明太子 スパゲッティ の 作り方。 栗原はるみさんの【明太子スパゲッティ】レシピ本『haru_mi 夏』より

辛子明太子の作り方(男の趣肴HP)fr

明太子 スパゲッティ の 作り方

【材料】(人分)• 木綿豆腐…300g• 明太子…2本(1腹)• ベビーチーズ…2個• 片栗粉…大さじ3• サラダ油…適量• マヨネーズ(トッピング)…適量 〈A〉• マヨネーズ…大さじ1• コンソメ…小さじ1• 粉チーズ…ひとつかみ• 片栗粉…大さじ3 【作り方】• 豆腐をクッキングペーパーで包み、600Wのレンジで2分加熱する。 重石を乗せて10分ほど置く。 ボウルに豆腐、皮を取り除いた明太子、Aを入れ、滑らかになるまで混ぜる。 12等分に分けたら小さく切ったチーズを包んで丸め、片栗粉をまぶす。 皿に盛り付けて、マヨネーズを添えたら出来上がり。 【材料】(2人分)• あさり…200g• 酒…大さじ5• トマト…2個• にんにく…1かけ• 明太子ソース…大さじ3• マヨネーズ…大さじ3• サラダ油…適量 【手順】• あさりの砂出しを行い、殻をしっかりと洗う。 トマトとにんにくをみじん切りにする。 パプリカを一口大に、キャベツは1cm幅の大きさに切る。 ブロッコリーを小房に分け、500Wの電子レンジで2分ほど加熱する。 強火で熱したフライパンに油をひき、にんにくとキャベツを1分ほど炒める。 香りが出たらトマトとあさりを入れる。 火が通ったらパプリカと酒を加える。 沸騰したら蓋を閉じ、あさりの殻が開くまで加熱する。 器に盛り付けて、ブロッコリーを飾る。 明太子ソースとマヨネーズを回しかけたら出来上がり。 【材料】• 卵…3個• 明太子…30g• モッツアレラチーズ…50g• サラダ油…大さじ1• マヨネーズ…大さじ1• 小ねぎ…適量 〈A〉• めんつゆ…大さじ1• 塩…ふたつまみ 【作り方】• モッツァレラチーズを1cm角に切る。 明太子の身をほぐす。 卵にAを加えて混ぜる。 卵焼き器を熱してサラダ油を馴染ませる。 奥から手前に巻き、形を整えたら奥に移動させる。 再度サラダ油を塗って同じ量の卵液を流し込む(同じ手順を都度繰り返す)• 火から下ろして2cm幅に切る。 皿に盛り付け、マヨネーズと小ねぎをかけたら出来上がり。 【材料】• ささみ…4本• 辛子明太子…2本• とろけるチーズ…4枚• 卵…1個• 大葉…4枚• 粉チーズ…大さじ1• マヨネーズ…小さじ1• オリーブオイル…適量• 黒こしょう…少々 【作り方】• ささみの側面に切り込みを入れて広げる。 明太子を皮から出してほぐす。 卵をボウルに割り入れ、粉チーズとマヨネーズで混ぜ合わせる。 4をささみに薄く塗り、大葉とチーズを乗せて半分にたたむ。 卵液に絡ませて、油を引いたフライパンで焼く。 残った卵液をかけて黒こしょうを振りかける。 焦げ目がついたらひっくり返し、アルミホイルをかぶせて弱火で6〜7分焼く。 火が通ったら取り出し、盛り付けたら出来上がり。 【材料】• しらたき…100g• 明太子…50g• レンコン…100g• 沸騰したお湯でしらたきを2~3分ほど茹でる。 ザルにあけて水を切り、食べやすい長さに切る。 半月型の薄切りにしたれんこんを酢水 分量外 にさらし、水気を切りる。 しらたき、れんこん、Aを鍋に入れて、煮汁が半分になるまで煮詰める。 煮汁が半分になったら明太子を皮からしごき出し、手早く絡め合わせる。 しっかりと馴染んだら器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• ご飯…400g• 卵…2個• 明太子…20g• すりおろしニンニク…大さじ1• バター…20g• 醤油…大さじ1• 鶏ガラスープの素…大さじ1• ウェイパー…大さじ1• 塩コショウ…少々• 青ネギ…少々 小口切り 【作り方】• 白ネギをみじん切りにする。 卵を器に割り入れて溶き卵にする。 明太子、バター、ニンニクをボウルで混ぜ合わせる。 熱したフライパンにサラダ油をひき、溶き卵を流し入れる。 かき混ぜながら加熱し、固まってきたらご飯を加える。 卵と絡めるように炒め、ご飯がパラパラとしてきたら3を加える。 火が通ったら、醤油、鶏ガラスープ、ウェイパーを入れる。 塩コショウを振って味を整えたら器に盛り付ける。 トッピングの青ネギを乗せて出来上がり。

次の

栗原はるみさんの【明太子スパゲッティ】レシピ本『haru_mi 夏』より

明太子 スパゲッティ の 作り方

【材料】• 明太子…50g• サラダスパゲッティ…110g• 塩…少々• オリーブオイル…小さじ2• Aマヨネーズ…大さじ3• A牛乳…大さじ1• A酢…小さじ1• A塩…少々• A黒胡椒…少々 【作り方】• 明太子は切り込みを入れて、ほぐしておきます。 玉ねぎは薄切りにして、水に5分ほどさらして水気を切ります。 にんじんときゅうりは千切りにして、分量外の塩少々を振って揉み込みます。 3を5分ほどおいたら、水気をよく絞ります。 耐熱容器にスパゲッティと塩、かぶるくらいの水を入れて、ラップをしてから600Wのレンジで4分加熱します。 5の水気を切ってオリーブオイルを回しかけて、よく和えてから粗熱を取ります。 器に1と 材料Aを混ぜ合わせて、6に回しかけます。 2の玉ねぎと4のにんじんときゅうりを加えて、よく和えます。 器に盛り付けたら完成です。 【材料】• 明太子…1本• じゃがいも…300g• Aマヨネーズ…大さじ3• A塩胡椒…少々• Aレモン汁…小さじ1• 青しそ…お好み 【作り方】• 明太子は切り込みを入れて、ほぐしておきます。 にんじんとじゃがいもは、皮を剥いて千切りにします。 じゃがいもは水にさらしてからザルにあけて、水を切ります。 鍋にお湯を沸かしてじゃがいもとにんじん入れて、じゃがいもが透明になるまで3~5分ほど茹でます。 茹で終わったら、しっかりと水を切ってからボールに入れます。 5のボールに1と 材料Aを加えて混ぜ合わせます。 6を器に盛り付けて、千切りにした青しそを乗せたら完成です。

次の

【明太子パスタ】の美味しい作り方。和えるだけの簡単レシピ

明太子 スパゲッティ の 作り方

調味液が決め手 「辛子明太子」 たらこや辛子明太子をつくりたい!! そう思ってから何度かスーパーの魚コーナーをのぞき込みましたが、そこにあるものはみんな調味済みの「たらこ」ばかりでした。 辛子明太子を作るのに、調味済みのたらこを使ったのではおもしろくない。 ましてや、たらこを作るのに、保存料など合成添加物がバンバン入れられているたらこを使っていたんでは何の意味もない。 そういう意味では企画倒れになりかけていた辛子明太子ですが、夏も終わり、秋の気配が近づくころ、生のたらこが出回るようになりました。 文献を調べると、たらこの原料であるスケソウダラの漁期は11月〜3月であり、旬としては12月末〜1月とのこと。 アルコールで消毒しているわけですね。 【下漬け用調味液の準備】 生たらこを洗った日本酒を、目の細かいザルで濾してカスを取り除いてから、塩を加えて火にかけて沸騰させます。 このまま弱火で5分間加熱してアルコール分を飛ばします。 これが下漬け用調味液になります。 加熱を終えたら火からおろし、ボールなどに氷水を張って、鍋ごと浸して十分に冷やします。 【整形】 たらこは、たらのお腹とつながっていた「卵管」の部分がかならず破れています。 たらこをスプーンですくって、この破れていた部分を下にして、ザルに並べます。 ザル全体をラップで覆ってから、します。 【唐辛子の準備】 唐辛子、砂糖、醤油を計り入れ、ゆずを絞っておきます。 【本漬け用調味液の準備】 本漬け用の調味液を作ります。 まず本漬け用の日本酒を火にかけて沸騰させ、弱火で5分間加熱してアルコール分を飛ばします。 【出汁をとる】 加熱を終えたら火からおろし、ボールなどに氷水を張って、鍋ごと浸して十分に冷やしてから、昆布を入れて30分間置いておきます。 30分後火にかけて沸騰してから、かつお節を加え1分間弱火で加熱して、火からおろします。 【本漬け用調味液】 かつお節などが入らないように目の細かいザルで濾しながら、熱いうちに唐辛子に加えます。 これを容器ごとボールなどに張った氷水に浸して十分に冷やしておきます。 これが本漬け用調味液になります。 【本漬け】 生たらこをきっちりと封ができるポリ袋に入れて、本漬け用調味液を入れ、しっかりと封をします。 途中、何度か上下を返すと良いでしょう。 【できあがり】 本漬けからあがったら、半日〜1日間、ザルなどに入れて冷蔵庫の中で液切りをします。 脱水シートがあれば、シートに載せておくのもひとつの手です。 食べきれない分は、一腹ずつラップしてくるみ、冷凍すれば2〜3ヶ月保存できます。 あと生たらこは、一度凍結しておくようがいいよ、、というコメントを明太子業界の方からいただきました。 魚介類のうち、刺身で食するものの場合、多かれ少なかれ、寄生虫という問題を避けてとおることはできません。 スーパーなどで市販されているものは、それなりの処理がされていることが多いようですが、それも絶対かというと、はっきりとは申し上げられません。 特に漁港で仕入れたものなどは、正真正銘の「生」であるため、寄生虫も生きている恐れがあります。 ただし寄生虫は、凍結することで死滅させることができます。 アニサキスは、 摂氏マイナス20度で1晩以上冷凍すれば死滅すると言われています。 家庭用冷凍冷蔵庫でも、十分にマイナス20度になりますので、ご安心ください。 家庭用冷凍冷蔵庫の温度推移図を右に示しておきます。 私は鯖ずしでご対面して、胃カメラ+点滴+3日間の入院でした。 こんなことをレシピに書いて脅すのは私くらいでしょうね。 中毒自慢なら他にもあります。 生ガキでまる1日間寝込むというのもありました。 この方法は、明太子業界の方から教わりました。 Hさまありがとうございます。 「おいしさにかかわることで言うなら、塩漬け後一度ザルなどにあげて形を整えてから卵管(たら子ののおなかのところの皮が破れたところ)を必ず下にして冷蔵庫に保管します。 これは、明太子のなかでも国内産の高級品を作るためのたらこ作りでは必須です。 ちなみにこの塩漬け液から上げて、整形して冷蔵庫に保管するまで、鮮度のよい卵ほど見る見るうちに塩が食品を締めていくのがわかります。 さて、冷蔵庫で一晩ザルに上げて保管し、塩と卵をなじませてから、余分な塩水を十分落としてください。 この段階ではたらこが「ゴムでできているのだろうか?」 というほどに弾力性と硬さを持ちます。 そうなって初めて、辛子の調味液に漬けたときに卵の隅々にまで液を吸い込みおいしさを演出するのです。 調味液自体はお好みがあると思いますので、お好みに合わせて作られるとおもしろいと思います。 通常製造業者が無着色として仕上げる辛子明太子やたらこの場合は、見栄えが悪くならないように、色つやの整ったものだけを厳選して、辛子明太子やたらこの材料として利用するそうです。 手作りの場合は、買ってきた生たらこから色つやの良いものだけを厳選などしていると、歩留まりが悪くなりすぎるので、そのまま利用することになりますね。 まぁ派手な赤色になっていないのが、手作りの証ということで、許してつかぁさい。 手作り食品のなかでも発酵食品は、器具や器具を扱う手などに雑菌がついていると思わぬ事故を招く場合があります。 衛生には十分に気をつけて、楽しい食品づくりを心がけるようにしましょう。 また、嫌な臭いがちょっとでもしたら口にするのは止め、廃棄する勇気をもちましょう。 何事も自己責任の意識をもって行動してください。 2003. 25 一部加筆修正あり 2003. 23 修正 生たらこの冷凍をお勧め 2003.

次の