生理 排卵 計算。 排卵日がいつか確実にわかる方法はある?計算の仕方は

排卵日がいつか確実にわかる方法はある?計算の仕方は

生理 排卵 計算

産婦人科専門医 月花瑶子 北里大学医学部卒業。 日本赤十字社医療センター、愛育病院での勤務を経て、現在は都内の不妊専門クリニックに勤務。 産婦人科専門医の資格を持つ。 臨床医として働きながら、生殖に関わるヘルスケアの知識を社会に広める啓蒙活動も行う。 監修書籍「やさしく 正しい 妊活大事典」(プレジデント社)• ですから、逆にいえば、 次の生理予定日の14日前頃がおおよその「排卵日」と考えられます。 「14日前 頃」と少し曖昧な表現をしている理由は、 ホルモンバランスや体調によって多少のズレが起こるからです。 また、 生理周期の長さによっても変わり、例えば 生理周期が32日など少し長めであれば16日前頃だったり、 生理周期が25日など短めであれば13日前頃だったりします。 このように、 その周期のコンディションや個人差によってバラつきはあるので、あくまで参考程度に計算するのが良いでしょう。 例えば、生理周期が28日で、今回の生理開始日が1月1日だとします。 カレンダーで見るときは、 「次の生理予定日のちょうど2週間前頃」と覚えておくと早いかもしれません。 このようにして、排卵日の目安は生理周期から計算することができます。 より正確に排卵日を予測する方法 基礎体温と排卵検査薬 さて、生理周期から計算する方法でも、ある程度は排卵日を予測できますが、 生理不順で「次の生理予定日」がなかなか予測しづらい方にとっては、この方法では排卵日を計算することは難しいと思います。 また、生理周期が安定していたとしても、ホルモンバランスの乱れなどによっては排卵日の目安である「次の生理予定日の14日前」から多少ずれることがあります。 そんなときに、より正確に排卵日を予測する方法として二つ紹介します。 「基礎体温の計測」と 「排卵検査薬(排卵日検査薬)」です。 基礎体温を計測してグラフの形から排卵日を予測する 基礎体温を計測して排卵日を予測する方法を 「オギノ式」と呼びます。 排卵の前後では女性ホルモンのバランスが変化するのですが、それによって基礎体温も変化します。 「オギノ式」では、 毎日同じ時間に基礎体温を計測することで、その変化から「おそらくこの辺りが排卵期間だろう」と予測します。 詳しい内容はこちらの記事「 」で解説していますので、良ければご一読ください。 排卵検査薬は排卵日前のタイミングがわかる 排卵検査薬は自宅でできる尿検査キットのようなもので、ドラッグストアなどで購入できます。 排卵検査薬を使うと、排卵の前に放出されるホルモンを検知して排卵日を予測することができます。 排卵検査薬で陽性反応が出ると、それから約40時間以内に排卵が起こるとされています(検査薬によって多少のバラつきがあります)。 詳しい内容はこちらの記事「 」で解説していますので、良ければご一読ください。 妊娠しやすいのは排卵日の2日前 排卵日の目安が分かったら、次は妊娠しやすいタイミングで性交することが大切です。 多くの方は、卵子と精子が出会って受精するには「排卵日の当日」に性交した方が良いように思うかもしれません。 グラフの横軸の数字は 排卵日を「0」としたときの前後の日数を表しています(「-1」は排卵日の前日を表しています)。 年齢によって排卵日前後の妊娠率は異なりますが、 どの年齢でも「排卵日の2日前(グラフ横軸「-2」)」の性交がもっとも妊娠率が高いことが分かります。 排卵日の2日前に続いて排卵日の前日、排卵日の3日前、4日前の順で妊娠の確率が高くなっています。 つまり、 妊娠の確率が高い期間は「排卵日の前の4日間」だといえます。 排卵日の当日よりも、排卵日前の4日間の方が妊娠する確率は高いのです。 排卵前の性交のほうが妊娠率が高い理由 まだ卵子が排卵されていないタイミングなのに、どうして妊娠できるの?と驚いた方もいるかもしれません。 実は、 腟内で射精された精子は、3〜5日間は卵子の排卵を待ち伏せすることができます。 ですから、性交は排卵日の当日である必要はないのです。 また、排卵日の前に性交をした方が妊娠率が高い理由には 「頸管粘液(けいかんねんえき)」も関係しています。 頸管粘液とは腟と子宮をつなぐ「頸管」から分泌される粘液で、 排卵日の2日前ごろになると粘度が下がり、量も増え、糸を引くような性状になり、腟から子宮へと精子が通過しやすい状態になります。 このタイミングで射精された精子は、 粘度の下がった頸管粘液に助けられて卵子と出会いやすくなるのです。 以上、この記事では排卵日を生理周期から計算する方法や妊娠しやすい日について解説しました。 妊娠の可能性を高めるには「タイミング」が大切です。 より妊娠の可能性が高いタイミングを知るためにも、最後にご紹介した基礎体温を測って予測する方法や、排卵検査薬を上手く活用しながら、妊活を進めてくださいね。

次の

生理周期計算のための基礎知識|排卵日計算に役立つアプリもご紹介

生理 排卵 計算

排卵日とは、女性の体内で卵子が排出される日のことをいいますが、具体的にどのようにして排卵がおこるのか、そのメカニズムを解説します。 女性は生まれながらに卵子のもととなる原子卵胞をもっています。 生理が始まると、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵胞が育ち始めます。 卵胞が成熟すると、卵胞ホルモンが増え分泌量がピークに達するころに、脳下垂体から黄体化ホルモンが分泌され、排卵を促します。 すると、成熟した卵子が卵胞の壁を破って腹腔内に飛び出します。 これを排卵とよび、その日を排卵日といいます。 排卵して空になった卵胞は黄体という組織へと変化し、妊娠に必要な準備をするために黄体ホルモンを分泌します。 妊娠が成立し受精卵が無事に着床すると、黄体は妊娠黄体になり、妊娠を維持するために黄体ホルモンを分泌し続けます。 妊娠しなかったときには、黄体の機能は衰え、黄体ホルモンの分泌も低下します。 ぶあつく成長した子宮内膜は剥がれ、血液と一緒に体外へ排出され生理が始まります。 生理不順の人は、基礎体温の変化から排卵日を予測しましょう。 女性のカラダは、ホルモン分泌の変動によって基礎体温が変化します。 生理が始まるころから排卵直前までは低温期で、排卵後には基礎体温が上昇し高温期に入り、生理が始まるとまた低温期に戻るというサイクルを繰り返しています。 このことから、低温期から高温期に移行したタイミングが排卵日であると予測できます。 妊娠した場合は、そのまま高温期が続きます。 毎朝、基礎体温を測ることを習慣化するのとあわせて、グラフで管理すると低温期・高温期がひと目で確認しやすくなるため、測った体温はグラフにしましょう。 スマホのアプリで管理する、基礎体温表に手書きでチェックするなど、続けやすい方法を選んでください。 基礎体温を測ることは、ホルモンの異常や婦人科系疾患の早期発見にも役立ちますので、生理が規則的にくる人も習慣化することをおすすめします。 さらに、薬局やドラッグストアで購入できる排卵検査薬を使用する方法もあります。 黄体化ホルモンの分泌がピークに達してから、16~24時間以内に排卵がおこるというメカニズムをふまえ、尿に含まれる黄体化ホルモンの含有量をチェックして排卵日を予測する方法です。 妊活中であれば、妊娠しやすいタイミングがわかるメリットがありますが、検査薬代がかかるというデメリットもありますので、必要に応じて利用しましょう。

次の

排卵日はいつ?計算方法は?生理周期で排卵時期が予測できる?

生理 排卵 計算

生理周期が24日以下の時は、「頻発月経(ひんぱつげっけい)」と呼ばれる異常です。 生理周期が39日以上の時は、「稀発月経(きはつげっけい)」と呼ばれる異常です。 生理が早まったり、遅れたりするということは、体に何かしらの異変が起きた証拠です。 生理 月経 が早まったり、遅れる原因 本ツールの記事では生理が早まったり遅れる原因を簡単に説明しますが、 それぞれの詳細について詳しくはこちらの記事をご覧ください。 代表的な原因をご紹介します。 性交に心当たりがあれば、妊娠を疑ってください。 妊娠検査薬は、生理予定日の約1週間後から検査可能です。 念のため使用してみてもよいでしょう。 こちらから購入することも可能です。 薬局よりずいぶん安いです。 Amazon発送の他の商品と合わせて買うと送料が無料になる場合もありますので、 注意書きをよく読んで購入するとよいでしょう。 日本人の女性の平均的な閉経の年齢は46歳~53歳位の方が多いです。 早い方では40代前半の方もいらっしゃいます。 病気が隠れている可能性も十分あります。 しかし、長い間一定にならない場合は、一度産婦人科の受診をおすすめします。 市販の頭痛薬などにも一部影響のあるものがあります。 産婦人科の受診の際には、原因を確定させるため、現在どんな治療を受けているかや、お薬手帳などの提出をおすすめします。 不妊や肥満、肌トラブル、男性化などが起きる場合がありますので早めに治療しましょう。 3回目の生理開始日がない場合は、この日数が、平均生理周期 月経周期 となります。 あわせて、カレンダーも出力します。 生理予定日のところは、背景が黄色になります。

次の