沖縄 ラーメン 日本 人 お断り。 沖縄・石垣島にあるラーメン店が「日本人お断り」

日本人お断りの沖縄ラーメン屋「麺屋 八重山style」Facebook荒らされる

沖縄 ラーメン 日本 人 お断り

「日本人お断り」をした石垣島ラーメン店「八重山スタイル」が炎上!! その経緯とは?? 「日本人客お断り」 沖縄県石垣島のラーメン店 客の悪態が年々悪化 バイトが接客を苦に退職し店主一人で切り盛り 沖縄タイムス+プラス ニュース 沖縄タイムス+プラス — ゾラ【相互フォロー歓迎】 自分と家族を大事に mainac002 物議を呼ぶ経緯となったのは、店舗入り口前に貼られた張り紙である。 日本人の観光客のマナーが年々、悪化の為9月末まで日本人のお客様はお断りしています。 海外のお客様のみの対応となっていますので地元のお客様や毎年、来てくれるお客様には申し訳ありませんが協力お願いします。 10月から通常営業の予定で考えています。 となっている。 この「日本人お断り」をしたラーメン店は沖縄県石垣島の中心市街地にある「麺屋 八重山style」という人気ラーメン店で今年で創業7年目となる。 店内はカウンターが8席のみと小規模のお店だ。 この「麺屋 八重山style」は7月1日から日本人の常連客や観光客の入店を断っている。 その理由は張り紙にもある通り、「マナーの悪さ」からであるという。 店には独自のルールがあり、「客1人につき必ず1杯の麺類を注文すること」「乳幼児はお断り」というのを店舗入り口にイラスト付きで明記している。 というのも、ここの店主である有馬明男さん(42)は「日本人観光客のマナーは年々悪くなっている」と話す。 それは日本人観光客が乳幼児を連れて来店した時のこと、当時のバイトが店の決まりである「1人1杯」のため、断りをしたところ客が激怒したという。 「奈良からきて駐車料金300円も支払ったのに。 」「どんな商売しているの」と詰め寄ってきたという。 また、持ち込み禁止とされているにも関わらず、飲み物を持参した大学生に注意をしたところ、「店内にそのような記載がないから。 」と返答されたこともあったという。 現在、従業員は店主の有馬さん1人だけで切り盛りしているという。 それもあってか、日本人観光客のマナーの悪さに我慢の限界を超え、今回の措置に至る経緯となったという。 店主の有馬さんは今回の「日本人お断り」の措置について、「日本人は『お客様は神様だ』と思っているところがある。 マナーの悪い観光客に迷惑を受けている人は少なくない。 だからこのような行動を起こしてもいいと思った。 」「常連客には申し訳ないし売り上げも減ってしまうが、精神的・体力的にも限界だから。 」と決断へ至った思いを打ち明けている。

次の

石垣島のラーメン屋が「日本人客お断り」店長が語った事情と影響

沖縄 ラーメン 日本 人 お断り

店主の話を聞いてみれば、持ち込み飲食の日本人客を注意してもそのまま持ち込み飲食を続けたり、大勢で来店しても人数分注文しないでシェアする客など、常識では考えられない日本人客の多いことには驚きました。 しかし、普通の常識を持ち合わせた日本人客も多い(そのほうが大多数?)かと思うので、日本人客が全て常識外れの行動をしているかと判断、断定されて、日本人客に限定し締め出しをするのもどうかなと思ったのですが。 ラーメンそのものは美味しそうでした笑。 飲食店は事業であり 法令に反していない限り 事業主が自由に営業して良い以上、 特殊な対策ですが この店の方針はその範疇であると思います。 また 権利意識拡大の昨今、 テレビで案内している以上に 特殊なお客さんが居ることは容易に想像出来ます。 客商売としてとか サービス業としてどうかとか 色々素人さんや芸能人なんかが 正論風に言っていますが 最近の飲食業界では 原価などの高騰で粗利が薄くなる中 人件費高騰と人手不足に伴い 今までのような お客様は神様です扱いや 過度や余剰なサービスは物理的に提供出来ず 客を選ばなければいけない現実に直面しています。 子供だから注文しなくても 店を利用して良いとか 病気高齢だったら取り分けで良いとか それらは それを都合よく使いたい側の勝手な考え。 受け入れるどうかは 個々の飲食店の経営判断です。 対応能力が落ちているのに それらに人手を割くことは 一人一人分しっかりお金を払って利用している 通常のお客様へのサービス低下をまねく 恐れすらあります。 子供・老人・医療へのケアは 行政や公共機関 ボランティアなどがすべきことで 民間飲食店が負担させられることではありません。 もし強制させるならば 受け入れに対して 補助金などを設定すれば良いと思います。 もちろん集客のために 大人の分だけでも頼んでくれればとか 4人で2人前でもお金になるって思うなら それは個々の店が受け入れれば良いんだし。 さて 質問の「狙い」についてですが あまりに独特なルールなので 正直その可能性も感じました。 自暴自棄の暴走なのか それとも奇才天才の策士なのか 10月以降予定の 日本人解禁後の結果を楽しみに待ちたいと思います。 私は、観光公害でも、日本人のマナーの悪さの問題でもなく 店主の資質の問題と思う。 ずっと昔に客商売をしていて、店の新人教育で、 クレームがきたら、チャンスと思え、と教わった。 その会社がいうには、 クレームに上手な対応をすることで、その客が店のファンになるからだと。 まあ理想論はともかく、 客商売はきつい。 変な客が多い。 だが、それをどう上手にさばいていくか、それが腕の見せ所なのだろう。 この店主は、よくあるタイプで、 客が嫌いになっちゃうタイプ。 向いていないんだ。 商売に。 たぶんもうつぶれるしかないと思う。 いいとか悪いとか、男らしいとか日本人マナーの向上がどうこうじゃない。 仮に今が乗り切れても、 間違いなく、その後も小さなことでトラブルを起こす。 一人一杯がどうこうじゃなく、店主の性格、神経質さの問題だから。 どっちが悪いとかじゃなく、相手が悪かったとしても、それをどう上手にやっていくかの話だから。 客の中心層をお断りにしたら、もう客はこない。 ラーメンなんてどこでも食べられる。 石垣島には何度もいっているが、レベルは低い。 向いていないんだ、商売に。 そういう個人店主はたくさんいる。 騒がずひっそりと消えていくのを放置してあげたほうがいい。 注目もされたくないんじゃないか。 ガンコおやじのラーメン屋なのかなって思いました。 宮古島は日本人も外国人も観光客が多い所だし、色んな物を少しずつ食べたいという気持ちは分かる。 ラーメン一杯食べたらお腹いっぱいになって他に食べたい物が入らなくなってせっかくの旅行がちょっと物足りないものにもなるかもしれない。 持ち込みも本来ダメだけど、旅行客なら仕方ないし少しくらい店側が我慢すればいい。 VTRでこんな客がいた、、、と放送されてるけど、店主側も横暴で融通きかない部分が多い。 店先の注意書きの張り紙もやたら多いし。 まさにガンコおやじ。 でも結局店主の店だし。 日本人断って客が入らなくなって潰れるのも自由。 好きにすればいい。 個人的にはこういう人は嫌いだし店にも行きたくないしラーメンもおいしそうとは思わなかった。

次の

日本人お断りラーメン屋の売り上げが落ちた理由

沖縄 ラーメン 日本 人 お断り

「日本人客お断り」。 石垣島(石垣市)にあるラーメン屋「麺屋 八重山style」が今年7月から、日本人客の入店制限をはじめて、ネット上で物議を醸している。 「日本人客お断り」は法的に問題ないのだろうか。 店の入口には、「客1人につきラーメン1杯を注文」というルールを書いているにもかかわらず、注文せずに長居したり、飲み物を持ち込んだり、悪態をついたりする人がいたのだという。 有馬さんは、弁護士ドットコムニュースの取材に「日本人観光客のマナーは年々悪くなっています。 日本人は『お客様は神様だ』と思っています」と語った。 昨年夏ごろから、「日本人客お断り」の導入を考えていたが、今夏に我慢の限界がきたというわけだ。 地元紙やテレビ局で大きく取り上げられたことで、思わぬ注目を集めてしまい、店には、全国からの電話が鳴りつづけた。 「がんばってください」という応援メッセージもあれば、「ころすぞ!」「つぶれろ!」といった脅迫も受けることがあるそうだ。 有馬さんによると、「日本人客お断り」は今年9月末まで続けて、そのあとは様子を見ながら、会員制を導入することも検討しているという。 ネット上には、賛否両論があがっている。 はたして、法的にはどうなのだろうか。 林朋寛弁護士に聞いた。 たとえば、北海道小樽市で、銭湯を利用するロシア人船員の入浴マナーが問題になり、日本人以外の客を断る『JAPANESE ONLY』としたスーパー銭湯で利用を断られた3人(ドイツ国籍、アメリカ国籍、アメリカ国籍から日本に帰化した人)が、銭湯を経営する会社に対して慰謝料を求めた訴訟です(小樽入浴拒否事件)。 判決では、国籍の有無による区別ではなく、実質的に人種、皮膚の色、民族的出身などによる区別と認められる場合は、憲法14条1項、国際人権規約B規約26条、人種差別撤廃条約の趣旨に照らして、私人間においても撤廃されるべき人種差別にあたると指摘されています。 そして、被告会社の入浴拒否は、この人種差別にあたり、不合理な差別であるとして、不法行為の慰謝料請求が認められました。 そうであれば、日本語を母語として話す黄色人種で日本国籍でない人も断られた可能性もあるでしょう。 一方で、日本に帰化した元外国人は『日本人』でもお断りの対象とされなかったのではと考えられます。 もし仮に、このような人たちがいたとすれば、『小樽入浴拒否事件』のように、店主に対して、不合理な人種差別を主張して、慰謝料請求をする人が出てくるかもしれません」 なお、店では、パスポートなどで国籍を確認するようなことはなかったということだ。 「石垣島の観光客は、圧倒的に日本人が多いそうです。 ラーメン店の客の多数になるであろう『日本人』を断るというのは、経営者にとってはかなり厳しい決断です。 それでも、その決断に至ったということは、店主は、かなりの数の悪質な『日本人』による迷惑行為を受けてきたのでは、と想像します。 とはいえ、『日本人客お断り』は、店の経営を守る手段として、法的リスクの高いものだったと考えます。 この店は10月以降、会員制を検討されているということなので、穏当な方法で経営を続けていってもらいたいです」 有馬さんは、弁護士ドットコムニュースの取材に「まさか差別問題につながると思っていなかったです。 もっと丁寧に説明をすべきでした」と反省の言葉を口にしていた。 【取材協力弁護士】 北海道江別市出身。 札幌南高、大阪大学卒。 京都大学大学院法学研究科修士課程修了。 平成17年10月弁護士登録(東京弁護士会)。 沖縄弁護士会を経て、平成28年から札幌弁護士会所属。 経営革新等支援機関。 登録政治資金監査人。 sapporobengoshi.

次の