弔電例文 親戚。 お悔やみを手紙で送る場合のマナーと文例(親戚の場合)

お悔やみの言葉 例文】ビジネス・上司・同僚・部下・会社・弔電・友人・友達

弔電例文 親戚

弔電をいただいたら、お礼状という形でお礼をすることが一般的です。 お礼のタイミングや形式など、基本マナーをご紹介いたします。 お礼のタイミング 葬儀を終えてから1週間以内を心がけましょう。 葬儀のすぐ後は心身に疲れがたまりがちです。 無理は禁物ですが、弔電を受け取ったことと葬儀が滞りなく終了したことを知らせる意味もあるので、なるべく早い方がよいでしょう。 メールや電話でもよい? 正式なお礼は、相手方に出向いて直接伝えることですが、近年ではお礼状などでお礼をすることが一般的です。 お礼状も略式となりますので、文中で一言「略儀ながら…」と触れるとよいでしょう。 下記で文例を紹介していますので参考にしてください。 弔電のお礼をメールやメッセージアプリなどで済ませることは、基本的に避けた方がよいでしょう。 電話の場合は、親しい間柄なら故人の思い出を語りあうこともできます。 少しでも元気な声を伝えて安心してもらいたいときなどは、電話もよいでしょう。 お礼の品は用意すべき? 基本的に弔電へのお礼で品物を用意する必要はないでしょう。 かえって相手が気を使ってしまうこともあります。 ただし、他に香典・供物・供花などをいただいた場合は、別途その3分の1から半値ほどの品物を忌明けにお返しするのが通例です。 最近では、プリザーブドフラワーやお線香などが一緒になった電報台紙も増えてきました。 この場合、お礼の品は用意しなくてもマナー違反にはなりませんが、「お礼状だけでは気持ちが伝えきれない」「立派な電報をいただき、何らかのお礼がしたい…」そう思われるときは、お供えをいただいたと考え、3分の1から半値ほどの品物をお返ししても構いません。 お礼の品としては石鹸やタオル、緑茶やキャンディなどが多く選ばれます。 包装には一般的に弔事用のし紙(掛け紙)をかけ、黒白結び切りの水引を使います。 関西・西日本の一部では「黄白の水引」を用いるなど、地域によって異なる場合もあるようです。 具体的なお礼状の例 早くお礼状を送ろうとしても、具体的なメッセージをすぐに思い浮かべるのはなかなか難しいものです。 葬儀を無事に終えたことや、故人に代わって生前お世話になったことへの感謝などを書くことになりますが、ここでは一般的なお礼状の文面をご紹介します。 下記の文例を参考に、弔電でいただいた温かい言葉に対して、自分らしいお礼の言葉も付け加えるとよいでしょう。 手紙の形式 はがき、もしくは、白無地の便せんに書いて封筒で送るとよいでしょう。 はがきの場合、デザインは白やグレーなど控えめなものが無難でしょう。 封筒の場合、事務的な茶封筒は避け、白無地でフォーマルな一重の和封筒を選ぶとよいでしょう。 書式 縦書きで用意しましょう。 文章作成にはパソコンも一般的ですが、手書きにするとより印象深く、気持ちが伝わります。 相手や状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。 手書きの場合の筆記具 もっとも格式が高いのは毛筆です。 特に目上の方に差し出す場合は毛筆が最適とされています。 毛筆が苦手な場合は、筆ペンや万年筆を使用してもよいでしょう。 はがき用のサインペンを用いる場合もありますが、ボールペンはなるべく避けた方が無難です。 ・毛筆文章の名残で句読点は使わず、縦書きにします。 ・あらたまった文書では、冒頭の挨拶(頭語)と締めの言葉(結語)に「謹啓・謹白」がよく使用されます。 「拝啓・敬具」の組み合わせも一般的ですが、「謹啓・謹白」の方がさらに丁寧になります。 頭語と結語はセットになっているので正しい組み合わせで使うことが重要です。 ・「茲に」は「ここに」と読みます。 喪中文例でよく使用される言葉です。 ・相手方に出向いて直接お伝えすることが本来のお礼作法ですので、略儀であることを一言添えるとよいでしょう。 ・故人と縁が深い相手に送る場合、「親族一同」と喪主名の横に記載します。 ・会社宛の場合は「皆さま方におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます」といった複数に向けての挨拶を添えるとよいでしょう。 ・勤務先から会社の経費で手配された弔電に対しては、口頭でお礼を言うのみでよいとしている場合もあります。 会社の慣習によりますが、忌引き明けで出勤した際は、まず上司、それから同僚への挨拶を行うことがマナーですので、その際に口頭で弔電に対するお礼も述べるとよいでしょう。 落ち着きのある藍色のフレームに、白、紫、ブルーのバラを中心に上品にアレンジを施したプリザーブドフラワー(一部造花等使用)の電報です。 縦置き、横置きのほか壁掛けでもご使用いただけます。 予めご了承ください。

次の

お悔やみの気持ちを弔電で

弔電例文 親戚

弔電をいただいたら、お礼状という形でお礼をすることが一般的です。 お礼のタイミングや形式など、基本マナーをご紹介いたします。 お礼のタイミング 葬儀を終えてから1週間以内を心がけましょう。 葬儀のすぐ後は心身に疲れがたまりがちです。 無理は禁物ですが、弔電を受け取ったことと葬儀が滞りなく終了したことを知らせる意味もあるので、なるべく早い方がよいでしょう。 メールや電話でもよい? 正式なお礼は、相手方に出向いて直接伝えることですが、近年ではお礼状などでお礼をすることが一般的です。 お礼状も略式となりますので、文中で一言「略儀ながら…」と触れるとよいでしょう。 下記で文例を紹介していますので参考にしてください。 弔電のお礼をメールやメッセージアプリなどで済ませることは、基本的に避けた方がよいでしょう。 電話の場合は、親しい間柄なら故人の思い出を語りあうこともできます。 少しでも元気な声を伝えて安心してもらいたいときなどは、電話もよいでしょう。 お礼の品は用意すべき? 基本的に弔電へのお礼で品物を用意する必要はないでしょう。 かえって相手が気を使ってしまうこともあります。 ただし、他に香典・供物・供花などをいただいた場合は、別途その3分の1から半値ほどの品物を忌明けにお返しするのが通例です。 最近では、プリザーブドフラワーやお線香などが一緒になった電報台紙も増えてきました。 この場合、お礼の品は用意しなくてもマナー違反にはなりませんが、「お礼状だけでは気持ちが伝えきれない」「立派な電報をいただき、何らかのお礼がしたい…」そう思われるときは、お供えをいただいたと考え、3分の1から半値ほどの品物をお返ししても構いません。 お礼の品としては石鹸やタオル、緑茶やキャンディなどが多く選ばれます。 包装には一般的に弔事用のし紙(掛け紙)をかけ、黒白結び切りの水引を使います。 関西・西日本の一部では「黄白の水引」を用いるなど、地域によって異なる場合もあるようです。 具体的なお礼状の例 早くお礼状を送ろうとしても、具体的なメッセージをすぐに思い浮かべるのはなかなか難しいものです。 葬儀を無事に終えたことや、故人に代わって生前お世話になったことへの感謝などを書くことになりますが、ここでは一般的なお礼状の文面をご紹介します。 下記の文例を参考に、弔電でいただいた温かい言葉に対して、自分らしいお礼の言葉も付け加えるとよいでしょう。 手紙の形式 はがき、もしくは、白無地の便せんに書いて封筒で送るとよいでしょう。 はがきの場合、デザインは白やグレーなど控えめなものが無難でしょう。 封筒の場合、事務的な茶封筒は避け、白無地でフォーマルな一重の和封筒を選ぶとよいでしょう。 書式 縦書きで用意しましょう。 文章作成にはパソコンも一般的ですが、手書きにするとより印象深く、気持ちが伝わります。 相手や状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。 手書きの場合の筆記具 もっとも格式が高いのは毛筆です。 特に目上の方に差し出す場合は毛筆が最適とされています。 毛筆が苦手な場合は、筆ペンや万年筆を使用してもよいでしょう。 はがき用のサインペンを用いる場合もありますが、ボールペンはなるべく避けた方が無難です。 ・毛筆文章の名残で句読点は使わず、縦書きにします。 ・あらたまった文書では、冒頭の挨拶(頭語)と締めの言葉(結語)に「謹啓・謹白」がよく使用されます。 「拝啓・敬具」の組み合わせも一般的ですが、「謹啓・謹白」の方がさらに丁寧になります。 頭語と結語はセットになっているので正しい組み合わせで使うことが重要です。 ・「茲に」は「ここに」と読みます。 喪中文例でよく使用される言葉です。 ・相手方に出向いて直接お伝えすることが本来のお礼作法ですので、略儀であることを一言添えるとよいでしょう。 ・故人と縁が深い相手に送る場合、「親族一同」と喪主名の横に記載します。 ・会社宛の場合は「皆さま方におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます」といった複数に向けての挨拶を添えるとよいでしょう。 ・勤務先から会社の経費で手配された弔電に対しては、口頭でお礼を言うのみでよいとしている場合もあります。 会社の慣習によりますが、忌引き明けで出勤した際は、まず上司、それから同僚への挨拶を行うことがマナーですので、その際に口頭で弔電に対するお礼も述べるとよいでしょう。 落ち着きのある藍色のフレームに、白、紫、ブルーのバラを中心に上品にアレンジを施したプリザーブドフラワー(一部造花等使用)の電報です。 縦置き、横置きのほか壁掛けでもご使用いただけます。 予めご了承ください。

次の

弔電、電報の例文・文例集

弔電例文 親戚

伯父 喪主が伯父の妻の場合は「ご主人様」「旦那様」「ご夫君様」、 喪主が伯父の子供の場合は「お父様」「父上様」「ご尊父様」など• 伯母 喪主が伯母の夫の場合は「ご令室様」「奥様」「奥方様」、 喪主が伯母の子供の場合は「ご母堂様」「お母様」「お母上様」など• 甥 喪主が甥の親の場合は「ご令息様」「ご子息様」など• 姪 喪主が姪の親の場合は「ご令嬢様」「ご息女様」など• 叔母 喪主が叔母の夫の場合は「ご令室様」「奥様」「奥方様」、 喪主が叔母の子供の場合は「ご母堂様」「お母様」「お母上様」など ちなみに伯父と叔父・伯母と叔母の違いですが、「伯父」「伯母」は父母の兄・姉、「叔父」「叔母」は父母の弟・妹のことを指します。 喪主と故人の関係性で敬称を決める場合はあまり問題ありませんが、 弔電の送り主と故人との関係性で敬称を決める際は間違えないように注意しましょう。 弔電を送る際の注意点 弔電での敬称や文例については理解できたと思いますが、さらに 弔電を送る際の注意点を3点ほど解説します。 弔電を送るタイミング 弔電は訃報を聞いた後、なるべく早くに手配するようにしましょう。 葬儀では弔電の読み上げを行う時間がありますから、 遅くとも葬儀が始まる前に届くようにすべきです。 可能であれば、 葬儀の前日までに到着するよう手配するのがベストです。 忌み言葉を使用しない また二つの目に注意するポイントとして、 忌み言葉を使用しないということがあります。 忌み言葉とは「度々」「重ね重ね」「ますます」などの不幸が再び起こることを連想させるような重ね言葉や、「死ぬ」「苦しい」「四」「九」などの縁起が悪いと言われる言葉です。 ご自身で文章を考える際は、うっかりこういった忌み言葉を使用してしまう可能性もあるので、 不安な場合は文例から弔電を作成するのが安心です。 故人の宗教の把握 故人の宗教によっては使用不可の言い回しがあることも覚えておきましょう。 例えば、浄土真宗の場合、「ご冥福をお祈りします」や「安らかにお眠りください」と言った表現は使用しません。 また、同じくキリスト教も弔電のマナーが異なるので、 必ず相手の信仰する宗教の確認は忘れないようにしましょう。 より詳しく弔電に関するマナーについて知りたい方は下記の記事も参照ください。 弔電とはお通夜や葬儀にやむを得ない理由で参列出来ない場合に、文章でお悔やみの気持ちを伝える電報のこと。 叔父が亡くなった場合の文例は、生前の関わりがあまりなかった場合は、シンプルな内容のものが無難だが、親交があった場合は、親しみのこもった内容でも良い。 弔電の送り先は故人ではなく、喪主なので、喪主と故人の関係性によって敬称は変わってくる。 弔電を送るタイミングや、忌み言葉、故人の信仰する宗教については注意する。 弔電はあまり頻繁に送るものでは無い上、ルールが細かく定められている為、文例を活用する方が安心です。 文例を使用することは、故人を追悼する気持ちを忘れなければ、決して失礼なことではないので安心してください。 「終活ねっと」では、他にも葬儀の件花の選び方や送る際の注意点、お返しの方法などを以下の記事で紹介しています。 ぜひそちらも併せてご覧ください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の