格安スマホ android。 15,000円以下で買えるAndroid格安スマホ、厳選5モデル

最新のAndroid7.0へアップデートできない端末がある?

格安スマホ android

Android One S6の特徴• 84インチの液晶ディスプレイを搭載• 背景をぼかすポートレートモードで撮影ができる• 指紋センサーで画面ロック解除ができる• 防水防塵・耐衝撃にも強いので安心して使える• 画面が濡れても操作できるウェットタッチに対応• おサイフケータイ(Felica)に対応している ワイモバイルにはというさらに低価格なスマホがありますが、おサイフケータイに対応していないなど完璧ではありません。 しかし、Android One S6はFelicaに対応していて電子マネーに対応したクレジットカードを登録してコンビニで支払いをしたり、Suicaを登録して改札を通ることができる完璧なスマホとなっています。 Android One S6 スペック 画面 5. 5Mbps Bluetooth 5. 5mに30分耐えられる) ワンセグ 非対応 バッテリー容量 3,050mAh OS Android 10 本体サイズ 153 x 73 x 8. 9mm 本体重量 151g リアカメラは1600万画素の広角カメラと800万画素の超広角カメラのデュアルカメラ仕様となっていて、背景をぼかすことができる機能も搭載しているので画質はそんな期待してはいけないけど、そこそこ遊べるカメラとなっています。 また、Android One S6は 画面が濡れても操作できるウェットタッチに対応しています。 スマホって防水対応が増えましたが水が画面に触れると誤動作したりしますよね。 あれを防ぐことができるし端末価格も高くないので、お風呂の中でためらうことなく使えるのもAndroid One S6の魅力といってもいいかもしれないですね。 Android One S6 端末価格• 機種変更:28,800円• 新規・MNP(他社から):21,600円• 新規・MNP(ソフトバンクから):36,000円 ワイモバイルを使っていてAndroid One S6に機種変更すると少しだけ高い28,800円となります。 ワイモバイルのiPhone 6sと同じ価格帯なのでどっちを選ぶか迷うところでもあります。 ただ、iPhone 6sは2015年9月に発売した5年目を迎える端末でもあります。 耐水に対応していないだけでなく、Felicaによる決済もできないので利便性を考慮するならAndroid One S6の方がいいのかも。 筐体デザイン・サイズ 本体カラーは三色から選べる Android One S6はラベンダーブルー、ホワイト、ブラックの3色から本体カラーを選ぶことができます。 スポンサーリンク 筐体のサイズ感と使いやすさ Android One S6は5. Android One S6の正面デザイン かなり特徴的なデザインとなっていて顔認証機能に対応しているわけではないのに画面上部にノッチがあります。 Android One S6のノッチ さらに、画面下に太い黒色の顎があります。 黒い部分は何のためにあるのか不明ですが、このおかげで3,100mAhという大容量バッテリーを内蔵できたのかもしれません。 本体サイズは153 x 73 x 8. 9mmと少し大きめですが、筐体にプラスチック素材を採用していることもあり重量は151gと軽めとなっています。 Androidの片手キーボード 本体横幅73mmあるので片手での操作は少し難しい感じですが、Androidの片手キーボードに設定することで文字の入力は片手で問題なくすることができる大きさです。 サイドフレームはアルミ、背面パネルはプラスチック素材が採用されています。 細かいスレッドが入っているので光の当て方によって光り方が変わるのでチープな感じはしません。 Android One S6の背面パネル 本体右側にサイドボタン(電源)と音量ボタンを搭載しています。 Android One S6のサイドボタン Android One S6は本体上部に3. 5mmオーディオジャック、マイク、赤外線センサーを搭載しています。 5mmオーディオジャックと赤外線センサー 赤外線センサーを搭載してるスマホって珍しいですが、ケータイ(フィーチャーフォン)から連絡先や写真のデータを赤外線を使って移行するためのモノとなっています。 ケータイからの乗り換えをする人にとっては重宝するモノなのかな。 本体下にUSB-Cポートを搭載していて、左にある小さい穴はマイク、右側の横スリットは内蔵スピーカーです。 USB-C PDの急速充電に対応 USB-C PD充電に対応しているのでUSB-C PD対応の充電アダプタ、ケーブルを使うことで急速充電することが可能となっています。 急速充電ってエントリー向けのスマホも当たり前の機能になってきてますね。 ちなみに、どれくらいの電力で充電できているか計測してみたところ8Wくらいで充電できているのが確認できました。 本体左側にSIMカードスロットがあります。 SIMカードスロットは手で開けられる 手でカンタンに開けることができる構造となっているので、SIMカードの入れ替えもしやすいですね。 nanoSIMとmicroSDカードに対応 Android One S6のストレージ容量は32GBと少なめですが、microSDカードは512GBの容量まで対応しています。 Android One S6 対応バンド• TD-LTE:B41• ドコモもB1とB3に対応してますがプラチナバンドのB19に対応していないなど郊外に行くと電波が弱くなる可能性があり、Android One S6はVoLTE非対応端末なのでauは使えません。 なので、Android One S6は基本的にワイモバイルで使うための端末と思っていた方がいいでしょう。 背面に指紋センサーを搭載 Android One S6は背面パネルに指紋センサーを搭載していていスマホを手で持つことでカンタンに画面ロック解除することができます。 背面パネルに指紋センサーを搭載 顔認証には対応していないので指のみで画面ロック解除をすることになりますが、最近はマスク需要が高まっているので顔認証よりも指紋認証に対応していた方が使いやすいのかも。 Android One S6のカメラスペック• 0(広角)• インカメラ:800万画素 Android One S6の広角カメラで公園を撮影してみました。 0と標準カメラの割にあまり明るくはないですが、日中であれば普通に写真撮影することができます。 鮮やかな写真を撮影できる Android One S6のカメラはAIがシチュエーションを判別して最適な写真になるように撮ってくれます。 花はより鮮やかに、少し暗い夕暮れだと露出を上げて明るい写真に仕上げてくれるのでシャッターを切るだけで比較的キレイな写真を撮影することができるのかなと感じます。 Android One S6 夕暮れの撮影 夜の撮影も明るいところであれば問題なく可能です。 ただ、最近のハイエンドスマホに搭載されている白トビを抑えるような高度な処理はされません。 夜でも街並みは撮影できる なので、電飾看板は見事に白トビしてしまって内容が読み取ることができない写真になってしまっていますね。 そこそこの光源が確保されていれば夜間撮影でもノイズの少ないキレイな写真を撮影できます。 夜でも光源があればキレイな写真に Android One S6は背景をぼかすことができる機能を搭載しています。 椿の背景をぼかす モノに対しても背景ぼかしができるので、いつもと少し違う写真に仕上げたいときに使うのがいいでしょう。 ただ、標準カメラの画像データをソフトウェアのみでおそらく処理しているのでボケの精度はそこまで良くはない感じです。 雪の塊の背景をぼかす 背景のボケを有効にするにはカメラアプリの「モード」の別画面から切り替える必要があるので、そこまで推していない雰囲気もありますしね。 とりあえず背景をぼかすことはできるレベルと認識しておくのがいいかな。 iPhoneで比較するならiPhone 6sとiPhone 7の中間くらいの性能となっています。 GPU(OpenCL)の計測はアプリが落ちて測定不能でした。 なので、Antutuで性能比較をしてみました。 こうやってスコアを比較して感じるのはのA10 Fusionの性能の高さです。 2016年9月に発売されて4年目に突入したプロセッサですが、まだまだ現役で使うことができるというね。 実際に2019年に発売したはA10 Fusionを搭載していますし、まだまだ戦えるってことなのでしょう。 荒野行動、DBレジェンド、ドラクエウォークは問題なく動作しました。 Android One S6でゲームをする 実際に荒野行動をプレイしてみましたがフレームレート60Hzに設定しても普通に遊ぶことができます。 まあ、たまに処理落ちするので40Hzで遊んだ方がいいかな。 最新のスマホと比較するとベンチマークアプリのスコアは低いですが、Google Playで公開されているゲームアプリであれば普通に遊ぶことができそうですね。 ちなみに、フォートナイトはEpic Gamesのアプリからダウンロード・インストールするスタイルですが、Android One S6は対応していないので注意です。 Android One S6の月額料金 Android One S6の端末価格は以下のとおりです。 厳密には契約月は割引はないのですが分かりやすく説明するために1ヶ月目から新規割がある表記にしております。 残念ながらソフトバンクからの乗り換えは定価(36,000円)となります。 Android One S6の良いところ• 端末価格が21,600円とまあまあ安い• リアカメラで超広角撮影ができる• 背景をぼかす機能を搭載している• 指紋認証で画面ロック解除ができる• Wi-Fi 5(ac)に対応している• おサイフケータイ(Felica)に対応• まあ、安いですよね。 おサイフケータイにも対応してるし、Wi-Fi 5(ac)に対応してるし、IP68等級の耐水性能、MIL-STD-810G準拠の耐久性もあるので頑丈です。 ワイモバイルオンラインショップのメリット• 事務手数料の3,000円が無料になる• 端末購入の頭金(手数料)がかからない• アウトレットで限定セールで安くスマホが買える• 待ち時間がなく送料も無料 頭金は端末購入時にかかってくる手数料みたいなもので実店舗の代理店によっては5,000円〜10,000円ほどかかってくることがあります。 そんな中で、ワイモバイルオンラインショップなら頭金は0円なので無駄なお金を支払う必要がなくなります。 家族がいると事務手数料も含めるとかなりの金額になってしまうので、少しでも安くワイモバイルに乗り換えをするならワイモバイルオンラインショップを活用するのがおすすめです。 はこちらをどうぞ。

次の

Androidスマホのおすすめ人気ランキング6選【2020年最新版】

格安スマホ android

人気が続く、格安スマートフォン。 しかし、その内容をよく吟味しないで買うと、「安物買いの銭失い」になりかねない。 ここでは、これから1〜2年は使い続けられる実用的な基本性能を備えつつ、2018年7月上旬時点で価格. com最安価格が15,000円以下という超リーズナブルなAndroidスマホだけを集めてみた。 RAM:2GB、ストレージ:16GB、OS:Android 6. 0以上が、今買っていいスマホの最低スペック まず最初に、2018年夏に購入するスマートフォンのスペックの最低条件を考えてみよう。 この価格帯では、OSはAndroidに限られる、注目のAIアシスタント「Googleアシスタント」や、今後登場する周辺機器やサービス・アプリへの対応を考慮すると、Android 6. 0以降のものを選びたい。 今回取り上げた製品は、バージョンアップも含めてAndroid 6. 0以降に対応している。 次にチェックしたいのはハードウェアのスペックで、特に注目したいのはメモリー(RAM)とストレージ(ROM)の容量だ。 RAMは最低でも2GBはないとAndroid 6. 0以降のOSを快適に動作させられない。 ストレージは最低でも16GBはないと、十分にアプリを追加できなくないことが多い。 なお、16GBでも余裕はないので、ストレージの圧迫を避けるため、カメラの撮影データやダウンロードファイルの保存先などとしてmicroSDカードの使用は必須だ。 これらの条件をクリアしつつも、15,000円以下で購入できる超リーズナブルなスマートフォンが以下の5モデルとなる。 様々なアクションを割り当てられる指紋認証センサー付き ZTE「BLADE V7 Lite」 2016年に登場したZTEのスタンダードモデル。 0インチの液晶だが、アルミ合金製のボディや2. 5Dの曲面ガラスを採用するなどボディの仕上がりはなかなかよい。 なお、背面に指紋認証センサーを備えており、通常のロック解除に加えて、各指紋に対応させたアプリの起動や、カメラのシャッター、音楽の楽曲送り、ボリュームの調整、画面キャプチャーといったアクションを割り当てることもできる。 画面サイズ(解像度):約5. 9mm 重量:135g CPU:MediaTek MT6735P(1. 0インチの大型ディスプレイを備えるボディに、3GBのメモリーと32GBのストレージを組み合わせる。 このほか、約2,100画素のイメージセンサーを備えたメインカメラは、4K動画の録画に対応しているなど、今の基準で見ても基本性能には余裕がある。 なお、プリインストールOSは、Android 5. 1だがAndroid 6. 0へのバージョンアップファイルが配布されている。 画面サイズ(解像度):約6. 9mm 重量:182g CPU:MediaTek MT6795(2. 1(Android 6. 2インチの液晶ディスプレイを備える。 3GBのメモリーやミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 617」を備えており、基本性能に多少余裕があるのが魅力だ。 VRヘッドセットが同梱されており、本製品だけでプリインストールされるVRコンテンツを含むさまざまなVRコンテンツを楽しめる。 このほか、ボディ側面にカスタマイズ可能なファンクションキー「BOOM KEY」を備えており、カメラの起動のほか、プリインストールされるアプリ「ギャラリー」の使用中では画像のコラージュ、動画再生時にはエフェクトの追加といったユニークな機能を割り当てることも可能だ。 通信機能では、auのプラチナバンドであるLTEバンド18や音声通話サービス「au VoLTE」に対応しており、一般的なNTTドコモ系SIMカードに加えてau系SIMカードにも対応する。 画面サイズ(解像度):約5. 1mm 重量:135g CPU:Snapdragon 617 MSM8952(1. フルHD表示に対応する約5. 5インチを備えた大型モデルで、RAMが2GBのモデルと、4GBのモデル2製品が価格. comの最安価格で15,000円以下まで下落している(いずれもストレージは32GB)。 ゲームを中心としたアプリの互換性と今後の動向には少し注意が必要だ。 画面サイズ(解像度):約5. 9mm 重量:170g CPU:インテル Atom プロセッサー Z3580(4GBモデル、2. 0(Android 6. 0インチの液晶ディスプレイを採用。 ボディの両面に2. 5Dのガラスパネルを採用し、なめらかな手ざわりが魅力だ。 セキュリティ機能に特徴があり、指紋認証センサーを背面に備えるほか、ストレージの一部にセキュリティの強化された領域「SAFEBOX」が設けられている。 カメラ機能も完備しており、約1300万画素のイメージセンサーに調光対応のデュアルフラッシュを組み合わせたメインカメラと、約500万画素のイメージセンサーに、LEDフラッシュを組み合わせたフロントカメラを備える。 なお、フロントカメラにはVサインを認識してシャッターを切る「GESTURE SHOT」機能が搭載されている。 画面サイズ(解像度):約5. 45mm 重量:約156g CPU:MediaTek MT6737(1.

次の

【Android】スマホのおすすめメーラーアプリ11選!メール管理に便利なのは?

格安スマホ android

スマートフォンは大きく分けてAndroidとiOSの2種類がありますが、多機能で種類の多いAndroidは多くの人に支持されています。 ですが、一口にAndroidのスマホと言ってもその種類はさまざま。 DOCOMOやauなど各キャリアで購入するものだけでなく、コスパのいいSIMフリースマホもあります。 また、長時間使用するのでバッテリーの持続時間が大切という人もいれば、ゲームをしたいので画質が重要という人もいるなど、使い方によって注目すべきポイントは変わってきてしまうもの。 悩んでしまう方も多いと思います。 そこで今回は、 おすすめのAndroidスマートフォンをランキング形式でご紹介いたします。 キャリアのスマホとSIMフリースマホの違いも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!自分の使い方にピッタリのものを見つけて、快適に使用しましょう! 高性能・多機能なスマホや、 しっかりとしたアフターサポートを望んでいる場合には、DOCOMOやauなどの各キャリアで購入できるAndroidスマホがおすすめです。 このタイプでは、人気機種であるSONYのエクスペリア・サムスンのギャラクシーを始め、シャープなどのメーカー製のさまざまなモデルが販売されています。 日本のユーザーが重視する防水機能やおサイフケータイ、赤外線・ワンセグなどの機能がついていることが特徴ですが、機種代金が高く、中には10万円程のものもあるため、分割での購入が一般的。 店舗数が多いので、機種の説明や不具合・修理などのアフターサポートも充実しています。 このタイプは、購入したキャリアのSIMカードしか挿入することができないようにロックがかかっており、そのキャリアのプラン、同系列のMVNOのプランしか選べません。 なお、数ヶ月以上使用した後であれば、他キャリアのSIMカードも利用できる「SIMロック解除」の手続きができる機種もあります。 通信会社を選ばずにスマホ本体だけを手軽に購入することができます。 また、キャリアのスマホより安く使用できるので、利用料を安く抑えたい人たちの間でニーズが高まっていますよ。 本体とSIMカードを各自で別々に用意する必要がありますが、最近は格安スマホを取り扱う企業が、スマホの購入と一緒のセット料金にしている場合もあります。 しかし、 各自で重要事項を確認してから申し込みすることが必要なので、ある程度の知識・確認が必要です。 また、これらの格安のスマートフォンは、あまり店舗を構えていないので、操作方法がわからないときや困ったときには自分で調べて解決したり、電話・メールで問い合わせしたりする必要があります。 操作面に不安を感じる方はご注意ください。 なお、以下の記事ではさまざまなSIMフリースマホをご紹介しています。 SIMフリースマホに特化した選び方もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! 写真や動画を多く撮る方は、カメラ性能や、どのくらいの保存ができるかどうかをチェックしてみてくださいね。 また、カメラの起動速度も重要。 1秒以内に起動するような早いタイプであれば、カメラを頻繁に使用する人も満足できそうですね。 どのくらい保存ができるかどうかの内蔵メモリを示す「ROM」の数値もチェックしましょう。 64GBあれば十分写真など保存できますが、動画や4K画質の写真などが多い場合には、128GB・256GBなども検討してみてください。 なお、 Androidのスマートフォンの多くは、microSDカードを別に入れることができ、容量を増やすことが可能です。 しかし、中にはmicroSDカードに対応していないものもありますので、注意しましょう。 望遠・広角・超広角のアウトカメラとインカメラ、ハイクオリティのカメラを4台を搭載したGalaxy S10。 データ処理能力が速いので、動画を見るのやゲームをするのにも適しています。 バッテリーをほかのデバイスとシェアすることができるハイテク機能付きも魅力。 暗い場所などでも撮りやすいので、カメラ機能を重視する方にぴったりのモデルです。 スマホタイプ キャリアスマホ(au・ドコモ) CPU 2. 8GHz/2. 4GHz+1. 7GHz 画面サイズ 約6. 1インチ 内蔵メモリ ROM128GB・RAM8GB 背面画素数 望遠・広角:約1200万画素・超広角:約1600万画素 バッテリー容量 3300mAh カラー プリズムホワイト・プリズムブラック・プリズムブルー SNS時代にかかせないカメラ機能は、 約1,600万画素+約200万画素のふたつのレンズを設けることで、見せたいところをクリアに、他をぼかして味のある写真撮影が可能に。 また、撮影後にピントを調整する機能もあるので、撮影時の失敗もカバーできます。 高性能のCPUオタクコアを搭載しているため、複数のアプリを同時に起動させても安定的にに稼働するので安心して楽しめます。 スマホタイプ キャリアスマホ(au) CPU Kirin659 オクタコア 2. 7GHz 画面サイズ 5. 8インチ 内蔵メモリ ROM 32GB・RAM 4GB 背面画素数 約1,600万画素 バッテリー容量 3,000mAh カラー(au) クラインブルー・サクラピンク・ミッドナイトブラック カラー(ドコモ) - SAMSUNG(サムスン) 商品名 P20 lite Galaxy A20 Galaxy S10 特徴 大画面で高精細な画面でクリアな画質を実現 シンプルで使い心地の良いスマホ 背面カメラが3つ付いたハイスペックスマホ スマホタイプ キャリアスマホ(au) キャリアスマホ(au・ドコモ) キャリアスマホ(au・ドコモ) CPU Kirin659 オクタコア 2. 7GHz 1. 8GHz/2. 4GHz+1. 7GHz 画面サイズ 5. 8インチ 約5. 8インチ 約6. 1インチ 内蔵メモリ ROM 32GB・RAM 4GB ROM32GB・RAM3GB ROM128GB・RAM8GB 背面画素数 約1,600万画素 約800万画素 望遠・広角:約1200万画素・超広角:約1600万画素 バッテリー容量 3,000mAh 3000mAh 3300mAh カラー(au) クラインブルー・サクラピンク・ミッドナイトブラック レッド・ブラック・ホワイト プリズムホワイト・プリズムブラック・プリズムブルー カラー(ドコモ) - 商品リンク• 1週間持つともいわれる4000mAhの大容量バッテリーのAQUOS sense3。 AIを搭載した高機能カメラが撮影モードを自動で選択。 画面が大きく見やすいので、スマホ初心者の方にもおすすめです。 防水・防塵・耐衝撃なので、公園などアウトドアスポットにぴったり。 画面が水に濡れても、なめらかな動きを期待できるので、キッチンで使うのも良いですね。 スマホタイプ SIMフリースマホ CPU Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)2. 2GHz(クアッド)+1. 8GHz(クアッド) 画面サイズ 約5. 5インチ 内蔵メモリ ROM64GB・RAM4GB 背面画素数 約1200万画素 バッテリー容量 4000mAh カラー シルバーホワイト・ライトカッパー・ブラック 無駄のないシンプルなデザインのファーウェイのP30 Lite。 3340mAhの大容量バッテリーなので、ビデオ通話や動画も楽しめます。 犬モード・花火モード・ポートレートモードなど、AIを搭載したカメラが自動で調整してくれます。 microSDスロットがあるので、写真や動画もたっぷり保存可能。 画面サイズも約6. 15インチと大きいので、動画をよく見る方におすすめ。 フルHDディスプレイはブルーライトカットモードがあるのもポイントですね。 スマホタイプ SIMフリースマホ CPU 2. 2GHz/4+1. 7GHz/4 画面サイズ 約6. 15インチ 内蔵メモリ ROM64GB・RAM4GB 背面画素数 約2400万画素/AF+約800万画素+約200万画素 バッテリー容量 3340mAh カラー ピーコックブルー・パールホワイト・ミッドナイトブラック スマホタイプ SIMフリースマホ SIMフリースマホ SIMフリースマホ CPU 2. 2GHz/4+1. 7GHz/4 Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)2. 2GHz(クアッド)+1. 8GHz(クアッド) Qualcomm Snapdragon 710 画面サイズ 約6. 15インチ 約5. 5インチ 6. 4インチ 内蔵メモリ ROM64GB・RAM4GB ROM64GB・RAM4GB ROM64GB・RAM6GB 背面画素数 約2400万画素/AF+約800万画素+約200万画素 約1200万画素 1600万画素 バッテリー容量 3340mAh 4000mAh 3600mAh カラー ピーコックブルー・パールホワイト・ミッドナイトブラック シルバーホワイト・ライトカッパー・ブラック ブラック・ブルー 商品リンク•

次の