蜂窩 織 炎。 為什麼會得蜂窩性組織炎?蜂窩性組織炎有什麼症狀?

Yahoo ist jetzt Teil von Verizon Media

蜂窩 織 炎

原因 人間の体は皮膚の下に皮下脂肪が蓄えられている。 その下に筋肉があるが、皮膚の表面ではなく皮下脂肪に近い、深い層から皮下脂肪にかけて細菌が感染すると蜂窩織炎になる。 人間の皮膚は通常は細菌が侵入しないようガードされている。 そのため、皮膚に細菌が付着しても皮膚の中に簡単に侵入してこないつくりになっているが、ひっかき傷や小さな刺し傷、手術での開放、やけどなどの熱傷、水虫などの感染症や、そのほか皮膚の疾患が原因で皮膚に傷があったり、皮膚が弱っていたり、感染症にすでにかかっている場合、そこから細菌が侵入してしまうことがある。 また蜂窩織炎は傷がない皮膚にも起こる場合もある。 蜂窩織炎を引き起こす原因となる細菌としてはレンサ球菌とブドウ球菌であることが多い。 症状 病原体となる細菌に感染して、蜂窩織炎になると皮膚が赤く腫れて、虫に刺されたように細かいブツブツができる。 皮膚は赤くなり、熱を帯びる場合もある。 また患部を触ると痛みを感じることもある。 その他、発熱したり、悪寒を感じたり、頭痛やだるさ、関節や節々が痛くなるというように全身に症状が出る人もいる。 最初に現れる皮膚の赤みや痛みは細菌に感染したことへの痛みと、体内に侵入してきた細菌を攻撃して退治しようとする人間の体の免疫反応による痛みが原因である。 患者によっては蜂窩織炎を引き起こした場所に近いリンパ節が腫れて、リンパ節を押すと痛む症状が出る人もいる。 リンパ節とは身体の中に張り巡らされたタンパク質や白血球を運ぶリンパ管の至る所にあり、丸い形をしている。 リンパ節はリンパ管を流れているリンパ液に異物が混入していないか、細菌やがん細胞などが入り込んでいないかを監視する役割を持っている。 検査・診断 蜂窩織炎は医師による問診や、過去の病気の経歴、感染した場所の視診によって診断に至ることが多い。 皮膚や血液、感染した場所の皮膚を取って、原因となっている細菌を調べる検査は基本的には行われないことが多い。 場合によっては、採血を行って血液の中にある白血球や炎症を表す数値が上がっていないか調べる場合もある。 白血球は体の中に侵入してきた細菌やウイルスに対抗する免疫機能を持つ細胞で、白血球にはさまざまな種類があるがアメーバのような形で体に侵入してきた異物を食べて退治するマクロファージや、ウイルスやがん細胞を攻撃して排除するヘルパーT細胞がよく知られている。 (この白血球や炎症を示す数字が上がっているということは、体内に異物が侵入して炎症していることを示している場合が多い) 治療 蜂窩織炎は皮膚に侵入してきた細菌が引き起こす感染症である。 そのため、治療は細菌に効く抗菌薬を投与する治療が行われる。 レンサ球菌とブドウ球菌のどちらにも効果のある抗菌薬が使用されることが多い。 抗菌薬は例えばインフルエンザやノロウイルスなどウイルスには効果がないが、細菌に対しては有効である。 症状が軽い場合は、飲み薬での治療が可能である。 ただ、蜂窩織炎の症状が広がるスピードが速い場合や、発熱がある場合、ぐったりするなど全身の症状が出ている場合、もともと持っている持病の影響で症状が重病になる可能性がある場合など入院して点滴によって抗菌薬を投与するケースもある。 入院を必要とするケースは患者や症状によって異なる。 点滴による抗菌薬の投入は、直接血管の中に薬を入れるため、早く効き、より強い効果が期待できるため、飲み薬では効果が見られず、なかなか症状が良くならない場合にも検討されることがある。

次の

蜂窩織炎の症状・原因・診断からみる看護計画の立案と実施

蜂窩 織 炎

概要 [ ] 蜂窩織炎は、 、菌 、などによる皮膚感染症である。 感染部位はから皮下である。 表皮に感染した場合はとなる。 顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急速に拡大する。 発熱、頭痛、悪寒、関節痛を伴うこともある。 ここまでいくと血液検査でも炎症所見がとれるが、基本的には局所感染であるため、血液検査で炎症所見はとれないことが多い。 深層の感染であるため、と異なり飛び火はしないと考えられている。 関節周囲に生じたときはとの鑑別が難しい。 化膿性関節炎では関節穿刺を行うが蜂窩織炎の場合は化膿性関節炎を医原性に作ってしまうため関節穿刺が禁忌となる。 鑑別診断 [ ]• :皮下組織よりも浅い真皮レベルでの皮膚細菌感染症である• :表皮レベルの細菌感染• :関節内の細菌感染 治療 [ ] が重度の場合は入院適応となり、患肢挙上のうえベッド上安静にし等原因菌群に合わせたを点滴投与とする。 外来治療が可能な場合は安静にし、患肢挙上のうえ抗生物質の経口投与を約7日間程度行うが、それ以上かかる場合もあり、2週間ほど投与する場合もある。 ただしCA-MRSAは、では死亡例が出ており問題となっている。 日本でもではなく、外来受診でも遭遇することがあるため注意を要する。 感染症では、やクリンダマイシンを用いることもある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

蜂窩織炎とかいう厄介な病気と戦ってます│影山企画

蜂窩 織 炎

は皮膚に生じる感染症です。 足や手に発症しやすいですが、傷口や虫の刺し口をきっかけに菌が入り込むと、皮膚のある場所ならばどこにでも生じる疾患です。 の診断は特別な検査なしで行います。 経過と診察結果で診断し、炎症の強さを調べる意味で血液検査を行うこともありますが、こちらは診断のために必須なものではありません。 皮膚が赤く熱をもって腫れている場合など、ご自身がでないかと心配になった時には、もしかかりつけの内科や皮膚科クリニックがあれば、まずはそこで相談してみることをお勧めします。 皮膚科の病気ではありますが、幅広く見られる一般的な感染症のため、内科でも診療が可能です。 特に普段かかっている病院がなくて初めて受診するのであれば、皮膚科のクリニックが良いでしょう。 はクリニックでも大病院でも、検査の精度や治療方針には差が出ない病気の一つです。 症状が辛い中、大病院で長時間待つよりは、クリニックで素早く診断をつけてもらい、自宅で安静にするのも一つの選択肢です。 蜂窩織炎(蜂巣炎)でお困りの方 の治療は抗生物質(抗菌薬)の使用になります。 入院せず通院で治療できると判断されれば飲み薬での治療となります。 抗菌薬はセフェム系、ペニシリン系がはじめは主に使われます。 しかし薬剤に耐性を持った菌がいるため、最初のものが効かなかった場合、抗菌薬を変更する必要があります。 処方された薬を使用しても改善が見られない場合には、別の病院を受診するのではなく、出来る限り最初と同じ医療機関を再診するようにしてください。 「この薬の効果がなければ次はこう考える」という二の手、三の手がある中で効く可能性の高いものから順に治療が行われるためと、最初の時点からの皮膚の様子の変化が経過を追う上で重要なためです。 現在の日本の医療体制では、「通院は近所のかかりつけ医、入院は地域の総合病院」といった分業と、医療機関同士の連携が重視されています。 重症の患者さんが安心していつでも総合病院にかかれるように、総合病院でなくとも診療が行える病状の方は、できるだけ地域のクリニックを受診してもらうことで、住み分けを行うという形です。 これには、地元に自分のかかりつけ医(主治医)を作ることで、その人の病状全体が把握できるというメリットもあり、必要あればその都度、病気ごとに専門の医師や医療機関と連携して診療を行います。

次の