郵便物 再配達 時間。 郵便局の再配達時間帯一覧 夜遅くにも受け取れる?

郵便物の再配達の時間を確認するには?

郵便物 再配達 時間

宅配で荷物が送られたとき、受け取る人が不在の場合は「不在票」がポストに入っています。 再配達を申し込むのに必要なので、捨てないようにしましょう。 再配達は電話やインターネットなどで連絡をすれば、都合のいいタイミングで再度、家に届けてもらうことができる便利なシステムです。 慣れないと日本語のみの表示でわかりにくい部分もあるかと思いますが、申し込み方法はシンプルですので、ぜひ、流れを知っておきましょう。 不在票の情報が必要 国内、国際郵便や、宅急便で荷物が送られてきたとき、家が留守だったとします。 郵便物の場合は「郵便物等お預かりのお知らせ」、宅配便の場合は「不在票」を、配達の担当者がポストに入れておいてくれます。 不在票に書いてある連絡先に再配達を依頼すると、希望のタイミングで再度届けてくれます。 自分のスケジュールや家にいる時間などを考えて、時間を指定するようにしましょう。 日本の宅配便は指定した時間通りに再配達をしてくれます。 再配達が可能だからといって、何度も再配達を頼むと、配達員に迷惑がかかります。 この時間には必ず家にいる確実なタイミングを伝えるようにします。 荷物の預かり期間も、不在票に記載しています。 いつまでも預かってもらえるわけではなく、期限を過ぎると送り返されてしまいます。 再配達の手続きはなるべく早くおこなうようにしましょう。 当日の再配達も可能 不在を受け取った時間が午前中や午後の早い時間だった場合、当日に再配達してもらうことも可能です。 「郵便物等お預かりのお知らせ」や「不在票」に書いてある、電話番号に連絡したり、インターネットにアクセスしたりして再配達の申し込みをしましょう。 あらかじめ日本郵便や宅配会社のLINEに登録しておけば、LINEで再配達のやり取りをすることもできます。 再配達を申し込むのに必要な情報は、荷物の番号です。 そのほか希望の配達日や配達時間帯を伝えます。 不在票に運転手の携帯電話番号が書かれていれば、そちらに直接電話して、当日の再配達をしてもらうこともできます。 同じ日に配達したばかりなので「住所、氏名」を伝えると、すぐにどの荷物か認識してもらえるでしょう。 聞かれたら「荷物の番号」なども答えます。 取りに行くことも可能 不在票に書かれている窓口に、自分で受け取りに行くことも可能です。 日本郵便の郵便局や、ヤマト運輸や佐川急便の宅配センターが窓口になります。 その場合は、事前に郵便物等お預かりのお知らせに記載している「お問い合わせ先」に連絡して、取りに行くことを伝えます(日本語のみ)。 窓口に行くときには、身分を証明するものが必要となります。 郵便物等お預かりのお知らせ、印鑑、ご本人様とご住所が確認できる証明資料 在留ビザ、健康保険証など)が必要です。 そのほか、自宅での受け取りが難しい場合は、コンビニエンスストアや勤務先、近所の家などに再配達してもらう手続きを取ることもできます。 日本語に自信がなければFAXも可能 電話でのやり取りに自信がなく、インターネットでの申し込みもよくわからない場合は、FAX で再配達の申し込みをすることもできます。 日本郵便の宅配荷物なら、不在票をそのままハガキとしてポストに投函し、再配達を依頼することも可能です。 まとめ 留守にしていたときに、宅配荷物が届くと、再配達をしてもらえるのはとても便利なシステムです。 流れを知っておき、不在票が入っていたら、すぐに連絡をし、確実な時間帯を指定して、再配達をしてもらうようにしましょう。

次の

自宅以外で郵便物・ゆうパックを受けとる方法[勤務先転送・代人配達・指定場所ダイレクト]はこぽす

郵便物 再配達 時間

自宅以外で郵便物・ゆうパックを受けとる方法[勤務先転送・代人配達・指定場所ダイレクト]はこぽす 再配達自宅以外で郵便物・ゆうパックを受けとる方法[勤務先転送・代人配達・指定場所ダイレクト]はこぽす• 郵便局では、不在になった郵便物・書留・ゆうパック等を自宅への再配達(配達日・配達時間帯を付加)で受けとって いただく方法の他、受取人の都合の良い場所や郵便局に転送し受けとっていただく方法も用意しています。 ここでは どのような方法があり、いつどのように依頼すればよいのかを紹介いたします。 政府は宅配便等の不在配達率が高く運送会社の負担となっていることから、再配達しなくても済むような方法を検討開始した。 世間では宅配ボックスの設置数の拡大が望まれているようですが、設置場所の制限や経費の問題から進んでいない。 郵便局は個人の自由な解釈による宅配ドライバーとの口約束による依頼等は受けられない仕組みですので 自宅への直接受け渡しではない取扱には都度の依頼、申請書や要望書への記載が必要となる場合が多いです。 継続的な利用には申請書が必要です 宅配ボックスのあるマンションでも、申請がなければ郵便物については入れられません。 申請不要の荷物でも、指示や依頼がある荷物は宅配ボックスには入れられません。 補足 初回不在時に宅配ボックスに入れて欲しい希望は配達郵便局に要望し、申請書を提出し 可能なら自宅郵便受けに「指定場所配達申請済み」と記載するとともに 荷物の備考欄(住所記載欄または名前記載欄)に「不在時宅配BOX指定」と記載します。 似た名前の局名に注意。

次の

元郵便局員が教える!配達時間帯指定郵便(書留)の郵送方法と注意点

郵便物 再配達 時間

あれ?今日の 郵便まだ来てないな。 ポストを開けてみても、中は カラッポ。 以前は決まって、10時前には郵便物が 届いて いたのに、少し前から郵便物の届く時間も まちまちなんです。 最近は、 お昼前に届くのが多いでしょうか。 先日は、待ちかねていた郵便物がなかなか 届かず、 夕方配達されるまで、じれったい 思いをしました。 我が家は自営業なので、早く手元に届いて 欲しい 郵便物も時にはあるものです。 郵便物だから、多少の日にちや時間の ずれが あっても 仕方ないとは思うんです。 でも、その日に 配達される郵便物って、結局 最終的には何時までなんでしょう? 日頃の 配達時間のモヤモヤを解消したい! この機会に、きっちり調べてみました。 配達する基本時間帯とは? 私たち、郵便物を 受け取る側にとっては、 毎日 同じ時間に届く方が助かりますよね。 しかし、配達する側にとっても、決まった スケジュールがあるんですよ。 早番・日勤・中番・遅番など、時間によって 交代制の シフトが組まれています。 まずは仕分け作業から 郵便局によっても、多少の違いはありますが、 仕分け(組み立て)作業から行います。 仕分け作業とは、配達の 道順通りに郵便物を 組み立てていくことです。 仕分け作業には、 1時間~1時間半ほどの 時間がかかる、と言われています。 この仕分け作業が、配達を スムーズに行う ポイントなんですよ。 配達員は、配達ルート順になるように 郵便物を セットして、出発していきます。 ここで気になるのが、配達員の 配達時間ですよね。 基本的な配達時間とは? 基本的な配達員の 配達時間帯は、 9:00~17:00 となっています。 その日のうちに配らなくてはならないものは 17:00過ぎても、残業して配達することが あるんです。 18:00や19:00など 遅い時間に配達された 郵便物には、そんな 意味もあるんですよ。 基本的に、配達の 最終時間は、17:00まで、と なっていますが、様々な理由から それ以降に なることも。 他にもこんな 理由があるんですよ。 配達ルートは決まっている?! 実は、以前から 気になっていたことが あるんです。 それは、我が家に配達される時間よりも 前に、 配達員の人は、私の 自宅前を素通りするんです。 通るついでに、 配達してくれればいいのに、 と思う時もあります。 その素通りした 数十分後に、我が家に配達、 というパターンになっています。 我が家は、国道の入り口に 位置しています。 どうやら、先に我が家よりも国道から離れた ブロックから順に、 回っているようなんです。 この配達ルートとは、 配達員が決めている とのことです。 配達員が その日のうちに配らなくてはならない エリア内において、配りやすい 道順を作って いるんですよ。 ルート順に配っていても、我が家より前の場所に たくさんの郵便物があれば、時間が ずれていく ということもあるんですね。 お昼には局へ 一旦戻り、昼食を終えてから 午後便の配達に向かいます。 午前中に 配り終えなかった郵便物は、 午後に配られることになりますよ。 このように、配達員が配りやすい ルートを元に 配達していくわけです。 郵便物の量や道路の状況、配達員が不慣れ、 などの理由によって、どんどん 時間がずれ込む こともあり得るんですね。 まとめ 郵便物の配達って、今まで 当たり前だと思って いましたが、色々と大変なこともあるんですね。 住宅や会社の 多い地域だと、郵便物も必然的に 多くなります。 1日1回の配達だけでは 間に合わない、という 場合もあるんですよ。 午前便と午後便に分けて、配達する場合には、 夕方になることもありますよね。 「今日の郵便物、まだ来ないな。 」 夜まで 延々と待ち続けていても、基本無駄で あるのかもしれませんね。 17:00以降は、翌日配達、と 諦めた方が よさそうですね。

次の