一緒 に 働き たく ない 人。 「この人と一緒に働きたい」って思われる!一緒に仕事がしやすい人の特徴とは!?

絶対に嫌だ!一緒に働きたくない人の特徴12選

一緒 に 働き たく ない 人

【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】いつも怒っていたり、笑顔がない人 笑顔って大切ですねー。 女は愛嬌って言いますもんね。 「はい、すいません」 「女性だけじゃないですね、みんな笑顔が大事です!!」 僕なんてウソでもいいから、口角上げて不自然じゃない程度に笑顔でいるようにしてますよ。 笑 笑顔1つでコミュニケーションが円滑になったり、職場の雰囲気がイキイキとしてきますよね〜。 逆にいつも怒ったり、不満ばっかり言っていると、職場の雰囲気は悪くなります。 そんなところで働くこともイヤになってきます。 笑顔の効果は伝染すると言われています。 笑っていることで自身の気分も上がり、一緒にいる人にもいい影響を与えることができ、笑顔のスパイラル効果と言えるでしょう。 すなわち、「いつも笑顔でいれば、相手を笑顔にでき、最終的に自分にも返ってくる」のです。 引用: みなさん、いつも笑顔でいますか? 鏡を見て笑顔を確認しましょう! 【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】約束を守らない 仕事をする上で期限を守るとか、言われたことや約束を守るって基本ですね。 でも守らない、やらない人がいるんです。 こんな人は一緒に働きたくないし、仕事もしたくないですね。 もしかしたら、その人は自分では意識しないでそうなっちゃってるのかもしれません。 でも、プライベートで自分のことになるとちゃんとしている人っていませんか? なのに、仕事になるとなんでルールや約束を守れない人が出てくるのでしょうか? 要するに、自分事としてしっかり仕事をしていないのです。 そして、問題なのはそれで会社が成り立ってしまっているということです。 「日本の会社はその辺は厳しそうだけど、そうでもないのかな・・・」 【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】 自分のしたいことしかしない人(周りが見えない人) これは僕自身経験したことがあることなんですけど… 会社という組織で働いていて、チームで働いているなら自分でしたいことしかしない人とは働きたくないですね! もし、自分でしたいことしかしない人なら、自分でオーナーになって自分で仕事をすればいいと思う。 自分1人なら誰にも迷惑がかからないし、自由にできるんだからむしろそっちの方がいいですよね? それでも、組織の中やチームで一緒に働くのであれば考えを少し変えなければいけないと思います。 「でも、こういう人って変わらないんですよね~」 【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】 ありがとうを言わない人 あー、もうこういう人は1番最悪で、絶対に一緒に働きたくないし、仕事したくない人ですね! っていうか、働く前に人としてどうなのかなって! 感謝の気持ちをあらわす「ありがとう」という言葉は、言う方も言われる方も気持ちがよくなります。 ちょっとした言葉だけどすごく威力がある言葉ですね。 例えば、すごく忙しい時に他の人に手伝ってもらったとしたら、うれしいじゃないですか?助かった〜ってなりますよね? そしたら、自然と「ありがとう」の言葉なんて出てきますよ! ところが、この「ありがとう」がない職場があるみたいです。 上司が言ってくれる「ありがとう」の言葉がうれしくて、仕事をがんばる気持ちになったという人もいますね。 そうすると「この人のためなら何かしたい」、と思えるようになると思いますよ。 この人と一緒に仕事をしたい!、働きたい!ってなりますね。 「当たり前だからこそ、感謝の言葉をちゃんと伝えましょう!!」 【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】コミュニケーションが取れない人 結局、仕事って人と人との関係で成り立っています。 一緒に仕事や働くなら、このコミュニケーションって本当に大切です!! 逆にコミュニケーションができていると、仕事がすこしできなくても意外とうまくいっちゃうケースがあります。 それぐらいコミュニケーションって、一緒に仕事をするのに大事なことなんです。 最近、コミュニケーションを取るの本当に苦手な人多いですよね~。 「人とあまりしゃべるのが苦手で…」 【一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴】教えたこと、言ったことをちゃんとやらない人 「あ~、こういう人いるいる!」って感じじゃないですか? やっぱり一緒に仕事をする上で言われたことをちゃんとやらない人って困っちゃいますね。 しかも、しっかり教えているのに全然できない人とか… それが新人とかまだ仕事を始めたばかりの経験が少ない人なら当たり前ですけど、ちょっといい歳で30代・40代の中堅クラスの人とか。 そういう中堅クラスの人って、なかなかこちらから注意もアドバイスするのも難しいし。 ストレスたまっちゃいますね~。 できれば一緒に仕事をしたくはないですね… 一緒に仕事をしたくない・働きたくない人がいる時の対処法 一緒に仕事をしたくない、働きたくない!って、生理的に受けつけないのはしょうがないと思います!笑 でも、それ以外ならちょっと見方と考え方を変えると、意外と大したことないこともあります。 僕が実践した対処法は、まず一緒に仕事、働きたくない人のイヤなことやネガティブなことをノートに洗いざらい書き出します。 なんでも、いいです。 あなたが思うままに書きましょう! 「あいつはアホだわ」、とか「なんでこのタイミングでそれなの!!」、とか「人の気持ちも考えないでさ~」とかなどなど。 もっと過激な言葉でもいいですよ!笑 自分の中にたまったものをすべて書き出す感じで。 そうすると、自分のイライラやネガティブなエネルギーが外に放出されます。 不思議なんですが、書き出すと気持ちもスッとなるし、相手に対しても「なんでそんなことでイライラしていたんだろう」みたいになります。 その結果、その一緒に仕事をしたくない相手に対して「苦手だな」、「イヤだな~」という意識が少なくなるのでそれが相手にも伝わり、その結果相手の意識も変わってくるのです。 ネガティブなことを書くって、あんまり良くないんじゃないの?って言う人もいますけど、それを自分の中にためこんじゃうのが一番ダメです。 一回だまされたと思って、あなたのネガティブノートを書いてやってみてください。 「僕もやっていますがけっこうスッキリするし、整理がつく感じでとってもいいです」 一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴まとめ この一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の5つの特徴は、どれも基本的なことですがついおろそかにしてしまいがちです。 心当たりがある人もいるんじゃないですか? 一緒に仕事をしたくない・働きたくない人の特徴をまとめと、• 笑顔がない人• 約束を守らない人• ありがとうを言わない人• コミュニケーションが取れない人• ちゃんと教えても全然仕事ができない人 もう一度自分の立ち振る舞いを見直してみましょう。 さらに、自分では気がつかないこともあるので、第三者の関係ない人にあなたのことを聞くのもすごくいいと思います。 そして、最後に対処法ですがイヤなことを自分の中にためこまない。 思っているとそれが相手にも伝わってしまうので、気をつけましょう。 関連記事>> 関連記事>>.

次の

こいつとは一緒に働きたくない!!と思われてしまう人の8つの特徴

一緒 に 働き たく ない 人

スポンサーリンク 一緒に仕事したくない人の特徴 不真面目な仕事の 人 仕事というのは大抵同じ職場の人たち同士で協力をして行うものです。 誰も彼もがデキる人ではありませんので、仕事の要領が悪い人はどんな職場にも少なくとも一人はいてもおかしくありません。 そしてその要領が悪く、仕事を進めるのが遅い人がいると、周りの人たちはもちろんその人を放っておくわけにもいかないので、その人をカバーするためにその仕事を手伝うことになり、結果として、全体の遅れとなってしまうのです。 仕事の要領が悪い人と書きましたが、一生懸命仕事をしていて出来ない人はこの限りではありません。 教えられたことさえもしようとしない人とは一緒に働きたいと思う人はいませんが、真剣に取り組んで出来ない人に対して嫌悪感を持つ人は少ないのです。 人に対して当たりのきつい人 どんな職場でもある一定数いる、人に対して常に怒っている、またすぐ怒り出すような人と一緒に仕事をしたい人はいないでしょう。 このような人が職場にいると、その仕事場全体の空気は重苦しい嫌なものになり、働いている人たちの士気は下がる一方です。 そのような人に対して厳しい当たり方をする人というのは得てして仕事の早い有能な人物であることが多いです。 これは、自分はこれだけ早くできるということは他の人でもできるに違いない、もし出来ないなら真面目にやっていないからという風な考えを持ち、そのために部下や同僚などにも同じ水準を求め厳しく当たってしまうのです。 スポンサーリンク コミュニケーションが取れない人 どんな仕事においてもチームワークはとても重要な要素になってきます。 そこでコミュニケーションが取れない人がいると、円滑に仕事を進めていくことが出来なくなってしまいます。 ここでのコミュニケーションというのは、報告・連絡・相談の三原則、いわゆるホウレンソウと呼ばれるものです。 これを報告したら自分が怒られてしまうんじゃないか?こんなこと一々報告しなくてもいいと自分勝手に判断してしまうと、その仕事が失敗する可能性が増えます。 連絡が取れない人は急な変更があった時やその時に急ぎの用がある時に迷惑をかけることになります。 相談をしてくれなければ、より良くするためにどうすればいいかなども把握できません。 面倒な仕事は人に任せる 一緒に仕事したくない人の特徴は、簡単な仕事ばかり自分でやり、難しい仕事は他の人に任せる人です。 コピーとりだの書類分けなどはすぐに終わるから自分でやり、計算して書類に1つ1つ記入していくという面倒な仕事はやらないのです。 終わらなければ帰宅時間も遅くなるから嫌だと、まるで残業もやろうとはしない特徴もあります。 残業を任されても、「これ、やっといて」と人に任せ、自分はさっさと家に帰ってしまうところもあります。 なのに、提出するときには一緒についてきて、あたかも自分もやりましたという顔をして上司に報告するという人とは仕事をしたくはないのです。 スポンサーリンク 煩くして仕事の邪魔をする 一緒に仕事をしたくない人の特徴は、煩い人です。 仕事をしているのにペチャペチャ喋り、仕事の邪魔をするのです。 なのに、自分が邪魔をされれば凄く怒ります。 また、自分は仕事がほとんどできないというのに、人ができないと「なんでできないの?」と煩く言ってくる人も仕事をしたくはないのです。 人には厳しく、自分には優しい。 自分はできるという顔をしているけど口だけという調子のいい人は、本当に嫌なものです。 こういった人は上司に告げ口をすることもあり、悪い噂を立てては仕事のやる気をなくす特徴もあります。 かえっていない方が仕事になるから、最初から関わって欲しくない人でもあります。 何度教えても 一緒に仕事をしたくない人の特徴は、とろい人です。 何回教えても仕事を素早くこなすことができず、いつも足を引っ張るのです。 だから、周りの人が一緒になって仕事をしてあげないと仕事が片付かないから、帰りが遅くなってしまいます。 喋りもとろく、聞いているとイライラします。 電話の対応も遅く、職場のイメージダウンにもつながります。 とろい人は書類の作成も遅く、何度教えても覚えられないから、間違いも目立つのです。 食べるのも遅く、昼休みになってもだらだらと食べている姿にやる気も失せるわけです。 顔もボーッとしてハキがなく、一緒に仕事しても面白くありません。 スポンサーリンク 何でも自分だけで決めてしまう 仕事というのは自分だけで黙々と作業を進めれば良いものと、人とうまく段取りを練っていかなければいけないものがあります。 自分だけで黙々と進める仕事であれば、自分で決めて、自分で行動してしまえば良いのですが、人と連携をとってうまく進めていかなければいけないものだと、自分だけで決めて行動すると周囲から反感をもたれてしまうことがあります。 ですから一緒に仕事したくない人の特徴として、何でも自分だけで決めてしまう、ということが挙げられます。 人の話を聞かない・取りいれない・いつも自分中心で行動してしまうのは一緒に仕事をしたくない人の特徴です。 こういった自分中心の人は、人の意見を聞かないことも多いので注意です。 期限やルールを守らない 時間に遅れたり、期限を守らないといったようなことは普通の日常生活であれば許されることも多いですが、仕事では許されないことも多いです。 ですから一緒に仕事をしたくない人の特徴として、期限やルールを守らないということがあります。 特にルールはその会社独自のものもあります。 郷に入れば郷に従え、という言葉がある通り、会社それぞれで違うルールを定めていることもあるものです。 違和感を感じるルールでも、従わないことで仕事がしにくい・話しにくいと感じられてしまうこともあるでしょう。 期限やルールを守れない人とは一緒に仕事したくないと感じる人は多いです。 スポンサーリンク できる能力はあるのに仕事をしない人 仕事の作業の遅い・早いは人それぞれなので、少し効率が悪いことで責めるような人はいないでしょう。 また、一生懸命やっているのであれば一緒に仕事をしたくないとまでは思われないでしょう。 ですが、できる能力はあるのに面倒だからやらなかったり、さぼったりしてやらないような人は一緒に仕事をしたくないと思われます。 一緒に仕事をしたくない人の特徴として、やれるのにやらない人、というのがあります。 こうしたやれるのにやらない、という人はやっていないという自覚症状もあることがほとんどなので厄介です。 注意しても聞かない場合や、直らないような時は重症でしょう。 一緒に仕事したくない人の特徴のまとめ• 不真面目な仕事の要領が悪い人• 人に対して当たりのきつい人• コミュニケーションが取れない人• 面倒な仕事は人に任せる• 煩くして仕事の邪魔をする• 何度教えても仕事ができない• 何でも自分だけで決めてしまう• 期限やルールを守らない• できる能力はあるのに仕事をしない人 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

何が違う? 一緒に働きたいと思われる人。働きづらいと思われる人。

一緒 に 働き たく ない 人

言い訳が多く責任転嫁をする 「あの人とは一緒に働きたくない」と同僚に思われる人の特徴として、まずあげられるのが、「言い訳や責任転嫁が多い」ということでしょう。 仕事にはミスがつきものですが、大切なのはミスをした後の対処です。 ありがちなのが、自分のミスをすなおに認めて、迷惑をかけた同僚や上司に詫びることをしないという人。 ミスをして同僚やに迷惑をかけても、何かしら言い訳をして、「自分は悪くない」と主張します。 さらに、ミスしたことを上司や同僚から責められると、ほかの人に責任を押し付けて、責任逃れをしようとさえするのです。 ほかの同僚に責任を転嫁して「あの人のせいでこうなった」というように言い逃れをしようとします。 単なる言い訳ではなく、責任転嫁は他の人に実害を与える卑劣な行為ですから、「あんな人とは一緒に働きたくない」と人に思われるのも当然のことと言っていいでしょう。 仕事中のムダ話が多い こちらが忙しく仕事をしている時、同僚から話しかけられるほど、迷惑なことはありません。 もちろん、仕事上の必要な話であればかまいませんが、そうではない話をする人もいます。 同僚に話しかけられれば、冷たく無視するわけにも行かないでしょう。 仕事をしながら、あるいは、仕事の手を止めて、話につきあいことになります。 その分、仕事が滞るわけですから、これは実害以外のなにものでもないでしょう。 仕事中に仕事とは関係のないムダ話をするというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴なのです。 仕事のグチや不平不満ばかりを口にする ネガティブなことばかり話す人も、一緒に働きたくないと人から思われてしまいます。 働いていれば、だれしも仕事上のグチをこぼしたくなることはあるでしょう。 時には、同僚に、仕事や人間関係の不満を口にすることもあるに違いありません。 人間ですから、それはやむを得ないことですし、ある程度はおたがい様と言っていいでしょう。 しかし、それが過度になると、「おたがい様」と許容するわけにもいかなくなってきます。 休憩時間や飲み会など、顔を合わせるたびに、仕事に関するグチを聞かされ、不平不満ばかりを聞かされたのでは、こちらの気持ちも滅入ってしまいます。 そういう人は負のオーラを出しているものですから、近くにいるだけで、ネガティブな気持ちになってくることが少なくありません。 そんな人とは距離を置きたいと思うのが、自然な心理と言っていいでしょう。 ネガティブな性格で、仕事に関するグチ話ばかりする人も、同僚から、一緒に働きたくないと思われるのです。 すぐにパニックになって大騒ぎする 仕事をしていれば、思いがけないアクシデントが起こることもあるでしょう。 自分のミスによってトラブルが発生することもあれば、予測不可能な思わぬ事態が起こることもあるに違いありません。 困るのは、ちょっとしたことですぐにパニックになってしまう人。 ふつうの人ならそこまで大騒ぎしないようなトラブルでも、「大変なことになった。 どうしよう」と騒ぎ立てる人がいます。 「そんなこと、自分で処理しなよ」と言いたくなるようなことで、大騒ぎし、同僚に助けを求めてくるタイプの人です。 こういう人が身近にいると、自分の仕事にも悪影響を及ぼしかねません。 その問題処理のために手を貸さなくてはいけなくなり、その分、自分の仕事が滞ってしまうわけです。 こういう人が同僚だと、自分の仕事に実害が及びますから、「あの人とは一緒に働きたくない」と思われてしまうのです。 気分屋で、その時によって態度が変わる 気分屋というのも、一緒に働きたくないと同僚から思われる人の特徴と言っていいでしょう。 気分屋は、その時の気分によって、人に対する接し方が変わります。 きげんの良い時は、自分から明るく話しかけてきたり、同僚に対してやさしく接しますが、ひとたびきげんが悪くなると、別人のように冷たくなるのです。 日によって態度が変わるだけでなく、一日の中でも、気分しだいで接し方を変えるケースが少なくありません。 こういう人と一緒に仕事をしていると、毎日、よけいな気を使わなくてはなりません。 「今は、きげんがいいかな。 悪いかな」と顔色をうかがいながら仕事をしなければならないのですから、できれば一緒に働きたくないと思われるのも当然でしょう。 上にはゴマをすり、下には高圧的に接する 人によって態度や接し方を変えるというのも、一緒に働きたくないと人に思われる人の特徴です。 よくある話ではありますが、上司や先輩、職場内の力のある人にはゴマをするという人が少なくありません。 そういう態度を見せられるのは、それだけでも不快なものです。 こういう人は、逆に後輩や力の弱いに人に対しては、上から目線で高圧的な態度をとるという傾向があります。 自分がそういう接し方をされれば、「この先輩とは一緒に働きたくない」と思うに違いありません。 自分のやり方を人にも押しつけようとする 同じ仕事をしていても、仕事には人それぞれのやり方というものがあるでしょう。 「こうしたほうが、自分にはやりやすい」という段取りであったり、仕事に対するその人の流儀というのは、人によって違って当然です。 しかし、中には、自分のやり方、仕事に関する流儀を人にも押しつけようとする人がいます。 おせっかいな自信家タイプの人で、「こうしたほうがうまくいく」という親切心から、自分のやり方を人にもさせようとするのです。 親切心からであっても、押しつけられる人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。 その人のやり方に変えた結果、前よりも作業効率が落ちてしまったということも少なくないでしょう。 これも、まちがいなく実害を伴う、一緒に働きたくない人なのです。 コミュニケーション下手で必要な報連相を怠る 複数の人が一緒に仕事をしていく以上、仕事に関するコミュニケーションを欠かすことはできません。 いわゆる「報連相」が仕事のコミュニケーションの基本ですから、毎日、必要な報連相をお互いにしながら、仕事を進めていくのが常識です。 しかし、中にはコミュニケーション下手であったり、めんどくさがりな性格であったりするために、必要なコミュニケーションを怠る人がいます。 仕事上の報連相はその人にとって必要なだけでなく、それを受けるこちらにとっても必要不可欠であることが少なくありません。 ある連絡を受けなかったために、こちらの仕事に支障が出てしまうということもあるでしょう。 「なんで、連絡してくれなかったのか」と怒りを感じるのは当然の話です。 必要な報連相を怠るというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴の一つなのです。 スポンサーリンク 仕事の悩みの負担を小さくするためにできること• 給料が安くて悩んでいる• 会社の理不尽に疲れ果てている• 辞めたいのに辞められない…• 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない… などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか? 人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。 もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました! ウェブ制作会社 向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。 人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。 自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました そのときの条件が• あんまり残業したくない…• 体育会系の人が多いところはちょっと…• 休みはしっかり取りたい• 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい! でした。 これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。 一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。 事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。 そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。

次の