やまと 尼寺 まっちゃん。 まっちゃん?放送日時は?|やまと尼寺精進日記を徹底解説|音羽山観音寺

対人恐怖の人は「やまと尼寺 精進日記」を観てほしい

やまと 尼寺 まっちゃん

やまと尼寺 精進日記 ジャンル 出演者 後藤密榮 () 佐々木慈瞳 (同寺副住職) ナレーター 製作 プロデューサー 大古滋久 制作 () 放送 音声形式 放送国・地域 やまと尼寺 精進日記 「文月 万葉ハーブの贈りもの」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 放送分 30分 やまと尼寺 精進日記 「如月(きさらぎ) 冬ごもりの楽しみ」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 放送分 30分 やまと尼寺 精進日記 「季節の恵み献立帳」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 14:45 - 15:30 放送分 45分 レギュラー版 放送期間 - 放送時間 毎月第4日曜 18:00 - 18:30 放送分 30分 版 放送期間 - 放送時間 毎週金曜 19:25 - 19:55 放送分 30分 『 やまと尼寺 精進日記』は、からでされている、。 2回のとしての放送を経て、レギュラー化された。 2019年4月現在、でも放送中。 関連番組としてショートバージョン(3分)の「 やまと尼寺 献立帳」がある。 番組内容 [ ] の山中にある尼寺・の日々の生活と訪問者との交流、そこで作られるを紹介する番組。 料理の作り方自体は番組中では紹介されず、関連番組「やまと尼寺 献立帳」で紹介している。 2016年7月に「やまと尼寺 精進日記「文月 万葉ハーブの贈りもの」」を放送、視聴者からの評判が良かったため 、翌年2017年2月に続編となる「やまと尼寺 精進日記「如月(きさらぎ) 冬ごもりの楽しみ」」を放送、視聴者からレギュラー化を求める意見が多かったため 、同年4月から月1回放送でレギュラー化された。 2020年3月をもって終了。 レギュラー化の前日には、それまでのパイロット版で紹介した料理のを紹介する「季節の恵み献立帳」も放送。 出演者 [ ]• 後藤密榮(音羽山観音寺)• 佐々木慈瞳(同寺副住職)• まっちゃん(同寺手伝い)- 消しゴム版画が得意 声の出演• 声 - 柄本佑• 音楽 - 、BimBomBam楽団• 撮影 - 小林正英、戸田正徳• 照明 - 竹久博司• 音声 - 小泉義一、北川湧、塚越貴大、名塚真人• 映像技術 - 両角剛毅、後藤卓也、菊池孝夫、大西一平• 車両 - 小泉裕生• CG制作 - いよりさき• 音響効果 - 佐古伸一• 編集 - 内田雅美、小村昌子• ディレクター - 戸田裕美子、高橋亘、田上志保、田向奈央子• 制作統括 - 倉森京子、堀川篤志、宮坂佳代子• 制作 -• 制作著作 - 参考文献 [ ] NHK「やまと尼寺 精進日記」制作班『やまと尼寺 精進日記』NHK出版、2018年。 NHK「やまと尼寺 精進日記」制作班『やまと尼寺 精進日記2 ふたたびの年』NHK出版、2019年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

「やまと尼寺 くいしんぼ日記 ふたたび」の再放送は?最終回を迎えた「やまと尼寺精進日記」総まとめスペシャル!

やまと 尼寺 まっちゃん

奈良県桜井市にある音羽山観音寺へ、友人と精進料理を食べに行った時の話 こちらで暮らしている尼さんたちの様子が、NHKのEテレで放送されており、ジワジワ人気を集めているとのこと。 誘ってくれた友人は、お寺訪問が好きで、様々なお寺まわりをしている。 私は、普段からお寺には、まぁ行くことがないので、こういったお誘いはお断りしている。 が、今回は二つ返事で応じてしまった!! だって、誘い文句が 「極上の精進料理を食べに行こう!」だったんだもん!! さすが、食べ物に弱いどん欲な私のことを良く分かってらっしゃる!! (トホホ) この時はまだ、Eテレで放送されるなんて、全く知らなかった。 音羽山観音寺までのアクセス 音羽山観音寺は、奈良県の桜井市にある。 アクセスは、あまりよくないです。 ・公共交通機関であるなら、近鉄大阪線の桜井駅かJR桜井線の桜井駅で下車して、タクシーかバス(奈良交通)で参道入口まで ・自家用車であるなら、西名阪 天理ICで下りて桜井方面(談山神社)方面へ。 参道入口に駐車場があって、何台か駐車することができます。 距離にしてほんの1kmほどだそうですが、かなり急な登り坂で約40分ほどかかり、体感的には5kmにも10kmにも感じます。 (単なる運動不足?)写真に収めていませんが、入口に木製の杖が置かれています。 道中、ハイキングコースにもなっているようで、何人かの人達とすれ違いました。 このような林道をずっと歩いていきます。 訪問したのが2月だったので、かなり冷え込みが厳しかったです。 夏なら涼しいかもしれませんが・・・ けれど、この日は寒いながらも天気は良く、木漏れ日が心地よかったです。 車の左側に謎のレールが・・・ このレール、どうやら山上につながっている様子。 ということは・・・ 参道途中で奇妙なレールを発見。 レールの横には、木を積んだ車が停まっており、どうやら物資をリフトか何かで上にあげている様子。 参道は、何度も言うけど、本当に狭く急な坂道なので、物資の運搬は容易ではない様子。 手で持って運ぶことは、難しいんだろうなぁ、と想像。 地獄の参道をなんとか登り切り、ラストは意識朦朧ながら急階段を登ると、音羽山観音寺にやっとたどり着く。 心臓がバクバク言っていてヤバイ。 手入れが行き届いてスッキリしている音羽観音寺 お寺にたどり着くや否や、看板犬のオサムちゃんに猛烈に吠えられてビックリする 看番犬「オサムちゃん」めっちゃ歓迎(?)してくれます オサムちゃんの歓迎を背に、お寺横の社務所を訪れると、ご住職(後藤密栄:ごとうみつえいさん)が迎えてくれた。 音羽山観音寺について(超簡単に) ・住職の「あんじゅさん」、副住職の「佐々木慈瞳(ささきじとう)」さん、お手伝いの「まっちゃん」の尼僧など3人が暮らしている尼寺。 ・1200年の歴史があり、もともとは修験道の霊場であった。 ・眼病にご利益があると言われている お料理の支度ができるまで、お寺の境内に上がらせてもらい参拝する。 境内には、猫もお参りに来ており、のんびりとした時間を過ごす。 一緒に参拝した猫。 こちらで飼われているのかは分からないけど、とてもキレイな猫でした。 近づいても逃げることなく、触らせてくれて人馴れしている様子でした。 今回のメイン 極上精進料理をいただく 精進料理なのですが、色鮮やかです。 お寺の周辺や畑で収穫できたものを中心に出してくださいます。 見た目も味もとても美味しかったです。 しかも、量はたっぷりありますが、お野菜や豆のお料理なので、ヘルシーです。 (こちらは、5000円のお料理) ご住職のあんじゅさんが、丁寧にお料理の説明をしてくださいました。 上の写真中央には、もうすぐ3月(2月の中旬に訪問したので)ということでお雛様とお内裏様をイメージしたお料理。 う~ん、洒落ています!! 2月で底冷えするだろうとのことで、お鍋も出して頂きました。 心までぽかぽかしました。 食後には、コーヒーまで!!まさか、お寺でコーヒーが頂けるとは思いませんでした。 (これがまた、まろやかでとっても美味しいコーヒーなのです・・・) 私は、コーヒーをご馳走になった後、不覚にもウトウトしていました。 お寺なのに・・・(汗) 実は、テレビ取材がきていたなんて・・・ 帰り際、あんじゅさんより 「今度ね、NHKのEテレでこの音羽山観音寺での暮らしが放送されるんですよ。 実際に、あんじゅさん・慈瞳さん・まっちゃんにもお会いしましたが、皆さんとても温かく、身も心もホッコリさせてもらいました。 毎回、あぁ、もっと見たいなぁ・・・と思ううちに終わっていく・・・。 食材(聞いたことがない食材も出てきます)をとても上手に扱っておられ、ひねりがきいたレシピでとても楽しめます。 気になる方は、問い合わせてみてください。 【音羽山観音寺HP】 行きの険しい坂道は、何度も心が折れそうになりますが、音羽観音寺は澄んだ空気と優しい時間が流れていて、身も心も本当に癒されるお寺です。 でも、次の日は足がガクガクで超筋肉痛になりました。 素敵な時間をありがとうございます。 おまけ (謎のレールの乗り物) 今度、伺ったら、このトロッコ(?)に乗ってみたいです。

次の

【やまと尼寺精進日記】奈良県桜井市の音羽山観音寺へ行ってきました♪

やまと 尼寺 まっちゃん

毎月1回:最終日曜日18時から、NHKのEテレで放映されてい... 訪れたのは、11月11日の日曜日。 桜井駅から【談山行きバス】で音羽山観音寺の最寄り駅の停留所 『下居(おりい)』を目指します。 ですが、バスの本数が少ないので、行かれるときはバスの時間をチェックしておくとをおススメします! 実は、前日にバスの時間を調べたつもりが、ワタシがバスの時間を間違えてしまい1本乗り遅れてしまったのです。。。 この杖ね、どの杖にもハッとさせられる言葉が書かれていました^^ ワタシが手にした杖には『自分から一人にならないで』と書かれています。 きっと今の自分に必要な言葉が書かれた杖を無意識で選んだのかな?? あれ!?思ったよりもキツイ。。。 少し息が上がって来たころ。 後ろから1台の車が来たので、横に避けて車が通りすぎるのを見送っていると。 その後ろからもう一台の軽トラックが見えたので、その車が通り過ぎるのを待っていると。。。 )を下ろしに車を降りたときに、話しかけてくださったのです(泣) 本当にテレビのまま、笑顔が素敵で気さくで、なんて優しいお方なのでしょう。。。 もし1本早いバスに乗っていたら、1時間早くお寺に着いていたので、ご参拝して少し滞在した後、帰りのバスの時間を考えてそのままお寺を去っていたと思います。 そうしたら、慈瞳さんに逢えずに帰っていたかもしれない。 そう考えた時、 これは観音様のお導きがあったのだと、ワタシとわじお氏は強く感じました。 観音様ありがとうございます。。。 慈瞳さんにお逢いできて、ますます早く観音寺に行きたくなった私たちは急いでお寺を目指したのですが。 ん!? 思ったよりも、キツイ。。。 そして、バス停を降りて約1時間弱。 綺麗な観音様に手を合わせて。。。 わじお氏と感謝をしながら観音様を眺めていると、とても清々しい気持ちになりました。 ありがとうございます。 そんな私たちを、慈瞳さんはニコニコとても温かく接してくださったのが印象に残っています。 本当にお逢いできて良かったなぁ。。。 と心から思いました。 そして観音寺では、 *あんじゅさんの手作りおかず【五色漬】 *あんじゅさんの手作り【ブルーベリージャム】 *ティッシュケース2つ をお土産に購入してきました^^ ワタシ達は、1時間くらい滞在して観音寺を後にしました。 あ~本当に来て良かったぁ。 ・・・が、山道って登りよりも下りの方がコワイんですねー(泣) 急な下り坂を降りる下り坂がめちゃくちゃ怖かった。。。 このまま滑って奈落の川底に落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしながら下山しましたが、わじお氏は全く平然とした顔でスイスイ山を下っていました。 坂道を降りるのにコツがいるのかな?? 登りよりも下り道で足がガクガク。。。 山を登るときは、靴底に溝があるタイプが良いみたいですね。 このサイトの管理人です。 でも心はピュアな乙女のような人。 猫アレルギーだけど、ミルちゃんには発症しない不思議体質。 よちろーさんの実家の保護猫。 2013年8月23日生まれの男の子。

次の