いずみ 中央 イタリアン。 トラットリア・アルモ (trattoria almo)

相鉄/横浜・相鉄ライフいずみ中央にパスタ&ワイン「sacco」

いずみ 中央 イタリアン

地元で楽しめる本格イタリアン 名シェフの手打ちパスタに舌鼓 2019年8月23日、いずみ中央駅にオープンした【パスタ&ワイン sacco】。 ここは、「相鉄沿線名店プロジェクト」の誘致第4号店として、【リッツカールトン ワシントンD. 】の総料理長を務めた山本秀正さんがプロデュースするお店です。 オーナーシェフの佐藤雄太さんは、24歳でイタリアのピエモンテ州に渡り、現地のコンクールで受賞経験もある実力派。 佐藤シェフのスペシャリテは、自家製の手打ちパスタ。 もっちりとした食感ながら歯切れがよく、噛み応えもあります。 ディナーには、近隣農家の新鮮な野菜や、五島列島の鮮魚を使った一品料理が充実。 「質のよい素材を使っていますが、価格は可能な限り抑えています」と佐藤シェフ。 また、お子さまへの配慮も充実。 ベビーカー置き場や、お化粧室にはおむつ台が完備され、ニンニクやトウガラシを使わないお子さま用パスタもあります。 本格イタリアンを誰もが楽しめる、嬉しいお店の誕生です。 sacco イチオシ ポイント!.

次の

料理メニュー : sacco

いずみ 中央 イタリアン

相鉄ホールディングスは8月23日、横浜市のいずみ中央駅直結の商業施設「相鉄ライフいずみ中央」内にパスタ&ワイン「sacco(サッコ)」をオープンする。 <sacco> 「リッツカールトン ワシントンD. 」の総料理長や、アメリカ歴代大統領の晩さん会総料理長を歴任した山本秀正シェフがプロデュース。 店主に、東京・恵比寿を皮切りに本場イタリアにて研さんを積んだ経歴を持つ佐藤雄太氏を迎えた。 こだわりの自家製手打ちパスタや地元の食材を生かしたイタリア料理を提供する。 店名の「sacco(サッコ)」は、イタリア語で「袋」という意味で、袋は「集める」というイメージから、「人が集まる場所になるように」、いずみ中央駅のナンバリング「35」にちなみ、「35=サッコ、地元に根付きたい」という思いを込めた。 メニューは、ディナーで前菜は税込580円から、パスタ1080円から、肉・魚料理1160円からとなっている。 ランチは890円から、チョイスパスタとパン、サラダなどがそろう。 <広めでゆったりした椅子を用意> 広めでゆったりした椅子を用意した店内からは、和泉川・地蔵原の自然豊かな風景を楽しめる。 近くには、横浜市泉区民文化センター「テアトルフォンテ」、地域子育て支援拠点があり、子ども連れでも気軽に利用できる。 相鉄グループでは、2013年から相鉄線沿線のブランド価値を向上させるため、「地産地消」や「こだわり」を持つ地域に根ざした名店の紹介や、沿線になかった新たな名店の誘致などを行う「相鉄沿線名店プロジェクト」に取り組んでおり、同店は誘致4号店となる。

次の

いずみ中央駅(神奈川)周辺 グルメ・レストランの予約・クーポン

いずみ 中央 イタリアン

おともだちに誘われてにオープンしたイタリアンレストラン、Sacco サッコ)にランチを食べに行ってきました。 いずみ中央でイタリアンと聞いて、ちょっとピンとこなかったのだけれどはの中でも野菜を作っている農家さんが多く、 JA の即売所などでは新鮮で美味しい野菜がたくさん並んでいるんです。 私が頼んだのはサルシッチャときのこのクリームソース(タリアテッレ)と前菜、デザート、飲み物がついたランチコース。 もひとつのテーマにしているらしく、色鮮やかな野菜を使ったサラダや湘南の生豚を使ったハムなどもあり。 (この写真に生ハムはないけど) 連れい「サルシッチャってなに?」と言われたのですが、言ってみれば 生サラミのようなもの。 サルシッチャは腸詰であることには変わりないのですが、中に詰められたひき肉(生)が塩コショウで味付けられていますし、にんにくをプラスしていることも多いです。 なので、サラミが生になった状態を想像してもらうほうが近い。 余談ですが、サルシッチャを乾燥させるとサラミみたいな味になります。 生のサルシッチャなのでイタリアから輸入するわけにもいかず、日本ではなかなか食べられないのですが、昨今のシェフはで修行をした方だというので、本格的なサルシッチャが食べられるのでは?と期待してオーダー。 とても美味しかったです。 パスタも生サラミなのでモチモチ。 もう一皿ずれがトマトソースのパスタを頼んだのですがそちらはで少し細め。 そちらもとてもおいしくて、イタリアの家庭で食べるような味がしました。 駅直結でこんな本格的なレストランが出来るなんて意外だなと思っていたのですが、 相鉄沿線名店プロジェクトで誘致されたレストランで、なるほどなーと納得。 開店前から並んでいてびっくりしたのですが、味の方はイタリア在住歴の長い私でも納得!する味でした。 メロンという概念がイタリアにはないのですが、夏らしい爽やかな味わい。 パンナコッタの方はやはり本格的な味でパンナコッタだけでもいくらでも食べられそうな美味しさでした。 店員さんもみんな親切でにこやか。 感じがいい方ばかりでした。 店の内装もとってもお洒落で清潔感があってモダン。 キッチンもイタリアのレストランの厨房にそっくりで、まだ新しいというのもあるんだろうけどとても手入れが行き届いていて、清潔な感じでした。 変に日本人好みの味にされていなくて、イタリアのカフェっぽい味がしました。 またすぐに来たい!と思わせてくれる素敵なレストランです。 これからがめちゃめちゃ楽しみ~。 次は夜に行ってみようかな。 ワインもルワインがあったりすると嬉しいんだけど…。 いつもルワインを一緒に飲んでいるイタリア関連のお友達を誘って行ってみようと思っています。 ごちそうさまでした! shiratamachang.

次の