黄金比 モナリザ。 人が嫌でも美しいと感じてしまう黄金比って?鉄板ルールと使えるツールを紹介|ferret

ヒトの頭蓋骨で「黄金比」を発見?【最新研究】

黄金比 モナリザ

『やりすぎ都市伝説 緊急SP 2020』を見ていて、不自然な手の形に、そのハンドサインが意味しているものは。。。 古来より人間が最も美しいと感じる比率として【黄金比】と呼ばれるものがあることをMr. 都市伝説こと関暁夫さんが説明してくれました。 【黄金比】1:1. 6 クレジットカードもこの【黄金比】が使われていると関暁夫さんは教えてくれました。 ふ〜む、知らなかったわああ。 なんだか しっくりくるということはそういうことなんですね〜 そして、そして、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画【モナ・リザ】の顔も、この【黄金比】からなっていることを説明してくれました!! なるほど、なるほど、そういうことなのかあ。 美しいと感じるものにも法則があったのかあ。 関暁夫さんのお話は本当に勉強になります。 が、が、その説明をしてくれているときの手の形が不自然で、とても氣になったのです。 どこかで見たことのあるハンドサインのような?! そうだ、【コルナ】というハンドサインかもしれない。。。 引用: イルミナティメンバー間で使用させるハンドサインインの【コルナ】。 コルナと、キーを打っていると、コロナと打ってしまいそうになります💦💦 わお、ビートルズもこのハンドサインをしていたなんて。。。

次の

黄金比とは?

黄金比 モナリザ

デザインをおこなう上でセンスは必要な要素ではありますが、デザインのルール、理論に沿ったものにするということが重要です。 プロはこれらルールを理解した上でデザインを作成しています。 ルールを守ってデザインをおこなえば誰でもセンスのいいデザインに近づけることができます。 逆に、最低限のルールを無視してデザインしたものはいくら工夫を凝らしても素人っぽさが抜けない、ということになります。 ビジュアルデザインを行う上で、最低限知っておきたいものとして「貴金属比」というものがあります。 「黄金比」という言葉を誰しも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、これも貴金属比の一種です。 貴金属比は古くから人間が美しいと感じる比率として用いられており、デザインに取り入れればバランス良く、整った見た目に仕上がります。 今回は、黄金比を初めとした貴金属比5つと、貴金属比をデザインに取り入れる際に便利なツールをご紹介します。 デザインの機会があるという方はぜひ、参考にしてみてください。 黄金比とは 画像引用: 黄金比とは、近似値1:1. 618、約5:8の安定的で美しい比率とされる貴金属比の一つです。 古代ギリシア以来「神の比」とも呼ばれ、別名は、中末比(ちゅうまつひ)や外中比(がいちゅうひ)です。 貴金属比の中でも最もポピュラーな存在です。 黄金比の歴史 黄金比を発見したのはエウドクソス(紀元前408年頃~紀元前355年頃)で、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が初めてパルテノン神殿建設時に使ったと言われています。 1800年代に入ると人類が最も美しいと感じる比率と広く知れ渡り「黄金比」と呼ばれるようになります。 海外の建築物ではサグラダ・ファミリア、日本でも鹿苑寺金閣をはじめとした建築物に用いられ時代、国境を越え人々を魅了している比率です。 黄金比を使った 身近なものとしては名刺をはじめとした様々なカード類、郵便はがきを挙げることができます。 この黄金比は自然界にも多く存在しており、松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方においても黄金比を発見することができます。 黄金比を使った代表的な例として、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあります。 モナ・リザ 画像引用: レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた有名な絵画「モナリザの微笑」も黄金比が使われている代表的なものの一つです。 モナリザの顔を細かく見ていくと、生え際から顎先までが綺麗に黄金比で成り立っています。 Appleのロゴ 画像引用: Apple社のおなじみのリンゴマークも黄金比が使われていることで有名です。 シンプルながら美しい印象を与えるのには安定した比率が用いられてるからだと言えます。 ちなみにAppleではiPhoneからMacBookの中身まで、様々なデザインが黄金比になっています。

次の

黄金比率1対1.618とは?分かりやすく画像で簡単に解説する

黄金比 モナリザ

黄金比がなぜ美しいのか、その秘密に迫ります! そもそも 黄金比とは 画像元: 上部画像の 比のことであり、 最も美しい比とされています。 ペイディアスは紀元前490〜430年ごろに活動していたとされ、ゼウスの座像の製作やパルテノン神殿の建設監修を行ったとされています。 皆様がよく知る レオナルド・ダ・ヴィンチも、発見していた記録が残っています。 黄金比という名前の由来 この黄金比という名前は、「オームの法則」を提唱したゲオルク・ジーモン・オームの弟 マルティン・オームの著書に記録上始めて、黄金比と記載されています。 自然界の黄金比 黄金比は自然界にも存在し、 人類の脳はそれを本能的に美しいと感じます。 ハリケーンの衛星写真やシダ植物の花々や巻貝など 画像元: 身近な黄金比 一般的な名刺のサイズは黄金比がしようされています。 ビジネスにおいて初めのあいさつは大切な要素の一つです。 アップルのマークにも黄金比が取り入れられ、また以前お話しに書いたことのあるモナ・リザにも。 画像元: ここまでお話しした黄金比は、 名刺や今現在いたるところに使用されています。 人によって好みはあるものの、やはり黄金比の長方形は美しいと感じられますね。

次の