兼近 更生。 EXIT「兼近大樹」の父親がリフォーム工事した結果wwww: 燃えよVIPPER

文春のEXIT兼近の少女売春逮捕は名誉毀損?未成年で更生後に報道はプライバシー侵害?

兼近 更生

2019年9月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0 ZERO 』 毎週水 27:00-28:30 にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が、EXIT・兼近大樹が10代での逮捕歴を報道された後でも、テレビ東京の番組『ゴッドタン』で、EXIT出演回を放送した理由について語っていた。 佐久間宣行:そのネタ EXITが出演した『ゴッドタン』ストイック暗記王の回 を流すかどうか、みたいな話になって。 まぁ、テレ東からは別にやめてくれとか全く一言も言われてないんだけど、「どうします?」って、番宣の人とかから訊かれたから。 まぁ…出さない番組もあるかもしれないけど、まぁまぁほら、お笑いだからさ。 お笑いをやってて、人が変わるとか、更生するっていうことを信じないっていうのは、あんまりねぇなと思って。 だからまぁ、「それは全然、普通に流しますよ」って。 「流そうよ」って、ディレクターと言って、編集をしてね。 で、編集も「あ、面白いね」って言って。 その後、ミックスっていう作業があんの。 ミックスっていうのは、音とかをつけて完パケ、放送できる状態にするっていうので。 そのミックスを見てて、インパルスのやつも見て、EXITのネタも見て。 「おお、面白いね」って。 それで、最後に「EXITはバカだけどいいコンビです」みたいなスーパー入れようぜ、みたいなことで盛り上がって。

次の

EXIT兼近の好きなタイプは?チャラ男キャラが明かした11年の片思い

兼近 更生

「絶対にバレる」と思っていた。 EXIT兼近が文春に語った過去の事実 事の発端となったのが、9月5日に発売された『週刊文春』(9月12日号、以下文春)の記事だ。 文春は、兼近さんが2011年頃に犯した罪について、3ページにわたり本人取材などに基づく内容を掲載した。 兼近さんは文春の取材に対し、「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて」と告白。 同誌が発売された当日にツイッターを更新し、自身の考えを綴った上で、以下のように謝罪していた。 この度は、お騒がせしてご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。 吉本、相方、先輩、後輩達にもご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ないです。 兼近は過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません。 (中略)今回の未成年時の罪を報道されてしまった事に関しては自分のした事なので、ルールはどうあれ受け入れます。 「社会全体として非常に危惧すべき問題」と吉本側は抗議 文春に掲載された記事を受け、兼近さんが所属する吉本興業は9月5日、公式サイトにを発表。 同雑誌を発行する文藝春秋社に対し、以下のように強く抗議していた。 弊社所属タレントに限らず、ある者が刑事事件につき被疑者となり又は有罪判決を受けたという事実は、その名誉又は信用に直接関わる事項として、プライバシー権・名誉権による憲法上の保護を受けることが裁判例上確立しています。 そして、その者が有罪判決を受けた後は、更生し、社会に復帰することが期待されているところ、公益を図る目的なしに前科に係る事実を実名で報道することは、不法行為を構成し得る行為とされております。 (中略)刑事処分が未成年の時点での犯行に対するものである場合には、成人後に犯した犯罪に対する刑事処分よりもその報道について一層の留意が必要であると考えられます。 仮に、未成年時の前科に係る事実を、その事件から長期間経過した後に、正当な理由なく軽々に実名で報道することが許されるとすれば、未成年の者についてその後の更生の機会を奪ってしまうことになりかねず、社会全体として非常に危惧すべき問題であることは明白です。 さらに吉本興業側は、次の3点について、兼近さんの人権を著しく侵害するものだとして文藝春秋社に事前に伝えていたが、同社はそれを考慮する事なく、記事の掲載に踏み切ったと主張する。 本件記事は公益性なく弊社所属タレントの前科を実名で報道するものである 2. しかも、当該前科はタレントが芸能活動を開始する前の未成年の時点におけるものである 3. さらに、何ら刑事処分を受けていない事実についても、あたかも犯罪行為を行ったものであるかのように報道するものであり、兼近の人権を著しく侵害するものであること また、吉本興業が、兼近さんから事前に報告を受けていたにも関わらず事実を公表しなかった理由については、 「(本人が)その後自らの行為を反省、悔悟し、当時の関係者とは一切の関係を断ち切り更生して新たな人生として芸能活動を続けており、また、上記のとおり未成年時代の前科という高度のプライバシー情報であることも鑑みて特段の公表はせずにおりました」と公表を控えた意図を説明。 同社は、「兼近が今後も芸能活動を通じて社会に貢献できるよう、芸能活動のマネジメントを通じて最大限に協力してまいります」とコメントしていた。 文春は「現在の兼近さんを否定するものではない」と主張 吉本興業の抗議を受けて、文春編集部は5日、ウェブ版で見解を。 「兼近さんの過去について、新たな情報を入手し、逮捕時に兼近さんは成人だったこと、その事実は実名で報道されていることを確認しました」と説明した。 さらに、社会的な影響力が大きい兼近さんの過去の逮捕歴を報じることについて、「兼近さんという芸人を語る上で、逮捕の過去は、切り離せない事実です」とも見解を述べている。 その上で、「逮捕の過去によって現在の兼近さんを否定するものではありません」とも主張。 「兼近さんという芸人がいかに生まれたのかを、ご本人の言葉によって伝える記事であることは、読者の皆様にご理解いただけるものと思います」としている。

次の

EXIT兼近逮捕報道の「文春」に批判続出…「未成年者の更生機会奪う」「倫理的に問題」

兼近 更生

スポンサーリンク 文春のEXIT兼近の少女売春逮捕は名誉毀損?未成年で更生後に報道は駄目? 吉本が文春の兼近少女売春報道に名誉毀損プライバシー侵害で訴える? EXIT兼近さんの少女売春あっせんを報道しましたが、これに対して吉本は当時、未成年だった兼近さんの実名報道なので名誉毀損・プライバシーの侵害だと訴える考えを示しました。 本件記事は、 兼近が未成年であり、弊社に所属して芸能活動を開始する前の2011年の時点における事実を、公益を図る目的なく報道するものであり、弊社所属タレントのプライバシー権・名誉権に対する重大な侵害にあたると考えざるを得ません。 また、本件記事は、兼近が何らの刑事処分を受けていない事実についても、あたかも兼近が犯罪行為を行ったかのように伝えており、この点においても弊社所属タレントへの著しい権利侵害となるものです。 弊社としては、週刊文春の発行元である株式会社文藝春秋社に対し、事前に、 1 本件記事は公益性なく弊社所属タレントの前科を実名で報道するものである、 2 しかも、当該前科はタレントが芸能活動を開始する前の未成年の時点におけるものである、 3 さらに、何ら刑事処分を受けていない事実についても、あたかも犯罪行為を行ったものであるかのように報道するものであり、 兼近の人権を著しく侵害するものであることを伝えておりました。 しかし、文藝春秋社は、これらの点を全く考慮することなく、本件記事を掲載するに至っており、弊社としては、同社の報道機関としての倫理観・人権意識の希薄さについて大変遺憾に考えており、文藝春秋社に対し本件記事を掲載した行為について強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討して参る所存です。 また、弊社は本件事実について兼近より事前に相談を受けておりましたが、兼近がその後自らの行為を反省、悔悟し、当時の関係者とは一切の関係を断ち切り更生して新たな人生として芸能活動を続けており、また、上記のとおり 未成年時代の前科という高度のプライバシー情報であることも鑑みて特段の公表はせずにおりました。 弊社としては兼近が今後も芸能活動を通じて社会に貢献できるよう、芸能活動のマネジメントを通じて最大限に協力してまいります。 取引先各位におかれましても、未成年時代の前科・前歴に係る事実が重大なプライバシーに関する事柄であること、何ら刑事処分を受けていない事実について犯罪行為を行ったかのように報道されることが弊社所属タレントの権利を著しく侵害する行為であることについてご理解いただいた上、兼近のタレント・私人としての生活に支障が出ることの無いよう、この場を借りて切にお願い申し上げます。 引用: 吉本は当時、未成年だった兼近さんの報道はプライバシー・名誉毀損に当たるとして訴えることを検討。 また、兼近さんは更生して社会復帰を果たしている人に対して、それを阻止するような行いに激怒しているのでした。 過去に未成年で犯した罪を実名報道するのは名誉毀損? 兼近さんのように 過去に未成年で犯した罪を実名報道するのは名誉毀損で、損害賠償を請求される可能性はあるようです。 実際に 少年法61条で未成年の実名報道を禁じており、それが例え過去のものであっても報道してはいけないと記されています。 少年法61条 家庭裁判所の審判に付された少年又は 少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない そのため、今回の文春の兼近さんの報道は、未成年で犯した罪を実名報道したので、少年法61条で名誉毀損で損害賠償を請求される可能性はあります。 スポンサーリンク 文春がEXIT兼近の少女売春あっせんを報道! 文春がEXIT兼近さんが2011年11月の19歳の未成年の時に、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕された過去を暴露されて話題になりました。 兼近の地元・北海道札幌市の地元記者が解説する。 「要は、 売春の斡旋をしていたのです。 直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。 女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。 当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」 9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近を直撃すると、事実関係をあっさり認めた。 「はいはい。 そうです。 簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」 さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。 「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」 吉本興業の広報担当者はこう回答した。 「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。 一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」 逮捕されて、法律の大切さを知り、過去の関係を断ち切って上京したという兼近。 引用: EXITりんたろーの反応は? この兼近さんの過去の逮捕報道にEXITりんたろーさんは知っており、謝罪をしつつ、これからも信頼を取り戻せるように活動を続けていくとコメントを残しました。 先輩や後輩、関係者の皆様 応援してくださったファンの皆様 僕達に関わってくれた全ての方々へ — りんたろー from EXIT rinnxofficial 元々兼近と出会わなければ、今のような幸せな日々が訪れることはなかったでしょう。 兼近がいなければなかった人生。 あいつと漫才した時、どん底にいた僕にまだあんたの人生は終わっていない。 もう一回頑張る権利があると手をさし伸べられた気持ちでした。 身勝手ではありますが、今度は僕がそばに居て今のあいつを肯定してやりたいんです。 世間はそうはいかなくたって、たとえネット社会に飲み込まれ、その息を止められてあいつを肯定するのがったひとりになったって僕だけは、あいつを肯定してやりたいんです。 僕だけは今のあいつがどうゆう人間か1番近くにいて誰よりも知っているのだから。 相方をはじめ、支えてくださってる皆さんのお陰で沢山の幸せな経験をさせて頂きました。 今も尚感謝しかないですし、自分達の力だけで成し遂げた事なんて何一つありません。 本当は真面目とか言ってどこが真面目なんだよと思う方いると思います。 僕自身もしかり決して人に誇れるような人間ではありません。 右肩上がりに上がっていく好感度とは裏腹に僕達自身が世間とのイメージにギャップを感じるようになってきて、いつしかあいつは世間に嘘をついているようで苦しいと思うようになったかもしれません。 嬉しいと言う表現が正しかったのかは疑問ですが嘘がつけない性格の彼は本当の事を言いたいけど言えないジレンマに日々、悩ませれどこかホッとした気持れがそういう言葉になって出てしまったのだと思います。 過去の事だからなんて言えません。 過去の事を悔い改めこれからをどう生きるかで信頼を取り戻せるようより一層精進していきたいと思います。 応援してくれる人がいる限り、僕達はその人に届くように、笑いをエンターテインメントを続けていきたいと思っています。 今回は心配とご迷惑をかけたことを深くお詫び出来たらと思います。 申し訳ありませんでした。 文春のEXIT兼近の少女売春逮捕は名誉毀損?未成年で更生後に実名報道! 文春のEXIT兼近さんの実名報道は、未成年の時のものを実名報道したので、名誉毀損で損害賠償を請求される場合があります。 そのため、今回吉本が名誉毀損で訴えたならば、文春は名誉毀損で損害賠償を請求される可能性はあるようですね。 果たして法律違反になる文春の報道は、このまま訴えられて損害賠償を請求されるのか、こちらの動向も気になります。 【週刊誌・雑誌読み放題おすすめ】.

次の