5月12日(火曜日)から休業等を開始し、令和2年5月26日(火曜日)まで実施する必要があります。 )」でも可。 郵送時 1 事業の趣旨 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の要請や依頼に応じて、休業や夜間営業時間の短縮に御協力いただいた中小企業、個人事業主(以下、「事業者」といいます。 )の皆様に対し、協力金を交付します。 )とします。 2 交付額• 「3 交付要件等」を満たす事業者の皆様に、下表の金額を交付します。 休業要請等に応じて、事業所の休業に協力した休業要請等対象施設や、夜間営業時間短縮要請に応じて、夜間営業時間の短縮に協力した夜間営業時間短縮要請対象施設を共に有する事業者は、「休業要請対象の施設の事業者」として申請してください。 3 交付要件等• 神奈川県の緊急事態措置により、施設の使用停止や夜間営業時間の短縮要請に応じた中小企業又は個人事業主であること。 少なくとも令和2年4月24日以降、県内にある事業所で休業や夜間営業時間の短縮(夜間営業時間を短縮する代わりに休業した場合及び酒類提供時間を短縮した場合を含む)に協力いただいていること。 令和2年4月10日以前に開業しており、営業の実態があること。 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団員等に該当しないこと。

次の

現金給付10万円の手続きはいつからでどこから届く?申請期限やマイナンバーは必要?

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

新型コロナウイルス対策で全世帯に郵送されている「特別定額給付金」の申請書入りの封筒が、 無断で郵便受けから持ち出されて開封、放置される被害が横浜市保土ケ谷区で相次いだことが4日、神奈川新聞社の取材で分かった。 県警が信書開封容疑などを視野に捜査している。 県警などによると、被害が確認されたのはいずれも3日。 同区内の路上や公園で、少なくとも5通の給付金申請書入り封筒が開封された状態で放置されていた。 給付金申請と無関係の郵便物が一緒に放置されていたケースもあった。 住民が郵便受けを確認した際、封筒や申請書が近くに放置されていたのを発見したり、公園に書類が散乱していると通報があったりして発覚した。 被害に遭った住宅はおおむね近接しているといい、県警は付近の防犯カメラ映像を解析するなどして捜査している。 特別定額給付金は、政府の新型コロナ対策として国民1人当たり10万円を配る。 申請書類の発送や受け付けは各市区町村が窓口となっており、横浜市は5月28日から申請書の発送を順次、行っている。 保土ケ谷区では今月1日から発送しているという。 以下ソース:神奈川新聞 2020年06月05日 02:00.

次の

<一律10万円支給!>特別定額給付金申請書の書き方を記入例付で解説

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

新型コロナウイルス対策で全世帯に郵送されている「特別定額給付金」の申請書入りの封筒が、無断で郵便受けから持ち出されて開封、放置される被害が保土ケ谷区で相次いだことが4日、神奈川新聞社の取材で分かった。 神奈川県警が信書開封容疑などを視野に捜査している。 県警などによると、被害が確認されたのはいずれも3日。 同区内の路上や公園で、少なくとも5通の給付金申請書入り封筒が開封された状態で放置されていた。 給付金申請と無関係の郵便物が一緒に放置されていたケースもあった。 住民が郵便受けを確認した際、封筒や申請書が近くに放置されていたのを発見したり、公園に書類が散乱していると通報があったりして発覚した。 被害に遭った住宅はおおむね近接しているといい、県警は付近の防犯カメラ映像を解析するなどして捜査している。 特別定額給付金は、政府の新型コロナ対策として国民1人当たり10万円を配る。 申請書類の発送や受け付けは各市区町村が窓口となっており、横浜市は5月28日から申請書の発送を順次、行っている。 保土ケ谷区では今月1日から発送しているという。 外部サイト.

次の