秩父 病院。 ちちぶ動物病院

整形外科

秩父 病院

受診される方へ 診療科目 ・内科 ・胃腸内科 ・リハビリテーション科 ・皮膚科 ・外科 ・糖尿病内科 診療時間 (月曜日~土曜日) 午前 受付時間 9:00~12:00 / 診療時間 9:00~診療終了まで 午後 休診(金曜日糖尿病外来を除く) 糖尿病外来 ・第1、第3金曜日(月によって変更になる恐れがあります。 詳細はにてご確認ください。 お薬の処方【院内調剤薬局】 当院では、お薬の処方は院内調剤を基本としております。 詳しくは外来ページのの項目をご参照ください。 また、患者様のご要望によっては、 院外処方せんの発行も行っておりますので、ご安心ください。 外来の詳細について この他、 外来の詳細については、 をご参照ください。 入院をご要望、ご検討されている方へ 彩清会 清水病院への入院について 当院は医療療養病床60床の病院です 在宅復帰機能強化加算算定病床 在宅復帰を目指した質の高い入院医療サービスで、人生を彩る支援を行っております。 当院は「医療が必要な方」、「施設での受入れが困難な方」、「在宅介護が困難な方」、「在宅に向けた退院までの長期プランが必要な方」、「人生の最終段階(看取り期)の医療をご希望の方」など、幅広く対応、あるいはご相談に乗らさせていただいております。 医師、看護師、メディカルスタッフ(薬剤師、理学療法士、社会福祉士、管理栄養士、介護福祉士等)の多職種連携によるチーム医療によって、高度な慢性期医療を提供する「慢性期治療病棟」を創っていく努力を行い続けています。 入院の詳細について この他、 入院の詳細については、 のページをご参照ください。 面会・お見舞いをご要望される方へ 患者様へのご面会・お見舞いについて ご面会・お見舞い時間 / 9:00~20:00 この他、ご面会とお見舞いについては、 のページをご参照ください。 彩清会グループの併設施設(サービス)のご案内 清水病院( 医療療養病棟・外来診療・他 )所在地と同じ町内に、当院のグループ各施設があります。 『 居宅介護支援事業所(病棟内)』、『 リハビリセンター アトム(デイケア)』、『 グループホーム 梅こよみ 』、『 デイサービス ももとせ学校 』の各種施設とサービスがあります。 退院後も、これらの通所・訪問リハビリや介護を通して、患者様ご本人やご家族様の暮らしを支援しております。 彩清会 清水病院の各種併設サービスにて、高度な慢性期医療を中心に、医療と介護を継ぎ目なく繋ぐことで、「患者様おひとり、お一人が、住み慣れた家や地域で最期まで、その人らしい生活を支えてゆく」ことを大切にしております。 また、「患者様の人生という物語を一緒に紡いでゆく」、このような医療、看護、介護を創っております。 患者様、 ご家族様の笑顔のために 受容と共感の心で、地域に暮らす高齢者の「医療」「介護」「生活」を支援します。 地域の皆様の笑顔のために 私たちは、地域の皆様から、必要とされる病院を目指します。 職員の笑顔のために 人と社会と自分自身に、誇れる仕事。 自分(知・技・心)を磨き、人の役に立てる喜びを感じよう。 職員の誰もが、心満たされ笑顔で誇れる病院を目指します。 病院 在宅復帰支援・医療療養病院 理念 2つの視点 1. 彩清会 清水病院グループの「想い」と「使命」 『 外来。 そして入院から退院、その後の介護サポートまで。 』 私達が目指すのは、「1日でも長く、住み慣れた自宅や地域で、その人らしい生活を送るお手伝い」です。 ご入院中の医療提供は勿論ですが、退院後の生活を様々な介護サービスでサポートすることで、患者様、ご家族様の医療不安と介護負担を軽減します。 患者様ご本人にとって、ご家族様にとって、大切な1日1日をいかに過ごすか。 かけがえのない1日を彩るために、私達に出来る事は全てご提供します。 あなただけの、人生という物語を共に紡いでいきましょう。 理事長 あいさつ 理事長 あいさつ 医療法人 彩清会 清水病院は1945年創業以来、70年以上にわたり秩父の地域医療の一端を担ってまいりました。 現在は医療療養病棟を中心に、デイケア、デイサービス、グループホーム等を開設し、今後も小規模多機能型居宅介護や介護医療院の開設など、まだまだ発展途上の法人です。 我々の使命は、慢性期医療を中心に医療と介護をシームレスにつなぐことで「患者様おひとりお一人が、住み慣れた家や地域で最期までその人らしい生活を支えてゆく」こと。 「患者様の人生という物語を一緒に紡いでゆく」そのような医療、看護、介護を創ってまいります。 これからも清水病院は、皆様方のご希望にそえる病院に成長できるよう努力いたす所存でありますので、さらなるご指導頂きたくよろしくお願い申し上げます。 詳細はにてご確認ください。 リンク•

次の

» 医療法人花仁会 秩父病院

秩父 病院

「人と人とのふれあい医療」という理念を掲げ、埼玉県秩父市で健康サポートを実践 秩父病院健診センターは、「人と人とのふれあい医療」という理念を掲げ、埼玉県秩父市和泉町で健康サポートを実践します。 さらに日本人間ドック学会機能評価認定施設として地域医療に貢献しています。 近年、生活習慣病は増加傾向にあり、また「がん・心臓病・脳卒中」は日本の死亡原因の上位を占めています。 これらの疾患を防ぐためには早期発見が重要です。 胃・大腸・肺・乳房等のがんは、早期に発見すれば死に至る病気ではありません。 健康で快適な生活を送るために、自覚症状の有無にかかわらず人間ドックによる定期的な健康チェックを推奨します。 地域としての健康意識を高めたいという目標を持ち、人間ドックを通した予防医療を提供しています。 当院では、忙しい人でも気軽に受診できるよう、午前中で終わる「半日ドック」を提供しています。 疾患リスクの早期発見だけでなく、自身の健康について見直すきっかけにもお役立てください。 がんをはじめとした各種疾患リスクの早期発見が目的 秩父病院健診センターでは、全身を総合的に調べる検査コースとして「半日ドック(午前)」を提供しています。 検査項目として、身体測定や血液検査、胸部X線検査、腹部エコー検査、安静時心電図検査、胃部X線検査もしくは胃カメラ、肺機能検査、便潜血などを設定しています。 本コースでは、がんをはじめとした各種疾患リスクの早期発見を目的としています。 がんの中でもとくに胃がんに重きを置いています。 午前中で終わるように設定している検査コースのため、仕事や家事、育児などで忙しい人にもおすすめの検査コースです。 日本消化器内視鏡学会「消化器内視鏡専門医」による胃カメラ 当院の「半日ドック(午前)」では、食道・胃・十二指腸潰瘍の検査項目として胃部X線検査、胃カメラを設定しており、受診者の希望で選択します。 胃部X線検査は飲んだバリウムを胃の中に薄く広げて、胃の形や表面の凹凸をレントゲンで観察するものです。 一方、胃カメラ(内視鏡検査)は先端についた小型CCD(ビデオカメラ)で、胃の中を直接ビデオ画像で観察するもので、色の変化やわずかな粘膜の凹凸、また模様のちがいを認識できます。 そして問題点があった場合には組織の採取ができる事などから、当院では内視鏡をおすすめしております。 さらに、胃カメラの場合は、鼻から入れる経鼻方式と口から入れる経口方式のどちらにも対応しています。 *当院には日本消化器内視鏡学会「消化器内視鏡専門医」が在籍しており、消化器内視鏡指導施設に認定されています。 受診者の希望や状態に合わせたフォローアップ 秩父病院健診センターでは、検査結果を後日医師から直接説明をします。 結果説明の際は、専門用語を控え、受診者がわかりやすいよう心がけています。 受診者の中には、問題点を指摘されたにも関わらず、検査を受けただけで終わってしまう人もいます。 そうならないように、どういう説明をしたら精密検査や二次検査に進もうと思えるか、ということを意識しています。 万が一問題点があった場合は、当日結果がでるものに関しては、その場で指導をし、場合によってはそのまま精密検査や治療に移行します。 結果が後日になるものにおいては、結果がわかり次第受診者にお伝えし、精密検査等が必要な場合は当院もしくは連携している医療機関をご案内します。 当院は地域内での医療連携が盛んだと感じています。 受診者の希望や状態に合わせた医療機関を臨機応変に紹介しています。

次の

《予約可》秩父病院 健診センター|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

秩父 病院

概要 [ ]。 2019年度の1日あたりの外来平均患者数は患者数は65. 入院患者数は一般病床 37. 4、療養病床 33. 認定病院 病院評価結果は3rdG:Ver. 1 3回目、2016年4月1日認定、2021年5月28日認定有効期限。 民医連 に加盟している。 沿革 [ ]• 30年 9月 秩父中央開設• 昭和32年 3月 夜間診療開始• 昭和40年 10月 秩父保健生協設立• 昭和45年 9月 入院設備19床稼動開始• 昭和51年 9月 第1回健康まつり開催• 昭和54年 1月 第1期保健講座開講• 昭和59年 1月 秩父生協病院開設(40床)• 昭和60年 8月 入院患者へのを開始• 4年 4月 医療生協さいたまに県内6医療生協が合併• 平成5年 5月 基準看護特2類取得• 平成9年 在宅介護支援センター・秩父訪問看護ステーション開設• 平成12年 4月 秩父生協病院 移転新築75床、療養型病棟開設(医療療養19床・介護療養21床)• 平成14年 11月 取得• 平成15年 9月 在宅介護支援センター・訪問看護ステーション別施設へ移動• 2003年 平成15年 11月 取得• 平成17年 5月 日本医療機能評価認定• 平成21年 8月 回復期リハビリテーション病棟へ転換(35床)• 平成23年 3月 日本医療機能評価認定 診療科 [ ]• 専門外来 [ ]• 訪問診療 その他 [ ]• 通所 医療機関の認定 [ ] この節の出典• 指定医療機関• 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 指定医の配置されている医療機関• 指定医療機関• 原子爆弾被害者医療指定医療機関• 医療機関• 委託医療機関 差額ベッド代について [ ] 病院の理念により、(個室料)を徴収していない。 交通アクセス [ ]• 「」から『小鹿野役場・小鹿野車庫・栗尾方面』行き乗車「阿保」停留所より徒歩2分• 「」から徒歩15分 周辺 [ ]• 秩父市立秩父第一中学校• 秩父消防署• 秩父市営尾田蒔大郷テニスコート 関連施設 [ ] 医療生協さいたま生活協同組合が設置する病院 [ ]• - 埼玉県。 - 埼玉県。 - 埼玉県。 注釈 [ ] 出典 [ ]• 埼玉県. 2020年5月17日閲覧。 埼玉県. 2020年5月17日閲覧。 全日本民主医療機関連合会. 2020年5月17日閲覧。 秩父生協病院. 2020年5月17日閲覧。 秩父生協病院. 2020年5月17日閲覧。 秩父生協病院. 2020年5月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の