スマホ 決済 導入。 クレジットカード決済導入方法&費用|手数料比較22選・おすすめ端末・店舗メリット・種類

【2020年版】スマホ決済大手7社比較!今から導入する決済方法は?

スマホ 決済 導入

スマホ決済の仕組みとメリット 上述のとおり、スマホ決済には大きく分けて「キャリア決済」「非接触IC決済」「QRコード決済」の3種類です。 ここからは、それぞれの決済手段の仕組みと事業者さまがご導入されるメリットを具体的にご説明いたします。 お持ちの携帯電話で簡単に決済が出来るため、クレジットカードをお持ちでないお客さまや、クレジットカード情報をWeb上で入力したくないお客さまにもお使い頂ける点が特長です。 事業者さまの導入メリットとしては、下記が挙げられます。 顧客層拡大 クレジットカードが不要という点で、これまでアプローチできなかった顧客層への拡大が見込めます。 特にクレジットカードを持てない方が多い10代のお客さまや、20代前半のお客さまの顧客化に有効な決済手段です。 かご落ち防止に貢献 決済時に、クレジットカード番号のような長い情報を入力する必要がないため、入力に手間を感じてかご落ちするお客さまや、そもそもクレジットカードをお持ちでないお客さまのかご落ち防止に繋がります。 例えば、電車の中や外出先など、クレジットカードを出すには気が引けるような場所でも気軽に決済ができるためお客さまの購入率が向上します。 代金未回収リスクのない安心決済 正常に決済処理が完了したお取引については、お客さまに代わり各キャリアが事業者さまに商品代金の立替払いをします。 そのため、お客さまが代金をお支払にならなかった場合でも、事業者さまの代金未回収リスクがありません。 非接触IC決済について 非接触IC決済とは、Apple PayやGoogle Pay、おサイフケータイなどに代表される決済サービスです。 お客さまは、スマートフォンの決済アプリに電子マネーを取り込み、クレジットカードを登録することでご利用できるようになります。 それぞれの特徴を簡単にご紹介いたします。 Apple Pay Apple Payは日本で発行されるクレジットカードの多くと連携することができ、電子マネーはSuica、iD、QUICPayに対応しています。 iPhone 7以降の機種に電子マネーとクレジットカードを登録することで、スマートフォンを店舗の決済端末にかざすだけで決済できたり、交通機関の改札機を通過することができます。 Google Pay Google Payはお客さまのGoogleアカウントに登録したクレジットカード情報を利用して、商品代金を支払える決済手段です。 Androidのスマートフォン向けの決済サービスで、楽天Edyやnanaco、Suica、WAONなどの電子マネーを中心に対応しています。 Apple PayとGoogle Payは店舗の導入だけでなく、ECサイト上でも導入が進んでいます。 Apple PayやGoogle PayをECサイトにご導入されると、既にクレジットカード情報を登録済みのお客さまは決済時にApple PayやGoogle Payを選択するだけでクレジットカード情報や住所を入力する必要がなく、スマートに決済することができます。 QRコード決済について QRコード決済とは、お客さまがスマホ決済アプリにてQRを表示し店舗側で読み取る、もしくは店舗側が提示するQRコードをお客さまが読み取って決済を行うサービスです。 非接触IC決済とは異なり、銀行口座があれば決済ができるため、クレジットカードをお持ちでないお客さまにもご利用いただけます。 加えて、iPhoneやAndroidといったスマートフォンのOSに依存しないため、アプリをダウンロードすればほとんどの機種でご利用できるのもメリットの一つです。 日本国内のQRコード決済では、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay等が主な決済手段として存在しますが、キャッシュレス化が加速する中、徐々にその数も増加しています。 また、中国のQRコード決済である銀聯QR、Alipay、WeChat Payも訪日対策として国内でご導入される事業者さまが多くなっています。 SBペイメントサービスが選ばれる理由 当社ではオンライン決済・店舗向け端末の両方のソリューションをご提供しております。 当コラムでご紹介しました、キャリア決済では、SoftBankの「ソフトバンクまとめて支払い」、docomoの「ドコモ払い」、auの「auかんたん決済」をまとめてご導入いただくことができます。 また他のオンライン決済手段と一緒にご導入いただく場合でも契約や経理処理も一本化でき、業務効率の改善にもつながります。 店舗向け端末では、交通系ICや楽天Edyなどの非接触IC決済を行える据置型の「VEGA3000」や、お客さまのQRコード決済を読み込み、決済を行うQRコード決済サービス「S! can」をご提供しております。 スマホ決済の導入を検討なさっている場合は、ぜひ一度お問い合わせください。 Apple Payを利用するにはiOS 10. 1以降が必要です。 Apple Payに対応しているデバイスについてはをご覧ください。 Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPad、iPhone、Mac、SafariはApple Inc. の商標です。 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。 Apple Payの詳細はをご確認ください。 Google Payおよび Google ロゴは Google LLC の登録商標です。

次の

スマホ決済サービス5選。メリットやCAT端末との比較も

スマホ 決済 導入

郵便窓口におけるキャッシュレス決済 キャッシュレス決済可能な商品・サービス 郵便窓口においてお取り扱いする次の商品・サービスについては、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済でお支払いいただけます。 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃• 切手販売は、1回の取引において10万円が上限額です。 カタログ、店頭商品などの物販商品 ただし、次の商品・サービスには、ご利用いただけませんので、ご注意ください。 宝くじ• 代金引換郵便物等の引換金• 税付郵便物の関税• 地方公共団体事務(各種証明書等の交付、バス回数券の販売などの受託事務) ご利用可能な決済ブランド クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む。 電子マネー• (交通系)• PiTaPaは利用できません。 スマホ決済• キャッシュレス決済を導入している郵便局(2020年3月現在) 7月7日以降、キャッシュレス決済の導入を予定している郵便局(都道府県別) 北海道・東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄• 郵便局名、所在地等については、2020年6月26日時点での情報となります。

次の

【2020年版】スマホ決済大手7社比較!今から導入する決済方法は?

スマホ 決済 導入

スマホ決済には携帯電話の料金とまとめて支払いができる と、小型のカードリーダーを利用してスマホでクレジットカード決済ができる があります。 キャリア決済とは、 各キャリアの専用画面でIDとパスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に支払いできるサービスです。 支払者は代金を携帯電話の利用料と合わせて払うことができる、便利で人気の高い決済方法です。 一方、端末・POSシステム決済は、 モバイル端末機やカードリーダーとスマホを組み合わせた、持ち運び可能なクレジットカード決済システムです。 クレジットカード情報をその場で読み取ってすぐに決済するため、店舗だけでなく屋外でも利用できます。 スマホを高機能のPOSシステムとして利用できるため、在庫管理など事業者様の利便性向上にも貢献しています。 今回は特に、端末・POSシステムでのクレジットカード決済について注目してみましょう。 政府もクレジットカード利用を後押し 2020年開催の東京オリンピックに向けた取り組みの一環として政府は、 外国人によるクレジットカード利用のためのインフラ整備を掲げています。 アメリカや韓国などの諸外国ではクレジットカードの利用率が高く、「支払いはクレジットカードで」が常識です。 そのため、外国人観光客を誘致すべく内閣と関係省庁が連名で を政策として発表しています。 この政策の中に 「面前決済の一般化」という項目があります。 諸外国では、お客様の目の前でカード決済処理を行うことが一般的です。 お客様のクレジットカードを預かって店奥にあるレジで処理してくる方法は日本独特で、外国人は不安に感じます。 そのため、日本ではクレジットカード利用を避ける外国人も多くいるほどです。 キャッシュレス化促進のためにも「面前」、つまり その場で決済できるスマホ決済への期待が高まっています。 スマホ決済はセキュリティが重要 クレジットカード番号の盗難やスキミング被害など、クレジットカード利用には危険もあります。 そのため、スマホ決済には強固なセキュリティが必要です。 スマホ決済はアプリケーションとスマホ本体、カードリーダーやPINパッドなどの周辺機器を使って行います。 それぞれに高いセキュリティ対策をすることが必要であり、 情報漏えいを防ぐため通信はすべて暗号化します。 支払者が安心して利用できるように、日本クレジットカード協会(JCCA)では 「スマートフォン決済の安全基準等に関する基本的な考え方」という文書の中で、以下のような基準を設けています。 「アプリケーションにはカード情報を保存せず、承認処理終了後にすべてを破棄すること。 また、アプリケーションを遠隔操作で機能停止もしくは削除する機能を設けるほか、データ領域をほかのアプリケーションからアクセスできないようにすること。 スマートフォンに関しては端末を特定できるよう認証する必要があり、暗号化された会員情報などのデータはスマートフォンで直接閲覧・編集できないようにすること。 さらに、カードリーダーやPINパッドなどの周辺機器は読み取ったカード情報を暗号化する機能を持ち、PCI-PED認証やEMV 2000 V4. 0 Level 1 および Level 2 などの認証を取得すること。 」 これらの基準を満たしたセキュリティにより、安心してスマホ決済を利用できるのです。 【注釈】.

次の