無一郎ヤンデレ。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』106話(12巻)【感想】は

時 透 無 一郎 小説

無一郎ヤンデレ

『鬼滅の刃(きめつのやいば)』 165 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、伊黒と蜜璃ペアが上弦の肆、鳴女と遭遇しました。 彼女の血鬼術に苦戦する二人・・・。 一方、行冥と逸れた無一郎は一人上弦の壱、黒死牟と対峙しました。 では気になる続きを見ていきましょう!! 165話の感想とあらすじ 上弦の壱 黒死牟は、無一郎の筋肉や骨などが透視できるようです。 「やはり・・・そうか・・・」と呟いた黒死牟。 無一郎の鼓動が速くなりました。 (これが上弦の壱・・・) (他のとは比べものにならない重厚な様、威厳すらある) そして黒死牟が日輪刀を持っていることに気がつきました。 (鬼狩りだったのか?しかも相当な使い手の・・・) 体が戦闘を拒否し、ブルブルと震え出した無一郎。 お前は継国家に残して来た子供の末裔。 つまりは私の子孫だ・・・」 (子孫?僕が!?じゃあこの男は始まりの呼吸の剣士!?) (落ち着け!!取り乱すな) スウっと意識を集中さた無一郎。 「うむ・・・精神力も申し分ない」と黒死牟。 無一郎は斬り掛かりました!! 霞の呼吸 弐ノ型 八重霞!! 「なかなか良き技だ・・・霞か・・成るほど・・悪くない・・・」 一瞬で無一郎の背後に移動した黒死牟。 無一郎は再び技を仕掛けました。 霞の呼吸 伍ノ型 霞雲の海!! 再び瞬時に移動した黒死牟。 力の差は明らかのようです。 「無一郎・・年の頃は14あたりか・・その若さでそこまで練り上げられた剣技、私に怯みはしたものの、それを抑え込み斬りかかる胆力。 さすが我が末裔」 「おちょくっているのか?仮に末裔であったとしても、何百年も経ってたらお前の血も細胞も俺の中にはひとかけらも残ってないよ」 そう告げた無一郎の額と頬に痣が出現しました!! (痣・・・そうか、出ていたのか) 霞の呼吸 漆ノ型 朧!! 初めて見る技だと感じた黒死牟。 (独特の緩急、動きが読みづらい。 撹乱も兼ねた技。 実に良き技) (流麗で美しい。 無一郎が編み出した技なのだろう) 「こちらも抜かねば・・・無作法というもの・・・」 そういって技を仕掛けた黒死牟。 月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮!! 左手首から先を切り落とされてしまった無一郎。 (待てーい!!!!嫌だ嫌だ嫌だぁああ!!!) (月の呼吸!?鬼となっても呼吸による剣技が使えるのか) (異次元の速さだ) 左腕に布を強く巻きつけ止血した無一郎。 (素晴らしい。 腕を失ってすぐに止血) (そこからさらに攻撃をしようという気概) 霞の呼吸 移流斬り・・・ 技を仕掛けた無一郎の刀を瞬時に奪い、その刀を肩に突き刺した黒死牟。 無一郎は柱に止められ動けません。 「我が末裔よ。 あの方にお前を鬼として使っていただこう」 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで購入• 読む!• valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。 valuecommerce. valuecommerce.

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』106話(12巻)【感想】は

無一郎ヤンデレ

プロフィール 百夜 ミカエラ 16歳。 誕生日は5月1日。 血液型O型。 身長推定173㎝。 体重推定57㎏。 好きな食べ物は血。 百夜優一郎の「家族」であり親友。 癖のかかった金髪と碧眼が特徴で純粋、もしくは混血の異国人であるとグレンは予測している。 地下都市からの脱出の際にフェリドに計画が知られ、仲間を逃がすために犠牲になり、死亡した…かと思われていたが、第三位始祖のクルル・ツェペシに血を与えられ、吸血鬼として蘇生した。 しかし人間の血を飲まない為、吸血鬼としては不完全な存在。 4年後の世界では成長した姿で登場する。 幼少時 両親から虐待を受けた後、捨てられ百夜孤児院に入院。 優一郎と出会ったときは8歳で孤児院の中でリーダー的存在だった。 明るい性格でまわりに壁を作っていた優一郎をいとも簡単にうちとけさせた。 吸血鬼に囚われた後も、仲間を助けようと脱出計画を立てたりするなどとても仲間思いで 優しい少年だったよう。 しかしもうこのときからすでに優ちゃん大好きオーラが半端ない。 はんぱない。 家族だからいいのかもしれないけど距離感近くないですか そして、脱出計画で自らが犠牲になり、優一朗を逃がすことに成功する・・・。 もう彼の頭の中には、優ちゃんは無事なのかという事しか頭にありません・・・。 無表情かと思いきや優ちゃんの前ではちゃんと色んな表情するミカエラくんです。 優ちゃん以外は邪魔だどけ消えろとでも言わんばかりの表情・・・。 再会 グレンをぼこぼこにしているところに追い求めていた優ちゃん登場! 優ちゃんの渾身の一撃をくらってしまいます・・・。 でもそんなのへっちゃら! 優ちゃんとやっとこ再開できたときのミカの表情といったら・・・・・ 2人とも頬染めてつらいどんなかたちにせよ再開できてよかったねミカ・・・。 暴走した優一朗を、止めるミカ。 しかしその理由はあくまで優ちゃんに人殺しをしてほしくないから。 庇った相手の事なんて眼中にありませんさすがぶれない。 優ちゃんの顔~~~~~;; そして逃亡・・・ どうにかして優一朗を人間から助け出したいと思っているミカは、 優ちゃんに逃げよう!!!!!と語りかけます。 洗脳って恐ろしいです。 武器 戦闘時には、いばらが大量に絡みついた剣を使用しています。 わかります? 私はやっぱりここで紹介してくださっている4巻と8巻が特に好きですね? 第2期はわかりませんができたら、放送してほしいです? また、終わりのセラフは12歳の私も好きなので、色々な年代の方が楽しめる素晴らしい作品だと思います。 ショタミカ可愛くて好き!でも成長して無表情な感じのミカも好きだああああ ありがとう。 萌えをありがとう.

次の

ヤンデレ (やんでれ)とは【ピクシブ百科事典】

無一郎ヤンデレ

pixivision• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 17:42:29• 2020-07-16 17:40:40• 2020-07-16 17:40:16• 2020-07-16 17:39:59• 2020-07-16 17:39:58 新しく作成された記事• 2020-07-16 17:38:55• 2020-07-16 17:22:20• 2020-07-16 17:17:39• 2020-07-16 16:35:13• 2020-07-16 16:36:35•

次の