明治天皇 誕生日。 大正天皇の誕生日が祝日じゃないのはなぜ?

天皇誕生日

明治天皇 誕生日

4月29日は「昭和の日」です。 「昭和の日」という呼び方の前は「みどりの日」、その前は昭和天皇の「天皇誕生日」だったのを覚えている方も多いと思います。 昭和の日は、もともと昭和天皇の誕生日だったわけですが・・・なぜ明治の日や大正の日はないのでしょう? 今回はそんな疑問について調べていきたいと思います。 昭和の日とは? 元々、4月29日は「天皇誕生日」という祝日でした。 しかし、昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、平成へと年号が変わり、上皇陛下のお誕生日である12月23日が「天皇誕生日」という祝日になりました。 このとき、ゴールデンウィークの一角を構成する、4月29日の祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたことから、4月29日を「みどりの日」という祝日として存続させることになりました。 「みどりの日」という名前は、昭和天皇が自然をこよなく愛され、生物学者としてもご活躍されたことからきているそうです。 その後、多くの国民の要望を受けて、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。 祝日法では昭和の日を「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に想いをいたす」と定めています。 「昭和の日」は、昭和天皇とともにあった激動の時代を改めて見つめなおす日になっているのです。 明治の日や大正の日は? 11月3日は「文化の日」です。 実は、この「文化の日」は明治天皇の誕生日なのです。 明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」という運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのでしょう。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで昭和23年(1948年)に、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を念頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とし「文化の日」が定められました。 昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことも、祝日となった理由のひとつだそうです。 関連: 関連: 大正天皇の誕生日は8月31日です。 しかし、8月31日は祝日として残っていません。 なぜでしょう? 大正天皇が崩御されたあと「名称を変えて残そう」という運動がなかったことや、大正時代は15年間と短かったこと、明治天皇や昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないなど、さまざまな考え方があるようですが、祝日法で定められなかっただけのことです。 2019年5月1日に今上天皇が即位されたことから、天皇誕生日は2月23日になりました。 今上天皇は126代目です。 これまでの天皇誕生日がすべて祝日として残していたら・・・大変なことになりそうですよね。 大正天皇の誕生日が祝日として残っていないのが特別なのではなく、明治天皇と昭和天皇の誕生日が祝日として残っているのが特別なのです。 また、上皇陛下のお誕生日が祝日になるかどうかも、現段階ではわかりません。 文化の日は、もともとは明治天皇の誕生日だったわけですが、明治という激動の時代を乗り切り、日本を近代国家に育てた偉大な天皇ですので国民が「祝日として残してほしい」という運動を起こしたのも、わかる気がしませんか? 関連: -.

次の

昭和の日があるのに明治の日や大正の日がないのはなぜ?

明治天皇 誕生日

コンテンツ• 文化の日の意味とは? 11月3日の文化の日は、国民の祝日に関する法律の中で 「自由と平和を愛し文化をすすめる」と意味付けられています。 いわゆる 祝日法の趣旨といわれるものですね。 文化という言葉は抽象的で曖昧ですが、芸術や音楽といったものを指すことが多いようです。 特別、何かをしなくてはならないといった規制はもちろんありませんが、文化にまつわる国事イベントや民間のイベントが多く行われています。 例えば、芸術や科学技術の分野において功績を残した人に贈られる 「文化勲章」の授与式は、毎年11月3日に行われています。 この日は、多くの人に文化に触れてほしいという意味もあり、博物館や美術館が 入館無料になることも多いようです。 また、アーティストなどのコンサートをはじめ、日本各地で幅広いイベントが行われています。 文化の日の由来とは?なぜ11月3日? 文化の日が11月3日になったのは、 「日本国憲法が公布された日」といった由来があります。 戦後、それまでの 「大日本帝国憲法」の内容を大きく改訂し、昭和21年11月3日に新たな憲法として「日本国憲法」が公布されました。 この日本国憲法は、平和と文化を重視した内容になっているので、制定された理由の1つとなっています。 ちなみに、5月3日は 憲法記念日という祝日ですが、こちらは日本国憲法が施行された日です。 昭和21年11月3日に公布された憲法は、翌年昭和22年の5月3日に施行されました。 公布から半年の猶予が持たれたのは、国民に新しい憲法を周知させるための時間だったそうです。 文化の日の由来を知っている人は意外と少ないので、ぜひ覚えておいてください。 文化の日は明治天皇の誕生日だった? 文化の日は戦後にできた祝日ですが、もともとは 「明治節」という祝日として戦前から制定されていました。 明治節というのは、 明治天皇の誕生日を祝うための祝日でした。 実際には、明治天皇の誕生日は 旧暦9月22日でしたが、新暦に換算し直した時に11月3日にあたるため、この日を明治節として祝日化しました。 以前の祝日法を改定した際に、天皇や神道に関する祝日というのはほぼ撤廃されたのですが、明治節に関しては日本政府に残したいという意向がありました。 そのため、日本国憲法の公布をあえて11月3日にしたという見方もあるようです。 文化の日について意味や由来について紹介しました。 内容を紐解いてみると、歴史的な背景などがよくわかって非常に興味深いですね。 カテゴリー• 140• 117• 287• 173• 123•

次の

明治天皇とは?誕生日やすり替え説、側室や家系図などについて解説!

明治天皇 誕生日

4月29日は「昭和の日」です。 「昭和の日」という呼び方の前は「みどりの日」、その前は昭和天皇の「天皇誕生日」だったのを覚えている方も多いと思います。 昭和の日は、もともと昭和天皇の誕生日だったわけですが・・・なぜ明治の日や大正の日はないのでしょう? 今回はそんな疑問について調べていきたいと思います。 昭和の日とは? 元々、4月29日は「天皇誕生日」という祝日でした。 しかし、昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、平成へと年号が変わり、上皇陛下のお誕生日である12月23日が「天皇誕生日」という祝日になりました。 このとき、ゴールデンウィークの一角を構成する、4月29日の祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたことから、4月29日を「みどりの日」という祝日として存続させることになりました。 「みどりの日」という名前は、昭和天皇が自然をこよなく愛され、生物学者としてもご活躍されたことからきているそうです。 その後、多くの国民の要望を受けて、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。 祝日法では昭和の日を「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に想いをいたす」と定めています。 「昭和の日」は、昭和天皇とともにあった激動の時代を改めて見つめなおす日になっているのです。 明治の日や大正の日は? 11月3日は「文化の日」です。 実は、この「文化の日」は明治天皇の誕生日なのです。 明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」という運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのでしょう。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで昭和23年(1948年)に、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を念頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とし「文化の日」が定められました。 昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことも、祝日となった理由のひとつだそうです。 関連: 関連: 大正天皇の誕生日は8月31日です。 しかし、8月31日は祝日として残っていません。 なぜでしょう? 大正天皇が崩御されたあと「名称を変えて残そう」という運動がなかったことや、大正時代は15年間と短かったこと、明治天皇や昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないなど、さまざまな考え方があるようですが、祝日法で定められなかっただけのことです。 2019年5月1日に今上天皇が即位されたことから、天皇誕生日は2月23日になりました。 今上天皇は126代目です。 これまでの天皇誕生日がすべて祝日として残していたら・・・大変なことになりそうですよね。 大正天皇の誕生日が祝日として残っていないのが特別なのではなく、明治天皇と昭和天皇の誕生日が祝日として残っているのが特別なのです。 また、上皇陛下のお誕生日が祝日になるかどうかも、現段階ではわかりません。 文化の日は、もともとは明治天皇の誕生日だったわけですが、明治という激動の時代を乗り切り、日本を近代国家に育てた偉大な天皇ですので国民が「祝日として残してほしい」という運動を起こしたのも、わかる気がしませんか? 関連: -.

次の