空の青さを知る人よ 歌詞 意味。 【映画】空の青さを知る人よの考察まとめ!しんのが消えた理由やタイトルの意味も

[ネタバレ]『空の青さを知る人よ』感想・解説・考察!セリフを振り返ると気づくこととは?

空の青さを知る人よ 歌詞 意味

「空の青さを知る人よ」のレンタル配信が決定いたしました。 2020年7月1日 水 正午より各配信プラットフォームにて順次配信開始となります。 ぜひお買い求めください! 詳細情報は下記のとおりです。 イベント情報詳細は Amazonプライム・ビデオにて「空の青さを知る人よ」のデジタルセル販売が、2020年6月10日 水 正午より開始となります! またこれを記念して、「劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」・「心が叫びたがってるんだ。 」のデジタルセル、そして上記3作品を合わせたお得な「劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 「空の青さを知る人よ」のみ、先行予約を5月29日 金 正午から受け付けておりますので、是非ご予約下さい。 詳細情報は下記のとおりです。 」2,800円 税別 「心が叫びたがってるんだ。 」 2,800円 税別 「空の青さを知る人よ」 2,800円 税別 「劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 フル尺でなくても参加可能です。 ぜひ奮ってご参加ください! Blu-ray&DVDは2020年6月10日(水)発売です。 Blu-ray&DVDの詳細は 松平健さん出演の「秩父どんと恋」スペシャルダンスムービーは Blu-ray&DVDの発売を記念して、松平健が演じる大物演歌歌手、新渡戸団吉が劇中で披露している楽曲「秩父どんと恋」のフル尺の振り付けを、出演者や関係者などがオリジナルの振付でダンスをしたスペシャルムービーを公開しました! スペシャルダンスムービーは この度公開されたスペシャルダンスムービーは、新型コロナ感染症対策による「STAY HOME」を推奨する一環として、自宅でダンス振付をして楽しめるように制作されました。 ぜひご自宅でお楽しみください! Blu-ray&DVDは2020年6月10日(水)発売です。 開催情報に関しては公式サイトおよび公式Twitterにて順次告知いたします。 チケット優先販売申込券は6月10日(水)発売のBlu-ray&DVD完全生産限定版に封入されます。 楽しみにお待ちいただいているお客様に多大なご迷惑をおかけいたします事、深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ご了承ください。 一部地域を除く 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 ご了承ください。 一部地域を除く 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 ご了承ください。 一部地域を除く 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 ご了承ください。 一部地域を除く 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 この度、映画「空の青さを知る人よ」に『UDCast』方式を採用した視覚障害者用音声ガイド、聴覚障害者用日本語字幕が付くことになりました。 音声ガイドは、専用アプリをインストールしたスマートフォン・iPod touch等の携帯端末をお持ちの方はどなたでも、全ての上映劇場、上映回にて、音声ガイド付きで映画をお楽しみいただけます。 一部Android端末には『UDCast』アプリに未対応の機種がありますので、事前に動作確認をお願いします。 日本語字幕は、字幕表示用の専用メガネ機器に『UDCast』アプリをダウンロードし、専用マイクをつけてお持ちいただければ、全ての上映劇場、上映回にて、日本語字幕付きで映画をお楽しみいただけます。 、、ではメガネ機器の貸し出しを実施しております。 事前予約制となります。 貸し出し方法等の詳細は劇場名をクリックいただき、ご確認をお願いします。 音声ガイド提供開始日:2019年11月1日(金)予定 日本語字幕提供開始日:2019年11月1日(金)予定 上記の提供開始日より前はご利用いただけませんので、ご注意ください。 なお、スクリーンに字幕を表示する日本語字幕付き上映は、別途、一部劇場にて期間限定で上映します。 上映劇場・スケジュールはシアターリストにて随時更新しておりますので、ご来場前にご確認くださいませ。 『UDCast』の詳しい説明、及び動作確認はまで 上映劇場はこちら(埋め込み:シアターリスト)まで 【UDCastに関する問い合わせ先】 Palabra株式会社 電話:0120-291-088 FAX:03-5937-2233 メールアドレス: 【新聞・雑誌】 9月21日(土) ・「SPRiNG」表紙・インタビュー(吉岡里帆)・インタビュー(あいみょん) ・「GINGER」インタビュー(吉沢亮) ・「Ray」表紙(吉沢亮)・インタビュー(吉沢亮・若山詩音) ・「ViVi」インタビュー(あいみょん) ・「SPUR」インタビュー(吉沢亮・若山詩音) 9月24日(火) ・「TVfan」インタビュー(吉沢亮) ・「スカパー!TVガイドBS+CS」インタビュー(脚本:岡田麿里) ・「スカパー!TVガイド プレミアム」インタビュー(脚本:岡田麿里) ・「TV Bros. ご了承ください。 一部地域を除く 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 」「心が叫びたがってるんだ。 」と共に 超平和バスターズ(長井龍雪・岡田麿里・田中将賀)の軌跡をお伝えします。 ご了承ください。 (一部地域を除く) 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 【新聞・雑誌】 9月14日(土) ・「ジュニアエラ」インタビュー(吉沢亮) ・「季刊S」インタビュー(キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀・長井龍雪監督) ・「ロケーションジャパン」インタビュー・表紙(吉沢亮) ・「TOHOシネマズマガジン」インタビュー(吉沢亮) 9月19日(木) ・「CUT」インタビュー(吉沢亮・長井龍雪監督) ・「月刊Clubism」表紙・インタビュー(吉沢亮) 9月20日(金) ・「non-no(コンパクト版)」表紙・インタビュー(吉沢亮) ・「BARFOUT! ご了承ください。 (一部地域を除く) 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 全国の映画館やコンビニ、ムビチケオンライン等にてムビチケ前売券をご購入いただいた皆様に向けて、『空の青さを知る人よ』限定ビジュアル壁紙をプレゼントする事が決定! 本日よりプレゼント開始となりました! キャスト写真版限定ビジュアルや田中将賀描き下ろしイラストなど、前売券特典でしか手に入らないもの含め、全4種のダウンロードが可能です! ご購入のムビチケ前売券に記載された購入番号と、暗証番号を特設サイトに入力し、アクセスすると、限定ビジュアル壁紙のダウンロードが可能になります。 プレゼント終了の際はご了承ください。 転売はご遠慮ください。 ご了承ください。 (一部地域を除く) 詳しくは各局のホームページをご覧ください。 映画「空の青さを知る人よ」の主題歌を、あいみょんが担当する事が決定しました! 本作の主題歌は、映画と同じタイトル「空の青さを知る人よ」。 映画と主題歌、あわせてご期待ください! 【コメント】 あいみょん/主題歌 脚本を読ませていただいた時、しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました。 監督やスタッフの皆さんに曲を聞いていただいた時に、「この楽曲と寄り沿いながら映画を作っていきたい」と言ってくださり、映画づくりの一員として携われたことを、とてもありがたいなと思いました。 楽曲制作の最初に映画のタイトルまるまる使った曲を作りたいという話をしていたので、作れたことを嬉しく思っています。 作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので映画も楽曲も楽しみにしてください! 川村元気/プロデューサー 井の中の蛙、大海を知らず。 されど、空の青さを知る。 長井龍雪監督、岡田麿里さん、田中将賀さんにそのことを伝え、全員一致でお願いしようとなった。 劇中の登場人物が田舎町から上京したときに歌った曲として「空の青さを知る人よ」を書き下ろしてもらった。 上がってきた曲を聴いて驚いた。 情けなくて、嬉しくて、あたたかいけど、痛くて、忘れることができない想い。 映画『空の青さを知る人よ』に、実力派声優陣の参加が決定いたしました。 慎之介とあかねの同級生で高校時代はドラムとして慎之介とバンドを組んでいた中村正道を、落合福嗣。 正道の一人息子で11歳の小学五年生・中村正嗣を、大地葉。 あおいの同級生でバンドマンの彼氏を作るのが目標の大滝千佳を、種﨑敦美が演じます。 どうぞ、ご期待ください。 【コメント】 長井龍雪 監督 正道はあかねのことを想いながらも踏み込めない不器用で一生懸命なキャラクターで、落合さんが演じて下さったことで思わず応援したくなる愛らしさを加えて頂けたと思っています。 正嗣は小学生ながら客観的に物事を見て発言するキャラクターで、大地さんの落ち着きと幼さを兼ね備えた声質と演技がぴったりだと思いました。 千佳はストレートな物言いが特徴的でマイペースに誰とでも接する女の子です。 種﨑さんに演じて頂けたことで、快活さと良い意味でのゆるさを表現して頂けました。 物語を彩る個性豊かな三人にも注目して頂けると嬉しいです。 映画『空の青さを知る人よ』のキャストが発表されました。 慎之介のかつての恋人・相生あかねを、吉岡里帆。 あかねと二人で暮らす高校生の妹・相生あおいを、若山詩音。 慎之介がバックミュージシャンをつとめる大物演歌歌手・新渡戸団吉を、松平健が演じます。 どうぞ、ご期待ください。 【コメント】 吉沢亮/金室慎之介・しんの 役 長井監督の作品は以前から観させて頂いていて、ファンタジーとリアルが絶妙なバランスで混じり合う世界観の中で必死に叫ぶ登場人物たちの姿に、何度も泣かされました。 声優のお仕事に関しては、台本の読み方すらもわからないど素人ですが、監督を信じながら今までのお芝居とは全く異なる視点から役を作っていく時間は、とてもチャレンジングであり、幸せな時間でした。 物語はもう、言うまでもなく、めちゃくちゃ面白いです。 めちゃくちゃです。 不器用でどうしようもなく愛おしいキャラクター達によるちょっと不思議な恋、姉妹愛。 是非お楽しみに。 吉岡里帆/相生あかね 役 長井監督の作品が本当に大好きで。 いつか長井監督の作る世界の中で私も一緒に過ごしてみたいと思っていました。 なので相生あかね役に決まったとわかった時は、すごく嬉しかったです。 姉妹愛、初恋、故郷への想い……。 初めから終わりまで、登場人物達の青さに胸がきゅうっと締め付けられます。 わし掴みです。 アフレコの際には、あまり声優のお仕事の経験がなかったので、不安が大きく緊張していましたが、長井監督に『空青』の世界観に連れて行っていただきました。 この作品に出逢えて本当に良かったです。 切なくて不思議な2度目の初恋の物語に会いに来て下さい。 若山詩音/相生あおい 役 相生あおい役に決まりましたとご連絡いただいた時には、本当にびっくりしたと同時にとても嬉しくなりました。 アフレコの際には、自分が喋っているときに聞こえる声と画面の向こう側で聞こえている声に違いがあり、難しなと感じると同時に、もっと演技の勉強をしなくてはと感じる現場でした。 そんな中で、私の足りない部分は長井監督をはじめ、スタッフの皆様、そして共演させていただくみなさんに導いていただき、あおい役をやりきることが出来ました。 松平健/新渡戸団吉 役 新渡戸団吉役は、非常にインパクトのある役で面白いなと思いました。 本作の中で色々とひっかきまわしたりする役です。 内容的にも、大変切ない話で、姉妹愛や現代と過去の融合みたいな、不思議な面白い作品に参加できるというのも大変嬉しかったです。 久しぶりのアフレコでしたので、長井監督の思われていた通りに出来たかわかりませんが、私なりに役を作って楽しみました。 劇中での歌唱シーンもありますので、そちらも楽しみにしていただければと思います。 長井龍雪 監督 吉沢さん、吉岡さん、若山さんともにオーディションにて決定をさせていただきました。 吉沢さんは元気な高校生のしんのと、やさぐれた31歳の慎之介という、同一人物でありながら年齢の違うふたりを、キャラクター性を理解して見事に演じ分けてくださいました。 オーディション段階では、同じキャストで年齢が違うキャラ同士の掛け合いを演じ分けるイメージが固まっていませんでしたが、吉沢さんの演じ分けを聞いて答えに辿りつけました。 吉岡さん演じるあかねというキャラクターは、両親が事故で亡くなり若い頃から苦労しているキャラクターなのですが、母親のような落ち着いた一面だけではなく、姉としての可愛らしさも感じられる演技をしてくださる方が良いなと思っていたのでオーディションでお聞きした時に柔らかな声と演技がぴったりだと思いました。 若山さんはオリジナルアニメ映画のメインキャラクターとして初めてのキャスティングとなりますが、澄んだ声質と一生懸命な演技が、不安定な時期の高校生あおいというキャラクターにマッチしていると思いました。 松平さんが演じられた新渡戸団吉というキャラクターは、この映画のバイプレイヤーであり狂言回しの役どころです。 物語にとっては必要不可欠のキャラクターで、大物演歌歌手という背景から、役に説得力を持たせられなければ作品全体の格が下がると思いましたので、説得力を持たせるために松平さんが持つ存在の力、「格」をお借りしたいと思いお声がけをさせていただきました。 皆様とこの作品でご一緒できることをとても嬉しく思っています。

次の

『空の青さを知る人よ(空青)』のガンダーラと幽霊【感想考察】

空の青さを知る人よ 歌詞 意味

山間の街に住む高校生・相生あおい。 進路を決める時期なのに大好きな音楽漬けの日々を送る。 そんな彼女を心配する姉・あかねの昔の恋人で、高校卒業後に上京したきりだった慎之介が、街に帰ってきた。 一方あかねと慎之介も13年ぶりに再会を果たす。 過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 小説 空の青さを知る人よ より引用 姉妹の相生(あいおい)あおい(妹)・あかね(姉)と、あかねが高校時代に付き合っていた恋人、慎之介とあおいの前に突然現れた、13年前の慎之介(しんの)の4人を中心に進む恋愛小説でした。 小説 空の青さを知る人よ 名言・名場面 あたし達は、巨大な牢獄に収容されてんの あおい 主人公のあおいが地元から東京に上京したいと考えており、前も後ろも、右も左も山に囲まれた秩父の街を見て比喩したセリフです。 それに対して姉のあかねは 「出た!あおいの中2リリック!」と返してます。 目玉にホクロがあると大物になれるんだってよ。 俺ら目玉スターだな! しんの あおいとしんの(金室慎之介)には目の中にホクロがあり、しんのがあおいにも同じ様なホクロがあった事に気づいて言ったセリフ。 モデルよりも、グラビアアイドルよりも、可愛くて、綺麗なババアだ しんの 13年前から戻ってきた、 しんのが31才になった、 あかねを見たときに言ったセリフ。 ババア、ババアと連呼しながらも、しんのの眼差しは暖かく、愛しかった。 妹を一番大切にできるあかねを好きになってよかった 金室 慎之介 よかったよ。 俺がどれだけツナマヨがいいって言っても、妹の好きな昆布のおにぎりしか握らないあかねで。 妹を一番大切にできるあかねを好きになってよかった 小説 空の青さを知る人より 引用 現在の慎之介が、あかねに対して言ったセリフ。 じゃあ、別の曲をリクエストしてもいい?ー『空の青さを知る人よ』 あかね じゃあ、別の曲をリクエストしていい? 空の青さを知る人よ ちゃんと買ったよ。 しんののデビュー曲 小説 空の青さを知る人よ より引用 あかねが慎之介に、曲を聞かせて欲しいと言った時のセリフ。 慎之介は、今は演歌歌手のバックミュージシャンとして働いているが、過去にソロデビューをした事があったのだ。 それを、あかねが知っていて慎之介が驚きながら唄う。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 小説 空の青さを知る人よ より引用 これは、まさしくあいみょんさんが映画主題歌の空の青さを知る人よの歌詞そのものですね。

次の

【感動】空の青さを知る人よ 小説 あらすじ 名言・名場面|おうちで楽しく過ごそう

空の青さを知る人よ 歌詞 意味

アラサーの男女の葛藤と、思春期の少女の複雑な心境を描いている 本作のあらすじをかいつまんで書くと、「田舎町にミュージシャンを夢見ていた男が帰ってくる、時を同じくしてなぜかその男の13年前の姿の生き霊(?)が時を超えて現れる」というものです。 そこから紡がれるのは、アラサーの男女の葛藤と、思春期の少女の複雑な心境だったりします。 言い換えれば、これは 「俺(私)の人生これでいいのかな…」と少しでも思っているアラサーにぶっ刺さりまくり案件であり、 思春期のモヤモヤしまくりの気持ちにも寄り添いまくっているんですよ。 メインターゲットは10代〜20代のアニメ(映画)ファンだと思うんですが、実際はいい年をした大人にこそ響くというのは(別ベクトルで)『』と同じですね。 脚本家・岡田麿里の独特のクセとは? ちょっと脚本家の岡田麿里について語っておきましょう。 多数のアニメの脚本を手がけている方なのですが、 男女関係を描くと妙に生々しいというか性的な何かが描かれることが多い、良くも悪くもクセの強い方だと思うんです。 『ここさけ』では バッチリ性的な要素が入っていましたし、『ひそねとまそたん』は可愛い絵柄で子供にもオススメできるんじゃないかと思ったら セフレという単語が普通に出てくるし、『さよならの朝に約束の花をかざろう』では 思春期の少年のマザコンの心境が明らかに描かれていたし、最新テレビアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。 』では女子高生が 性的な話題に振り回されるということが作品そのもののコンセプトだったりするのです。 それも脚本家の持ち味として肯定的に捉えたいのですが、ちょっと観る人を選ぶところがあるのは否定できないな…と。 し、直近の実写映画版『惡の華』では(原作の一部を省略したために)細部の詰めが甘いと思われるところもあったので、手放しでは褒められないな、というのも正直な気持ちでした。 『惡の華』うーん…期待してたんだけど…編集と演出のキレがイマイチ、原作と違う構成も鈍重で、井口昇監督らしいスピード感と勢いを感じにくいのが残念。 脚本も「ここ変じゃない?」なツッコミどころがあり詰めが甘いと思う。 玉城ティナに責められたいドMには超オススメだし原作再現度も高いけども。 ファンタジー設定も突飛なものながらしっかりと教訓のある寓話として生かされていますし、 岡田麿里脚本作品の中ではもっとも万人受けする内容になったと断言していいんじゃないでしょうか。 そして……個人的に本作でもっとも好きだったのは、登場人物の言動や行動を振り返ってみると「実はこういうことだったのでは…!?」と想像が膨らむこと。 ボイスキャストは文句のつけようがない! 本作でもう1つ賞賛したいのは、主要ボイスキャストが最高ということ。 31歳と18歳を見事に演じ分けた吉沢亮、『見えない目撃者』と全然違うホワホワ系お姉さんにベストマッチの吉岡里帆、子役として活躍していた若山詩音の可愛さと感情表現も完璧と、文句のつけようがありません。 「アニメは本業声優じゃないと認めん!」な過激派(自分含む)を全員黙らせる勢いでしょう。 クライマックスにはちょっと無理やり感も? 気になってしまったのは、ちょっと無理やり感のあるクライマックスですね。 おそらく「アニメ作品としての見せ場が必要だったからこうした」という事情があってのことなのでしょうが、むしろここが作品全体から浮いてしまっている印象で、違和感を覚えてしまいました。 もう1つ気になったのは、ヒロイン(お姉ちゃん)に31歳に見えなかったことでしょうか。 対して田舎に帰ってきた男が13年前の姿と違ったキャラデザインで、しっかり年齢差を感じさせたのたので、その対比でも外見が若すぎ思えてしまいました。 また本作は「実写でも実現可能ではないか」とも思える内容なんですよね(事実、前作『ここさけ』は実写映画化もされましたし)。 でも劇中ではベースの指づかいを滑らかに描き、「実際もこうだよなあ」と思わせる、故・高畑勲監督イズムのあるアニメの動きの気持ち良さががありますから、アニメで描く意義も確かにあったと思います。 姉妹萌えや各種関係性が尊い…! そんな風に欠点もあげてしまいましたが、本作のキモは 尊い関係性を描くことにあり、その描写がマジ最高なのでぶっちゃけ欠点などどこかに吹き飛びます。 だって お姉ちゃん好き好きのはずに外見はクールぶっている妹が主人公なんですよ。 可愛いの権現じゃないか!その他の関係性も「あっこれ好き」「尊死ぬ」なものばっかりだよ! また、本作は上映開始日の翌日に台風が来襲してしまい、その後も興行収入が伸び悩んでいるという厳しい現状があります。 以下からはネタバレです。 鑑賞後にお読みください。 これは『千と千尋の神隠し』の他、クライマックスなんですよね。 既視感がものすごい、物理的に無理があるというツッコミができてしまうという以上に、曲がりなりにも命の危険があるかもしれない姉を探しているシーンなので「そんなことをしている場合?」とも思ってしまうんですよね…。 「好きな人を応援したい」といいうあおいの純粋な気持ちを肯定するのは良いのですが、別の場面でやって欲しかったのが正直なところですね。 あとは、幕切れそのものは素晴らしいのですが、あおいと慎之介が共に本番の演奏をするシーンがなかったということも少し物足りないかも。 前述した通りベースの指づかいにアニメとしてのこだわりを存分に感じたので、最後にも演奏シーンが欲しかったですね。 ネタバレ:あかねの気持ち 姉のあかねが、「もう今日はおふろ入らずに寝よっかー」と言うのは、妹のあおいが大好きだから一緒に寝たい、という以上に 本来はズボラな性格であるということを意味している気がするんですよ。 同時に、あかねがあおいのために田舎に残る、家事も何から何まで「しっかりしている」ということは、 実は「無理をしている」んじゃないかな、とも思わせるんですよね。 また、あかねは「おおいは本当にあか姉ラブだね〜」と茶化していましたが、 逆に言えば「あおいから愛されている」ということを確認したかったんじゃないかなあ…と。 それがなかったら、今の自分も肯定しにくかったでしょうか。 事実、「あか姉(私は)みたいになりたくない!」というあおいの言葉に、あかねは力なく笑っていました。 「あおいのため」に選択をしていたあかねにとって、これ以上つらく、またあかねの自分の気持ちそのままの言葉は、なかっただろうな…。 ネタバレ:あおいの気持ち あおいはしんのになぜかデコピンをしろと命令していました。 なんで唐突にこれを頼んだのかと言うと……後のあおいのセリフでわかりましたね。 「優しくされると好きになっちゃう」って。 優しくされると好きになっちゃう、だから反対にデコピンというひどい目にあって、自分の恋心を振り払いたいと思っていたんでしょうね。 ネタバレ:ツグの気持ち みちんこの息子・ツグは、部屋にズケズケと上がり込んでいたあおいに「パンツ見えている」「部屋に上がり込んでくるあおちゃんもどうかと思うけど」と冷静にツッコミを入れていましたが……。 後にツグははあおいのことが好きだとしんのに告白。 つまり冷静に見えていたツグは内心ドッキドキだったのかもしれませんね。 それは、10代の若々しい頃のまっすぐな(好きな人への)気持ちを、(「じじい」と蔑称と呼んでいた)慎之介が取り戻したからなんでしょうね。 この後付けにより、「狭い世界にいるからこそ、その世界のことをよく知ることができる」という、ポジティブな解釈ができるようになっています。 本作の「空の青さを知る人よ」というタイトルは、盆地にある田舎にいて、そして13年という時を経て、本当に大切な気持ちを知ったあおいの気持ちを示しているのでしょうね。 そんなあおいの最後のセリフは 「空がクソ青い」でした。 しかし、それは同時に自分が大好きなしんの(慎之介)と添い遂げられない、失恋をしてしまうということなんですよね。 つまりは、空の青さ=その選択(世界)の素晴らしさも知ったけれども、 結局自分は失恋をしてしまうという理不尽=クソ、だから「空がクソ青い」ということ……これ以上納得できるセリフはないですよね。 思春期の少女の葛藤を帰着させた、見事な幕切れでした。 メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。 movieこちらの記事もおすすめです 今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。 ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。 映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。 カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように: done アニメ.

次の