プロパンガス 料金 一人暮らし。 二人暮らしのプロパンガス使用量と料金の平均は?

札幌で一人暮らしの方、ガス代教えてください! 札幌で一人暮らしをするつもりなのですが プロパンガスの物件はガス代が高いと よく聞きます。 いま、悩んでいる物件は 灯油暖房、プロ

プロパンガス 料金 一人暮らし

目次:• 一人暮らしの平均的なプロパンガス使用量 一人暮らしだと、どのくらいLPガスを消費しているのでしょうか? 一人暮らしでを使用している人は、毎月どのくらいの量を消費しているのでしょうか? 経産省の外郭団体である一般財団法人日本エネルギー経済研究所・石油情報センターによると、二人以下の世帯においては、平均で毎月6. 5㎥のプロパンガスを使用しているという結果が出ています。 この統計には二人暮らしの使用量も含まれており、「一人暮らし世帯」のみであれば、これよりも少ないことが予想されますね。 そのため、 月平均でおよそ5㎥程度が一人暮らし世帯のプロパンガス使用量だと考えられます。 また、プロパンガスの使用量は季節によって変動します。 給湯器やガスストーブなどを使う機会の増える冬は使用量が多くなり、逆にこれらを使う機会が減る夏は使用量も少なくなります。 一人暮らし世帯の場合であれば、年間の平均がおよそ5㎥ですので、 夏場は3㎥、冬場なら7㎥程度に使用量が変動することが予想されます。 プロパンガス料金が高い? ご相談くださいプロパンガス料金にお悩みの方はぜひ無料相談サービスをご利用ください。 プロパンガスのエキスパートがガス代を安くするための解決策をご提案します。 まずはの上、ご相談ください。 ・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・ ・電話受付: 月-金 午前9時-午後7時, 土日祝 午前10時-午後5時 年末年始を除く 都道府県別・一人暮らしの平均的なプロパンガス料金 続いて、 一人暮らしの場合、毎月のプロパンガス代はいくらぐらいになるかを調べてみました。 次の表は、石油情報センターのプロパンガス(LPガス)地域別平均小売価格データに基づいて、毎月5㎥ガスを使用(=一人暮らしの平均ガス使用量)した場合に、ガス料金がいくらになるかを計算したものです。 ガス料金の相場は地域ごとに異なるため、都道府県別に金額を示しています。 お住まいの地域の料金をチェックしてみましょう。 一人暮らし世帯のプロパンガス料金平均(ひと月当たり) 都道府県 平均料金 都道府県 平均料金 6,061円 青森県 5,508円 5,517円 宮城県 4,773円 秋田県 5,240円 山形県 5,408円 5,240円 4,488円 栃木県 4,433円 4,473円 4,359円 4,370円 東京都 4,376円 4,345円 新潟県 5,085円 4,854円 山梨県 4,516円 4,709円 4,576円 4,637円 三重県 4,601円 富山県 5,330円 石川県 5,072円 福井県 4,998円 4,700円 京都府 4,791円 4,584円 4,412円 兵庫県 4,944円 4,726円 鳥取県 5,223円 島根県 5,253円 5,138円 広島県 5,026円 山口県 5,213円 徳島県 4,677円 香川県 4,862円 4,854円 高知県 4,672円 4,904円 佐賀県 4,980円 長崎県 4,945円 熊本県 4,820円 大分県 4,653円 宮崎県 4,875円 鹿児島県 4,803円 沖縄県 4,923円 石油情報センター「液化石油ガス市況調査 令和元年8月末現在 」に基づいて算出。 ) 「平均よりも高かった!」という方は、次でご紹介するガス料金を安くする方法をチェックしてみてくださいね。 また、平均より安かった場合でも、 プロパンガスは値段の幅が非常に広い商品ですので、今よりもっとガス料金を安くできる可能性がありますよ。 こちらの「」を使えば、今よりガス代を安くできる可能性があるかどうかを確認できます。 お住まいの都道府県とガスのひと月あたりの使用量・料金がわかれば簡単に診断可能です。 一人暮らしのプロパンガス料金が高い。 安くする方法は? プロパンガス(LPガス)料金を安くするためには具体的にどうすればよいか、物件の種類別にご紹介します。 戸建て持ち家にお住まいの場合 戸建ての持ち家にお住まいであれば、プロパンガス(LPガス)会社を自由に選ぶことができます。 お住まいの地域で供給しているプロパンガス販売店は今のところ以外にもあるはずですから、安い料金設定のことで、効果的にガス料金を下げることができます。 プロパンガス販売店の切り替えは、「ガス会社切替無料相談サービス」を活用するのがおすすめです。 今より安く優良な販売店を見つけて紹介してくれる、完全無料のサービスです。 自分で販売店を探して、それぞれの料金と契約条件を調べて、比べて・・という手間が省けるので便利ですよ。 下記のフリーダイヤル、もしくは無料相談フォームからお気軽にご相談いただけます。 もしくは ・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・ ・電話受付: 月-金 午前9時-午後7時, 土日祝 午前10時-午後5時 年末年始を除く アパート・マンションなど、賃貸・集合住宅にお住まいの場合 賃貸住宅や集合住宅に入居している方は、残念ながらご自身の意思でプロパンガス(LPガス)販売店を変えることができません。 なぜなら、販売店との直接の契約者は物件のオーナー(大家さんや管理会社)であるためです。 参考:「」 ですから、賃貸・集合住宅にお住まいの場合、販売店を変えたいと思ったら、 契約者である大家さんや管理会社にまず相談する必要があります。 この時、要望を受け入れてもらいやすくするために、説得の材料として、事前にや、他の販売店の料金設定を調べておくようにしましょう。 また、他の入居者の方と複数名でお願いすることも有効な手段だと言えます。

次の

札幌で一人暮らし!ガス代は?北海道のプロパンガスを全国平均と比較しました

プロパンガス 料金 一人暮らし

基本料金は必ず発生する料金、従量料金は使った分だけ発生する料金です。 ガス使用量の単位は「㎥」となります。 では次に一人暮らしのガス料金の「平均」を見てみましょう。 一人暮らしの毎月の平均使用量は約5㎥、請求金額は「約4500円」となります。 あくまで平均の数値ですから、夏場はガス代が下がるけど冬は逆に上る可能性があります。 都市ガスとプロパンガスで料金は変わってくる! ちなみにガスには「都市ガスとプロパンガス」の2種類あります。 都市ガスのほうがプロパンガスよりも圧倒的に安いという利点があります。 都市ガスの基本料金の平均は使用量が20~40㎥の場合、約1000円、1㎥あたりの 単位料金は130円です。 これに対し、プロパンガスは基本料金が約1900円、1㎥あたりの従量単価の平均は500円です。 これだけでも「いかにプロパンガスが高いのか」が分かりますね。 では、それぞれ5㎥使用した場合のガス料金を計算してみましょう。 比較すると、「プロパンガス利用者は1年間で33000円も、都市ガス利用者より多くガス代を支払っている」計算になります。 しかし、料金が約2倍以上高いので、プロパンガス代の方が高額になってしまうのです。 年間で33000円も多く支払いたくない! しかし、都市ガスに変更できないエリアも 「じゃあ都市ガスで契約すれば良いんだ」と思うかもしれませんが、アパートやマンションの場合、予め「どちらのガスが使えるか」が決まっており自分で選ぶことができません。 しかも、都市ガスを提供する事業者のほとんどは「都市部」を中心に供給しており、地方では供給できる環境が整っていません。 それに加え、都市ガスは導入費用が非常に高額となるため、アパートやマンションなど集合住宅ではあまり利用されていないのです。 自分の今現在のガス代と比較していかがでしょうか? 「だいたい同じぐらい」「使ってる量は同じだけど請求額が高い」という方は、これから今回紹介するガスの節約方法を参考に節約に挑戦してみてください。 一人暮らしのガス代を安くする節約方法は? お風呂でのガス消費量が、ガス代の節約成果を左右します。 シャワーは出しっぱなしにして使っているという方はかなり多いのではないでしょうか? 寒い時期は浴室は特に冷えますから、シャワーは流しっぱなしにしておきたい気持ちも分かります。 しかし、お湯を出すにはガス代が発生しており、流しっぱなしにしているということは、それを無駄に消費してしまっているのです。 頭や身体を洗う際は、できるだけ時間をかけずシャワーを使う量を抑えるようにしましょう。 一人暮らしですとシャワーだけで済ませてしまう方も多いかと思います。 浴槽にお湯を溜めるのは物凄くガス代がかかると思いがちですが、実はシャワーだけで済ませるのと料金は大きな差はないのです。 お風呂の設定温度も注意! お風呂で使うお湯の温度設定にも注意が必要です。 温度を高く設定すればその分エネルギーを必要としますのでガス代は高くなります。 熱いお風呂に入るのが好きという方も多いかもしれませんが、お湯の温度が高くなればガス代がかかるだけでなく「リラックス効果」も薄れてしまいますので、温度設定は高すぎないようにしましょう。 追い焚きもガス代が高くなります。 追い焚き回数を減らすためには、 湯船に「保温シートをする」などしてお湯の温度を保つようにしましょう。 キッチンでできる節ガス方法は? 料理をする際もガスを使用しますので、節約を意識して行なうことが大切です。 お湯を沸かしたりフライパンや鍋に火をかける際は、炎がはみ出ないように調節しましょう。 炎がはみ出ている状態は非常に熱効率が悪いですから、無駄にガスを消費してしまいます。 また、蓋を極力使うようにすることも大切です。 フタをすることで熱が逃げにくくなりますので、その分ガスの消費を減らすことができます。 さらに、冬場はお湯を使って洗い物をする方が多いかとお思いますが、これもかなりガス代を消費してしまいます。 炊事用手袋などを、ぜひ活用してください。 プロパンガス料金はガス会社乗り換えで安くなる場合も! アパートやマンションなどの集合住宅の場合、必ず大家さんの承認が必要となります。 その理由は、ガス会社と契約しているのは大家さんだからです。 しかし、相談すれば必ず承認してくれるわけではありません。 時には反対されることもあります。 ガス会社は「配管や給湯器の無償で貸与している」のをご存知でしょうか? ガスを使用するのに必要な設備をタダで設置してもらえるわけですから、これほど有り難いことはありません。 しかし、厳密に言うとタダではないのです。 と言うのも、毎月のガス料金に配管や給湯器の料金が分割で上乗せされているのです。 配管や給湯器の設置費用の支払期間は契約時に決められており、その支払期間が終了する前に解約する場合は払い残っている費用を契約者である大家さんは支払わなければいけないのです。 このような事情があるため、ガス会社の変更をすんなりとは認めてくれないのです。 中にはガス会社から毎月金銭を受け取っている大家さんもいます。 大家さんを納得させる方法とは? ではこのような場合、どうすればガス会社を変更できるのか、紹介していきます。 まず、一人で交渉しても大家さんを納得させるのは難しいです。 そのため、 「入居者全員で交渉すること」をオススメします。 入居者の総意であることを大家さんに伝えれば簡単に断ることはできません。 その為にも、署名を作成することが大切です。 きちんと形あるものとして証拠を残しておかなければ大家さんも納得しませんから、入居者の総意であることを書面等に残しておくようにしましょう。 そのほか、「大家さんがガス会社の変更を良しとしない理由」は残存価格の支払いが大きいです。 そこで、新しいガス会社に残存価格を負担してもらうようにします。 そうすれば、大家さんは残存価格を支払う必要がありませんから、変更を認めてくれるかもしれません。 もちろん、新しいガス会社が必ずしも残存価格を払ってくれるわけではありませんので、先に問い合わせましょう。

次の

一人暮らしのガス代は平均いくら?都市ガスとプロパンガスの料金の差は?

プロパンガス 料金 一人暮らし

一人暮らしのガス代の平均はいくら?という疑問を解決します!都市ガスとプロパンガスの差や、夏と冬のガス代の差、地域ごとの平均ガス代、キッチンとお風呂でのガス代節約方法や、節約してもガス代が高い場合の対処方法も紹介します! 一人暮らしの1ヶ月のガス代の平均は4,500円 総務省統計局の家計調査によると、一人暮らしの毎月のガス代平均は 約4,500円です。 これはあくまで全国調査なので、実際はお部屋のガスが「都市ガス」か「プロパンガス」かなどによって、金額は大きく異なります。 お部屋のガスの種類や、夏と冬でのガスの使用量の違い、地域ごとのガス代平均を紹介するので、参考にしてください。 プロパンガスと都市ガスでの費用比較 都市ガスは公共料金なので、ある程度金額が一定に設定されています。 プロパンガスは、自由価格なので企業によって値段が違います。 そのため、都市ガスはプロパンガスに比べて料金が安く、プロパンガスのほうが約2倍近くも費用がかさみます。 以下の表は、東京都内で月間5㎥のガスを使った場合の平均料金です。 この5㎥というガス使用量は、一人暮らしの平均です。 都市ガス プロパンガス 1㎥あたりの料金 314円 504円 5㎥使用した場合 1,570円 2,520円 基本料金 750円 1,574円 月額合計 2,320円 4,094円 1ヶ月で約1,700円、1年で約2万円もの差がでます。 一人暮らしであれば、都市ガスで十分に生活できるので、費用を少しでも抑えたいのであれば都市ガスのお部屋を探しましょう。 季節ごとのガス代と使用量の違い ガス代は時期によって大きく変わるので、季節ごとに平均的なガス代をまとめました。 逆に夏は暑く、お湯を使う回数が減るのでガス代が安くなります。 冬と夏を比べると、1ヶ月で約2,500円もガス代に差が出ます。 地域ごとの平均のガス代比較 総務省統計局の調査を元に、一人暮らしの平均的なガス代を地域別にまとめました。 関東・東海が高額で、北海道・沖縄ではガス代が安くなっているようです。 北海道 3,636円 東北 4,558円 関東 5,354円 北陸 4,459円 東海 5,374円 近畿 5,180円 中国 4,233円 四国 4,273円 九州 4,118円 沖縄 3,697円 キッチンでのガス代を節約するコツ キッチンでガス代を節約するコツは「なるべく電子レンジを使う」「冷水で食器を洗う」ことです。 この2つを心がけるだけでも、月300~500円ほどガス代を節約できます。 キッチンでのガス代を節約する詳しい方法は以下です。 すぐにできることばかりなので、気になる方は試してみてください。 ・一気にたくさん作って作り置きする ・火は強火にせずできるだけ中火を使う ・野菜の下ゆでにはレンジを使う ・冷凍物はレンジで解凍してから調理する ・お湯は電気ケルトで沸かす ・鍋に蓋をして熱を逃がさないようにする ・短時間で料理できる炒め物を中心に食事を作る ・食器類はできるだけ冷水で洗う ・お湯で洗うなら溜め洗い用の桶を使う とくに電子レンジ調理は、ガス代の節約だけではなく、調理時間短縮にも繋がるので一人暮らしにおすすめです。 お風呂でのガス代を節約するコツ お風呂でのガス代を節約するコツは「お湯の使用量を減らす」ことです。 お風呂はシャワーで済ませる人は、浴槽にお湯を溜める人と比べると、月700円ほどガス代が安くなります。 お風呂でのガス代を節約する詳しい方法は以下です。 寒いからといって、お湯の温度を高く設定すると、ガス代が高くなるので要注意です。 節約中でもガス代が抑えられない時に確認すべきポイント 節約していてもガス代が抑えられていないと感じる人は「ガス漏れ」「不正な値上げ」「ガスの設備費用が上乗せ」のどれかを疑いましょう。 ガス漏れの場合は、「ガスの元栓」「ガスメーター」「ガスホーム」の3ヶ所を確認してください。 下記に当てはまった場合は、すぐにガス会社に連絡して調べてもらいましょう。 ・ガスの元栓の閉め忘れをしていないか ・元栓のキャップがとれていないか ・ガスメーターのランプが赤く点滅していないか ・ガス機とガス栓をつなぐホースに亀裂がないか 不正な値上げを疑う場合は、過去のガス明細の基本料金から勝手に金額が上がっていないか確認しましょう。 都市ガスはホームページに料金が公開されています。 ガスの自由化により、ガス会社を選べるので費用を比較してガス会社を変えましょう。 プロパンガスの場合は、規定の料金が決まっていないので勝手に値上がりしている可能性があります。 もし勝手に値上がりしていたら、すぐに消費者センターに相談すべきです。 また、賃貸住宅はガスの設備費用が掛かります。 基本的に管理会社や大家さんが負担しますが、まれに設備費が上乗せされています。 どういう契約内容か1度、確認しましょう。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の