ドリュウズ 素早 さ。 ドリュウズ

ドリュウズ育成論 : 現環境対応型ドリュウズ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドリュウズ 素早 さ

ポケモン名 英名 ドリュウズ Excadrill タイプ じめん はがね 特性 すなかき すなのちから かたやぶり けたぐり・くさむすびの威力 60 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 110 135 60 50 65 88 508 使わない特攻の種族値が低いため種族値効率が良いのもそうですが、このポケモンの強みはやはり特性でしょう。 「かたやぶり」はランクマッチで数の多いロトムやドラパルトの強特性に刺さりますし、 「すなかき」は 天候が砂嵐状態のとき自身の素早さを2倍にするので抜き性能を格段に高めます。 今回は自身の「ダイロック」で発動させられ、唐突に突破力を高め全抜きを狙える「すなかき」型の紹介です。 弱点であるタイプの攻撃技を受けると発動し、自身の攻撃と特攻を2段階上昇させます。 ドリュウズが弱点技を受けながら「ダイロック」を打つと、攻撃・特攻・素早さの3種類がそれぞれ2倍になるため、 たった1ターンかつ前準備無しで全抜き体制が整います。 相手にダイマックスされても次のターンから「すなかき」のおかげで先制できるため、上からもう1度「ダイロック」を打つことで突破できます。 また、岩タイプを半減する「ヨロギのみ」で「ダイロック」を耐えて「ダイジェット」を打ってきたとしても「すなかき」が発動して先制できるため2ターン目に上から倒せます。 4です。 上2つの技の威力を見るとこの数字は低めに見えますが、この技の 真価は通常時ではなくダイマックス技化した時の追加効果です。 「ダイロック」の追加効果は天候を砂嵐状態にするため、これまでの砂パのようにバンギラスやカバルドンなど特性「すなおこし」のポケモンを採用しなくても 能動的に「すなかき」を発動させドリュウズをエースポケモンとして起用できます。 2倍になった素早さは環境の誰よりも速いため、このポケモンを止めることはかなり難しいです。 ドリュウズはランクマッチで増えつつあるアーマーガアにタイプ相性上ほぼ完全に受けられてしまい、交代先に「とんぼがえり」を打たれると簡単に試合のペースを握られてしまいます。 そこで、 受けに来たアーマーガアに無理やりリスクをつけられる技として採用しました。 この技にロマンを感じ打ちたくなる気持ちも理解できますが、 一撃必殺技はダイマックスポケモンに無効化されてしまうため、安易に打たないようにしましょう。 ナットレイなどの 「まもる」にリスクを付けられる数少ない技ですが、素の状態の技の性能が驚くほど低いのが欠点です。 一度積んでしまえば特性の「すなかき」と合わせて圧倒的な抜き性能を発揮しますが、ダイマックス時には「ダイウォール」に変換され使用できないため、ダイマックスを使って相手の攻撃を耐える前提であるこの型とは相性が悪いです。 自身の攻撃力の代わりに防御力の値を用いてダメージを計算する格闘タイプの攻撃技です。 この技を使用する場合は「てっぺき」が実質的に攻撃と防御を2段階上昇させる技となるので相性が良いです。 対面から殴り勝つ• ドリュウズの技範囲は非常に優秀で、正直 まともに受けることは厳しいです。 そこで、上2体のように 等倍の技で殴り合える数値の高いポケモンで対面から勝つというのが現実的な対策となります。 また、この型紹介を見ればわかる通り ドリュウズというポケモンが基本的にダイマックス前提なので、こちらのポケモンを2体程度失うのは仕方ないと割り切り、その後の試合展開でこちらだけが残している ダイマックス権で上手く巻き返すことが重要です。 ダイマックスするとポケモンの体力が2倍になるため実質ポケモン1体分、と言いたいとこではありますが、交代という行動がかなり強力なシングルバトルにおいて、交代で解除される特性がかなり弱いのでおよそ0. 5体分かそれ以上と考えると丁度良さそうです。 ダイマックス権を使っておきながら、相手のポケモンを1. 5体程度倒す活躍をしなかった場合はかなり不利状況であると認識しましょう。 4%~75. トゲキッスやドラパルトなど、素早さを上昇させられる「ダイジェット」が打てるポケモンの「じゃくてんほけん」が強力で 、これらと同じように ダイマックス技で素早さを上昇させられ、かつ他のダイマックス技の追加効果がどれも強力なドリュウズは、てきとうなパーティにポンと入れても活躍する高いポテンシャルを持っていたのでかなりオススメできるポケモンです。 これからもこういったシングルバトルで活躍できるポケモンの考察をしていきますので、最新の投稿を見逃さないためにも、公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】素早さ種族値・実数値一覧まとめ【ソード・シールド】

ドリュウズ 素早 さ

こんにちは、ポケモットです。 「すなかき」を採用した分、努力値を耐久にも回すことができ、耐久と素早さ、火力を両立できた型です。 ドリュウズは選出画面からは型が読まれにくいことがメリットであり、仮に読まれたとしても、どの型でも強いため非常に使いやすいです。 反面、ドリュウズは耐久力があまりないため打ち合いには弱いですが、今回の育成論は耐久にも努力値を回したため、 「砂下では素早さ、火力、耐久」など全てが揃った非常に強い構築となっています。 記事後半では、一般的なドリュウズを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 H=奇数調整および「すなかき」によって過度に素早さ努力値を降らなくて良くなった分• A=252最大振り• しかし 「すなかき」状態で素早さ努力値を最大限まで振ることは正直過剰です。 そのため、 素早さは最低限振り(それでもスカーフ持ち最速102族抜きなので超早い!)、耐久に努力値を回しました。 攻撃に関しては性格補正+努力値最大振りで火力重視に。 ドリュウズは耐久力があまりないため、反撃を受けないために「なるべく」多くの相手に対して乱数〜確定1発で倒せる様にしました。 今回のドリュウズの立ち回り・役割 バンギラスやギガイアスなどの「すなおこし」起動要因と一緒に選出し、初手は彼らに「すなおこし」させ、 起動要因が倒されてからドリュウズを無傷で出す様にします。 仮に砂ターンが終わっても自身で再度、砂を発動させることが可能なので、天候についてはターン切れはあまり気にしなくて良いでしょう。 特にバンギラスやギガイアスなどの砂の起動要因は、ステルスロックを覚えます。 ステルスロックを播くことで、仮にドリュウズの「じゃくてんほけん」を発動することができなくても、火力の底上げに繋がります。 5%~118. 8%~80. 3%~92. 4%~115. 4%~99. 3%~87. 7%~48. 4%~111. 7%~65. 3%~91. 4%)確定2発 相手にドリュウズを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ナットレイを選出する(HBでもHAでも可) ドリュウズは多くの型が存在するので、正直選出画面から判別することは難しいです。 ドリュウズの型としては• 砂エース• かたやぶりスカーフ型• きあいのタスキ型• 「ステルスロック」や「がんせきふうじ」で起点作成• とつげきチョッキを持たせた耐久型 などなどあります。 非常に型が多い且つ、仮に読みが当たっても、分かったところで止められないことも多いのです。 ドリュウズは本当に強い!笑 どのドリュウズに対しても安定して出すことのできるポケモンはナットレイです。 ナットレイはタイプ的にも種族値的にもドリュウズに一方的に負けるということがありません。 そして ナットレイからドリュウズへはパワーウィップで確定2発など打点があります。 ドリュウズ対策としてはナットレイを出すことをオススメします。 ドリュウズの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法をお話ししてきました。 いかがでしょうか。 ドリュウズは非常に型が多いので完璧に対策をすることは非常に難しいです。 HBナットレイであれば安定して対応することは可能ですが、ドリュウズには最終兵器「つのドリル」があります。 なのでナットレイでも絶対に勝てるというわけではないですが、非常に有利に対戦を進めることができます。 この様に安定して対応できるポケモンが非常に少ない、 最強ポケモンの一角ドリュウズ。 今回は「すなかき」型で素早さと攻撃、そして耐久にも振った型を紹介しました。 皆さんも是非育成してみてください。

次の

【ポケモンSM】ドリュウズの素早さライン【バンドリメモ】

ドリュウズ 素早 さ

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ドリュウズの進化系統.

次の