ナルト アニメ オリジナル 飛ばす。 ナルト オリジナルを飛ばす場合は1〜135

血継限界

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

プロフィール 指輪:玉 左手の第一指(親指) サソリの代わりに『暁』へと入った。 右眼を中心に渦巻いたような仮面を着用している。 その正体は、カカシと同期の忍で、既に死んだと思われていた『うちはオビト』である。 陽気で親しみやすい性格をしている。 しかし、これはオビトがトビを演じているだけで、オビト自身はそのような性格ではない。 トビの性格は、オビトに付き添った『グルグル』が元になっていると思われる。 オビトはかつてはナルトのように前向きで、逆境に明るく立ち向かうような性格だったが、後に現実を受け入れられずに全てを否定するようになってしまった。 万華鏡写輪眼を開眼しており、対象を異空間に移動させる『神威』を使用することができる。 敵の攻撃に合わせて自身の体の一部を異空間に移し、攻撃がすり抜けているように見せかけることができる。 左眼の写輪眼はカカシに移植されているために、『須佐能乎』を使用する事はできない。 初代火影の細胞を埋め込まれている為に、『木遁』を使用することができる。 来歴 『暁』に入ったばかりの時は、サソリの代わりにデイダラと行動を共にしていた。 デイダラとサスケが戦った時には、デイダラが作り出した地雷を地中に埋めて援護した。 しかし、サスケとの戦いでデイダラは死亡し、その後は一人で行動するようになる。 その後、サスケとイタチが戦う事になり、サスケが瀕死になりながらも勝利した。 オビトはサスケを回収し、介抱する。 そして目を覚ましたサスケに、イタチがうちは一族を木の葉隠れ上層部の命令により虐殺した事を語った、そしてサスケを守ろうとしていた事、を話した。 その時、オビトは『うちはマダラ』の名を語った。 イタチの真実を話した事により、サスケは木の葉隠れの里に復讐しようと考えるようになる。 その後、傷が癒えたサスケを五影会談が行われている会場へと連れて行き、うちは一族殲滅をイタチに支持したダンゾウと戦わせた。 その時、ナルトの前に姿を現し、イタチの真実と、サスケが木の葉隠れの里に復讐しようとしている事を告げた。 そして、ナルトとサスケがいずれ戦う運命にあると言い残して消えていった。 そして五影会談の場に姿を現し、全ての人間に幻術をかけて世界を支配する『月の眼計画』のことを明かし、『第四次忍界大戦』を宣言した。 アジトに帰ってからは、サスケにイタチの写輪眼を移植し、『永遠の万華鏡写輪眼』を与えた。 その後、大蛇丸の部下であった薬師カブトが訪れ、戦線協定を持ちかけてくる。 オビトはそれを跳ね除けようとしていたが、カブトがうちはマダラの穢土転生体を見せた事により協定を受け入れた。 その後、オビトは小南を殺害し、長門が使用していた輪廻眼を自身に移植した。 『第四次忍界大戦』が始まるとオビトは人柱力たちの穢土転生体を輪廻眼で操り、戦場に出る。 そしてナルト、キラービー、カカシ、ガイと戦闘を繰り広げる。 オビトは人柱力たちを尾獣化させてナルト達を襲わせるが、ナルトは九尾と和解し、尾獣化を成功させる。 そしてオビトは、仮面をナルトによって割られ、その正体を明かす事になった。 そしてオビトは自身が歪んだきっかけを話し出した。 かつてオビトは、ナルトの父親である波風ミナトの班で、はたけカカシ、のはらリンとチームメイトであった。 オビトは落ちこぼれであり、成績優秀で、他里にも名を轟かせた忍『木の葉の白い牙』の息子であるカカシにライバル意識を持っていた。 そしてリンに対して恋心を抱いていた。 そんなオビトは火影になることを目指していた。 その後、『第三次忍界大戦』が起こり、後に『神無毘橋の戦い』と呼ばれる戦場へカカシ、リンと共に赴く。 そこでリンが敵に攫われ、カカシが左眼に傷を負ってしまう。 オビトはその戦いで写輪眼を開眼させ、カカシと共にリンを助け出す事に成功する。 しかし、敵の増援が現れ、オビト達が居た洞窟を爆破する。 左眼を負傷していたカカシは、死角からの落石に当たり、巨石に押しつぶされそうになってしまう。 それに気づいたオビトは、カカシを庇って巨石に潰された。 自分が助からない事を悟ったオビトは、カカシへ上忍になった祝いとして巨石に潰されていない左眼の写輪眼を送った。 そうしてオビトは死んだと思われていた。 しかしオビトは地下で生き延びていたマダラに助けられて生き延びていた。 オビトはマダラから『月の眼計画』に手を貸すように言われるが、それをきっぱりと断り、すぐにでも木の葉隠れの里に戻ろうとした。 しかし、オビトは身体の怪我からすぐに変えることができなかった。 それからオビトは、白ゼツやグルグルのサポートを受けてリハビリを行う。 そんなある日、カカシとリンが霧隠れの忍から襲われ、窮地に陥っているという情報を白ゼツが持ってくる。 それを聞いたオビトは二人を助けに向かう。 しかし、その先で見たのは、カカシがリンを殺害する場面だった(実はリンは、マダラの企みにより霧隠れの忍により三尾の人柱力にされ、里で暴走させられようとしていた。 それ故、リンは自らカカシに殺された)。 その光景を見たオビトは絶望し、その場にいた霧隠れの里の忍を惨殺した(カカシは気絶していた)。 この時オビトは万華鏡写輪眼を開眼した(自身の眼を持つカカシがリンを殺害したため)。 そしてオビトはリンが死亡した世界を受け入れることができずに、マダラの誘いに乗って『無限月読』を発動させようとする。 その後、限界が来ていたマダラは死に、マダラの代わりにオビトが実行犯として動くことになる。 その後、オビトは長門に輪廻眼を与え、長門たちが『暁』を結成するように仕向けた。 また、オビトは当時の九尾の人柱力である『うずまきクシナ(ナルトの母親であり、ミナトの妻)』の出産に合わせて木の葉隠れの里を強襲する。 出産は尾獣の封印が弱まるタイミングであった。 オビトは産まれたばかりのナルトを人質にとり、クシナを攫い九尾を写輪眼で操った。 そして里の真ん中に九尾を口寄せし、大きな被害を与えた。 そして、かつての師であるミナトと戦う事になる。 しかし、ミナトには敵わず、九尾を支配下から解かれてしまった上に、手傷を負わせられ、撤退することになった。 だが、この時、ミナトとクシナはナルトを九尾から守ろうとして死亡した。 それから、うちは一族がクーデターを起こそうとしているタイミングで再び木の葉隠れの里を襲おうとしていたが、イタチにその事を気取られ、実行には移さなかった。 そして『暁』へと加入した。 全てを明かしたオビトは不完全ながら十尾を復活させる。 十尾の攻撃は凄まじく、忍連合は大きな被害を受ける。 木の葉隠れの里の忍であるネジも十尾の攻撃で死亡した。 オビトはその後、カカシと戦闘を繰り広げ、カカシの雷切により胸を貫かれるも、十尾の人柱力になって復活する。 十尾の人柱力になったことにより、オビトは触れたものを消し去る力を持つ求道玉を操り、凄まじい力を発揮する。 そして十尾を最終形態である神樹の姿に変え、ナルト達に降伏するように言う。 しかし、ナルト達は諦めず、団結した忍連合達に尾獣を抜かれて敗北した。 オビトは精神世界でナルトと話し、今でも火影に憧れている自分がいる事を言い当てられる。 そしてかつての自分を取り戻すようにナルトに呼びかけられ、本来の自分を取り戻した。 オビトは、長門と同じように自分の命を犠牲に『輪廻天生の術』を使って償いをしようとするが、突如現れた黒ゼツに身体を操られ、マダラを生き返らせてしまう。 マダラは十尾の人柱力となり、ナルトの中の九尾を引き抜く。 そこでミナトは(『穢土転生』で蘇った)自身に宿る九尾をナルトに渡そうとするが、黒ゼツに阻止されてしまう。 そこでオビトは自力で黒ゼツからの支配から逃れ、黒ゼツが奪った九尾をナルトに渡すことに成功する。 そして、その後は輪廻眼がマダラに渡らないように、サクラに自身の右目にある輪廻眼を潰すように言う。 しかし、サクラが眼を潰す前にマダラに輪廻眼を奪われ、自身の体も完全に黒ゼツに支配されてしまう。 その後、黒ゼツがマダラを裏切り、大筒木カグヤを復活させる。 その時、オビトは瀕死の状態だったが、六道仙人から力を与えられたナルトにより復活させられる。 そしてカグヤによって異空間へ閉じ込められたサスケを『神威』によって救い出すことに成功する。 そして、カグヤの攻撃から自分の身を犠牲にしてナルトとサスケを守った。 その際、カカシも一緒になってカグヤの攻撃を受けようとしていたが、『神威』でカグヤの攻撃を消してカカシを助けた。 そしてオビトはナルトに「お前は火影になれ」と言い残して塵となって消滅した。 死亡したオビトは、精神世界でリンと再会を果たす。 オビトはあの世に行く前にチャクラとなってカカシの元へ現れる。 そして、期限付きで自身の万華鏡写輪眼を貸し与え、ナルトの前に火影になるように伝えた。 ナルト達がカグヤを封印した後には、六道仙人がナルト達を口寄せするのに協力した。 最後にオビトは自身のこれまでの行いを後悔した。 しかし、カカシに「最後は敵ではなく友として別れることが出来る、俺にとってはそれだけでいい」と声を掛けられ、感謝しながら消えていった。 トビ/うちはオビトの術・技 万華鏡写輪眼 神威.

次の

血継限界

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件 関連記事.

次の

人生三度目の転生先はBORUTOの世界でした【アカデミー編】

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

そると さんの感想・評価 3. 9 物語 : 3. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:観終わった 原作の最終回では、ちゃんとナルトは子供のころからの夢、火影になり平和のために頑張ってます。 しかし十数年続けてきたアニメでは、火影になることは叶いませんでした。 諦めさせられたかのようです。 ずっと頑張ってきた主人公なのに、あまりの仕打ち。 アニメの最終回は、SDのようにふざける大蛇丸、そしてヒナタ結婚おめでとうの最後でした。 アニメ制作側曰く、最終回だから好き勝手やったとのことです。 アニメ最終回の虚無感やたるや…これも無限月読の世界かな。 オリジナルは評判が悪いことで有名なNARUTOですが、最終回もまさかのオリジナルです(原作者が関わっていない小説が元)。 NARUTOのオリジナルは原作読んだのか怪しい設定や描写、セリフがてんこ盛りなので、不人気なんですよね。 面白くないのは、仕方のないところもありますが。 原作回でもちょいちょい余計なオリジナル要素を入れるのが割と不快でした。 原作の補完やプラスになるなら歓迎するのですが、矛盾を生み出したり、キャラを不必要に陥れたり、マイナス面が大きすぎるのです。 それでも少年漫画にふさわしい、よく動くカッコいいバトルの作画の良い回も多いです。 影分身が本当にすごい、アニメーターさん尊敬します。 これをレギュラー放送で10年以上続けてきたのは凄い。 ラストバトルも見応えありました。 声優さんもみんな良かったなぁ。 OP・EDもお気に入りが多いです。 製作陣の一握りの人間がやらかしてるのですが、まともな方は大勢いて、本当に残念でありません。 超絶に良い回と苦痛のオリジナル展開が多いので、惜しいですが、相対的な評価がこうなりました。 たわし(ガガ) さんの感想・評価 3. 9 物語 : 3. 5 作画 : 4. 5 声優 : 4. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 0 状態:観終わった このNARUTO世界での忍者はほぼ魔法使いに等しく、諜報戦や暗殺などのスパイとしての忍者ではない。 あと、ほぼ忍者以外の一般人や外国人(白人や黒人)は登場せずにアジア系で統一されてしまっている。 考えてみたらすごい設定だが、忍者の里「木ノ葉」における歴史が後半で出てくるのだが、ストーリーの序盤で国の長である火影が「4代目」であること(実質は三代目だったが)、忍者たちは家系や家柄によってある種の封建社会を立てていることだったり、その大半が世襲制だったりするんだが、後半ではそのほとんどが蘇ったりなんかしたりして話の主軸に加わる。 これは恐らく「NARUTO」という漫画を連載する上で、あらかじめ設定やキャラクター、ストーリーの流れを作っておかないとそうそうできる芸当ではない。 少年ジャンプの中ではファンタジー漫画で設定や世界観をあらかじめ決めてから連載を始めている作品の始祖は「ダイの大冒険」くらいからだろうが、「ワンピース」も含めて、ある程度通して読んでもストーリーに破綻なく構成する構成力のある漫画家がこの頃から増え出してきた時代でもある。 そう「あらかじめ始まりと結末が決まっている。 」のだ。 そういった点では「忍者漫画」としてはイマイチだが、「大河漫画」としては良くできた作品だったと思う。 追記:どっちかといえば陰陽道に近い オキシドール大魔神 さんの感想・評価 4. 6 物語 : 4. 0 作画 : 5. 0 声優 : 4. 5 音楽 : 4. 5 キャラ : 5. 0 状態:観終わった 原作との兼ね合いによるオリジナルは、原作よりは見劣りするが、補完になっていたりする時もあるので悪くはない。 本編については、基本的に原作を再現しつつ、力を入れるべきところには本当に力が入っている。 ペイン戦に至っては力入りすぎて賛否が分かれるような出来になっていた。 個人的には賛成派。 ここぞと言うところでぴったりのBGMも流れるし、ここぞというシーンの瞬間最大風速ならトップクラスのアニメ。 OPも大体当たり。 特に「sign」と「透明だった世界」あたりは映像が神がかっていた。 EDは大体微妙。 今のところは「目覚めろ野性」が一番好きかもしれない。 原作での戦争編後半は酷評されていたし、自分もつまらないと思っていたが、声と音楽がついて動画になるだけで面白くなった。 特にオビトのすり抜け戦とか、原作だと何やっているか分からなかったが、アニメだと演出も相まってすごく分かり易かった。 途中途中入るオリジナルの引き延ばしが辛かったが、マダラやカグヤ戦も最高だった。 「ブラッドサーキュレーター」は曲自体もいいが、物語が進むにつれ映像がマイナーチェンジしていくのも良かった。 納得いかないのがナルトとヒナタが結ばれることだが(しかもそれを劇中でやらず劇場版でやる)、それはともかく、レギュラー放送で劇場版と同じようなレベルの作画を度々やったのは本当に神。 手抜きの箇所がなかったとは言わないが、力を入れるところはちゃんと力を入れていたし、取捨選択が上手い、スタッフの愛が半端ない作品だったと言えるだろう。 今後レギュラー放送のアニメでナルトを超えるようなアニメは出てこないんじゃないかと思うレベルの神作品でした。 Britannia さんの感想・評価 4. 0 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 原作は終了しアニメも間もなく終了する為、視聴再開 拡げた伏線の回収も良く出来ている。 (イタチの時に使われるBGMが切なくて引き込まれる) 筋が通ってるし、良く纏まっている ナイスエンターテイメント! 楽しませてもらいました、忍者アニメの最高峰と評価。 8 物語 : 4. 0 作画 : 3. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 3. 5 キャラ : 4. 5 状態:観終わった ナルト出生編とかのあたりは見た!泣いた!! あの話はヤバすぎる~!! そして最終回近くのそれぞれのキャラ子供時代編あたりから見始めた。 結局シリアスなところをすっ飛ばしてしまってるので、本当の意味でナルトを見てることにはならないんだろうなぁ。。。 0 物語 : 4. 0 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 色んなストーリーがあって面白いデス。 ナルトの真っ直ぐで諦めないど根性が周りの人々に認められていき、なくてはならない存在になっていき、仲間が増え、絆が増えていくところに感動しました。 そして、長かった忍界大戦もとうとう終わりました。 ナルト・サスケの戦いにも決着し、涙・涙デシタ。 サスケ真伝も以前とは変化したサスケが見れたし、イイお話でした。 シカマル秘伝もシカマルの覚悟だったり、葛藤があり、違う一面が見れて良かったデス。 木ノ葉秘伝はナルトとヒナタの結婚が決まり、みんなの祝福モード半端ないデス。 最終回はちょっとウルウルしました。 長かったお話もとうとう完結デス。 次は時間も変わり、息子にバトンタッチ。 「BORUTO」はどうなることやら…。 ロボ さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. リーでは テンテン 一度でいいから見てみたい! テンテンの本編でのツッコミを ゚O゚ \ - -; ロボ (ポンコツ編) さんの感想・評価 5. 0 物語 : 5. 0 作画 : 5. 0 声優 : 5. 0 音楽 : 5. 0 キャラ : 5. リーでは テンテン 一度でいいから見てみたい! テンテンの本編でのツッコミを ゚O゚ \ - -; sukebee さんの感想・評価 3. 4 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 4. 0 状態:今観てる 観ています。 もうここ最近の話は、原作の方がグダグダしているのも 相まって、アニメ版の方もグダグダ状態なので。 忍界大戦なる物が始まったあたりから、特にその状態が酷く 少々、進展するだけで繰り返されるクドイ回想シーン モブキャラ同士のダラダラとしたどうでも良いやり取り 同人臭いオリジナルストーリー…etc この辺は、全てカットして観ています。 穢土転生なる術で復活した名の通った忍たちとの 戦いを取り上げたオリジナルのストーリーも ただの時間稼ぎで取り捨てされて行く感じで、とても残念。 バニラ さんの感想・評価 3. 0 物語 : 3. 0 作画 : 3. 0 声優 : 3. 0 音楽 : 3. 0 キャラ : 3. 0 状態:今観てる 今更はまったの!!?WW って友達に言われまくりましたが今更ですがNARUTOにどっぷりはまりました。 』、LONG SHOT PARTY『distance』、いきものがかり『ブルーバード』、井上ジョー『CLOSER』、いきものがかり『ホタルノヒカリ』、FLOW『Sign』、秦基博『透明だった世界』、NICO Touches the Walls『Diver』、7!! 『目覚めろ! 野性』、surface『素直な虹』、NICO Touches the Walls『Broken Youth』、HALCALI『Long Kiss Good Bye』、デブパレード『バッチコイ!!! 』、SUPER BEAVER『深呼吸』、SEAMO『My ANSWER』、氣志團『おまえだったんだ』、AZU『For You』、オレスカバンド『自転車』、supercell『うたかた花火』、DOMINO『U can do it! この頃(2007年冬アニメ)の他の作品•

次の