鬼滅の刃 179話 漫画。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』179

鬼滅の刃178話ネタバレ!黒死牟死亡!縁壱とは違う何も残せなかった運命|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

鬼滅の刃 179話 漫画

鬼滅の刃 第179話のネタバレ! 悲鳴嶼は鬼がもう再生していないことを見てとり一旦攻撃を止めるよう声を張ったが、それでも実弥は止まらない。 シィィィと呼吸の音が鳴り走り込んでいく実弥を悲鳴嶼は掴みかかってようやく止める。 「不死川!!終わりだ!!上弦の壱は倒した!!戦いは終わった もう終わりだ!!」 再び悲鳴嶼は声を張り、そしてようやく実弥は動きを止めてガクリと崩れた。 実弥は意識を失ってすら動き続けていたのだ。 その様子に悲鳴嶼はただただ驚くばかりだった。 一度は掴み抱えた実弥を地面に下ろすと悲鳴嶼は玄弥と無一郎の方へと意識を向ける。 命は風前の灯 身体を真っ二つに切断された玄弥は、かろうじてまだ話ができる状態だった。 悲鳴嶼に兄である実弥と無一郎のことを問いかける。 その問いに悲鳴嶼は自分らが生きていることを必死に伝え、無一郎に視線を向けて言葉を詰まらせた。 無一郎の様子を確認することも察することも叶わないらしい玄弥は、自分よりも無一郎の手当てを優先してほしいと告げる。 玄弥の様子を確認しながら悲鳴嶼は、身体を真っ二つにされた状態でもまだ命があるのは鬼を取り込んだためだろうと分析した。 しかし鬼を取り込んだその効力も、真っ二つにされ流れた血とともに抜けてしまっている。 ただそれは、鬼にとって強い影響を及ぼす稀血である実弥を近づけても問題ないということでもあった。 悲鳴嶼は玄弥の元へと意識を失った実弥を連れてきてやる。 意識こそ失っているが有一郎が生きていることを確認する玄弥。 「兄…貴…生きて…る…良かっ…た」 尽きた命 一方、悲鳴嶼は無一郎の元へと向かい自身の羽織を彼にかけてやっていた。 無一郎は仰向けに目を開いたまま絶命している。 悲鳴嶼はその無一郎に、お前たちのお陰だと話しかけた。 お前たちのお陰で勝てた、と言葉を続けてから心からの感謝と尊敬そしてその身に立派さに声を詰まらせる。 「必ず無惨を倒して其方へ行く 安心して眠れ」 涙を流しながら悲鳴嶼は決意の言葉を告げると、無一郎の瞳を閉じた。 生きていて欲しかった 現実で瞳を閉じた無一郎は最期の意識の中で先に亡くなった双子の兄である有一郎と対面する。 黄色く染まった銀杏の葉が降る中で、有一郎はボロボロと涙を流していた。 「こっちに来るな 戻れ!!」 その言葉にぽかんとした様子を見せた後、無一郎もまた涙を流す。 どうして?と問いかけ、頑張ったのに褒めてくれないのかとさらに言葉を重ねた。 どうして?という問いかけに有一郎もまたこちらが聞きたいと口を開く。 逃げれば良かったのだと、まだ十四なのだからと有一郎は言う。 無一郎「仲間を見捨てて逃げられないよ」 有一郎「お前が死ぬことなんてなかった」 二人は向かい合い涙しながらお互いの言葉をぶつけた。 有一郎は、こんなところで死んでどうすると何のためにお前が生まれたのかわからないと必死に訴えかける。 無一郎はその言葉に先に死んだ兄の方がずっと可哀想だと返し、自分が何のために生まれてきたかは自分でちゃんとわかっていると言葉を続けた。 無一郎 「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ」 そう言って兄にもそうだろうと、幸せな瞬間は一度もなかったのかと問いかける。 自分は家族と暮らしていた時も、一人になってからも幸せだったと無一郎は語った。 辛いことや苦しいことがたくさんあったけれど、仲間ができて楽しかったし笑顔になれた、幸せだと思う瞬間が数え切れないほどあったとさらに続ける。 無一郎「それでも駄目なの?僕は何からも逃げなかったし目を逸らさなかったんだ。 仲間の為に命をかけたことに後悔なんてしない」 そして涙をさらに流しながら、無駄死になんて言わないでと有一郎だけはそんなふうに言わないでと言った。 その様子に有一郎は謝って、わかってるけれど無一郎に死なないで欲しかったんだと言って無一郎を抱きしめる。 「無一郎だけは…」 二人は一面の黄色い銀杏の下で抱き合った。 散りゆく命 意識を取り戻した実弥は、目を見開いで絶叫する。 彼の目の前で玄弥の体が崩れ始めていた。 「どうなってる畜生ッ!!体が…なんで鬼みたいに体が崩れる ああああ クソッ!!クソッ!!」 必死に玄弥の体に触れ、声を張り上げる実弥に途切れ途切れの声で兄貴と呼びかける玄弥。 大丈夫だなんとかしてやると、にいちゃんがどうにかしてやると必死に呼びかける実弥の声を聞き玄弥は涙を流す。 「…兄…ちゃん…ご…めん…」 玄弥は、母が鬼になってしまいそれを兄が倒したその時に、兄を責めてしまったことをずっと後悔していた。 そのことをごめんと、そして迷惑ばかりかけてごめんと、途切れ途切れに謝る。 「迷惑なんかひとつもかけてねぇ!!死ぬな!!俺よりさきに死ぬんじゃねぇ!!」 涙を流しながら必死に呼びかける実弥に、玄弥は「守ってくれてありがとう」と感謝の言葉を告げた。 守れていないと無力さを怒り、荒々しい言葉を口にする実弥は、崩れていく玄弥の体に縋りついた。 「兄ちゃん…が…俺を…守ろうと…してくれた…ように…俺も…兄…ちゃん…を…守り…たかった…」 もう顔の一部しか残っていないような状態で、途切れ途切れながらも言葉を紡ぐ。 兄と自分は同じ気持ちだと、兄弟だからと語りかける。 そして辛い思いをたくさんした兄には幸せになってほしい、死なないでほしいとさらに呟いた。 「俺の…兄ちゃん…は…この世で…一番…優しい…人…だから」 「ああああ頼む神さま どうかどうか弟を連れて行かないでくれ お願いだ!!!」 実弥の願いも虚しく、ありがとうと最期の言葉を残して玄弥の体はついに崩れ去ってしまった。 自分の手の中で崩れてしまった玄弥にさらに涙をこぼしながら、玄弥は泣き叫び玄弥の名を呼ぶ。 そしてさらに幾度も叫んだ。 悲鳴嶼は静かに行かねばならないと、そんな実弥に声をかける。 「顔を上げろ 無惨を倒すまで終わりではない」 その目からは涙が流れていたが、強い意志があった。 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第179話の感想・考察 無一郎と玄弥、ついに最期を迎えてしまいましたね…しかし彼らの生き様はとても尊く、そして格好の良い素敵なものであったと思います。 仲間のために大切な人のために自分を奮い立たせる姿は、本当に二人とも印象深かったです。 登場当初が無愛想で乱暴であったり、他人への態度があまりに関心がなかったりと言うところから描かれていただけに、感慨深さが先にたちます。 これからまた無惨を倒すまで走り続ける彼らの、次は誰の戦いが描かれるのか楽しみですね! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年10月28日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第179話のネタバレ感想でした。

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ179話感想考察!決着、そして・・・

鬼滅の刃 179話 漫画

《鬼滅の刃》ネタバレ179話!前話の感想まとめ ツイッターの感想をまとめますよ〜 ジャンプ感想。 電子版出てるのでそのまま行きます。 月の呼吸すら日の呼吸の派生に過ぎない。 マジかよ!縁壱さん化け物すぎるだろ! 黒死牟、何も手に入れられず、逝く。 — んぺ npeofnpe 親父さんとしてもこんな規格外の者は放って置けない、形はともかく味方にしておきたいだろうしそれが兄の道を邪魔することになると縁壱さんは分かっているから去ったわけで …そして、平穏な日々の中でもそれがきっと心に刺さったままであったわけで。 心の箱に穴を開けていたわけで — サブロー onoreunei 『捨てる者』では辿り着けない道だった。 鬼になった時点で、その太陽には焼かれるほかなかったのでしょう。 弟への憎しみ、いや思いだけは捨てられなかった。 だから鬼舞辻のような人でなしにも、縁壱のような侍にもなれないまま灰燼に帰す。 なんとまぁ、報いと呼ぶにはあまりにも — サブロー onoreunei 今週も読んでてずっと内臓が圧迫されるような残酷さと切なさに溢れてました。 ただただ兄上を思い続けていた縁壱とどこまでもすれ違い続けた厳勝。 最後まで救われなかったんだなと思うと本当にもう言葉が出てこない。 あの笛がその象徴として痛々しく映る。 行冥が止めると、ガクッと崩れ落ちる。 《鬼滅の刃》ネタバレ179話!消える玄弥 うわぁぁぁぁ 目覚めた実弥は、目の前の事実に驚愕する。 玄弥の体が鬼のように崩れ始めていた ・・・ 兄・・・ちゃん・・・ ご・・・めん・・・・ 守ってくれて・・・ ありがとう・・・ 死ぬんじゃねぇ、そんな実弥の声は届かない。 兄ちゃん・・・が・・・ 俺を・・・守ろうと・・・ してくれた・・・ように・・・ 俺も・・・兄・・ちゃん・・を・・・ 守り・・たかった・・・ 同じ気持ち・・・なんだ・・・ 幸せに・・・なって・・・ほしい・・・ 死なないで・・・ほしい・・・ 俺の・・・兄ちゃん・・・は・・・ この世で・・・1番・・・優しい・・・ 人・・・だから・・・ 弟を連れてかないでくれと神に懇願する実弥。 しかし無情にも玄弥の体は崩れていくのだった。 あり・・・が・・・とう・・・ 兄・・・ちゃん・・・ 玄弥は完全に崩れ去ってしまった。 崩れ落ちた実弥に、涙を流す行冥は言った。 顔を上げろ 無惨を倒すまで終わりではない 《鬼滅の刃》ネタバレ179話!まとめ 若干感じてはいましたが、まさか二人とも死んでしまうとは。 上弦ノ壱を討つために、大きな犠牲が出てしまいました。 ただ、行冥が言ったように、無惨はまだ残っています。 乗り越えていくしかないですね。 実弥はすぐに立ち直れるのでしょうか? そこら辺も次回描かれることになるでしょう。 鬼滅の刃180話に続きます.

次の

鬼滅の刃ネタバレ最新179話確定【黒死牟が生きてきた意味】

鬼滅の刃 179話 漫画

おはこんばんにちは! トンガリです。 トンガリにしては珍しくまとめ記事です。 自分が見直す時に使うメモの様なものなのですが、ジャンプTシャツ買う時なんかの検索にも便利かなと思いますので公開しておきます。 1巻 「残酷」 第1話 「残酷」(2016年11号) 第2話 「見知らぬ誰か」(2016年12号) 第3話 「必ず戻る夜明けまでには」(2016年13号) 第4話 「炭治郎日記・前編」(2016年14号) 第5話 「炭治郎日記・後編」(2016年15号) 第6話 「山ほどの手が」(2016年16号) 第7話 「亡霊」(2016年17号) 2巻 「お前が」 第8話 「兄ちゃん」(2016年18号) 第9話 「おかえり」(2016年19号) 第10話 「人攫い沼」(2016年20号) 第11話 「暗示」(2016年21・22号) 第12話 「言えない」(2016年23号) 第13話 「お前が」(2016年24号) 第14話 「鬼舞辻の癇癪・幻惑の血の香り」(2016年25号) 第15話 「医師の見解」(2016年26号) 第16話 「手鞠遊び」(2016年27号) 3巻 「己を鼓舞せよ」 第17話 「矢印鬼」(2016年28号) 第18話 「呪縛」(2016年29号) 第19話 「ずっと一緒にいる」(2016年30号) 第20話 「我妻善逸」(2016年31号) 第21話 「鼓屋敷」(2016年32号) 第22話 「突然の猪」(2016年33号) 第23話 「猪は牙を剥き善逸は眠る」(2016年34号) 第24話 「元十二鬼月」(2016年35号) 第25話 「己を鼓舞せよ」(2016年36・37号) 4巻 「強靭な刃」 第26話 「素手喧嘩」(2016年38号) 第27話 「嘴平伊之助」(2016年39号) 第28話 「緊急の呼び出し」(2016年40号) 第29話 「那田蜘蛛山」(2016年41号) 第30話 「操り人形」(2016年42号) 第31話 「自分ではない誰かを前へ」(2016年43号) 第32話 「刺激臭」(2016年44号) 第33話 「苦しみ、のたうちながら前へ」(2016年45号) 第34話 「強靭な刃」(2016年46号) 5巻 「地獄へ」 第35話 「散り散り」(2016年47号) 第36話 「これはやべぇ」(2016年48号) 第37話 「折れた刀身」(2016年49号) 第38話 「本物と偽物」(2016年50号) 第39話 「走馬灯の中」(2016年51号) 第40話 「ヒノカミ」(2016年52号) 第41話 「胡蝶しのぶ」(2017年1号) 第42話 「後ろ」(2017年2・3号) 第43話 「地獄へ」(2017年4・5号) 6巻 「鬼殺隊柱合裁判」 第44話 「隊律違反」(2017年6号) 第45話 「鬼殺隊柱合裁判」(2017年7号) 第46話 「お館様」(2017年8号) 第47話 「プイ」(2017年9号) 第48話 「蝶屋敷」(2017年10号) 第49話 「機能回復訓練・前編」(2017年11号) 第50話 「機能回復訓練・後編」(2017年12号) 第51話 「日輪刀還る。 思えば合併号以外で 「鬼滅の刃が読めない!」と言った覚えはありません。 吾峠先生のバイタリティには尊敬の念しかありません。 こうして振り返るとサブタイトル見ているだけでも結構面白いですね。 まだ発売してない巻はどのサブタイトルが表題になるかを予想するのも面白そう。 単行本を読んでいてTシャツにしたいページが決まった時には、こちらの記事で欲しい話を照らし合わせて購入してみてください。 定期購読民 鬼滅の刃のページをTシャツにすると作者である吾峠先生には何かメリットはあるのでしょうか……。 少しはお金入ったりするのかな……。 どんな感じのものが出来上がってくるのかという参考までにトンガリが最近買ったものを載せておきます。 単行本派の方はネタバレ注意です! 割と主張してくれます。 色は白かネイビーから選ぶことが出来ます。 サイズはS,M,L,XLがありますので大きめのものを買って部屋着にしてみたりとかも出来ますよ! 公式サイトに書かれているサイズは 身丈、身幅、肩幅(cm) S 66 49 44 M 70 52 47 L 74 55 50 とありますが、あまり服を買ったりしないのでサイズ感は分かりません。 素材の感じは柔らかい生地だなと思います。 ふにゃふにゃ。 プリントは何て種類なんだろう。 インクが乗っかっているような感じではなく、生地にインクが染み込んでいるような感じです。 インクジェットプリント?のような感じなのでプリント部も普通の生地のように柔らかいです。 拡大したものはこちら。 1枚 3,700円(税抜)で送料は一律1,000円。 大体1枚5,000円くらいになります。 現在はクレジット決済とコンビニ決済が選べますのでお求めやすい方法で。 というかこういった情報は公式ページを貼っておけばいいんですよね。 2019年10月現在、購入出来るのは2018年1号からの掲載分となっていますが、 鬼滅の刃は名場面Tシャツという特典ページが設けられていて、そこでピックアップされているページに関しては購入することが出来ますので是非一度目を通してみて頂ければと思います。 こちらもそのページを貼っておきます。 この記事は何かしらのデータベースとして使えそうなので今後も随時追記・更新していきたいと思います。 データベース設置、お疲れ様です! こうして振り返るとサブタイトル見ているだけでも結構面白いですね。 連載2周年突破時に「好きな台詞投票」が開催されていましたが、「好きなサブタイトル投票」なんてのもイケそうです。 厳しさを思わせるサブタイトルが多い中、時々コミカルなものが入るのが鬼滅らしいですね。 まだ発売してない巻はどのサブタイトルが表題になるかを予想するのも面白そう。 Tシャツは普段着にするのはちょっとハードルが高い…でもお気に入りのコマをプリントできるの、いいですね。 やるなら炭治郎の「頑張れ頑張れ」かな? あと主要登場人物たちの鬼への応酬。 皆さんビシッと言い返すのでシビれます。 Sさんコメントありがとうございます! サブタイトル面白いです! 新鮮でした! サブタイトル投票楽しそう……。 鬼滅の刃はまだまだ楽しい企画をたくさん組めそうなのに本編の展開が余りにも重く……。 トンガリ的にはコミカルなサブタイトルも好きなのですが、コミカルなのに何か法則性とかありそうでちょっと意味深に感じたりもします。 鬼滅の刃ってそういう雰囲気ありませんか……? 表題予想は単行本発売前に投稿で聞いてみるのもアリですね。 何か投票形式で選択できるプラグインとか無いか探してみます。 Tシャツは正直部屋着かハンガーにかけて飾るものになってしまうかもですね。 あんまり何度も洗濯すると少し首元がヘタれるのが早いかも……と思います。 鬼との応酬は熱いですね。 炭治郎、煉獄さん、無一郎くん、悲鳴嶼さん辺りのやりとりは残しておきたいかも……。 Tシャツではなく、見開き分のページをポスター化して購入できる機能とかあったらもっとたくさん買っていたと思います。 額縁に入れて部屋に飾りまくります。

次の