ジャパネット 安い 理由。 家電はネット通販と家電量販店どっちがお得?理由と違いとデメリット

ジャパネットたかたのワイモバイルをおすすめしない全理由

ジャパネット 安い 理由

お知らせ 2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。 月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。 現在、 1年間無料キャンペーン中。 体験談を詳細にレビューしています。 最近ではジャパネットたかたのCMやショッピング番組でワイモバイルを目にすることも多くなりました。 一見するとお得に見えますが、実はジャパネットたかたのワイモバイルはおすすめではありません。 本記事ではジャパネットたかたのワイモバイルをおすすめしない理由を徹底的に解説。 ワイモバイルをお得に使うための、おすすめの契約方法を紹介していきます。 ぜひ、参考にして下さいね。 ちょっとややこしいけど、説明していくわね。 結論として、3980円で契約できると考えておけばOKよ。 ジャパネットたかたでワイモバイルを契約する際は、以下の割引を受けられます。 ワイモバイル公式より高い• プランS・プランLが実質選べない• ソフトバンクからの乗り換えは割引額が少なくなる• SIMのみ&指定端末以外の契約はできない• 自宅訪問が必須で頭金として9,800円請求される 理由1:ワイモバイル公式より高い ジャパネットたかたでワイモバイルを契約すると、ワイモバイル公式サイトから契約するよりも月額料金が高くなります。 論より証拠。 実際に、月額料金を比較してみました(料金プランはジャパネットたかたで指定されているスマホプランM)。 月額料金 1年目 2年目以降 ジャパネットたかた 3,980円 3,980円 ワイモバイル公式 2,980円 3,980円 ワイモバイル公式サイトで契約すると、最初の1年はワンキュッパ割が適用されて月額料金が1,000円割引されます。 ジャパネットたかたで契約する場合はワンキュッパ割が適用されないため、1年目の月額料金が公式で契約するよりも1,000円高くなる計算です。 ジャパネットたかたには、スーパーだれとでも定額(月額1,000円)訪問サービス料(9,700円)が無料となる特典があるのですが、どちらも必要がない人にとっては1,000円の割引が受けられる公式サイトのほうがお得です。 理由2:プランS・プランLが実質選べない ジャパネットたかたのワイモバイル契約ではスマホプランS(3GB)とスマホプランL(21GB)は実質選べません。 それは、ずっと割(スーパーだれとでも定額1000円の割引)とデータ増量割(データオプション500円の割引)の2つはスマホプランMのみ適用されます。 理由4:SIMのみ&指定端末以外の契約はできない ジャパネットたかたではワイモバイルのSIMのみ契約や指定端末以外の端末の契約はできません。 2019年9月現在はAndroid One X4とのセットのみ取り扱っています。 その他の端末とセットで契約することはできません。 SIMのみ契約したい人や他の端末を購入したい人はワイモバイル公式サイトから申し込みましょう。 理由5:自宅訪問が必須で頭金として9,800円請求される ジャパネットたかたでワイモバイルを契約する際は頭金として9,800円が請求されます。 ワイモバイル公式サイトでも端末を分割購入すると頭金がかかりますが、この場合の頭金は500円なので、ジャパネットたかたの頭金はかなり高額です。 ジャパネットたかたでワイモバイルを契約する場合は自宅訪問が必須です。 頭金は専門スタッフが自宅を訪問してきて契約する際に支払います。 自宅訪問サポートの料金は無料といいながら、実質訪問サポートの費用がかかっていると言わざるを得ない金額ですね。 ジャパネットたかたは長時間通話が多い&自宅訪問サポートが必要な人だけ検討すべし 基本はね。 向いているのは、高齢者の方くらいかしら。 ジャパネットたかたは長時間通話が多く、なおかつ自宅訪問サポートが必要な人だけ検討しましょう。 ジャパネットたかたでは本来なら有料のスーパーだれとでも定額と自宅訪問サポートが無料です。 メールやLINEではなく電話が主流で、自分1人だと操作や設定に不安がある年配の人向けと言えます。 ただし、60歳以上の方ならワイモバイル公式サイトでも「」を契約することで、スーパーだれとでも定額が無料となります。 また、全国各地に専門ショップがあるため、訪問サポートを利用しなくても手厚いサポートを受けることが可能。 あえて、ジャパネットたかたを選ぶ必要性はほぼありません。 通常はジャパネットたかたではなくワイモバイル公式で契約しよう ワイモバイル公式サイトで契約するメリット• 手持ちの端末(iPhoneなど)で契約できる• 好きな端末を選んで契約できる• 頭金(余計な手数料)が少なくて済む• プランSなら1980円から契約できる• 公式限定の割引がある ワイモバイル公式サイトからはSIMカード単体の契約が可能です。 SIMのみを契約すれば、今使っている端末でワイモバイルが使えます。 もちろんiPhoneもOKです。 端末セットの場合も、ワイモバイル公式サイトなら10種類以上ある端末の中から好きなものを選べます。 Androidに加えて、旧型ですがiPhoneもラインナップされています。 料金面でも、ジャパネットたかたよりワイモバイル公式サイトのほうが有利です。 公式サイトからの詳しい契約方法は以下を参考にして下さい。 その他、ジャパネットたかたでは9,800円と高額だった違約金もワイモバイル公式サイトならSIMのみだと0円、端末セット(分割払い)でも500円しかかかりません。 さらに、ワイモバイル公式サイトでは1年目の月額料金を1,000円割引する「ワンキュッパ割」が適用されるため、プランSなら1,980円から契約可能です。 最安で3,980円だったジャパネットたかたよりも安く済みます。 また、公式サイトから申し込む場合は限定の割引やキャンペーンを受けられます。 【まとめ】ジャパネットたかたのワイモバイルはおすすめしません 以上、ジャパネットたかたのワイモバイルについて詳しく解説してきました。 ここまで説明してきた通り、ジャパネットたかたのワイモバイルは料金が割高です。 ワンキュッパ割がありませんし、契約時には高額な頭金がかかります。 スーパーだれとでも定額と訪問サポートが無料なのは高齢者からすると魅力的かもしれません。 しかし、60歳以上ならワイモバイル公式から申し込んでもスーパーだれとでも定額を無料にすることができますし、店舗が全国各地にあるので訪問サポートなしでも手厚いサポートは受けられます。 キャンペーンや端末の選択肢の多さなどを考慮しても、ワイモバイルはジャパネットたかたより公式サイトから申し込むのがおすすめです。

次の

ジャパネットたかたは安いのか?

ジャパネット 安い 理由

理由その1:スマホプランMが一番安い! を見てもらうとわかるように、どの契約コースでもスマホプランMが一番安くなっています。 理由その2:スマホプランMはデータ増量オプションが機種変更まで無料! スマホプランMは「データ増量オプション」が次の機種変更まで無料です。 スマホプランSとスマホプランLは「契約から最大25ヶ月間無料」のため、25ヶ月目以降は料金が少し上がります(ソフトバンクからの番号移行は上がりません) 高速データ通信量を増量できるワイモバイルのオプションサービスです。 通常は月額540円かかるのですが、ワイモバイルが「データ増量無料キャンペーン」を実施しているため、新規でも機種変更でも2年間無料で利用できます。 さらにジャパネットでスマホプランMを契約すると「次の機種変更までオプション料無料」になります。 ワイモバイル「あんしん定額プラン」の料金一覧表(2019年6月5日現在) ジャパネットで契約できるワイモバイル「あんしん定額プラン」の料金一覧表です。 契約コース 通信プラン 0ヶ月目 契約月 1~12ヶ月目 13~24ヶ月目 25ヶ月目~ 新規契約 スマホプランS 7,540円 4,840円 4,840円 4,840円 スマホプランM 7,540円 4,300円 4,300円 4,300円 スマホプランL 10,780円 7,540円 7,540円 8,080円 ドコモから乗換え(MNP) スマホプランS 7,540円 4,840円 4,840円 4,840円 スマホプランM 7,540円 4,300円 4,300円 4,300円 スマホプランL 10,780円 7,540円 7,540円 8,080円 auから乗換え(MNP) スマホプランS 7,540円 4,840円 4,840円 4,840円 スマホプランM 7,540円 4,300円 4,300円 4,300円 スマホプランL 10,780円 7,540円 7,540円 8,080円 ソフトバンクからの番号移行 スマホプランS 7,540円 5,380円 5,380円 4,840円 スマホプランM 7,540円 4,840円 4,840円 4,300円 スマホプランL 10,780円 8,080円 8,080円 8,080円 スマホプランMの料金内訳(2019年6月5日現在) ジャパネットで「スマホプランM」を契約した場合の料金内訳を調べました。 訪問契約時の料金内訳• 契約事務手数料:税込3,240円• 1~24ヶ月目の月額料金内訳• 分割支払金:税込2,592円• 月額基本料:税込4,300円 小計:税込6,892円• 月額割引:2,052円(ソフトバンク番号移行は1,512円)• 特別割引:540円 合計:税込4,300円 25ヶ月目以降の月額料金内訳• 月額基本料:税込4,300円 合計:税込4,300円 ジャパネットでスマホを契約するときの注意点(2019年6月5日現在) ジャパネットでスマホを契約するときの注意点を挙げてみました。 ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)は少し高くなる ソフトバンクからの乗り換え(番号移行)はドコモ・エーユーより少し高くなります。 3大キャリア以外からの乗り換えは「MNP予約番号」を用意する 3大キャリア(ドコモ・エーユー・ソフトバンク)以外からの乗り換えは「MNP予約番号」を用意する必要があります。 「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」とは、携帯電話会社を変更した時に「電話番号はそのままで」新しい携帯電話会社のサービスを利用できるサービスです。 ジャパネットのスマホは自宅での契約になる ジャパネットのスマホは自宅での契約になります(専門スタッフが訪問します) ワイモバイルの店舗や公式サイトでの契約はできません。 自宅での契約は本人確認書類が必要 自宅での契約は本人確認書類が必要になります。 不在や書類に不備があると再訪問費用がかかる 自宅訪問のときに不在だったり本人確認書類に不備があると、スマホの契約手続きができません。 そうなるともう一度来てもらうことになるのですが「再訪問費用(5,119円)」はユーザーの負担となります。 もしも都合が悪くなったら早めにサポートセンターに連絡してくださいね。 スマホが届く前にワイモバイルの加入審査がある スマホが届く前にワイモバイルの加入審査があります(電話での連絡) 審査結果によってはスマホが使えない場合もあるのでご注意ください。 届いたスマホは開封しないで保管する 届いたスマホは開封しないで保管しておきましょう。 自宅で契約手続きをするときに専門スタッフが故障がないか確認するそうですよ。 誤って開封してしまうと万が一故障があった場合、ユーザーのせいになる可能性もあるので気をつけてくださいね。 端末頭金は現金で払う必要がある 訪問契約のときに支払う「端末頭金(税込10,584円)」は現金のみとなります。 クレジットカードは使えないのでご注意ください。 月額料金の支払いはクレジットカードか口座振替のみ 月額料金の支払いはクレジットカードか口座振替のみとなっています。 クレジットカードは「本人名義」のカードしか使えません(家族のカードは不可) 口座振替の場合は「銀行印と口座番号が分かる書類」を用意して「手数料(税込2,160円)」を訪問契約時に支払う必要があります。 2年以内に解約すると契約解除料10,260円がかかる ジャパネットの「あんしん定額プラン」は2年単位の契約(自動更新)です。 契約更新月以外で解約すると「契約解除料(税込10,260円)」がかかります。 あんしん定額プランの長所・メリット• 契約手続きは訪問サービスのみ(お店ではできない)• 2年以内に解約すると契約解除料が発生• スマホプランS・Lはデータ増量オプションが2年目以降有料 ジャパネット限定の「あんしん定額プラン」について ジャパネットでスマホを購入するとジャパネット限定の「あんしん定額プラン」で契約することになります。 「あんしん定額プラン」はジャパネットたかたとワイモバイルが共同企画した料金プランです。 2年間の契約が必要ですが毎月4,300円(税込)で通話し放題という大きなメリットがあります。 専門スタッフが訪問して契約手続きと操作を説明 「あんしん定額プラン」はジャパネットの専門スタッフが自宅を訪問して契約手続き・設定や操作方法などを教えてもらえる訪問サービスが付いてきます(現在は無料です) 契約手続き・レッスンの時間は新規契約が90分、他の携帯電話会社からの乗り換えは120分となっています。 また現在使っている携帯電話やスマートフォンの電話帳を移す手続きも無料で行ってもらえます。 通話定額プランなので何時間でも話し放題 「あんしん定額プラン」は通話定額プランなので何時間でも話し放題です。 頻繁に電話をする人や長電話が多い人におすすめします。 次の機種変更まで毎月4,300円(税込)でずっと使える(プランM) 「あんしん定額プラン」はスマートフォンを変えるまでずっと同じ料金です。 月額4,300円にはスマートフォン本体の代金も含まれるので安心ですね。 データ容量9GBなのでインターネットもたっぷり使える 「あんしん定額プラン」はデータ容量9GBなのでインターネットもたっぷり使えます(スマホプランMでデータ増量オプション適用時) たとえばYoutubeの動画なら約40時間も見られます。 仮に9GBを超えてしまっても月末まで通信速度は低下しますがインターネットは使えるので心配ありません。 ソフトバンクと同じ通信網なので高速・高品質 ワイモバイルは大手携帯電話会社の「ソフトバンク」が運営する格安スマホブランドです。 ソフトバンクと同じ通信網なので電話もつながりやすくインターネットも高速です。 ワイモバイルのキャリアメールを使える ジャパネットのスマホには「Y! mobile公式メールアプリ」が最初から入っているのでキャリアメールを容量無制限で利用できます。 ワイモバイルショップで対応してもらえる ジャパネットのスマホは全国のワイモバイルショップでサポートが受けられるので安心です(もちろんジャパネットに電話で聞いても大丈夫です) 家族割引で2台目以降が月々3,760円(税込) ジャパネットの「あんしん定額プラン」は家族で乗り換えると、もっとお得になります。 通常は月々4,300円(税込)なのですが「家族割」を適用すると2台目以降は次の機種変更まで月々3,760円(税込)になります。 さらにスマホプランの家族割で複数台同時加入すると「5,000円キャッシュバック」の特典までもらえます。 ちなみに家族割引が適用される回線数は「最大9回線まで」となっています。 ジャパネットとワイモバイル公式のサービス内容と料金プランを比較 スマホをジャパネットで購入するのとワイモバイル公式で購入するのはどちらがお得なのでしょうか? 気になる人もいると思うので料金プランとサービス内容を比較してみましょう。 料金プラン(AndroidOne X4を新規契約・スマホプランM) ジャパネットで「AndroidOne X4」を契約するのと同じ条件で試算してみました。 機種:AndroidOne X4• 契約方法:新規契約• プラン:スマホプランM• オプション1:データ増量オプション(最大25ヵ月間無料)• まず「訪問サービス」ですが、専門のスタッフが自宅に来てくれて回線契約手続きもその場で行います。 わざわざワイモバイルショップに行ったりインターネットで手続きする必要がないので待ち時間もなく便利です。 またスマートフォンの操作方法のレッスンや電話帳の移行もしてもらえるので、スマホ初心者にうれしいサービスだと言えるでしょう。 次に「電話かけ放題サービス」ですが、ジャパネットの「あんしん定額プラン」には通話料が含まれているので毎月4,300円で電話し放題となっています(時間・回数は無制限です) 最後は「データ増量オプションの期間」です。 ただし「プランS・L」は「契約から最大25ヶ月間オプション料無料」となっているのでご注意ください (プランMが最もお得です) 一方でワイモバイル公式で契約すると「訪問サービス」と「電話かけ放題サービス」はありません(ただし1回10分以内の電話は無料です) さらにワイモバイルは「データ増量オプションの期間」も全プランで「最大25ヶ月間無料」になっています。 ジャパネットたかた ワイモバイル公式 訪問サービス(契約手続き・操作レッスン・電話帳移行) あり なし 電話かけ放題サービス あり(時間・回数は無制限) なし(1回あたり10分以内の通話は無料。 10分を超えると30秒ごとに20円) データ増量オプション 次の機種変更まで無料(プランMのみ) 最大25ヶ月間無料 ワイモバイル(Y! mobile)の評判は?メリットとデメリットを解説 リンク 「ワイモバイル(Y! mobile)」は、大手携帯電話会社の「ソフトバンク(SoftBank)」が運営するサブブランドです。 元々はソフトバンクグループの「イー・モバイル」と「ウィルコム」という別々の会社だったのですが、2014年8月1日にブランドが統合され「ワイモバイル(Y! mobile)」が誕生しました。 ちなみにワイモバイルの「ワイ」とは、同じソフトバンクグループの大手検索サイト「ヤフー(Yahoo! )」の頭文字であり、「ヤフーのモバイル」として知名度を生かした展開を行っているようですよ。 ところで皆さんもご存知だと思うのですが、ワイモバイルを運営するソフトバンクも全国の「ソフトバンクショップ」で携帯電話を販売していますよね。 現在は、同じグループ内にソフトバンクとワイモバイルが共存する形になっています。 ではなぜ2つの同じような携帯電話ブランドを運営しているのでしょうか? その理由は「格安スマホ=MVNO」の存在です。 MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略称で、自分の会社で通信網を持たずに、大手通信キャリア(ドコモ、au、SoftBank)から回線を借りて、サービスを提供する携帯電話会社のことです。 たとえば、楽天モバイル、LINEモバイル、mineo(マイネオ)、IIJmio(アイアイジェイミオ)、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、DMMモバイルなどが有名なMVNOですね。 最近はテレビでも各社のCMが放送されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。 これらのMVNOは大半が実店舗を持たずインターネットでの契約・販売となっています。 また通信インフラの維持費用もかからないので人件費が抑えられます。 結果として月額料金を安くできるというわけです。 大手携帯電話会社と比べて、月額料金が2分の1から3分の1になることもあり、MVNOに乗り換えるユーザーも増えてきました。 そこで少しでもMVNOへの流出を抑えるために生まれたのが、ワイモバイルのようなサブブランドです(ちなみに「UQモバイル」もauが運営するサブブランドです) ソフトバンクからMVNOに乗り換えようとするユーザーに「(ソフトバンクより安い)ワイモバイルもありますよ~」とすすめることで、他の携帯電話会社への乗り換えを抑えられるというわけですね。 ワイモバイルの長所・メリット• 全国に1,000店舗のワイモバイルショップがある• 自社回線なのでMVNOより通信速度が速く快適• 10分間のかけ放題がもれなく付いてくる• ヤフーショッピングでポイントが多くもらえる ワイモバイルの短所・デメリット• MVNOほど月額料金は安くない• 超高性能な最新スマホは選べない• 大容量のデータ定額プランがない• 郊外や山間部は少し繋がりにくい ワイモバイルは「ドコモ、au、SoftBank」のような3大キャリアと比べると、高性能な最新スマホの取扱が少なく、50GB以上の大容量データ定額プランも選べません。 しかしソフトバンクのネットワークを使用しているので、MVNOよりエリアが広く通信も高速です。 回線が混雑する時間帯の速度低下もMVNOより抑えられています。 さらに「ワイモバイルショップ」を全国に約1,000店舗展開しており、毎月の料金も大手キャリアより安く抑えられているので、大手キャリアとMVNOの中間くらいの存在であると言えるでしょう。 「インターネットで契約するのは苦手だけど、毎月の料金はなるべく抑えたい」と考えているユーザーにぴったりなのではないでしょうか。 ジャパネットで契約できるスマホ(2020年2月27日現在) 現在ジャパネットで契約できるスマホは以下となっています。 富士通コネクテッドテクノロジーズ スマートフォン arrows J FMWAH (2019年11月発売) スマホの商品レビューは下記のリンクからご覧ください。 「富士通 スマートフォン arrows J FMWAH」はジャパネットオリジ... 管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判 ジャパネット限定の「あんしん定額プラン」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。 「あんしん定額プラン」は契約手続きがショップではなく自宅になること、電話料金が定額制になっていることが特長です。 「訪問サービス」は、近所にワイモバイルショップがなかったり、何らかの事情があって外出できない人に便利なサービスだと思います。 また「電話かけ放題サービス」も回数や時間制限がないので、長電話をよくする人はとてもお得になるでしょう。 ただし「ほとんど電話をしない(または10分以内の電話が多い)」「ネットもたまにしか見ない」という人にはおすすめできません。 またワイモバイルとの2年契約になるので、加入から2年以内に解約すると「契約解除料10,260円+分割支払金の残り」を支払う必要があります。 2年以上使う予定がない人は、最低利用期間が短い携帯電話会社を選んだほうがよいでしょう(mineoやイオンモバイルは最低利用期間がないそうです).

次の

家電はネット通販と家電量販店どっちがお得?理由と違いとデメリット

ジャパネット 安い 理由

どうも、ジャパネットが趣味の僕です。 ジャパネットを見てて、 「この商品はお得なの?「本当に安いの?」「なんで安いの?」「結局買いなの?」 なんて思ったことはありませんか? 僕はそれを調べるのが 趣味です。 ネットで買う方が安いんだろ?って思ってる方も多いと思いますが、思いのほかジャパネットが勝つこともあります。 特に今みたいなセールの時は要チェックです。 現在ジャパネットでは、今年最大のセールを謳って増税直前セールをやってます。 その中でも目玉とされているのがこちら。 ラクかる パワーブーストサイクロン 日立のコードレススティッククリーナーです。 ダイソンがもうキャニスタータイプは作らないと言っているように、現在掃除機の主流はこのタイプになってきてます。 ずいぶんしつこい長いゴテゴテした名前ですが、それには理由があります。 ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは「いいとこ取り」 さて、日立は現在2種類のコードレスクリーナーを販売しているそうです。 軽さにこだわった ラクかるスティック 吸引力にこだわった パワーブーストサイクロン しかし、本当であれば軽さにもこだわって、吸引力にもこだわりたい。 それを実現したのが、 ジャパネットオリジナル ラクかるパワーブーストサイクロン つまり、日立が市販している ラクかるスティックと、 パワーブーストサイクロンをあわせて、 ジャパネットオリジナルの ラクかるパワーブーストサイクロン を作ってしまっと言うのです。 つまりこういうことですね 懐 冗談はさておき、そんな凄い掃除機ができるなら日立はなぜそれを市販しないのか不思議です。 ジャパネット限定にする意味がわかりません。 僕はこの時点で結構疑ってかかってます。 いやしかし。 今年最大のセールを謳うだけあって、ジャパネット販売員のお二人もテンションが普通じゃありません。 掃除機持ってはしゃぐはしゃぐ。 ホレホレホレェ〜 まるで、カリブの海賊で女性を追いかける海賊のようです。 ハハハハハハハハハハ そして、この表情。 そう、こんなはしゃげるのも軽いからです。 なんと本体重量1. 6kgの超軽量! そして、軽いだけじゃありません。 パワーブーストサイクロン で、吸引力も強力らしいです。 ヘッドもなんと 日立最上位モデルだとか。 ジャパネットはこの最上位モデルという表現が好きなので注意してみていきましょう。 そして、豪華付属品がセット! これもジャパネットの常套手段です。 なんと10,840円相当! これは要チェックです。 ジャパネットオリジナルモデルでは、市販品では付属品扱いのものを別売にして、それをオマケのように扱ってお得感を演出することがあります。 本当にお得なのかちゃんと調べましょう。 そして、価格は49,800円! いったんダイソンの最上位機種レベルの価格を提示。 が、もちろんもっと下がります。 どんな古い掃除機でも下取り! しかも下取り価格は10,000円、、、ではなく! なんと、20,000円で下取ります! ジャパネットは下取りしたものを、お金に変えているわけではありません。 「まだ古くても使えるから」 と、頑なに新しいものを買わない主婦の皆様に、 「え、うちのオンボロが2万円になるの!?」 と、感じさせるジャパネット伝統芸とも言える販売手法です。 そして、結果! 29,800円!! 改めまして、本日の商品はこちら。 日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン さて、ここでまず気をつけないといけないのは、価格です。 ジャパネットの価格は 税抜き価格です。 増税前も後もありません。 税抜きです。 送料も別です。 そして、下取り手数料もかかります。 支払い総額は下の方に小さく書いてある 33,696円です。 まぁ、込みでも別でもちゃんと見れば良いんですけど、 気をつけたいのは価格比較の時です。 たとえば価格コムは税込価格で、多くの場合で送料も無料です。 大きく表示されている価格だけでみると、ジャパネットが安く見えてしまいます。 ジャパネットはこれまでに培ってきた多くのテクニックで 安く、そしてお得そうに演出してきます。 もちろん本当にお得なものもありますが、惑わされず公平に比較しないいけません。 というわけで、慎重に見ていきましょう。 比較するのは日立の 市販しているサイクロンスティッククリーナーです。 ちなみに、現在公式サイトに掲載されているのはこの4つでした。 左から順番に高額、高機能なモデルですね。 一番右の 最も廉価なモデル(PV-BE200)がこちら。 comのランキングでもかなり下位ですし、これは気にしなくて良いでしょう。 次が噂の軽量モデル ラクかるスティック(PV-BFL1)ですね。 ジャパネットモデル ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)の半分はこれからできてるという話です。 おお、これは価格. comの 掃除機ランキングでも2位という人気モデルですね。 価格もジャパネットモデルとほぼ同様です。 このモデル、 ラクかるスティック(PV-BFL1)に積まれているモーターは下記。 小型・軽量ハイパワーファンモーターTR (日立公式サイトより) これは、ジャパネットモデル ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)に搭載されているのと同じモーターです。 (ジャパネット公式サイトより) ジャパネットモデルは、吸引力と軽さを両立したと言ってはいますが、 モーター自体は軽量特化の ラクかるスティック(PV-BFL1)と同等のようです。 ただ、ヘッドが違います。 市販品の ラクかるスティック(PV-BFL1)は 自走コンパクトヘッドです。 (日立公式サイトより) それに対して、ジャパネットは前述の通りの最上位モデル「 パワフルスマートヘッド」というわけですから、ヘッドはジャパネットのほうが高性能と言えるでしょう。 PV-BFH900も人気機種ですね。 comの掃除機ランキング3位という人気ぷりです。 が、価格はジャパネットモデルよりも大分高くなってしまっています。 スタンド式充電台が付属しているのでそれが価格を上げてそうです。 PV-BFH500 はランクは大分落ちますが、価格もだいぶ安いですね。 付属品だけの違いならこちらの選択肢はありそうな気がする。 さて、こちらのパワーブーストサイクロンのモーターはこちらです。 小型ハイパワーファンモーターX4 (日立公式サイトより) あきらかにジャパネットの ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)が搭載している ハイパワーファンモーターTRよりも高性能のものですね。 ジャパネットモデルもこのモーターを積んでいてくれたらパーフェクトだったんでしょうけど、まぁ価格面、重量面から考るとそうはならないですね。 ただし、ヘッドはこちら。 パワフルスマートヘッドです。 これは、ジャパネットモデルと同じモノですね。 なんかだいたい分かってきましたよ。 つまりジャパネットモデルは・・・ ラクカルスティックの 軽量モーターを搭載し、 というか、本体はほぼこれ パワーブーストサイクロンの パワフルヘッドを搭載して いずれをも両立した と、解釈して ラクかるパワーブーストサイクロン を名乗っているわけです。 付属品の比較も必要ですしね。 日立のコードレススティッククリーナー全機種と完全比較!違いは?結局オススメなの? というわけでまとめです。 市販品との性能の違い、付属品の違いなどを見ていきましょう。 市販品とジャパネットモデルの詳細を比較表にまとめてみました。 前述のとおり、 ラクかるスティックのモーターを搭載することで軽量化して、 パワーブーストサイクロンのヘッドを搭載することで吸引力を上げています。 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)がラクかるスティック(PV-BFL1)よりもやや重いですが、これはヘッドの重さでしょうね。 と、こうやって並べてみて気になったのは付属品です。 ジャパネットは「豪華付属品」と言っていますが、 案の定、市販品にも元々付属していました。 ただ、2WAYブラシは最高級の PV-BFH900にしかついておらず、ふとん用吸口は PV-BFH500にしかついていないので、この3種類で付属するのはジャパネットモデルのみということになります。 残念なのは、スタンドですね。 ラクかるスティックはスタンドが付属しています。 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)とラクかるスティック(PV-BFL1)は価格がほぼ同じ・・・というように言いましたけど、 ジャパネットモデルはスタンドが別売りで8000円以上するものです。 こうなると、ラクかるスティックより必ずしもお得とはいいかねますね。 以上のことから整理すると、 ジャパネットモデル「 ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)」をオススメできるのは下記のような人です。 ・軽いのことを重視している 重くていいならキャニスター型でいい。 スティック型は軽くなきゃ! ・ただ吸引力はそれなりにほしい ダイソンが証明しているとおり、ヘッドの性能は吸引力に大きく影響します。 ・別にスタンドはいらない クローゼットとかにしまうなら、まぁ別にいらないですね。 この条件の人にとっては、価格的にも悪くないと言える気がします。 今回のジャパネットは頑張ってますよ。 また、今回はネット最安値と比較しており、販売店はネット専門のお店の場合が多いです。 もちろんネット専門店でも悪いわけではないのですが、 サポートに関してはジャパネットのほうがはるかに良いです。 むしろ僕の知る限り、 メーカーサポートよりもジャパネットのサポートのほうが手厚いです。 例えばメーカーのサポートだと18時に終わってしまう場合でも、ジャパネットなら22時まで受け付けてくれたりします。 使い方に不安があったりする方は、ジャパネットオススメします。 以上でした。 9月末まで増税直前セールです。 他の目玉商品ぽい炊飯器も調べてみたので良かったらどうぞ。 他のジャパネット記事はこちら hardshopper.

次の