どん ぎつね 可愛い。 「どん兵衛」新CMが意味不明で怖いと話題に!本当の意味とは?なぜ吉岡里帆がいないの?過去CMとの比較も!

吉岡里帆のキツネ画像が可愛いと絶賛!嫌いの声も?

どん ぎつね 可愛い

どんぎつねの女の子は誰? 可愛い「どんぎつね」の女の子は、女優でグラビアタレントの 吉岡里帆さんです! 吉岡里帆(よしおか りほ) 1993年1月15日生まれ。 京都府京都市出身。 血液型 B型 身長 158cm スリーサイズは、B82cm — W60cm — H85cm 所属事務所は、エーチーム ブログ: 特技は、書道、アルトサックス。 書道は八段の腕前で、書道家を目指して大学に進学したそうです。 アルトサックスは、学生時代に映画『スウィングガールズ』に憧れて吹奏楽部に所属し、演奏していたそうです。 趣味は、猫と遊ぶこと、新派観劇。 「私は重度の猫依存症です」というほどの猫好きで、京都の実家には猫5匹と犬1匹を飼っているそうです。 2014年7月発売の『週刊プレイボーイ』で、グラビアに初挑戦。 2014年10月、チャットモンチー「いたちごっこ」のミュージックビデオに出演。 2015年2月公開の映画『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。 2015年5月公開の映画『明烏』ではヒロインに抜擢。 そして、2016年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』に丸メガネがトレードマークの「のぶちゃん」こと田村宜役で出演し話題になりました。 2017年1月期のTBSドラマ『カルテット』で来杉有朱役を演じ、第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・新人賞を受賞しました。 今一番旬な女優の一人ですね! ZOZOTOWN の「ツケ払い」のCMでも話題になりました。 現在は、コカ・コーラの「綾鷹 にごりほのか」のCM 「ほのか先生 ていねい」篇にも出演されています。 2017年4月15日公開のアニメ映画『名探偵コナン から紅の恋歌』では、枚本未来子の声を担当しました。

次の

【どん兵衛CM】子供がかわいい!どんぎつねの子役は誰?メイキング動画が最高と話題に!

どん ぎつね 可愛い

今日は、女優の吉岡里帆さんについてみていきたいと思います。 なのですが、今回は、吉岡里帆さんが出演している日清の「どん兵衛」のCMに特化して、みていきたいと思います。 どんなものなのか調べてみたいと思います。 donbei. 部屋でひとり、どん兵衛を食べようとしている星野源さん。 そこに突然、吉岡里帆さんの「どんぎつね」が現れます。 そして、星野さんがおあげをかじるたびに、どんぎつねは「イタッ!」…と。 これって、シンクロ? という「どんぎつね篇」ですが、このCMの歌は吉岡里帆さんが歌っていますね。 これまた、かわいい感じに歌っています。 この「どんぎつね」の吉岡里帆さんの可愛さは衝撃的でしたね。 「どんぎつね出てきません 篇」では吉岡里帆さんがダンスもしています。 おもえば、「逃げ恥」ダンスが流行っていた頃なので、星野源さん出演もあってのダンスだったのでしょうかね。 donbei. その後、縁側に立った二人。 その時どんぎつねの吉岡さんが魔法をかけます。 その後にした、吉岡里帆さんのポーズがかわいいですね。 最初は、「猫ですね」って言われてしまいますが、今度は、キツネ…、ポーズのはずが、「コブラ」と言われてしまいます。 どんぎつねの吉岡里帆の1st写真集!! どんぎつねの吉岡里帆さんの1st写真集「ぼくのそばにきみがいる」が公開されているのをご存知でしょうか?日清の「どん兵衛」のサイトで公開されています。 itmedia. html この写真集では、CMとはまた違った雰囲気のどんぎつねの『吉岡里帆』さんを見ることができるようです。 わたしも見てきましたが、普段着のどんぎつねの吉岡里帆さんという感じがして、とてもかわいく仕上がっていました。 donbei. 日清さん、なかなかの商売上手ですね。 donbei. 一枚は和装の吉岡里帆さんを選びたかったので、怒った顔のかわいい吉岡里帆さんを選びました。 「どん兵衛 どんぎつねの吉岡里帆がかわいい」のまとめ 今回は、日清の「どん兵衛」CMのどんぎつねを演じている吉岡里帆さんにスポットを当ててみてきました。 そして、どんぎつねの吉岡里帆さんと星野源さんのやり取りがコミカルな場面もあったり、ちょっとキュンとするシーンもあったりで、楽しめています。 それなので、わたしが勝手に選んだ3枚の画像は、どちらかといえば最近のものが多くなっています。 youtube. 目が泳ぐどんぎつね。 そして覚悟したように目を閉じると… 星野:「似ています」 どんぎつね(吉岡里帆)「えっ?」 星野:「えくぼが月見ポケットに…。 どんぎつねさんのえくぼが、月見ポケットに似ています!」 どんぎつね:「似てますか?」 星のナレーション:月見ポケットがついた、どん兵衛 天ぷらそば。 星野:「卵が意外と合うなぁ」 「なかなかいい雰囲気だったのにぃ~」って思いませんでしたか?しかも、「えくぼが月見ポケットに…」とか言われると、そりゃあんな顔になりますよね。 しかも、一瞬ではありましたがサスペンスの音楽が効果的に使われていましたね。 「禁断の出会い」篇 今回のどん兵衛最新CM「禁断の出会い」篇には、星野源さんと吉岡里帆さんに加えて、プロレスラーの中邑真輔さんが出演しています。 youtube. その後ろに、どんぎつねさんの尻尾とからもうとする中邑真輔さんが…。 星野:「絡んでる…すごく絡んでる!?」 吉岡里帆ナレーション:からみあう禁断のおいしさ!釜たま風どん兵衛 登場!! 星野:「どんぎつねさん!」 今回のCMでは、いつも飄々とした星野源さんに、嫉妬心が芽生えた瞬間なのでしょうか。 そしてこんかいのCMでも、吉岡里帆さんは可愛く映っています。 youtube. 確かにあったかくて美味しそう。 それにしても、どんぎつねの吉岡里帆さん…。 確実に、数年前のどんぎつねの時よりもかわいくなってませんか?そんな気がしたこの「あげキッス」篇のCMでした。 youtube. 今年も明けたしおうどんでもいかがですか?」 どんぎつね(吉岡里帆)「えっ!マジか やっちまったぁ~」 どんぎつね「一緒に年越したかったのに」 星野:「越せます」 どんぎつね:「11時?」 星野:「ドッキリでした」 どんぎつね:「嘘ついたな もう寝る!」 吉岡里帆ナレーション:年越しも 星野源ナレーション:年明けも 吉岡&星野:どん兵衛 星野:「本当に年明けちゃいますよ。 あっ、雪!」 どんぎつね:「ホントだ!」.

次の

吉岡里帆のキツネ画像が可愛いと絶賛!嫌いの声も?

どん ぎつね 可愛い

どん兵衛に、期間限定の新しい七味が付きました。 きつねうどんには『生姜七味』が、 天ぷらそばには『山椒七味』が付いています。 いつものどん兵衛とは、ひと味違う「刺激」です。 というわけで今回は、いつものCMの舞台のあの部屋にも、 ひと味違う「刺激」が隠されております。 いつもの部屋で、何やら見慣れぬ作業をしている星野さん。 よく見ると、一人でゴリゴリと七味を挽いています。 それを見ていたどんぎつねさんは、 不思議に思いながらもスッと手を添え、一緒に石臼を回し始めます。 カッコいい星野さんの横顔。 力強い腕。 まるで世界の中心が2人であるかのように美しく回転する世界。 うっとりする、どんぎつねさん。 果たして、その結末やいかに!?• 今回は、過去最も大掛かりな撮影でした。 いつもの部屋には、壁がバタンと倒れる仕掛けを施し、 二人の周りには360度回転する特殊なカメラを取り付け、 天井からは紙吹雪ならぬ、七味吹雪を大量に降らせるという、 かつてない大仕掛けの撮影でした。 見所は、お二人のロマンティックな表情。 そして、逞しい星野さんの腕。 そして2人のまわりに、幻想的に降り注ぐ七味吹雪です。 日本CM史上、かつてこれほどロマンティックな七味のカットがあったでしょうか(笑)• 今年ももう年末。 一年があっと言う間です。 月日が経つのが、年々早くなっている気がしますよね。 一方で、年越しのカウントダウンは、 いくつになってもワクワクするもの。 今回のCMは、そんな新年を迎える瞬間を待つ、 大晦日の二人のお話です。 大晦日の夜。 こたつで、うたた寝をしているどんぎつねさん。 その可愛らしい寝顔を見ていた星野さんは、 ふと、ある「うそ」を思いつきます。 どんぎつねさんの可愛いリアクションを期待する星野さん。 さて、その「うそ」とは一体!? 実際のリアクションと合わせて、お楽しみください。 どんぎつねシリーズも早いもので、もう3度目の年末です。 今回の見どころは何と言っても、表情の落差。 星野さん、吉岡さんともに、表情が目まぐるしく変化します。 中でも、嘘をついたことを責める吉岡さんの表情は、なかなかの大迫力。 男性スタッフの多くは、なぜか自分自身が奥さんや彼女に責められている気分になってややしょんぼりしていました(笑) それを受けた星野さんの表情も最高です。 年末年始、どん兵衛とともに温かい時間をお過ごしください。 どん兵衛のおあげは、丸大豆を使って豆腐屋と同じ製法で作られた「ふっくらおあげ」。 そのジュージーで肉厚な食感は、二つ折りにすると、まるで唇のようです。 そこで考案されたのが「あげキッス」。 今度どん兵衛を食べる機会があったら、一度試してみてください。 ただし、ヤケドと人目には、くれぐれもご注意を! あげキッスの後は、美味しく召し上がってくださいね。 いつもの部屋で、一人どん兵衛を食べている星野さん。 麺をすすりながら、ふと、いいことを思いつきます。 それが、禁断の「あげキッス」。 几帳面な星野さんは、タイマー片手におあげが人肌になる温度を正確に測り、 いざ実行に移そうとするのですが・・・。 さて、結末やいかに。 続きは本編のCMで!• 今回のCMの一番の見どころは、なんと言っても星野さん、吉岡さんの表情です。 とくにCMの最後、お互いに笑顔を送り合うシーンは、必見です。 見られてはいけないものを、見られた男と、見てはいけないものを、見てしまった女。 一言のセリフも発しないこのシーンは、実はお二人のアドリブでした。 それだけにスタッフ一同、笑いを堪えるのに必死。 役者さんの演技力って、本当に凄いですね。 月見ポケットが付いた日清のどん兵衛 天ぷらそば・鴨だしそばのTVCMです。 2018年の年越しそばから、どん兵衛がおススメしているおそばにたまごを入れて食べる「月見そば」。 つゆの深みがグッと増して、やみつきになる美味しさです。 月見そばが更に作りやすくなる「月見ポケット」が付きました。 ぜひ、一度お試しください。 いつものあの部屋にいる、星野源さんと、どんぎつね。 ・・・しかし、いつもとなんだか雰囲気が違います。 星野さんがいつもの定位置ではなく、どんぎつねのすぐ隣に・・・。 そして、おもむろにどんぎつねに顔を近づけていきます。 もしや、この展開は・・・!?結末は、CM本編で。 今回は、シリーズの中でも最も お二人の表情が、目まぐるしく変化するCMでした。 とくに絶妙な演技を求められたのが、 どんぎつねの「似てますか!?」の表情と、 それを受けた星野さんの「うなずき」カットです。 吉岡さんには女ごころを弄ばれ、怒りとガッカリ感が 入り交じったなんとも言えない「目」の演技を。 星野さんには、女ごころを全く理解してない上に、 「これ凄い発見でしょ!褒めて褒めて」という場違いな 承認欲求を抱える、空気の読めない男を表現してもらいました。 どちらの表情も、本当にサイコーで まさに制作スタッフが求めていた絶妙の演技!! 星野さん、吉岡さん、名演技ありがとうございました。 早いもので、もう年越しそばの季節です。 今年のどん兵衛は、おそばにたまごを落として食べる 「月見そば」をお勧めしています。 おだしがとろっとまろやかになり、 そのとろっとしたおだしがおそばとよく絡み、 想像以上の美味しさです。 ぜひ、お試しください。 一説には、初詣でよりも御利益があると言われる「年末詣で」。 その年末詣でに出かけた星野さんと、どんぎつねが 手を合わせながら、今年一年を振り返ります。 その後、二人はきれいなお月様が見える縁側に。 どんぎつねは、そこで星野さんが持つおそばに、ある魔法をかけます。 さてその魔法とは・・・。 詳しくはCM本編で。 どんぎつねシリーズも、もう二度目の年末。 星野さんと吉岡さんの息もピッタリです。 とくにCMのラストの掛け合いでは、 アドリブも次々と飛び出し、終始雰囲気のいい撮影でした。 「猫」のポーズがなかなか決まらない吉岡さんに、 星野さんが身振り手振りで、猫ポーズを伝授しているシーンは CM本編に収めたいほど、ほのぼのとした癒し溢れるひとコマでした。 今年もこの2人(1人と1匹?)の、ほっこりしたCMが始まりました。 今回のテーマは、麺。 ふっくら美味しいおあげ(きつね)だけでなく、まっすぐストレートな麺にもスポットライトを当てています。 いつものように、部屋でどん兵衛を食べている星野源さん。 でも、なぜかおあげを食べずに、麺ばかり食べています。 吉岡里帆さん演じるどんぎつねは、星野さんがおあげ(きつね)が嫌いになったのかと心配になります。 さて、星野さんがおあげを最後まで食べなかった理由とは・・・。 2年目を迎えた、どんぎつねシリーズ。 すこし懐かしい感じがするあの部屋に、2人が戻ってきました。 撮影スタッフも、スタート地点に戻った気がして、スタジオに入るお二人を「おかえりなさい」と迎える気持ちでした。 昨年末以来の撮影でしたが、おふたりの息は、今まで以上にピッタリ。 ラストカットで、どんぎつねが尻尾を隠すシーンでは、アドリブが幾つも飛び出しました。 どのパターンも本当に素晴らしく1タイプしか選べないのが、もったいないくらいでした!• 冬はあったかいどん兵衛が美味しい季節。 そんなどん兵衛を感じてほしくて、お二人には公園のベンチに座ってもらいました。 どん兵衛の季節に、今までよりちょっと距離が縮まったどんぎつねと星野さん。 見ているひとにキュンキュンしてもらうCMになりました。 また、「編んでいる篇」で、ひとり部屋の中でマフラーを編んでいた星野源さん。 果たして、そのふっくら温かそうなマフラーは誰のためだったのか。 その真相も分かるCMです。 初雪が舞う、夜の寒そうな公園。 そのベンチに座る星野源さんと、吉岡里帆さん演じる「どんぎつね」。 寒いので「早く、お家に帰りましょ」と促す吉岡さんに対し、「少し、体が冷えた方がどん兵衛が美味しいし」と引き止める星野さん。 クリスマスの季節にぴったりの、ふっくら心温まるストーリーです。 3度目の顔合わせとなった今回の撮影。 星野さんと吉岡さんは、今までで一番打ち解けた雰囲気でした。 撮影の合間にも、ベンチに座ったまま、とても楽しそうにお話しされていました。 その雰囲気も手伝って(?)奇跡的なアドリブも飛び出しました。 それは、星野さんが吉岡さんにマフラーをかけた直後、少し乱れた吉岡さんの髪を、スッと直してあげる場面です。 これは事前の計画にはなかった演出で、女性スタッフ達からは「あれはヤバい!!!」というトキメキの声が上がっていました。 人は、本当に好きな時ほど、素直にその気持ちを表現できないもの。 本当は、ふっくらジューシィなどん兵衛が好きなのに、そのことを素直に言えない星野さん。 そんな星野さんの気持ちを代弁するために、今回は耳をつけてもらいました。 (と言うのは単なる建前で、本当は「耳をつけた源さん」が見たかっただけかもしれません。 ごめんなさい。 最高です!• 「どん兵衛のきつねじゃなくてもいい」 「どのきつねでも一緒でしょ」などと、 心にもないことを言う星野さん。 しかし、本当の気持ちを、どんぎつねはちゃんと分かっていました。 星野さんに生えた耳は、犬のしっぽみたいに、とても心に正直でした。 浴衣を着た、どんぎつね。 そして、ついに登場した、げんぎつね。 二人の関係も、この回あたりから一気に縮まります。 監督からも、「年末に向け、このお話を境に関係が近くなるので、縁側のシーンではそういう雰囲気のお芝居をお願いします。 」と言われていました。 果たして、二人の関係は冬に向かってどうなっていくのでしょうか。 乞うご期待!• 同じどん兵衛でも、天ぷらそばと、きつねうどんは別物。 いわばライバル関係です。 当然、きつねうどんの化身であるどんぎつねにとっては、星野さんが天ぷらそばを食べるのは面白くないことなのです。 星野さんがどん兵衛の天ぷらそばを食べていると、湯気の向こうに、ぷくっと怒った顔のどんぎつね。 どうやら、きつねうどんではなく、天ぷらそばを食べていることにご立腹の様子。 サクサク美味しそうな、天ぷらの音も、どんぎつねにとっては裏切りの音に聞こえるようです。 おまけに、その音のせいで、どんぎつねは本来見せてはいけない姿を星野さんに見られてしまいます。 果たして、その姿とは?• 今回は、2回目の撮影ということもあり前回の撮影以上に息ぴったりの星野さんと吉岡さん。 怒った顔や、すねた顔まで可愛らしい吉岡さん。 スタッフ一同、モニターを見る顔がユルみます。 しかし、そんな吉岡さんを前にしてもただ一人、まったく演技がブレない星野さん。 おそるべき精神力です。 どん兵衛のきつねうどんの魅力は、なんといっても、ふっくらジューシィなおあげです。 そこで、おあげの別名でもある「きつね」をキャラクターにして、その美味しさや、ふっくら感を訴求しようと考えました。 どん兵衛を食べる男には、星野源さん。 ふっくら可愛い「どんぎつね」役は、吉岡里帆さんに演じていただきました。 部屋でひとり、どん兵衛を食べている星野源さん。 すると突然、おあげの向こうに吉岡里帆さん演じる「どんぎつね」が現れます。 ふっくら可愛い、どんぎつね。 その登場に唖然とする星野さん。 不思議なことに、どんぎつねは星野さんがおあげをかじるたびに「イタッ!」と体をおさえます。 ・・・もしかしてシンクロしてる? ふたりのちょっと不思議な物語が、はじまります。 とってもキュートなどんぎつね役の吉岡里帆さん。 さらに驚くべきは、そんな超絶可愛い吉岡さんと2人きりでも、表情ひとつ変えず演技を続ける星野源さん。 プロフェッショナル!! 普通の人なら萌えてやられてしまいます。 女性スタッフには、下唇を噛んで戸惑う星野さんの表情がとくに人気でした。 どん兵衛のきつねうどんの魅力は、なんといっても、ふっくらジューシィなおあげです。 そこで、おあげの別名でもある「きつね」をキャラクターにして、その美味しさや、ふっくら感を訴求しようと考えました。 どん兵衛を食べる男には、星野源さん。 ふっくら可愛い「どんぎつね」役は、吉岡里帆さんに演じていただきました。 部屋でひとり、どん兵衛を食べている星野源さん。 すると突然、おあげの向こうに吉岡里帆さん演じる「どんぎつね」が現れます。 ふっくら可愛い、どんぎつね。 その登場に唖然とする星野さん。 不思議などんぎつねの存在。 そして不思議な音楽。 どんぎつねの正体とは一体・・・? ふたりのちょっと不思議な物語が、はじまります。 CM上の演出と分かっているはずのCMスタッフですら、「あ〜あ、こんなきつねが本当に出ててきたらいいのにな〜」と思うほど、どんぎつね役の吉岡里帆さんは驚愕の可愛さでした。 また最後に撮影をしたダンスのシーンまで、疲れを見せずにパワフルかつキュートに演じ切った吉岡さんにスタッフ一同、感激いたしました。

次の